スタンドバイミードラえもん1の無料動画配信をフル視聴する方法まとめ!

映画『STAND BY MEドラえもん 』

2014年8月公開の3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』動画無料でフル視聴する方法について、分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • 『STAND BY ME ドラえもん』完全無料で視聴したい
  • 綺麗な動画で安全にフル視聴したい
  • 他のドラえもん映画も一緒にお得見たい

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

『スタンドバイミードラえもん1』の無料動画をフル視聴する方法

映画『STAND BY ME ドラえもん』無料で視聴する方法を調べてみたところ、TSUTAYA DISCAS(ディスカス)だけしかないことが判明しました!

無料お試し期間が長く(30日間)、作品のラインナップも非常に充実した、天下のレンタル大手TSUTAYAのサービス《TSUTAYA DISCAS / TV》

もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

『スタンドバイミードラえもん1』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでの映画『STAND BY ME ドラえもん』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどをまとめました。

以下の表からも映画『STAND BY ME ドラえもん』が視聴できるのは《TSUTAYA DISCAS / TV》のみであることが分かります。


~映画『STAND BY ME ドラえもん』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

TSUTAYA DISCAS / TVの概要とおすすめポイント

大手レンタルサービスTSUTAYAの提供するサービス《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》

こちらはちょっとややこしいのですが、TSUTAYA DISCASというDVD・BDレンタルサービスと「TSUTAYA TVという動画配信サービス合体版です。

初回登録時だけ無料で「DISCAS」「TV」どちらもお試し(というか勝手に2つともくっついてくる)できますが、そのまま継続して正規利用される場合は、どちらかだけにすることができます!

映画『STAND BY ME ドラえもん』は「DISCAS」でのDVDレンタルを使って、完全無料で視聴できます!

おまけに映画『STAND BY ME ドラえもん』にも使われているエピソードなどが入った、TV版のスペシャルも借りることができます!

 

TSUTAYAレンタル可・STAND BY ME

ただ、”DVD・BDレンタルサービス”と聞くとどうしても「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実はTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システム!

お出かけついでにポイッとポストに返せるのです♪(めちゃらくちん♪実は私も使用中(^^ゞ)

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、映画『STAND BY ME ドラえもん』無料でレンタルできます♪

《TSUTAYA DISCAS / TV》はなんといっても天下のレンタル大手《TSUTAYA》のサービス!なので”作品の取り揃え”がとんでもなく豊富!

30日間もある無料お試し期間中に上記の作品を全部、追加料金なしの無料で視聴することが出来ます♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

TSUTAYA DISCASなら他のドラえもん劇場版も完全無料で視聴可!

《TSUTAYA DISCAS / TV》では無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

ドラえもんの話題映画(新作除く)をいっぱい楽しむことが出来ます!

 

ドラえもんの今までの歴代アニメ・劇場版も、ほぼすべてが旧作なので無料でレンタルできます!

TSUTAYAレンタル可・ドラエモン

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

『スタンドバイミードラえもん1』動画内容の詳細

『スタンドバイミードラえもん1』のあらすじ

何をやらせても冴えない少年のび太の前に現れたのは、22世紀から来たのび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんだった。

 

のび太の悲惨な未来を変えるため、お世話係として連れて来られたドラえもんだったが、乗り気じゃない。そこでセワシはドラえもんに<成し遂げプログラム>をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れなくしてしまう。

 

果たして、のび太は幸せになり、ドラえもんは22世紀に戻れるのか…?

(C)2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会

『スタンドバイミードラえもん1』の原作・原案

映画『STAND BY ME ドラえもん』は、国民的アニメ「ドラえもん」の初の”3DCG映画”で、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品として制作されました。

公開は2014年8月8日、監督は「DESTINY 鎌倉ものがたり」や「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー 」などを手掛けた、3DCGを得意とする山崎貴監督。

日本を代表とするアニメーションの初の3DCG映画とあって、その作品は日本のみならず、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカなどの海外計59の国と地域で公開されました♪

第38回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞を始め、数々の賞を受賞している本作。その続編「STAND BY ME ドラえもん 2」が2020年11月となりました。

実は本作『STAND BY ME ドラえもん』は、原作漫画の中でも人気なエピソードの7つのストーリーを再構築して作られている作品です。7つとは、以下の7つの作品のこと。

