嵐voyage3話ネタバレ感想レポ!リハ松潤のプロ根性。活動休止はスタッフ知らなかった?

ご訪問ありがとうございます♪

今回は、2019年12月よりNetflixにて配信中の嵐の密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』第3話ついて、内容完全ネタバレ記事をご紹介します♪

日本の国民的男性アイドルグループ『嵐』

グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味や「頂点に立つ」という意味も込められているそうですが、まさにその由来通り「世界中にファンがいる」日本のトップアイドルに成長しました。

大野智、櫻井翔、二宮和也、松本潤、相葉雅紀の5名からなるグループは、デビューして早20年。今一番売れっ子の彼らが2019年1月に”活動休止”を発表し、大きな衝撃、反響を残した事から早くも1年が経ちました。

2020年12月31日のXーディまでの、彼らの赤裸々な姿を追いかけるドキュメンタリー、第2話は嵐が《アイドル》としてファンの前に立つために全力で努力する姿を追いかけました。

今回は嵐の密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』第3話について、内容ネタバレ・感想について記事にしていきたいと思います。

嵐『ARASHI’s Diary -Voyage-』1話~最終話の内容ネタバレ感想

第1話からの内容ネタバレ感想記事はこちらです♪

嵐密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』第3話とは

嵐の密着ドキュメンタリーもとうとう第3話

前回の第2話は”アイドル”な彼らの、ツアーに向けての打ち合わせや、ダンス練習が主な内容でした。

第3話はどのような内容になっているのでしょうか?

『ARASHI’s Diary -Voyage-』の第3話の配信は2020年2月29日。ちなみに4話と同時配信でした。

メンバーそれぞれの心境や休止までの活動に懸ける思いが描かれ、今まで表では見せてこなかった顔も見られると話題の、あえてこの時期でのドキュメンタリー作品。

1話・2話と進むにつれ、彼らの言葉の端々からあふれる《嵐》の誠実さ・ストイックさ・愛おしさ・寂しさに対して、Twitterではさまざまな意見が上がってきています。

ファンの皆さんの揺れる心がすごく伝わってきます。

Netflix独占配信の『ARASHI’s Diary -Voyage-』第3話あらすじ

第3話 「でも 僕らは」

マネージャーもスタッフも知らない大きな決断を心に秘め、ツアーに向けて入念な準備とリハーサルを進めていく5人。その姿をつぶさに映し出す。

『Netflix』より

第3話・内容概要(35分)

すでに活動休止を心に決めた嵐が、ツアーに向けて入念な準備とリハーサルを加速させていく様子が映し出されると共に、2話に引き続きツアーで披露する歌やダンスやピアノレッスン風景や、松潤を先頭に打ち合わせをしている姿が主に映し出される。

嵐『ARASHI’s Diary -Voyage-』3話内容ネタバレを詳しく文字起こし

前回の第2話はツアーに向けての打ち合わせや、ダンス練習が主な内容でした。

今回の第3話は、よりツアー本番に向けて力を入れていく彼らの等身大の姿を描いています

櫻井のインタビュー

デビュー20周年を記念した5大ドームツアー
「ARASHI Anniversary Tour 5×20」
活動休止を心に秘めた嵐のメンバー。
映像は、コンサートに向けてスタジオでダンスをしている5人が映し出される。

櫻井のインタビューから始まります。

「うん・・・本当に俺ら5人と本当に片手でも数えられないほどのわずかなスタッフしか、活動休止するっていうことは知らないという状態だというのはかなり特殊な状態なんだよね」

「あの時にいるコンサートスタッフも誰も知らないし、うん。なんならマネージャーですら・・・知らないマネージャーのほうが多い状態の中で、心の中には活動休止を秘めながら、ただただそっちに向かっていくっていう・・・なんて言うのかな。う~ん・・・」

活動休止の事実は
本当に一部の人間しか知らなった。
そんな状況で5人は、
ただただツアーに向かって、
準備を進めていく。

ツアー前の嵐の様子

【2018.10.26】
ツアーリハーサル。
相葉がダンスの確認を何度もしている中で、スタッフが『5×20』の曲を流しますか?と聞くと松本が「もちろんさ」と返す。

