映画「ハリーポッターと秘密の部屋」の無料動画配信をフル視聴するお得な方法まとめ!

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』

2002年に公開された映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の動画を、無料でフル視聴する方法について分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • 映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』を完全無料一気見したい
  • 他のハリーポッターシリーズも一緒に無料で観たい!
  • 広告などにわずらわされず、動画で簡単に視聴したい

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』の動画配信を無料視聴する方法

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の動画無料で視聴する方法を調べてみたところ、《Hulu》で視聴するのが一番楽でお得であることが分かりました。

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の動画は、有料動画配信サービス《Hulu》で配信中♪

無料お試しは2週間あり、もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪《Hulu》に簡単な登録を行うだけで、無料ですぐに視聴できます!


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでの映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどを以下の表にまとめました。

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』が視聴できる配信サービスは現在数社あります。なので、もしいますでに加入している配信サービスがある方はぜひ、そちらでの配信状況を確認してみてくださいね。

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると「果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩んでしまうかと思います。

そこで今回は、下記の動画配信サービスのなかで完全無料動画として視聴でき、他の歴代ハリーポッター劇場版も全話無料で視聴できる《Hulu》をおすすめしたいと思います!

(U-NEXTとTSUTAYA TVはポイントが必要であり、全話無料では視聴できません)


~映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 〇(ポイント使用) 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇(DVDレンタル) / 〇(ポイント使用) 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円  ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ 30日 455円 なし
Netflix ×(海外のみ配信有り) なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

Huluの概要とおすすめポイント

《Hulu(フールー)》見逃し動画映画、限定配信作品などをテレビ・スマホ・タブレットなどで楽しむことが出来る、動画配信サービス。

人気映画やドラマ60,000本が”見放題”or”ポイント使用でお得にレンタル”で視聴できます。

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』はHuluにて見放題で配信中♪ 完全無料で視聴できます!

 

Huluには2週間の無料お試し期間がありますので、初回登録なら2週間以内に解約したら完全無料です!

とりあえず契約して視聴してみてから、今後どうするかを検討されるのもアリかなと思います♪

Huluならハリーポッターシリーズが無料で見放題!

 

Hulu視聴可・ハリーポッターシリーズ

Hulu配信中《ハリー・ポッター劇場版》シリーズ

‥‥など全作配信中

Huluなら、歴代のハリーポッター劇場版シリーズが追加料金なしの無料で視聴できます!


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

すでにHuluを利用した事がある場合は、U-NEXT がおすすめ

すでにいままでに《Hulu》に登録経験があって、無料お試しが利用出来ない方は《U-NEXT》がおススメです!

《U-NEXT》でもハリポタシリーズはポイント使用で無料視聴OK!

おまけに《U-NEXT》なら、『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画シリーズ『ファンタスティックビースト』がポイント使用で無料視聴できるのです!

U-NEXT視聴可・ファンタスティックビースト

U-NEXT配信中《ファンタビ》シリーズ

《U-NEXT》は無料お試し期間が31日間と長いのが特徴♪

おまけに、動画配信数が業界でNo.1”見放題対象作品”の数がすごい!

動画だけでなく、書籍も漫画も雑誌も配信されている「U-NEXT」は、コンテンツが非常に充実していてとっても楽しいサービスです♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』動画内容の詳細

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』のあらすじ

ハリー・ポッターの夏休みは、決して楽しいものではなかった。そんなある日、ハリーの寝室に屋敷しもべ妖精のドビーが現れ、こう警告する――

「ハリー・ポッターはホグワーツに戻ってはなりません。」

ドビーはハリーを学校へ戻さないために、ロンとハーマイオニーからの手紙を止めていたのだ。
しかし、叔父叔母の家で酷い仕打ちにあっていること、本当の家はホグワーツ学校であると信じている彼にとっては、ドビーの必死の努力もむなしいものであった。そこへロンとロンの兄達が空飛ぶ車でハリーを救い出し、温かいウィーズリー家へに迎えられた。