・「未来の国からはるばると」
・「しずちゃんさようなら」
・「たまごの中のしずちゃん」

・「雪山のロマンス」

・「のび太の結婚前夜」

・「さようならドラえもん」

・「帰ってきたドラえもん」

・「未来の国からはるばると」(1巻)

ドラえもんとのび太の出会いを描いた作品です。「ドラえもん」の始まりと言える本エピソードは、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品となる本作としてふさわしいエピソードです☆

勉強も運動もダメなのび太の悲惨な未来を変えるため、22世紀から突然現れた少しタヌキに似たネコ型ロボット・ドラえもんがやってきた☆わくわくの毎日に、のび太はどんどん前向きに変わっていきますが・・・。「ドラえもん」の始まりと終わりの物語。

突然未来からやって来たというのび太の孫の孫のセワシから、自分の将来や結婚相手、家族構成など、不幸な未来を知らされてしまうのび太。のび太を幸せにしなければ未来に帰ることが出来ないように設定されてしまったドラえもん。二人の出会いから物語の始まりを描いたエピソードとなっています。

日本の全国民が知っていると言っても過言ではない「ドラえもん」の始まりのストーリー。これを見れば『ドラえもん』世界の基礎情報をマルっとおさらいできる内容となっています。

・「しずちゃんさようなら」 (32巻)

将来しずかを幸せにする自信を無くしたのび太の苦悩や、そんなのび太を心配するしずかの気持ちが描かれたものがたりで、大山のぶ代版と水田わさび版アニメで何度か映像化されている、大人気のエピソードです。

恋い焦がれているしずかちゃんの幸せを思い、なんとか嫌われようとするのび太を描いた切ないストーリー。先生にいつも以上に厳しく説教されてしまい、自分は将来しずかと結婚しても、彼女を幸せに出来ないのではないかと落ち込むのび太。

しずかちゃんを不幸にするのだけは嫌だと決意し、突然、のび太がドラえもんに「しずかちゃんと別れる!」と言いだします。しずかちゃんとのつながりをすべて断ちきろうとしたのび太は、借りていた本をごっそり返した上、優しいしずかちゃんに嫌われようとスカートめくりまでしてしまい…!?

挙句の果てには、ドラえもんの道具に頼り、飲むと周囲の人から毛嫌いされてしまうひみつ道具「ムシスカン」を飲んで、しずかちゃんを遠ざけようとするのですが・・・?

・「たまごの中のしずちゃん」(37巻)

”のび太の敗北と挫折”を描いた本エピソードは、2007年7月6日に放送されました。原作としては、ドラえもん漫画・短編第37巻第15話にあたります。

しずかちゃんと結婚できるのか不安になったのび太に、巨大なたまご型をした道具「刷り込みたまご」という秘密道具を与えるドラえもん。

「刷り込みたまご」は卵から孵った雛鳥が初めて見るものを親と思う特性と同じく、たまごの中に入った人間は、3分後蓋が開いた時、初めて見た人に恋してしまうというひみつ道具で、のび太を幸せにしようとドラえもんが考えて出した道具。

しずかちゃんに巨大たまごの中に入ってもらおうとするのび太。しかしどこを間違えたのかジャイアンが入ってしまい、孵化して初めて見たスネ夫に求愛してしまって・・・!

・「雪山のロマンス」(20巻)

漫画 『ドラえもん』のエピソードの一つで、のび太としずかちゃん、2人が婚約するきっかけとなる出来事を描いた、いわばのび太の結婚前夜のさらに前日談とでもいうべきエピソードです。

小学六年生1978年10月号掲載時のタイトルでアニメ化として放送されたのは、始めは1980年2月29日だったそうですが、その後何度もエピソードの追加や変更を加え、スペシャル版として放送されたのは、2005年12月31日の大晦日スペシャルでした。

その後の2013年12月30日にもBGMやコメディ色を多めに使ったバージョンで放送されており、視聴者にも人気なエピソードの一つとなっています。

占いで、しずかちゃんとの相性がサイアクだとわかったのび太。落ちこむのび太のために、ドラえもんが『未来テレビ』を取りだすと、そのテレビには未来ののび太やしずかの様子を映し出していた────。

未来ののび太はいまと同じでモジモジしてばかりで、なかなかプロポーズができないでいた。おこったしずかちゃんは、出木杉くんたちと山のぼりに出かけてしまって・・・?!