櫻井が手をまわしながら「どうぞ どうぞどうぞ」と言う。

『5×20』の曲が流れ出すと、5人はそれぞれ座りながら歌を口ずさんだり、何かを考えながら曲を聞き入っている様子。

表情は5人それぞれ。
大野は唇を噛みしめ、
どこか全員目が潤んでいるように見える。

そこで「もう帰っていいか」聞くために楽しそうにじゃんけんで決めようとしている大野、二宮、櫻井、相場の4人。
相葉「勝った人がじゃあ」
二宮「勝った人でいいよ」
相葉「気持ちよくいってみる?」
櫻井「俺そういうの負けるんだって」
といいながらじゃんけんすると
大野の一人勝ち。

大野「俺かよ 俺かよ」
櫻井「一番言わなそうな(笑)」
すると大野松本とスタッフのもとへ向かう。

松本大野の肩をたたき
「おっ前向きですね
今日はどうしたんですか」
大野「じゃあ全体、以上かな?」
(笑い声)
スタッフ「行ってこいって言われたんでしょ?」と笑い声。
松本「そっちの話ね」
大野「じゃあ全体以上かな 了解了解」

櫻井、二宮、相葉
「勇者だ」「すげぇ」「さすがリーダー」
と嬉しそう。
スタッフ「こういうときだけリーダーらしさ出すよね」とツッコみ、場は和やかな雰囲気に。

4人が帰った後も、
スタッフと引き続き入念な打合せをする松本
深夜4:30まで行われさすがに限界の松本
その後解散となった。

【2018.10.27】
順番に曲を流しながらダンスの確認をしていく5人。

松本「やりづらい わかっててもできない」
と真剣な表情。
櫻井は「初めてできた」と言いだし
相葉「初めてできた?結構やってたけどね」
櫻井「わぁ すげぇ 気持ちいい」
大野「今までどうやってたのよ」
と笑いながら踊る3人。

松本「入り間違えたら終わりだよ これ」
と言いながら振付の確認
二宮「自分だけが恥ずかしくなる 」
「お客さんからはそんなに気づかれないけどさ」
和やかな雰囲気で踊るメンバー

ダンス練習や櫻井のピアノ練習の日々の中、入念なツアーの打ち合わせが連日続いている松本「全然疲れが取れない」と漏らす。
「そろそろ私を寝かせてください」
「疲れが全然取れない」と続ける。
「ずっと眠い今日」
「昨日のダメージが全然取れない」

大野のダンスソロ練習

リハ―サル室に一人やって来た大野
音楽をかけ一人フリの練習をスタート。
何度も何度も練習を繰り返すが、まだ納得いかない様子。

ミラーに写る自分の姿を見ながら、何度もやり直していく姿はさすがのプロ中のプロ

櫻井のピアノレッスン

櫻井ピアノ『アオゾラペダル』のレッスン中。

「なんかなー」という櫻井に先生は「良くなっているわよ」と褒めるが「弾いている人が何かを思っていないと伝わらない」と言われ、練習しては悩む。

それからも練習は続き、ある時、櫻井と先生共に今までで一番良かったというところまでたどり着く。
腕にはたくさんの湿布が貼られており、練習量を物語っている。

松本の指揮練習

松本「オーケストラコーナー」「バンド演奏」の打ち合わせ中。

オーケストラコーナーで指揮をする松本。
打ち合わせは終盤に来ており
「いやー泣けちゃうなあ…
アンコール泣いちゃう」
「感動しちゃった」
と疲れもあるのか感傷に浸る場面が見られた。

幕張メッセ仮設ステージにて

【2018.11.04】
実際にステージでリハーサルが行われ、松本以外の4人は実際に立つポジションへ。
松本は客席から見て、ファンから見える姿がどうなのか最終確認している様子。
松本は「いいよ、いいよ~」と声をかけます。
『A・RA・SHI』のデビュー当時の映像がスクリーンに映し出され、大野が歌っている表情を見て笑う松本