しかし、ハリーとロンが9と3/4番線からホグワーツ特急に乗って学校へ向かおうとすると、どういうわけか行く手を阻まれてしまう。新学期早々遅刻ではシャレにならない。そこで二人は例の空飛ぶ車、フォード・アングリアで学校へ向かうのだが、人間に目撃されてしまったり、学校の大切な“暴れ柳”に突っ込んでしまったりで、先生に大目玉を食らってしまう。

このハリーの活躍(?)は全校生徒の知るところとなり、彼はありがたくもない注目を浴びることになる。闇の魔術の防衛術の新任教師である、虚栄心の強いロックハート先生は人気者の座を我が物にしようと必死だった。

そんなある日、ホグワーツのどこかにあるとされてきた「秘密の部屋」が開かれた・・という血文字が現れる。次々と起こる謎にハリーに疑いの目が向けられる。
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は再び忍び寄る魔の手と対決することを決意する・・・!

Amazon商品紹介より

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』のネタバレ感想と見どころ

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』は、世界中で大人気の「ハリーポッター」シリーズ第二弾。2002年11月23日に公開されました。

実は当初は毎作品ごとに”キャストを変える予定”だった(!)ようなのですが、一作目の「賢者の石」でハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフさんら主要キャストが「原作にイメージ通りだった!」と好評な声が多くあった事から、全シリーズ同じキャスト制作と決定されたようです♪(よかった(´▽`) ホッ)

2作目の本物語は、ホグワーツ魔法魔術学校で2年生へと進級したハリーが、ロンとハーマイオニーの親友2人と共に「秘密の部屋」に隠された事件を解き明かし、解決するまでの1年が描かれているファンタジー映画となっています☆


物語は、夏休み中ダーズリー家にいるハリーのところに、屋敷しもべという妖精の「ドビー」が現れるところから始まる。

ドビーが現れる前から、親友のロンハーマイオニーからの手紙が届かない事や、居心地の悪い伯母一家と過ごすのが苦痛だったハリー。一刻も早くホグワーツに帰りたいと願っていた時の事だった。

突然現れたドビーは、ハリーに「ホグワーツ魔法魔術学校に帰らないように」と忠告する。あの手この手でハリーの行く手を封じるドビーに嫌気がさすハリー。そこへハリーに救いの手が。ロンが空飛ぶ車で迎えに来てくれたのだった。ドビーを払いのけ、新学期の準備をしホグワーツへ戻ろうとキングズ・クロス駅に向かう。

しかし何故かハリーとロンだけがホグワーツへ行く列車がある「9と3/4番線」へ通り抜けることが出来ない。挙句の果てに学校に植わっている“暴れ柳”に落ちてしまい、着地は失敗。その上、ロンの飛ぶ車を魔力を持たないマグル(人間)に見られてしまったため、罰則を受けてしまう二人。

また着地の失敗で暴れ柳に激突した拍子に、ロンの魔法の杖が壊れてしまい、母親にも吼えメールでさんざん叱られ、杖は衝突時に折れてしまったものをそのまま使用しなければいけなくなる。応急処置としてテープで補修したものの、今年度のロンの魔法は暴走してしまうのだった。

やがて、なんとかホグワーツでの生活が再開。ロンの妹であるジニー・ウィーズリーたち1年生を新入生として迎え入れ、ハリーはロンたちと共に新しい学校生活を送っていた。しかしホグワーツで立て続けに奇妙な事件が起こる。なんと、ホグワーツの生徒達が、次々と石になった状態で見つかる事件が発生したのだ。

石化するのは決まって、マグル(人間)出身の生徒のみ。やがて、両親が二人ともマグルであるハーマイオニーもその事件に巻き込まれ石になってしまう。そしてその石化した生徒の横の壁には、「秘密の部屋は開かれたり。継承者の敵よ、気をつけよ」という血文字が出現するのだった。

ロンとハリーは、ハーマイオニーを元に戻すためにも密かに事件の調査を開始する。しかし、秘密の部屋は蛇語(パーセルタング)を操る「スリザリンの継承者」にしか開けない事が発覚する。

しかし偶然なんとハリーが蛇語を話せることが発覚!ハリーも自分で何故話せるのかは分かっていないが、それでもその能力を使ってハリーが『秘密の部屋』の入り口を突き止める事に成功!