・「のび太の結婚前夜」(25巻)

本エピソードは、1999年3月6日に『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』と同時上映公開されたドラえもんの映画作品であり、『ドラえもん』25巻「のび太の結婚前夜」を原作としているエピソードです。「ドラえもん」の中でも有名なエピソードの一つとされるエピソードであり、大人でも泣けると評判の名作です。

ある日、しずかちゃんが本当にお嫁さんになってくれるのか、心配になったのび太。そんなのび太にタイムマシンを使って未来の自分の結婚式を確かめに行けばとドラえもん。

しかしタイムマシンから降りた日は結婚式の前日で。ドラえもんとのび太は、明日に結婚式を控えたしずかちゃんの様子を見に行くことに。自分の周囲の人たちの未来の状況やジャイアンやスネ夫・出来杉くんとの前夜祭を見て回り、一見上手くいきそうな結婚式。

そんな浮かれ足でのび太とドラえもんは最後にしずかちゃんの源家の様子を覗きに行きますが、結婚式という大きな決断をする人生の分岐点でしずかちゃんは、今まで育ててくれた大好きなお父さん、お母さんと離れ、巣立っていくことへの不安と寂しさを感じていて・・・。

あげくにしずかちゃんは思い余って「のび太さんとの結婚をやめる」とパパに言いだして────。

・「さようならドラえもん」(6巻)

2009年3月20日に放送されたエピソード。『ドラえもん』6巻の最終話で、結婚前夜に続いて、有名なエピソードです。

しずかちゃんと結婚する未来を見たのび太が幸せを実感したことにより、のび太の孫の孫のセワシの設定に従い、未来へ帰らなければならない事になるドラえもんとのび太を描いたエピソードです。

いつものようにジャイアンを怒らせてしまい、「ケンカが強くなる道具」をお願いすると、いつもの調子で自分では何もせずにすぐに頼ってくるのび太に対し、ドラえもんは憂鬱そうな感じを見せます。

ドラえもんは「一人でできないケンカならするな!」と怒り、22世紀に帰らなくちゃいけない事を告げるのです。

のび太はドラえもんがいなくなってしまう事が受け入れられなく、「絶対に嫌だ!」と大反対する。夜の町を散歩する2人。ドラえもんが離れている間、のび太は同じように夜の散歩をしていたジャイアンと遭遇。昼間の件から殴ろうとするジャイアンに対し、のび太はドラえもんから心配を払拭させるべく、無謀を承知で単身ジャイアンに挑みます。

そしてドラえもんの目に映ったのは、何度殴られてもジャイアンに立ち向かったのび太がジャイアンを根負けさせた様子で…ドラえもんは成長したのび太を見て、安心して未来へ帰っていくのですが────?

・「帰ってきたドラえもん」(7巻)

本エピソードは、1998年3月7日に『ドラえもん のび太の南海大冒険』と同時上映公開されたドラえもんの映画作品で、感動中編シリーズの第1作目として有名なエピソードとして話題です。『ドラえもん』7巻第1話で、「さようならドラえもん」に続くエピソード。

未来に帰ったドラえもんがのび太の元に再び現れる感動のストーリーでもあります。

ドラえもんが未来に帰ってしまってから、なんとかのび太は一人でも日常を平穏に暮らしています。ドラえもんの助けがなくなった事も心わびしいが、何より一緒に暮らしていた友人がいなくなった事がさびしくて・・・・。

そんな中「ドラえもんを見かけた。」と、ジャイアンとスネ夫に嘘を言われるのび太。ドラえもんに会いたいのび太は、ドラえもんの大好物「どら焼き」を買ってドラえもんを探し回ります。

しかしそのドラえもんは、スネ夫が化けた偽物であり、全てはジャイアンがエイプリルフールにかこつけて、先日のケンカの仕返しに行った事だったのです。

この嘘だけはどうしても許すことが出来なかったのび太は、ドラえもんが万が一の時にといって残した秘密道具「ウソ800」を思い出して────?


