「忍びの国」応援上映参加の心得
コスプレでのご来場OKです。
公序良俗に反する服装、周りの方に迷惑にならない服装であれば、思い思いのコスプレにて入場可能です。
是非、『忍びの国』に関連あるコスプレ、思わず笑っちゃうコスプレにてご入場ください。ワンポイントでもOKです。
「形から入る」これは大切な発想です。
ただ、劇場や周辺の施設では着替えなどのスペースを用意してないので、注意してください。

うちわ、ペンライトなどの応援グッズの持ち込みもOKです。ただ、これも、周りの人の視界を著しく妨げるものはやめてください。

つまり、周りの方に迷惑をかけずに楽しみましょう!ということですね。

また、
・劇場内での写真撮影、ビデオ撮影、録音は禁止
・立ち上がったりしての応援は禁止
これはご協力よろしくお願いします。

そして、お願い2点
● 広い心、寛容な心でお楽しみください。
 (嫌な言葉が飛び交っても、広い心で笑い飛ばしましょう)
● せっかくなので声を出していきましょう。
 (楽しんだモン勝ちです)

さあ、上映開始。
まずは、上映冒頭で発声の練習をしましょう。
最初が肝心です。

「応援上映」のスライドで騒ぐ
 → 「NO MORE 映画泥棒」映像でのる♪
 → 「東宝マーク」で発声練習「トーホー」
 (映像の順番を修正させていただきます。ただ、この順番で流れなかったらすみません)

体が温まったところで映画本編です。
あとはみなさん、映画の各シーンで思い思いの応援をしてください。

例えば・・・
● 登場人物が初めて現れたら、とりあえず声出し「三太夫!」「平兵衛!」「大膳!」「無門カッコいい!!」などなど
● アップテンポの曲がかかったらのる。手拍子。
● 手裏剣が飛んできたら「危ない!」とよける
● 織田軍が一致団結したら、大きな声で「うぉー!」
● エンドロールではお気に入りの俳優、スタッフが出てきたら名前を呼んで応援!

その他、突っ込み、歓声なんでもOKです。

あとは、下忍になりきってみるのも楽しいかもしれません
● 無門が出てきたら「無門が来た!」
● 下山甲斐が「川(くぁーわー)!」と言ったら、「川じゃ!」
● 伝吾が口を抑えて「だれが銭を払うてくれるんじゃ!」と言ったら「そうじゃ!」
● 無門が「万金に替えるは、今ぞ!」と言ったら、その日一番大きな声で「おー!」

などなど。

みなさん、下忍になったつもりで、是非、楽しんで帰ってください。


実施劇場については、決定次第、公式ツイッターにてお知らせいたしますので、是非、そちらをご確認ください。