しかしそれによって、ハリーが「スリザリンの継承者」なのではないかとの噂が校内で流れてしまい・・・?


全世界が待ち望んだ「ハリーポッター」シリーズの第2弾!という事で、ハリーポッターの世界観が詰め込まれ、更にファンタジー観も画面の迫力も何もかもがレベルアップして、非常に見ごたえある作品に仕上がっています!

視聴者の中でも最も人気の高い作品と言っても過言ではなく、様々なところに伏線があり最後の最後にこれが繋がっていたんだ!と分かり、スッキリしたという声が多く挙がっていました。

そしてやはり空を飛ぶ車のシーンや、ロン、ハーマイオニーらと結託して「秘密の部屋」の謎を解きあかそうと奮闘している姿には思わず興奮を感じました♪

そんな本作、名シーンが沢山あるのはもちろん有名ですが、中でも視聴者が印象に残ったシーンについて少しだけ紹介したいと思います。


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

本作からのキャラクターが魅力的

ハリー・ポッターシリーズは1作目の「賢者の石」から、大きくサスペンス形式の内容が濃く描かれていました。ただ、最初の頃はファンタジー要素が前面に押し出されていますが、作品が進むにつれて、サスペンス要素が強くなっていきます。

ハリポタシリーズ通して一番の見所は、やはり登場するキャラクターが魅力的で、個性豊かな面々ばかりである事でしょう♪

本作「秘密の部屋」で登場したのは、ホグワーツに行かせないようハリーの邪魔ばかりしていた妖精・ドビー。容姿こそよぼよぼでちょっと宇宙人のような出立ですが、実は視聴者からは愛らしいキャラクターとして大人気です☆

ルシウスの思惑を知ったドビーがハリーの為にした事、それが本当にハリーを助けることに繋がったのが憎めず、愛されるキャラクターとなった要因の一つかなと思います。

またロンの妹・ジニーの存在も本作から大きく関わってきて、「秘密の部屋」でもキーパーソン的役割をしています。そんなジニーはロンと同じ赤毛の女の子で、ハリーに以前から憧れていました。

そんなジニーがルシウス・マルフォイの策略によって「トム・リドルの日記」をひょんな事から手にする事で、大きくストーリーに影響を与えていきます。

ハリー VS マルフォイ

1作目からマルフォイが所属するスリザリンハリーが所属するグリフィンドールは犬猿の仲。マルフォイの高圧的な態度は周りから誤解されがちで、ハリー、ロン、ハーマイオニーらには敵対視されていました。

本作では、マルフォイとハリーがクィディッチの試合で対戦する、非常に迫力あるシーンが見所のひとつとなっています。マルフォイがシーカーとしてハリーと闘う姿には、本当に手に汗を握ります!


Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

・人生初の映画館は、ハリー・ポッターと秘密の部屋だったな~。蛇怖くて超泣いたな~

 

・当時(初めて見た幼稚園の時)は良かったなー解決して!と思ったけどバチバチに伏線だったし、 謎のプリンスを見た後だと、映画最後にハリーがドビーに「一つだけ約束して。二度と僕を守ろうとしないで」って言うシーンで心臓が苦しくて死んだ

 

・映画で観たときはハリー目線で事を追いがちだったからジニーがハリーのことを好きだということに最後の最後まで気づかなかったけど、本を読んでまた映画を観ると賢者の石のときからジニーはハリーにお熱だし、秘密の部屋では明らかで、観るたびこれがその!おお!って具合に虜なんです など


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』視聴者のレビュー

20代・女性

ハリーポッターシリーズの第二作目です。この作品は、ある日記から物語が進みだします。幽霊の住む女子トイレが実はとんでもないところへ繋がっていたことがとても印象的でした。

 

