映像研には手を出すなドラマの相関図とキャスト(出演者)まとめ!乃木坂46実写化

映像研には手を出すな!ドラマ

ご訪問ありがとうございます♪

今回は、2020年4月よりスタートの乃木坂46出演実写ドラマ『映像研には手を出すな!』キャストについてご紹介します♪

 

ドラマ『映像研には手を出すな!』は、FODNHK総合にて放送の同名アニメ『映像研には手を出すな!』の実写ドラマ。

元となっているのは大童澄瞳による大人気漫画で、アニメを作るのが夢で人並み外れた空想力を持つ浅草みどりと、金儲けが好きでリアリストな長身の金森さやか、カリスマ読モだがアニメーター志望の水崎ツバメの3人を主人公に、女子高生によるアニメ制作活動のストーリーとなっています☆

映画化に先駆けてドラマは映画と同キャスト、同スタッフでお送りする作品となります☆

誰もが想像できなかった“最強の世界”を夢見て、アニメーション制作を志す女子高生3人の青春冒険譚。

今回はそんなドラマ『映像研には手を出すな!』のキャストにスポットを当てて詳細情報をご紹介していきたいと思います☆

ドラマ『映像研には手を出すな!』相関図

映像研相関図

ザ・テレビジョンより

ドラマ『映像研には手を出すな!』キャスト(出演者)まとめ!原作漫画キャラクターも紹介

ではここからは、公式サイトにて発表されているキャストと、原作漫画・アニメキャラクターを紹介していきます♪

 

まずドラマの出演者は以下の通り。

~~【出演者】~~
浅草みどり  – 齋藤飛鳥
金森さやか  – 梅澤美波
水崎ツバメ  – 山下美月
藤本先生   – 高嶋政宏
道頓堀透 生徒会会長 - 小西 桜子
さかき・ソワンデ 書記 - グレイス・エマ
阿島九 斬り込み隊長  – 福本 莉子
王俊也会計 - 松﨑 亮
黒田 水崎家使用人 – 鈴之助
麻笠 水崎家使用人 – 出合 正幸

では次に、主要キャラクターがどういう人物なのか、その演じる俳優はどのような人物なのか掘り下げてご紹介していきたと思います☆

浅草みどり(齋藤飛鳥)

 浅草みどり 

アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、見知らぬ人に話しかけられると卒倒してしまうほどの極度の人見知り
「アニメは設定が命!」が信条で、ことあるごとに妄想を繰り広げる人物。

容姿は低めの身長と、三白眼にどこかカエルを彷彿とさせる大きな口が特徴。
黒髪のショートカットに、迷彩柄のキャップとお年玉をはたいて買った軍用リュックを愛用する。
人称は「ワシ」「あっし」で語尾に「~じゃよ」をつけたり独特の話し方をするのが印象的。
これは人見知りやコミュニケーション能力が低いためだと考えられる。

~~~・~~~・~~~

そんな浅草みどりを演じるのは乃木坂46のメンバーで、『sweet』のレギュラーモデルでもある齋藤飛鳥

乃木坂46のでは白石麻衣と肩を並べる人気ぶりで、“小顔すぎるアイドル”として話題になったあしゅりん。

いままでも「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016」「ザンビ」「乃木坂シネマズ〜STORY of 46」などで主演を務め、着々とアイドル以外にもモデルや女優などキャリアを積み上げています☆

そんな齋藤飛鳥、今回の『映像研には手を出すな!』の出演に関して、以下のようなコメントを発表しています♪

独特な世界観が描かれる作品。こんな世界は今まで一度も体験したことがありません。
”最強の世界”を実写化することは可能なのでしょうか?わかりません。。。誰も想像のできないこと。
実写化が本当に実現したら、それを成し遂げた製作陣の皆様は天才です。
こんなに素晴らしい作品。
天才の皆さんに、必死について行く他はありません。「映像研」を研究して、研究して、その世界に足を踏み込んでも邪魔にならないように、心を込めて精一杯、演じさせて頂きます。

ぶっとんだ発想と個性的なキャラクター浅草みどりをどう演じるのか!必見ですね♪

金森さやか(梅澤美波)

 金森さやか 

浅草の中学からの同級生で、長身で美脚
金儲けに異常な執着を見せるタイプの人物。
容姿はおでこに眼鏡を掛けているのがトレードマーク。
胸まで伸びた黒髪ロングで、色白の肌にはそばかすが浮いている。
黒ストッキングもしくは黒タイツを着用している。

~~~・~~~・~~~

そんな金森さやかを演じるのは、こちらも乃木坂46の3期生メンバーの梅澤美波です。

乃木坂46の中でも長身の彼女は、この金森さやかの役柄にピッタリ☆

白石麻衣に憧れて乃木坂46に加入したようですが、憧れもあってかどこか雰囲気も似ていてロングな茶髪、透明感溢れるキャラクターに乃木坂らしさを感じます。

過去の出演作には齋藤飛鳥と同じく「ザンビ」に出演しています。女優活動にはこれから!といった印象ですが、今回の“映研”で活躍の幅を広げていくと思います☆

そんな梅澤美波は今回の『映像研には手を出すな!』の出演に関して、以下のようにコメントしています。

この作品を初めて読んだ時から、見た事のない描写で描かれるその世界に気づけば
惹き込まれていました。
忘れかけていた挑戦心や屈しない姿勢、この作品を通して自分自身物凄く力をもらった気がします。
電撃3人娘が創る”最強の世界”。私達もその世界に入り込めるのだと思うとワクワクしてなりません。
自分自身にとってかなりの挑戦になるかと思います。