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

『スタンドバイミードラえもん1』のネタバレあらすじ感想

従来のドラえもんのアニメとは異なる、懐かしくも新しいドラえもんの3DCG映画。視聴者が好きなエピソードだけを集めたと言われる本作は、視聴すると「ドラ泣きした」という声が多々挙がってしました☆

CGの滑らかな映像と誰もが親しみを感じる「ドラえもん」と「のび太」の心温まるストーリーを存分に楽しめ、これは子供だけでなく大人も一緒に涙できる作品になっています。


物語は、主人公の野比のび太孫の孫のセワシという視点から始まる。

22世紀の未来。セワシが、水色の猫型ロボットのドラえもんと共に、自分の祖父の祖父・のび太のことをタイムテレビで見ている。

優しい心の持ち主ではあるが、勉強もスポーツもからっきしで失敗ばかりの少年のび太。毎日のように寝坊したり、成績もよくないため、先生には怒られ、ガキ大将のジャイアンとその友達のスネ夫にからかわれるのが日課となっている。

そんな自分の祖父の祖父を見る事に耐え切れなくなったセワシは、のび太の未来を変えるために、ドラえもんを連れてタイムマシンで、のび太の住む時代へ行くことにする。

ある夜、のび太は机の引き出しから、のび太の孫の孫を名乗る少年・セワシと、猫型ロボットのドラえもんが突然現れた事に驚く。「タイムマシン」に乗って未来からやってきたと言う一人の人間と一体の不思議なロボット。そのロボットはのび太の元にしぶしぶやってきたようで、あまり乗り気ではない様子。

挙句の果てにのび太から「タヌキ型ロボット」と言われてしまい、「猫型ロボット!」と自己紹介をする。猫型ロボットの名はドラえもん。のび太がお茶とどら焼きを出してもてなすと、ドラえもんは飛び跳ねて大喜びして、のび太との生活を承諾するのだった。これが、のび太とドラえもんの出会い。

セワシはのび太がこのままの生活を送っていると幸せになれないと助言する。今から19年後の未来では、のび太がジャイアン妹・ジャイ子と結婚しており、起業した会社が倒産して、借金を抱えていると話す。そしてその借金のせいで、4代後のセワシたちまで貧しくなってしまうのを伝えたかったというのだ。

のび太は大好きな女の子・しずかちゃんと結婚できないばかりか、巨額な借金を抱える未来に絶望するが、「未来は変えられる」とのび太を励ましたセワシは、ドラえもんに仕込んでいた“のび太を幸せにしない限り未来に帰れない”プログラムを起動。ドラえもんはのび太を幸せにする事に奮闘することになる。

ドラえもんは未来で開発されたひみつ道具を持っており、四次元ポケットから次々とのび太のために便利な道具を出す。その道具は現代では考えられない非現実的な物ばかりだが、とても便利で一度使うとやめられなくなる。遅刻常習犯ののび太のために「どこでもドア」で瞬間移動。テストでは「暗記パン」を食べて高得点を連発する。

いつものび太の事をいじめるガキ大将・ジャイアンには、「透明マント」でひそかに仕返しする事に成功。ドラえもんはしずかやジャイアン、スネ夫とも出会い、ひみつ道具を使って一緒に遊ぶようになっていく。ドラえもんが来た事でのび太とジャイアンやスネ夫、またしずかちゃんとの交流も良好となって、怖いもの知らずになったのび太。

そんな中、のび太にとって一番のライバル・出来杉くんの存在が脅威に。運動も成績もルックスも性格も「出来杉」の彼。おまけにしずかちゃんと仲が良い。自信を失くしたのび太はドラえもんの道具に頼る。

ドラえもんから聞き出したのは、初めて見た人を好きになる「刷り込みたまご」という道具。しかしドラえもんは乗り気ではなくあまり勧めてこない。そんなのはおかまいなしにのび太はその大きな「刷り込みたまご」を持ち、しずかちゃんの元へと向かう。

しかしその道中でのび太はうっかり「刷り込みたまご」を滑り落としてしまう。その先にいったのは偶然にもジャイアンとスネ夫で・・・!

また後日、未来が少し変わったとドラえもんから聞いたのび太。どんな未来になるか「タイムテレビ」で見る事に。14年後の未来、画面に映し出されたのはしずかと雪山登山する当日の様子だった・・・。


胸がギュッと締め付けられたり、ポッと温かくなる作品を再編集し、作中の台詞もできるかぎり原作のものを使用しているため、大人も子供も最初から最後まで目が離せない作品となっています。

そんな本作には、名シーンや名言が沢山あるのは有名ですが、最も視聴者が印象に残ったシーンや名セリフなどまとめていきたいと思います♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

