嵐voyage1話ネタバレ感想レポ!Netflix配信内容の文字起こしまとめ

ご訪問ありがとうございます♪

今回は、2019年12月よりNetflixにて配信中の嵐の密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』第1話ついて、内容完全ネタバレ記事をご紹介します♪

国民的男性アイドルグループ『嵐』。

1999年9月15日にハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビューし早20年。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味や「頂点に立つ」という意味も込められているそうです。

リーダーの大野智、櫻井翔、二宮和也、松本潤、相葉雅紀の5人からなり、あまたいるアイドルグループの中でも、名実ともに一番の人気を守り続けてきた『嵐』

そんな彼らが突然「活動休止」を発表し、大きな衝撃・反響を残した2019年1月のあの日から、早くも1年が経ちました。という事は『嵐』が本格的に活動休止をする2020年12月31日までもう、1年を切ってしまったことになります。

そんな彼らの密着ドキュメンタリーが、活動休止までの1年間毎月Netflixより配信されることに。

新たな門出を迎え、さらなるチャレンジに取り組む5人の素顔に迫り、その魅力を世界に届ける。
活動休止まであと1年ー。
21年目の5人は今何を想い、何を語るのか。
ここでしか見られない、誰も観たことのない”リアル”な嵐。
その光と影がここに・・・!

今回は嵐の密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』記念すべき第1話について、内容ネタバレ・感想について記事にしていきたいと思います。

嵐『ARASHI’s Diary -Voyage-』2話~最終話の内容ネタバレ感想

第2話からの内容ネタバレ感想記事はこちらです♪

嵐密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』第1話とは

きらびやかなライトの下で、たくさんの人たちを笑顔にしてきた嵐の5人が選んだ”活動休止”

Xデーまでカウントダウンに入ったまさにこの時期に、彼らは一体、ドキュメンタリーという番組を通して、どんな”想い”を伝えようとしているのでしょうか?

嵐の密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』第1話の配信はなんと、2019年12月31日17時【大晦日】

日本はもちろん、アジア、世界各国でも人気絶頂期にいるいま、なぜ彼らは活動を休止するという道を選んだのか?

2020年12月31日の嵐の活動休止までの旅路を追いかけ、新たな門出を迎える彼らの素顔に迫っていく内容。約1年間にわたり毎月配信を予定しています。

大手ストリーミング動画サービスのNetflixで、嵐のオリジナルドキュメンタリーの配信が開始され、ファンの間で大きな反響を呼んでいます。今までNetflixを登録していなかった人も、嵐がきっかけで登録した人もきっと多い事でしょう。

本編の配信に先立って、12月下旬から予告編のTVCMが放映されましたが、その内容にファンは

「あの短いCMだけでも予告だけで泣きそうになる。見るの正直怖い

絞り出すように語る5人。予告見るだけで胸が痛い

など、嵐を身近に感じている程好きな方ほど、彼らの心の奥底を見られて嬉しいようで怖い、と言った声が多く上がっていました。

配信開始初回の第1話は大晦日。櫻井さんが司会を務め嵐が大トリを務める「紅白歌合戦」や、「ジャニーズカウントダウン」などイベントが盛りだくさんだった頃。

活動休止の発表をされてから初めての「紅白」や「カウントダウン」、このタイミングでの「密着ドキュメンタリーの配信」と、イベント、情報量が多く、困惑する方や、予告を見たファンからは「もし怖い内容、ショックな内容だった時のために年明けに見る。紅白やカウントダウンは純粋な気持ちで観たい」など、さまざまなリアルな意見があげられていました。

Netflix独占配信の『ARASHI’s Diary -Voyage-』第1話あらすじ

第1話「二十年」

シングル1位獲得数53作、コンサート総動員数1400万人以上。20年間まさに”嵐”を巻き起こし続けた5人。重大発表を機にそれぞれの思いを語る。

結成20周年となる11月には、ジャニーズ初の5大SNS解禁や、シングル曲の全世界デジタル配信の決定などを発表し、また2日間アジア4都市を回ったキャンペーン「JET STORM」を敢行するなど、これまでにも増して精力的に活躍の場を広げている。

そんな彼らの想いとは、そして彼らは何を想い、その日に向かっているのか・・・。

『Netflix』より

第1話・内容概要(22分)

1  天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典
2 活動休止の発表
3 記者会見に挑む様子
4 オープニング
5 ライヴ映像とデビュー曲から今現在までの曲流し
6 5人一人ずつのインタビュー
7 エンディング

嵐『ARASHI’s Diary -Voyage-』1話内容ネタバレを詳しく文字起こし

配信元はNetflix、大手の動画配信サービス会社。

非常にたくさんの、優良な番組を生み出している配信会社で、Netflix限定配信作品も数多くあり、まさにこの『ARASHI’s Diary -Voyage-』もNetflixでしか視聴することができません。

嵐を知り、そして応援しているたくさんの人たちに贈るドキュメンタリー作品

はたして第1話はどんな内容だったのでしょうか?