ハリーやハーマイオニー、ロンがまだとても幼くてとても可愛らしい反面、ホグワーツでは次から次へと試練が続き、観ていてはらはらさせられます。魔法学校ならではの授業がどれも興味を惹くもので、とても面白かったです。また学校の中ではいつも何かが浮いていたり、絵画の中の住人が動いていたり、不思議な生き物がいたりと細部まで目が離せませんでした。終盤ではハリーが窮地に立たされ、決死の覚悟で戦いに挑むことになりますが、そこではホグワーツやハリーの家族の過去が明らかにされるような場面もあり、今後のストーリーを見ていく上でもとても重要な場面であると感じました。

 

はたしてハリーは無事にもとの学校生活へ戻ってくることが出来るのか、地下に捕らわれていた友達を、助け出すことは出来るのかが、本作の見どころです。私自身何度も見返してしまう位、このシリーズは見るたびに発見があり、世界観を楽しむことが出来ます。まだ見たことのない人には必ず見てみて欲しい作品です。

20代・女性

秘密の部屋は、ハリー・ポッターシリーズでは分かりやすく物語が進み、子供でも楽しめる映画だと思います。ドビーという小人が出てくるのもこの映画の特徴で、最初から奇妙さは満点です。ホグワーツの歴史やヴォルデモートの過去、ハリーがヘビ語を操れる理由など、第一作では明らかになっていない事実が描かれ始めたのが秘密の部屋からです。これらはこの後のシリーズ全体に関わるような設定に大きく関わっていて、とても興味深いです。そのため、他のシリーズ作品を見てからこの秘密の部屋を見ても、改めてさまざまなストーリー設定についてここで語られていたことがよく理解できて面白いです。

 

この映画に初めて出てくる、ポリジュース薬や嘆きのマートルなどはこの後も要所要所でストーリーに登場し、カギとなる役割もあるので必見です。ユニバーサルスタジオジャパンにある、壊れかけの車は、秘密の部屋に登場する空飛ぶ車で、初めて見たときは嬉しくなりました。前作ではほとんど一緒に戦ったハーマイオニーやロンと途中で別れてしまい、ハリーだけがラストに戦うのですが、ハリーの勇敢さが目に見えて、そのシーンは圧巻です。蛇と関連のあるメデューサがモチーフになっていて、神話のように人が石にされていく様子は何回見ても怖いなと感じますが、とても面白い作品です。

20代・男性

ハリーポッターシリーズ第2作目である「ハリー・ポッターと秘密の部屋」では特徴的なキャラクターであるギルデロイ・ロックハートが物語の中心に常にいるため、シリーズの中で最も全体の雰囲気が明るい作品であると思います。ギルデロイ・ロックハートは絵にかいたようなほら吹きのわかりやすいキャラクターで、物語の全体の雰囲気を明るくするだけでなく、小さなお子さんなどでも物語を楽しむことができる要素を生んでいるように思います。そのため、誰にでもおすすめすることのできる作品となっています。

 

もちろん全体的に明るい雰囲気ではあるものの、ハリーポッターシリーズとしてのしっかりとした物語・世界観があります。今作品ではタイトルどおり、秘密の部屋が鍵となっているのでホグワーツの中でほとんどの物語が進行します。しかし、学校内でありながらも閉鎖されたような印象を受けることはなく、むしろとても広い世界観を感じることができて物語に引き込まれます。このように「ハリー・ポッターと秘密の部屋」は、ハリーポッターシリーズの中でも特にいろんな人におすすめできる作品であり、複数人で楽しむことも、ひとりで深く解釈しながら見て楽しむこともできると思います。

20代・女性

一作目と比べてダークな雰囲気で、決闘クラブや大蛇とのバトルといったアクションシーンも多く迫力がありました。またヴォルデモートの過去と対峙したり、シリーズ全体を通しての重要人物が登場したりと、一作目と比べてストーリーに深みが出始める作品だと思います。三作目以降と比べるとシリーズの中での存在感が薄くて、どんな話だったっけ…?とはなりますが。

 