これぞ「ドラ泣き」!しずかちゃんの結婚前夜

視聴者が感動した場面として、「のび太が1人でジャイアンに立ち向かうところ」や「結婚前夜のしずかちゃんとお父さんのエピソード」が多く挙げられたという事は有名。

やはりのび太が大好きなドラえもんのために一生懸命立ち向かっていく様子や、しずかちゃんの多くを語らない心情、しずかちゃんパパとの名シーンが話題になりました☆

のび太と結婚して家を出る為、今までお世話になった育ての両親、特にお父さんと最後の夜にしんみりするシーン。その時にパパがしずかちゃんに語った言葉がとても話題になりました。

しずかちゃんはマリッジブルーな事もあり、結婚を喜ばしく感じる想いよりも、3人家族で楽しく過ごしてきた思い出が蘇り、寂しくなってしまいます。ついに思い立ってパパに「結婚をやめる」と言い出してしまいます。。

そんなしずかちゃんの想いを全て分かったパパが言った言葉。

「あの青年は決して目立った取りえがあるわけじゃない。しかし人の幸せを願い人の不幸を悲しむ事が出来る。それが人間にとって一番大事な事なんだからね。」

しずかちゃんにのび太くんを信じなさいと優しく諭すシーンは、おそらく結婚経験のある女性なら涙なしには見られないシーンとなったに違いないと思います。

のび太の空回りする想い

のび太が泣かせにくるシーンは、大きく分けて二つあります。

しずかちゃんに嫌われようとする姿

のび太は自分がしずかちゃんにかろうじて嫌われない理由が、ドラえもんの道具にあると考え、今後ドラえもんの道具に頼らないと言い出します。

しずかちゃんを道具を頼らずにあっと言わせようと、算数の勉強をして挑むテスト。しかし実際行われたテストは漢字のテストで、のび太はいつものように0点をとってしまいます。そんな自分に嫌気がさし、自分と一緒にいるとしずかちゃんが不幸になると思い込み、自分は嫌われ、今後のしずかちゃんを出来杉君に任せようとします。

わざと嫌われようとスカートめくりをしたり、嫌なオーラを周囲に発して、人を寄せ付けないようにする「ムシスカン」という秘密道具を使い、あげくドラえもんやママにまで嫌われてしまいのび太。

しかし結局はしずかちゃんだけはムシスカンの負のオーラを受けながらも前進し、倒れているのび太の手を握って助け出すという”ハッピーエンド”なのですが、しずかちゃんのために自分が去ろうとする姿はグッときたシーンでもあります。

一人でジャイアンに立ち向かう姿

多くの人が心を打たれたシーンの1つは、有名な「さようならドラえもん」と「帰ってきたドラえもん」が原作のシーン。

未来に帰ってしまったドラえもん。のび太は明るく見送り、一人での生活を送っています。しかしのび太の心にはがっぽり穴が開いていて…。そんな中、ジャイアンとスネ夫に「ドラえもんを見た」と嘘をつかれてしまい、のび太はそれを鵜呑みにして探しまわります。

結局それが嘘だと分かり、のび太がジャイアンに決闘を申し込むシーンは泣けます。

また、未来に帰る前、のび太がちゃんとひとりでやっていけるか心配するドラえもんに、1人でも立ち向かえると証明するため、今まで勝った事のない相手に勝負を挑んだのび太。殴られても蹴られてもジャイアンに食らいつき、真夜中まで及ぶ勝負にジャイアンはとうとう根負け。

のび太がやられてもやられても立ち上がり続け、ジャイアンに「勝たないと。ドラえもんが、安心して、くっ。帰れないんだ。」という言葉にはグッと心を掴まれた方も多かったでしょう。

Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

・STANDBYMEドラえもん、なんか俺が好きな話ばっかり集まってるのやべえな ぶっ刺さってるわ

 

・基本アニメ見ない私ですが、ラピュタと紅の豚と浮かびつつやはりドラえもん! 私の幼少期はドラえもんと共にあったので。 そしてこの夏第2弾が!!! おばあちゃんの思い出が題材とか今既に泣いてる

 

・ひまわりの約束は Stand by me ドラえもんの曲でしたね♬きっちゃんも好きだったんだ なんかきっちゃんがそばにいるような気分になるね〜  など


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

『スタンドバイミードラえもん1』視聴者のレビュー

40代・男性

いつものアニメーションのドラえもんと比べて、より立体的でリアルな描かれ方をしているなと思いました。画像がとても綺麗です。製作の方はかなり時間をかけて作られたんだろうなと感じながら作品を観ました。

