REPORT
2017.7.17
「忍びの国」大ヒット御礼舞台挨拶
この度、「お忍びキャンペーン」で、主演の大野智さんと中村義洋監督が北海道・札幌に参上しました!
7月2日に行われた公開記念舞台挨拶にて、大ヒット御礼舞台挨拶の会場となる劇場を大野さん自ら抽選で決定。事前に「北海道、行ってみたいですね」と話していた大野さんは、忍術だけでなく、クジ運も最強なのか、北海道の映画館である札幌シネマフロンティアを見事に引き当て、この地で舞台挨拶をすることに決まりました! さらに「夏の北海道で美味しいものを食べたいです」という大野さんの願いを叶えるべく、舞台挨拶の前に、中村義洋監督と共に札幌の美味しいものや名所を巡る"お忍び観光"を実施しました!
2017.7.1
「忍びの国」初日舞台挨拶
この夏、日本中の人たちの心をつかんで離さないエンターテインメント超大作「忍びの国」。ついに公開初日を迎えた7月1日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて初日舞台挨拶が行われました。
六年ぶりに中村義洋監督とタッグを組み、時代劇映画初主演となる大野智さんをはじめ、大野さんとは映画初共演の石原さとみさん、その他、伊勢谷友介さん、鈴木亮平さん、知念侑李さん、立川談春さん、マキタスポーツさんといった豪華顔ぶれが初日舞台挨拶に集結しました。
この日は、"分身の術"を使い、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われる舞台挨拶の模様を、全国169劇場で生中継。大野さんが分身したかのごとく全国の劇場に登場し、舞台挨拶でのワクワク感、臨場感を六万人の方々と共有しました。
舞台上では、「誰の頭の中に忍びこみたいか?」との問いに、キャストの多くが大野さんを指さし、ご本人は戸惑いをみせる場面も! なかでも石原さんは大野さんの不思議な一面をあげ、会場の笑いを誘いました。最後は映画の大ヒットを祈願し、大ヒットの門を開くべく、キャスト全員で鏡開きと三本締め。もたつく大野さんにキャスト陣がつっこむなど、仲の良さが垣間見えました。
そんな見どころ、聞きどころいっぱいの舞台挨拶の模様をレポートします。
2017.6.26
「忍びの国」大ヒット祈願イベント
7月1日にいよいよ公開となる、戦国エンターテインメント超大作「忍びの国」。その大ヒット祈願イベントが6月26日、浅草寺伝法院にて行われました。会場となった浅草寺は、伝統と歴史を感じさせる"都内最古の寺"。主人公・無門を演じた、時代劇初主演となる大野智さん、その妻・お国役の石原さとみさんをはじめ、伊勢谷友介さん、鈴木亮平さんが、戦国時代を舞台にした本作にちなみ、粋な和装姿で登場しました。普段は非公開となっている国の重要文化財・伝法院でのフォトセッションや、「もし戦国時代で生きるとしたら?」という質問に各々らしい回答が飛び出した大ヒット祈願報告会、凶が多く出るという浅草寺のおみくじを全員で引くなど、イベントは大盛り上がり! そんなイベントの様子を詳しくレポートします。
2017.6.8
「忍びの国」トークショー
圧倒的なスケールと緻密な人物描写で戦国時代を描いた和田竜さんのベストセラー「忍びの国」(80万部突破)の実写化に伴い、その魅力を作り手側から語りつくすトークショー付き試写会が6月8日、東京・港区のニッショーホールにて行われました。
イベントに現れたのは、「予告犯」「殿、利息でござる!」など次々とヒットを飛ばしている中村義洋監督と、原作の他、脚本も務めた和田竜さん。中村監督が「大野くんは来ませんよ」と笑いをとったところからスタートしたトークショーは、原作を書き始めたきっかけ、映画の舞台である伊賀にて行われた取材、忍者映画に対する想い、主役の大野智さんについて、ここでしか聞けない作り手の視点が展開されました。
最後に、来場したお客様の半数が、原作を読んでいるという原作ファンであることを受け、中村監督は「原作のおもしろさ、映画のおもしろさの違いをぜひ楽しんでほしい」と力説。そんなものづくりへの熱い想いを感じられたトークショーの様子を詳しくご紹介します。
2017.5.31
「忍びの国」ジャパンプレミア舞台挨拶
和田竜のベストセラー『忍びの国』を実写映画化した、戦国エンターテインメント超大作「忍びの国」。その完成を記念し、ジャパンプレミア舞台挨拶が5月31日、TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、主役の無門を演じた大野智さん、妻役の石原さとみさん、そして、伊勢谷友介さん、鈴木亮平さん、知念侑李さん、立川談春さんと、豪華俳優陣が登壇いたしました。
舞台挨拶では、大野さんがステージ上にポップアップで勢いよく登場! 会場はわれんばかりの歓声に包まれました。本作品への想いや撮影中の秘話、カットされてしまったシーンなど、ネタバレぎりぎりのトークが炸裂! これまでにないほどの盛り上がりを見せたイベントの様子をご紹介します。