なんといっても登場人物たちが可愛いです。七作目まで見たあとだとまだまだあどけない子どもという感じがしますが、でも一作目より確実に成長しているところが健気で、無駄に母性が芽生えます。あと、個人的にはちょっとだけ登場するドラコのパパがとってもツボで、銀髪ロングが色っぽくてかっこいいです…♡

 

個人的にはハリポタの音楽も好きで、作曲家のジョン・ウィリアムズが織りなす華やかなオーケストレーションが本当に美しいです。ハリポタも言えば!のヘドウィグのテーマもミステリアスでわくわくするような雰囲気が素敵ですが、秘密の部屋で登場する不死鳥フォークスのテーマは、ハープの音色が美しく、聞いていると暖かくて幸福な気分に包まれるような曲です!

 

秘密の部屋は全体的にシリーズ初期のキラキラ感があるのですが、ドビーがビジュアル的に気持ち悪い系なのと、大蛇やら蜘蛛やらゴーストやらが出てくるので、小さい子は怖いと感じるかもしれません。あと人が死んだ話も絡んでくるので、そこもちょっと怖いかもしれないです。でも新しい呪文が出てきたり、クスッと笑えるシーンもあって、楽しい気持ちになれる作品だと思います!

20代・女性

初めて見た時1番衝撃的だったのは、ドビーが出てきたことです!人間でもないし今までに出てきたことがないような種類の生き物です。見た目もとても不思議でハリーを困らせるような存在ですが、ハリーポッターシリーズの2作目で新しい雰囲気が出たのもドビーが出てきたおかげだと思います。

 

2作目ということもあり、ハリーとロンとハーマイオニーの3人を見るといつものメンバでほっとします。相変わらず、夢の国のような世界感で現実とはあまりに違うのでハラハラドキドキしますがハリーポッターの世界観は良い意味で変わらず安心感すらも感じます。初めて見たのは子どもの頃なので、ハリーポッターの世界と現実がごちゃごちゃになって見ていると不思議な感覚になります!途中にある車が空を飛んでいるシーンは子どもながらにとても不思議な気持ちになり、夢にいるような気持ちになりました。そして、大人ではありえないことだとわかるのですが車も空を飛ぶことがあるのかと子どもならではの純粋さでなぜか納得してしまった記憶があります。

 

1作品目よりも、少しだけ出演者の成長が見られて一緒に成長しているような気持ちにもなれました。そういう部分だけは、自分たちと同じ時間軸で生きている人たちなんだと実感しました!

20代・男性

結論から言うととても良い作品でした。

 

一つ目に良かった点はヴォルデモート卿のことが少し明るみに出てきたことです。今後壮絶な戦いをしていくこととなるヴォルデモート卿が、ホグワーツに通っている頃どのような生徒だったのか、またなぜ悪の道に走ってしまったのかが描かれており、そのシナリオに引き込まれる要素があり、とても没入感がありました。

 

2点目はやはり非現実の世界観ですね!一作目が出た時もかなり感動しましたが、2作目はまた新たな授業や生き物、実際に唱えることのできたら嬉しい呪文がたくさん出てきていて、とても夢とファンタジーが詰まった面白い映画に今作もなっています!特に今作では学校に着くまでのシーンがとても面白く、マグルの世界(人間界)にもたくさん魔法はあり、空も飛べてマグルに気づかれないように透明になる機能を持った車などが登場し、前作よりもさらに多くの魔法に触れ合うことのできる作品でした笑

 

まとめると今作は前作と同じく学校生活をベースとして、ヴォルデモート卿の過去、そして現在の地位に至るまでの話を主軸として物語が展開されていきます。次々と場面が変化していく為、テンポよく見ることができる作品になっており、子供っぽいところもありつつ、少しダークな部分もある為、大人も子供も楽しめる作品だと思います


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』のキャスト

ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ
ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン
セブルス・スネイプ:アラン・リックマン
ドラコ・マルフォイ – トム・フェルトン
ルビウス・ハグリッド – ロビー・コルトレーン
ミネルバ・マクゴナガル – マギー・スミス
ジニー・ウィーズリー – ボニー・ライト
バジリスク
嘆きのマートル:シャーリー・ヘンダーソン など