 

のび太君としずかちゃんが結婚するのは、原作でも周知の事実になっていますが、この映画を観て、2人とも幸せになってほしいと切に感じました。その他では、ジャイアンにのび太君が果敢に立ち向かっていくケンカのシーンが印象に残っています。ドラえもんと別れることになってから、「これからは自分がしっかりしなきゃいけない」というのび太君の強い決意のようなものが感じられると思います。

 

この映画の主題歌である、秦基博さんの歌う「ひまわりの約束」は、映画にとてもマッチしていて素晴らしい曲です。ひまわりの約束が、STAND BY ME ドラえもんを引き立てていると言っても過言ではないと思います。しずかちゃんとの結婚を控えたのび太君を、スネ夫とジャイアンが祝福するシーンがありますが、それを観ていてジーンと来るものがありました。通常ではのび太君はスネ夫やジャイアンにいじめられる役回りが多いのですが、2人とも本当は、のび太君を大切な仲間だと思っているんだなと改めて思いました。

20代・男性

先日、テレビでこの映画を観た。私はドラえもんを子供の頃から観ていたが、内容は元あったストーリーのオマージュ若しくは大部分を踏襲している。一番最初である、のび太君とドラえもんの出会うシーンから、のび太君がタケコプターに始めて乗るシーンの映像美は圧巻であった。のび太君の視点から夜の街を颯爽と飛び去っていくリアルさとかつて無い美しさの中間という感覚を覚えた。

 

他にはジャイアンやスネ夫が登場するシーンでは、のび太君たちとの各々、身長差に改めて驚いた。アニメだとそんなに意識が向かなかったが、3Dだからなのか顕著に目立って、よりリアルさが増しているなぁと素直に思った。また、2時間ちょっとという映画の尺に収めるため、代表的なドラえもんの秘密道具をピックアップして、ドラえもんとの日常が過ぎ去っていくシーンも良かった。所々、端折った部分があったが、これは仕方がないことだなと勝手に解釈した。

 

終盤、ドラえもんが未来に帰っていってしまう所では、あの名シーンであるのび太君の意地と何としてもドラえもんを心配させないという熱い気持ちに心打たれ、またアニメ版と原作のシーンもフラッシュバックしてきて、余計に心を打たれた。あくまでもリメイク作品であるが、私は今までこんなに感動した作品は無いと思う。ドラえもんを知っているからこそ、この感動は生まれるのかもしれない。

30代・女性

声優さんは普段のアニメと同じおなじみの方々ですが、3DCGアニメーションのためそこが普段と異なり新鮮なところです。3DCGによってドラえもんやのび太をはじめとする登場人物たちの喜怒哀楽がとてもリアルに表現されています。特に泣きの表情は普段のアニメーション以上に胸に来るものがあり、必見です。また、近未来の車が登場するシーンがありますが、CGでスピード感などもリアルに表現されているので、迫力があります。

 

お話は帰ってきたドラえもんとのび太の結婚前夜をミックスした構成です。ドラえもんの中では有名な話で、子どものころに観たことがある方も多いと思います。どこか懐かしく感じるストーリーです。しかし、大人になった今、改めて観てみると、また違った見方ができてとても面白いと思います。子どものころはドラえもんやのび太の目線でみていたものが、親目線の気持ちも分かるからこそ、グッとくるシーンもあります。

 

お話自体はシンプルなので、初めて観る方でもとても観やすいストーリーです。主題歌は秦基博さんのひまわりの約束で映画の世界観ととてもマッチしていると思うので、映画全編が終わった後に流れる歌と歌詞の内容にも注目していただきたいです。

30代・男性

私にとってドラえもんとはかけがえのない存在です。ですからもちろん映画館でこの作品を見てドラ泣きをしました!作品のストーリーはドラえもんがのび太君を幸せにするために未来からやってくる、初めてドラえもんとのび太君の出会いから始まります!

 

CGアニメ―ションって事で泣いた顔や笑った時のクシャっとした表情とか、細部まで細やかに作られています!ドラえもんの道具もアニメとは違うリアリティー感が強くて、本物はこの様な感じなんだなぁ~って普通のアニメでは解かりにくい部分も把握出来ますし、ドラえもんの大きさやキャラの体格等はアニメでは解からないので、この作品で把握できると思います。

 

ドラ泣きと言う事でアニメの方でも大好きな「結婚前夜」のシーンでは、しずかちゃんのパパの台詞、私はまったく変わらないあの台詞に涙が溢れ愛が溢れている言葉だと本当に思います!大人のび太君も穏やかさのある青年で優しいのび太君らしい大人だと感じました。そしてしずかちゃんは子供の時はキュートで大人になる本当の美人さんです!!素敵女子です!