金森さやかは全体と方向性を見ること(俯瞰すること)が出来るプロデューサー気質の性格。

浅草みどりたちとは違ってアニメに興味があったわけではなく、映像研を設立した理由は「お金」です(きっぱり)。

そんなとにかく頭脳派で、人を丸めこむ能力金を稼ぐ能力が優れた人物をどう演じるのかお見逃しなく!

ど真ん中のすごい圧の彼女です(笑)

水崎ツバメ(山下美月)

 水崎ツバメ 

校内では有名人のカリスマ読者モデルでお嬢様。
役者一家で育ったツバメもまた将来女優になることを期待されている。
親のし向けた使用人から助けられたことで、浅草、金森と知り合う。
実はツバメはアニメーター志望という事が分かり、みどりやさやかと意気投合。

~~~・~~~・~~~

そんな水崎ツバメを演じるのは山下美月。彼女もまた乃木坂46のメンバーで、『CanCam』の専属モデルでもあります。

女優としてはまだ駆け出しではあるものの、「ザンビ」「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」「日日是好日」など多種多様な作品に出演しており、乃木坂46では一人っ子ゆえのマイペースさと不思議ちゃんキャラで人気を集めています☆

そんな山下美月は今回の『映像研には手を出すな!』の出演に関して、以下のようにコメントしています。

この作品に触れて、フィクションには夢と希望と情熱が詰まっていると大きな衝撃を受けました。
とにかく何か大きな世界を創ってみたい、想像力を爆発させてみたいという願望が止まらなくなる作品です。
3人のセンスがぶつかり合う熱く情熱的な映像研を描いていけるよう、精一杯頑張らせていただきます!

お金持ちの家庭で育ったためお嬢様気質の水崎ツバメ
他の2人とは金銭感覚がだいぶズレている天然さも必見なキャラクター。
そんな水崎ツバメを山下美月が体当たりで演じています☆

 

道頓堀透(小西桜子)

道頓堀透(どうとんぼり とおる)

部活動の予算管理をする「大・生徒会」の会長。
けれど生徒会でポンコツなのは生徒会長一人。
でもでも生徒会長はちゃんと勉強できるんだぞ、とは漫画原作者・大童澄瞳談。

~~~・~~~・~~~

演じるのは小西桜子

ドラマでは、色々なことに半端ない情熱とこだわりを持った個性的な部活動がたくさん登場し、それぞれの対峙が本当に面白く、撮影中も笑いをこらえるのが大変でした。

とコメントしています。

さかきソワンデ(グレイス・エマ)

 さかきソワンデ 

書記ではあるが、本質を見抜く能力に長けた、生徒会の影の実力者。
今のところ登場人物の中で一番ヤバいやつ、とは、漫画原作者・大童澄瞳談。

~~~・~~~・~~~

演じるのはグレイス・エマ。「初めて原作を読んだとき、さかき・ソワンデのカッコよさに惚れました!」とコメントしています。

阿島九(福本莉子)

阿島九(あじま きゅう)

「大・生徒会」の切り込み隊長と呼ばれる警備部のボス。
原作ではまだフォーカスされていないため、ドラマでのキャラ付けが期待される。

~~~・~~~・~~~

演じるのは福本莉子。第8回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリの美少女ですが、彼女曰く「私史上最高に、暴れに暴れた作品です」とのこと!これは楽しみです♪

藤本先生(高嶋政宏)

 藤本先生 

映像研を見守る役…というよりもは、顧問として映像研の活動に極力干渉しない。
「必要以上に働かない!隙を見つけては遊ぶ!」を仕事の極意としており、もみあげから顎に掛けて豊富な髭が印象的(重いらしい)。

~~~・~~~・~~~

演じるのは高嶋政宏。スゴイことになっています(笑)!実写化がすごい。

 

原作アニメ『映像研には手を出すな!』を無料で視聴する方法

以下の記事にて、ドラマの原作となるアニメ『映像研には手を出すな!』無料で全話視聴する方法を紹介しています!

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

アニメ映像研には手を出すな!映像研には手を出すなアニメの無料動画を1話~最終回まで全話フル視聴する方法!

まとめ

女子高生たちが好きな事に奮闘する姿や、躍動感のある女子高生たちのやり取りと、イマジネーションとリアルが境目なく突然広がるアップテンポな展開が見ごたえの一つとなっている本作♪

ドラマの後には映画が控えています!こんな短期間で、漫画→アニメ→ドラマ→映画とテンポ良く進むなんて、まさしく「いまキテいるコンテンツ」だと思います!

女子高生が3人で作り(創り)出す「最強の世界」!

あの独特の世界観を実写化でどのように表現するのか、すごく楽しみです!