ドラコ・マルフォイ – トム・フェルトン

 ドラコ・マルフォイ 
ホグワーツ魔法魔術学校に通う生徒で、ハリー、ロン、ハーマイオニーと同級生。重要な人物でもあるキャラクター。スリザリン寮に属し、純血の魔法使いの家系に生まれ育っている。基本的に高圧的な態度で、周りを下に見ているのは、父ルシウス・マルフォイの影響。ハーマイオニーに対して「穢れた血」と呼ぶなど、純血以外の魔法使いを下に見ており、ハリー、ロン、ハーマイオニーらに敵視されている。

クィディッチでのポジションはシーカーで、ホウキは父が買ってくれた最新式のニンバス2001を愛用している。スニッチを捕まえるために以前から抱いている対抗心からハリーと激しく競い合うシーンも描かれる。マルフォイこそが、サラザール・スリザリンの後継者と怪しむが・・・?

ドラコ・マルフォイに関する声がTwitterに沢山挙がっていました。

・ マルフォイ一家がクソだと思いつつも、しっかり噛ませ犬になる所が良き。

・ハリー・ポッターと秘密の部屋みたー!マルフォイ最高だぜひゃっほー!!

・ハリーポッターと秘密の部屋で、序盤の方にマルフォイ父とウィーズリー父が火花を散らすシーンあるじゃないですか。互いに嫌ってるくせに「ルシウス」「アーサー」ってファーストネームで呼び合うの大好きなんですよね、たぶん学生の頃からそうだったんですね、ウワーッて頭抱えちゃうよね など

ルビウス・ハグリッド – ロビー・コルトレーン

 ルビウス・ハグリッド 
ハリー、ロン、ハーマイオニーらに好かれる、フランクで体格の大きいその名の通り、大男。ホグワーツ魔法魔術学校の森の番人を務めている。50年前に秘密の部屋が開かれた時に、犯人のぬれぎぬを着せられた過去があるため、50年が経った今回も犯人と疑われアズカバンへ送られる。

動物への愛着が強く、ドラゴンを飼おうとしていた事もある。50年前には校則に違反してクモのアラゴグを飼っていた。アラゴグは50年後に巨大グモとなって禁じられた森で生きており、50年前のことを聞きに来たハリーとロンにアラゴグに会うように示唆する。

ルビウス・ハグリッドに関する声が挙がっていました。

・ラストのハグリッド泣いちゃう

・家の中で蜘蛛を見つけると何故かハリーポッターの秘密の部屋の、アラゴグは何もしちゃいねぇハグリッドそこをどけハグリッドぉぉぉぉ、の一連の流れが頭の中をよぎるぐらいには秘密の部屋が好き

・「ハリー・ポッターと秘密の部屋」観るのもう20回目くらいだけど、いくつになってもハグリッドがアズカバンから帰ってきて皆が拍手するシーンで爆泣きしてしまう。 など

ミネルバ・マクゴナガル – マギー・スミス

 ミネルバ・マクゴナガル 
ホグワーツ魔法魔術学校の変身術の教師。グリフィンドール寮の舎監を勤めている。ハリーのことを信用しようとしているが、ハリーが何度も石化する生徒たちの現場に一番に現れることからスリザリンの後継者の疑いが濃くなってしまい、「自分の手には負えない」とダンブルドアに対応を任せる。

ミネルバ・マクゴナガルに関する声が挙がっていました。

・マクゴナガル先生の授業でペットをグラスに変える呪文の練習してて、あんな魔法いつ使うんだよって思ってたけど。 俺らも微分とか積分って日常でいつ使うんだよって聞かれたら答えれないから それと同じということか

・皆若いなぁ~( ∩ˇωˇ∩) ハーマイオニーなんて小さい頃から美人だし、僕の大好きなマクゴナガル先生まで…♡ 懐かしくて、面白かった…案外アニメだけでは無くこういったものも観ようかと思う。