1. 天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典

令和元年11月9日東京
国民祭典の裏から撮影が始まる。
タキシード姿のメンバー5人
緊張した面持ちで互いに握手を交わしいざステージへ。
櫻井の「はい、行こう」の一言で歩き出すメンバーたち。
歌った曲は《Ray of Water》

移動中の飛行機の様子
大野以外のメンバーはご飯を食べながら談笑している様子。
大野はマスクをして寝ている。

【アジア4都市へ】
ジャカルタ→シンガポール→バンコク→台北へ

常に笑顔を絶やさず世界各国のファンに応え続けている。
感謝の言葉をその国の言葉で伝えている様子が印象的。

その頃日本では史上最大規模の20周年アニバーサリーツアー「5×20」が進行中。

2.活動休止の発表

1年以上にわたるアニバーサリーツアーの最中に
突然の活動休止発表の映像を収録する様子
5人の目はどことなく潤んでいるようにも見える。

撮影されたビデオの確認をしている時も、いつもの笑顔の様子はなく、表で見せる顔ではないのは明らか。
メンバーから緊張している様子が伝わってくる。
顔で語るとはこのこと。

5人の様子はさまざま。

ニヤリとしながらも目を潤ませる二宮
深刻な顔をする相葉
無言で撮影シーンを確認する松本
何かを考えこんでいる櫻井
また、ピアノの練習をする櫻井
報道の様子を見る5人。

本当に現実のものになったかと言わんばかりに、活動休止の報道を楽屋で無言で見る5人

それぞれ何かを語ることもなく、
だまってじっとテレビの報道を見つめている。
報道されている間もそれぞれの身支度に忙しい5人。

3.記者会見に挑む様子

その後、活動休止発表の記者会見に挑む5人
裏では相葉が先頭。
報道陣の前に出る前に、深く息を吐いて気持ちを整えている相葉
後ろを振り返り他のメンバーを見て思わず笑ってしまう
それに「よいしょ」と声をかけあうメンバー。

おびただしい数のシャッター。
随所に切り取られる記者会見のそれぞれの言葉
大野「今回は5人で決めました」
櫻井「着地点を探していかなければならない」
松本「このタイミング」
相葉「まさかと」
二宮は敢えて切り取られずに無言のまま、目を潤ませた様子が切り取られる。

記者会見中も5人の仲睦まじい様子、心から許し合える仲間と笑っている様子が伝わってくる。

記者会見後エレベーターに乗り、互いに「おつかれっしたー」と言いながら握手を交わす5人

その後活動休止の新聞記事、ライヴ映像、ツアー、雑誌撮影などランダムに映し出される。

【なぜこのタイミングなのか】
【活動休止まで 残り1年】
【5人は何を見つめ どこへ向かうのか】

4.オープニング

ここでやっとオープニングとして
《ARASHI’s Diary -Voyage-》の文字と嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』が流れる。
デビュー当時のメンバーや、相葉の挨拶。

【5人の少年が国民的アイドルと呼ばれるまでに成長していく】
【嵐が今日までに発表した曲は全409曲にも及ぶ】

5.ライヴ映像とデビュー曲から今現在までの曲流し

ここからライヴ映像と共にがランダムに流れる。

【CD総売上枚数 4126万枚】
【コンサート 全520公演】
【コンサート総動員数  1400万人以上】

【シングル首位獲得53作 日本歴代1位】
【DVD首位獲得20作 日本歴代1位】
【DVD連続首位獲得18作 日本歴代1位】

(2019年12月9日現在)

6. 5人一人ずつのインタビュー

ここからそれぞれのインタビューが流れる。
20年について、卒業について。
嵐について、これからについて。

【大野】
20年いたらもう言葉にならないよね。
会見では(活動についての悩みは)
3年前からって言ってたけど、
本当は十何年前からだからね。
これは載せられるかは知らないけど・・・。
(涙をぬぐう様子)
今はどういう気持ちなんだろうね…
恩返ししかないかな。

【櫻井】
トータル20年で言うと早かった。
嵐の中で何をやっているかというと、
音楽面ではラップを制作し、
グループ内では比較的
まとめ役になることが多いと思います。
最初の5、6年は長かった。
CDを出しても
必ず1位が取れるわけではないし、
コンサートが必ずしも満席ではなかったし・・・。
あれは事務所だったけど、
いつ活動休止にするか、
はたまた解散するかみたいなパターンを
AからEまでホワイトボードに書いたことがあったんだけど、手が震えて書けなくて・・・。
机を叩いて怒鳴ったことだってある。
難しいよね。自分もそうだけど、
もう35も過ぎた大人がそれぞれだからさ。
話し合ったところで、
それぞれの結論は出てるから。
もはや調整していくっていうことに
基本的にはなるんだけどね。
ずっと思っていることがあって、
灰になろうと思ってる。
燃え尽き症候群になろうとしてる。
どれくらいの思いで
その席に来ることができたのか、
どんだけ化粧して、
どんだけおめかしして、
どの服着て、
いつから楽しみにして、
その日を迎えて、
そういう人たちの思いは
死守しなきゃならないなって
とにかく思ってたから。