 

私個人は大人のび太君がベンチに座って昼寝してるドラえもんを見つめるワンシーンが、非常に意味深で心の中になんとも言えないこみ上げる物がありました。CGアニメーションは嫌だなぁって感じられる方はいらっしゃると思いますが、それでもストーリーは抜群に優れていますし、CGだからって観ないのは本当にもったいないです!暖かい気持ちになる作品です!そして信頼出来る友達の大切さに気付かされる作品でした。

20代・男性

いつもは平面でしかみることができなかったドラえもんが立体となって見ることが出来、いつもみてるドラえもんのはずなのに、新鮮味があってリアルだからいつにも増して感情移入しやすい作品となってました!のびたやジャイアン、他のキャラクターもすべてアニメーションとは思えないリアルな映像でテレビの2次元の世界では表現できていなかった細かい表情やジャイアンにいじめられた時の傷などが細かく表現されていました。

 

キャラクターだけでなくドラえもんといえばひみつ道具で、お馴染みのどこでもドアやタイムマシーンが3Dで表現されていて、興奮しました。また、のび太の部屋や他の建物もすべてリアルになっているので、タケコプターで空を飛んでいるシーンでは一緒になって空飛んでいるかのような感覚になり、見ているだけでも心踊らされます。

 

また話の内容も感動できるもので、「ドラ泣き」という言葉もある通り、この映画を見て私も泣いてしまいました。ドラえもんから学べる友情の素晴らしさなどが、この映画になることでより一層伝わってきました。大切な友達のために身を呈して頑張るのび太の姿に心打たれるものがあります。まだ見てない人は第2作とも繋がっている部分があるので是非合わせて見てみたらいいと思います!

40代・男性

マンガやアニメの2D映像のドラえもんを見て育ったので、CGの映像には最初慣れず、のび太が初めてタケコプターを付けて飛ぶシーンでは少し見ていて気持ちが悪くなってしまいました。しかし、CGの質感は良く、表情などがとても感情豊かに描かれていて良かったです。

 

ストーリーとしては、静香ちゃんとのプロポーズや結婚のシーンも良かったですが、ドラえもんとの別れと再会を描いたラストがとても感動しました。ジャイアンに一人で挑んでいく、覚悟を決めたのび太はとても頼もしく見えたし、ジャイアンが根負けしてしまうだけの根性を見せてくれたのび太には、成長を感じました。ドラえもんがいるとダメになっていたのではなく、ドラえもんの存在によってのび太が人間的に強くなっていたことがわかり、嬉しかったです。そしてドラえもんが残した道具のウソ800が最後に素晴らしいオチを残していてくれて、最高の展開でした。

 

また、この映画の主題歌である秦基博さんの「ひまわりの約束」もとても歌詞がストーリーにマッチしていて、ストーリーとともにこの歌のメロディーと歌詞が涙を誘いました。大人になっても、ドラえもんの映画から感動をもらえるとは思ってもいませんでした。やはり、ドラえもんは日本人の永遠のヒーローかもしれません。


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

『スタンドバイミードラえもん1』主題歌・スタッフ

『スタンドバイミードラえもん1』主題歌

*主題歌
「ひまわりの約束」- 秦基博


『STAND BY ME ドラえもん』スタッフ

原作 – 藤子・F・不二雄
(藤子不二雄プロ)
脚本 – 山崎貴
監督 – 八木竜一、山崎貴
音楽 – 佐藤直紀
絵コンテ – 八木竜一
エグゼクティブプロデューサー – 伊藤善章、梅澤道彦、阿部秀司
プロデューサー – 大倉俊輔、守屋圭一郎、渋谷紀世子、岡田麻衣子
企画・製作幹事 – テレビ朝日
制作プロダクション – 白組、ROBOT、シンエイ動画
制作協力 – 藤子プロ、阿部秀司事務所
配給 – 東宝


《TSUTAYA DISCAS / TV》の無料お試しを使えば、たくさんの話題作品が無料で視聴できてめちゃくちゃお得です♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!