・ハリーポッターとかもう秘密の部屋までしか見たことないけどネビルとマクゴナガル先生がイケメンでつらい など

ジニー・ウィーズリー – ボニー・ライト

 ジニー・ウィーズリー 
ロンの妹でウィーズリー家の末っ子。ウィーズリー家では唯一の女子。ホグワーツ魔法魔術学校に通っており、グリフィンドール所属。

頭脳明晰でスポーツ万能、魔法の才能もある優秀な魔女。本作での「秘密の部屋」に大きく関わる人物。以前より兄のロンからハリーの話を聞かされていて、憧れを持っていた。ロンが自宅にハリーを招いた時には緊張のあまり、言葉も発せなかった程。

ジニー・ウィーズリーに関する声が挙がっていました。

・ハリー・ポッターと秘密の部屋面白かった。特にハリー・ポッターも石化してしまってピンチだと思ったら、ジニーがすぐ近くに生えてた草をすり潰してお茶を飲ませたら元に戻ったのがすごかった

・ジニーとハリーの深い絆が生まれた回ですね♡ (で、いいんだよね?笑) このころにはもう ダンブルドア校長もスネイプ先生もすでに全て知っていたんだよね。全部見てから見返すとまた違った見え方で作品を味わえるね

・最初のジニーが出てくるところ可愛すぎるな  など

バジリスク

 バジリスク 
「毒蛇の王」と呼ばれる巨大な蛇、ヒキガエルにニワトリの卵を孵化させ生まれた生き物。世界中に生息しているといわれており、体長は約15mでドラゴンのような硬い緑色の皮に覆われており、殺傷能力のある黄色の眼を持つ。

バジリスクの平均寿命は900年余りだが、サラザール・スリザリンのバジリスクは飛び抜けて長寿で、1000年もの間生き伸びていた。最も有力な武器は、直視すると死んでしまうバジリスクの眼で、間接的に見ても石化する。

バジリスクに関する声が挙がっていました。

・今は大丈夫だけど当時バジリスクが怖かった

・我らが世界を徘徊する多くの怪獣、怪物の中でも、最も珍しく、最も破壊的であるという点で、バジリスクの右に出るものはない。 など

嘆きのマートル:シャーリー・ヘンダーソン

 嘆きのマートル 
ホグワーツ魔法魔術学校の女子トイレに現れる幽霊。茶髪におさげ姿で眼鏡を着用している。頬が痩せこけている。かつてハリーがホグワーツに来る約50年程前にはホグワーツ魔法魔術学校に通っていた生徒だった。

学校にいた時は、性格は泣き虫で、すぐにいじけるところがあったためいじめられており、そのイジメの逃げ場所に使っていたのが女子トイレだった。その個室が”秘密の部屋”に繋がっており・・・?

嘆きのマートルに関する声が挙がっていました。

・嘆きのマートルの演技が明らかに上手すぎて、本当に子供?と思い調べると出演当時36歳と言う事実に驚きました

・「ハリーポッターと秘密の部屋」の映画見て、「嘆きのマートル」見た時に…。「花子さん…」って思った記憶が…あるな…


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』スタッフ

製作:デヴィッド・ハイマン
:クリス・コロンバス
:マーク・ラドクリフ
監督:クリス・コロンバス
脚本:スティーヴ・クローヴス
音楽:ジョン・ウィリアムズ
製作総指揮:マーク・ラドクリフ
:マイケル・バーナソン
:デヴィッド・バロン
編集:ピーター・ホーネス
撮影:ロジャー・プラット
美術デザイン:スチュアート・クレイグ
装置監督: ステファニー・マクミラン
衣装:リンディ・ヘミング
キャスティング:カレン・リンジー=スチュワート
特殊メイク効果:ニック・ダドマン
視覚効果監修:ティム・バーク(英語版)


Huluなら無料お試しを使えばDVDを普通に店舗でレンタルするより断然お得に視聴でき、他にもたくさんの動画が視聴できます!

ぜひHulu2週間無料お試しを使って、楽しんでくださいね♪