【二宮】
(20年は)長いよね。
ありがたい事に嵐で活動させてもらってます。
2021年1月からリーダー何するんだろうと思ってるし。
もう1回この人生をやりたいですか?
って聞かれたら「やりたくない」。
それぐらいやり切った。
まだ終わったわけじゃないけどね。
2021年1月1日からリーダー何すんだろ?て思うし。
有終の美をどう飾るか、もあるけど
そこに最大のフォーカスを合わせられない。
燃え尽き症候群にならないようにしている。
なってもいいけど、俺みたいな人間は戻ってこない、
多分俺の場合ゲームばっかりしてると思う。

【松本】
嵐の5分の一の松本です。
今、動いているプロジェクト全体の
クリエイティブのディレクション、
またプロデュースというのをやっています。
正直、一回、ツアーはできないって話になったこともあった。
この発想ってやっぱ日本人なのかなぁ。
去り際とか、散り際みたいな。
そういうことを考えるんだよなぁ。
ちょっと過激かもしんないけど、
俺は本当に愛するものを
自分の手で殺そうとしてるんだな、
と思うんですよ。
その覚悟を持って、
一年間走り切るということだから・・・。
(今自分で言って自分の首が超重くなったんだけど)
自分のためだけじゃなく、
今まで応援してくれたファンの人たちのために、
これは絶対に何があっても
どんな関係性になってもやらなきゃいけない。
俺、やっぱ嘘ついてやってないって思ってるからさ、
嘘じゃないって相手にも思って欲しいなってやっぱ思うし、でもある種なんか…なんつうか…

【相葉】
20年も続けられるとは思っていなかった。
人生のほとんどを嵐に費やしてきた。
振り返ると嵐の思い出しかない。
単純な学生の時代の思い出も
頑張れば思い出せるけど、ほとんどが嵐。
色々あったからなぁ・・・。
必死だったからなぁ~。
決まる前まではまだ何とかなるのかな?
とか思っていた。
誰かひとりがいなくなって4人でやるのも嫌だった。
その日を迎えたら燃え尽きそうだなぁ
恩返しする時間なんだろうな。

再びライヴ映像が流され
「5人で」「共に」など“5人で嵐”という強いメッセージ性を感じ取れる、言葉を切り取った映像が流される。

インタビューはそれぞれ一人ずつまとめたインタビューではなく、ランダムに切り取られ編集されていた。

7.エンディング

2話の次回予告で「5×20」が流れて終了。

~~~

22分という事もありインタビューランダムに切り取られているスタイル。

嵐密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』の1話感想

率直に、嵐をもっと深く知れた気がしました。

嵐のドキュメンタリー、しかも活動休止の発表からの、このタイミングのドキュメンタリーはとても価値あるものだと思います。

また嵐のデビュー曲から今までの曲を聞いて、「あーこの曲は〇〇の頃聞いていた」「この曲の時代は〇〇があったなー」など、嵐の曲と自分の想い出が思った以上にリンクしてて、とても懐かしい感覚に・・・。

この番組で、もちろん嵐の過去を振り返っている気持ちになりましたし、嵐と一緒に自分の過去をなぞっている気もしました。

それだけ嵐の活躍が身近に感じるほど、近くにいて勇気づけてくれたのだなと、名実ともに”国民的アイドル”だと改めて思わせてくれた回だったと思います。

私自身、嵐はすごく好きです。嵐のそれぞれのキャラクターが個性的で魅力的ですし、なんというか、裏切らない、信頼できるアイドルだと思います。本当の意味での「プロのアイドル」だと。

だからこそ今回の嵐密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』で、いつもは”表の顔”しか見せていない彼らの”裏の部分の顔”を知れたことは、すごくすごく貴重でした。

2話もどんな本音が聞けるのか、怖いようで楽しみです。
SNSでも沢山の反響がありました。

大野智主演映画「忍びの国」を無料で観る方法

大野くん出演映画《忍びの国》無料お得に視聴する方法についてご紹介しています♪

おすすめ動画

ご訪問ありがとうございます♪今回は、歴史小説実写化映画・大野智主演「忍びの国」を無料でお得に視聴する方法についてご紹介します♪2017年7月に公開された映画「忍びの国」は、2008年に出版された歴史小説を元に[…]

忍びの国

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

まとめ

嵐としての活動は残すところ1年を切り、このドキュメンタリーを見る事で、誰しも予想ができない程の、覚悟、責任、20年の重み、嵐への想い、大切さ、など想像を絶する想いがそれぞれ5人にあるんだなと改めて思いました。

5人にしか見えないものがあって、一人ずつ想いはもちろん違って、でも嵐の一人がやりたくない事をやるのはダメという徹底ぶり。
数年前から何度も話し合いを重ねて、5人が出した答え。
“活動休止”

まだまだ1話のみの視聴ですが、濃厚な嵐を見られた気がします。

いつも見ている『嵐』とは違う、1人の、プロとして”アイドル”をしている魅力ある男性の、素の想いを少しでも感じられて良かったと思います。