【2018.11.08】
場面は変わりスタジオでMCの打ち合わせをしている様子の櫻井
櫻井「先日11月3日をもちまして、我々嵐は満19歳を迎えました。すなわち20周年イヤーに突入ということになるわけですね・・・いやあ、感慨深い」(笑い声)
二宮「誰に言ってんの?」
櫻井「だってこのまま喋れって」
相葉「全然オッケー出ないんだよ」
櫻井「来週の木曜日にはこの羽田から札幌へ・・・」
相葉「内容が・・・(笑)」
二宮「スケジュール・・・」
松本「え~じゃあ あとでもう1回やりましょう」
倒れこむ櫻井
場は笑いにあふれ、和やか。

【2018.11.09】
ラーメンを食べている櫻井
「立ち位置などを番号で覚えているのがすごい。なんであんなにすぐ覚えられるの?」
櫻井
二宮「言ってる だからずっと」
櫻井「俺その曲のそのタイミングになってそこに動けばなんかわかるけどさ、あれすげぇよ マジで。才能だよね みんなさすがだよ」
二宮「まっさんはすごいよ」
櫻井「松潤はすごい」
二宮「俺らなんかはみんな立ってるじゃん。みんな幕張で」
櫻井「そうそうそう」
二宮「立ってないじゃん」
櫻井「うん あれ すごい
どういう能力なんだろうな
まあそういう能力なんだろうけど
人の位置まで覚えているでしょあの人。
あれすげぇよな なんなんだろう」

スタジオで立ち位置や流れを確認する5人

相葉インタビュー

「みんな言ったもんね。
誰か1人いなくなって
4人でやるのは絶対イヤだって。
うん。
だったら、ちょっと
一旦休憩にしようよっていうのは。
なんかそういうふうに、
みんながメンバーを思ってるグループにいれるっていうのは、本当に幸せなことだなと思って」

出発の日

【2018.11.15】
飛行機の乗り口で笑顔で歩いている5人
大野「おはようございます」
松本「行くよ行くよ」
相葉「行ってきます」

そしてついにツアー1日前を迎え、次回の4話の予告も少し入れ、3話はこれにて終了。

嵐密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』の3話感想

今回も、5人のそれぞれ嵐に対する熱い想いが感じられました。

ツアーのプロデューサーも務める松潤はどこまでも妥協は許さず、体にムチを打って入念に打ち合わせしている姿にグッとくる場面が多く、このツアーにかける想いがひしひしと伝わってきました。

一人一人黙々と練習する姿にさすがのプロ意識を再確認させられましたし、いかにファン・お客さんに楽しんでもらえるかを考えて練習や打ち合わせする姿に、嵐を20年続けてこれた理由を感じました。

3話は櫻井さんと相場さんの二人のみのインタビューでしたが、メンバーそれぞれが嵐に「いさせてもらえてる事」に感謝しているのが、素晴らしいなと思います。

刻々とツアーに近づいていく中、日に日に緊張感も増してきますし、視聴する側も一緒に緊張してくるような、画面を通した”緊迫感”の圧がすごかったです。

また、この3話はちょうど今、社会を混乱させているコロナウィルスの影響で、外出を控えるている方も多い中で「嵐の頑張っている姿を見れた事」に対して、配信のタイミングに感謝する方も多くいました!

 

大野智主演映画「忍びの国」を無料で観る方法

大野くん出演映画《忍びの国》無料お得に視聴する方法についてご紹介しています♪

おすすめ動画

ご訪問ありがとうございます♪今回は、歴史小説実写化映画・大野智主演「忍びの国」を無料でお得に視聴する方法についてご紹介します♪2017年7月に公開された映画「忍びの国」は、2008年に出版された歴史小説を元に[…]

忍びの国

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

まとめ

今回は嵐密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』の3話について記事にしました。

今まではツアー前の練習風景や、打ち合わせ姿が主に捉えられてきました。次の4話からはついにツアー開始。インタビュー形式も多くなってくるのではないでしょうか?

また、ツアーの舞台裏や反省会?など、普段見られない嵐を見せてくれるだろうと期待大です!

和やかな空気のもとであっても、エンターティナーとして妥協をしない彼らの、立ち振る舞い感謝する心は、自分も見習わなければと襟を正す思いで見ていました。

やっぱり嵐は、カッコいい。