エヴァンゲリオン新劇場版:破の無料動画配信をフル視聴する方法まとめ!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』


2009年6月公開の新劇場版4部作・第2作目、アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の動画無料でフル視聴する方法について、分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』完全無料でフル視聴したい
  • ヱヴァンゲリヲンシリーズを1から知りたい
  • 他ヱヴァンゲリヲン新劇場版などもお得に視聴したい

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

『エヴァンゲリオン新劇場版:破』の動画配信を無料視聴する方法

アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の動画を無料で視聴する方法を調べてみたところ、簡単に今すぐ無料で視聴するなら《U-NEXT》一番お得でオススメであることが分かりました♪

アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の動画は、「見放題作品数No.1」の動画配信サービス《U-NEXT》が配信しています♪視聴にはU-NEXTポイントorコインが必要ですが、無料期間でももらえる600ポイントを使って実質無料で視聴できます!

無料お試しは31日間もあり、もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

《U-NEXT》に簡単な登録を行うだけで、すぐに視聴できます!


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

『エヴァンゲリオン新劇場版:破』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでの、アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどを以下の表にまとめました。

アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が視聴できる配信サービスは現在数社あります。なので、もしいますでに加入している配信サービスがある方はぜひ、そちらでの配信状況を確認してみてくださいね。

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると「果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩んでしまうかと思います。

そこで今回は、完全無料動画として視聴でき、無料期間が31日間と一番長くて動画配信数が最も多い《U-NEXT》をおすすめしたいと思います!

(FOD・Hulu・dTV・ABEMAは無料期間が2週間、また、TSUTAYAディスカスはDVDレンタルという形になります)


~『エヴァンゲリオン新劇場版:破』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 31日 1,990円 600P
FOD 〇(ポイント配付を待つ必要あり) 2週間 888円 1300P
Hulu 2週間 933円 なし
ABEMA 2週間 873円 なし(すべて見放題)
TSUTAYA DISCAS / TV 〇(DVDレンタル) / 〇 30日 2,417円 ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ 〇(プライム会員特典) 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

U-NEXTの概要とおすすめポイント

《U-NEXT》は無料お試し期間が31日間と長いのが特徴♪

おまけに、動画配信数が業界でNo.1”見放題対象作品”の数がすごい!

加えていうと、U-NEXTはアニメ動画がめちゃくちゃ豊富なのです( ̄▽ ̄)♪

動画だけでなく、書籍も漫画も雑誌も配信されている「U-NEXT」は、コンテンツが非常に充実していてとっても楽しいサービスです。

この機会にアニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』だけでなく、いままで観ようかどうしようかと気になっていた作品などを一緒に視聴して、ぜひ楽しんでください♪

アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』はU-NEXTポイントorコインが必要ですが、無料期間でももらえる600ポイントを使って実質無料で視聴できます!

 

U-NEXT配信中・『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

《U-NEXT》なら登録も解約もとっても簡単

とってもお得&楽しいサービスです♪

U-NEXTならヱヴァンゲリヲンシリーズ動画をお得に配信中!!

 

U-NEXT配信中・ヱヴァンゲリヲンシリーズ

U-NEXT配信中・ヱヴァンゲリヲン

上記のヱヴァンゲリヲン関連動画が無料orお得に視聴できます!


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

『エヴァンゲリオン新劇場版:破』動画内容の詳細

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』Ⓒ2009 カラー

『エヴァンゲリオン新劇場版:破』のあらすじ

北極にあるネルフの基地・ベタニアベースで発掘された第3使徒をエヴァ仮設5号機で倒す、真希波・マリ・イラストリアス。一方、日本には式波・アスカ・ラングレーとエヴァ2号機が到着し、第7使徒を撃滅した。そして第8使徒が衛星軌道上から飛来し、ネルフ本部を襲撃。3機のエヴァンゲリオンが連携する作戦でこれを迎え撃ち、孤立気味だったアスカも仲間の存在に目覚めはじめる。

 

ところが、起動実験中のエヴァ3号機が第9使徒に乗っ取られてしまう。迎撃に出たシンジは、その中に乗るのがアスカと知り戦慄する。ゲンドウは初号機の制御をダミーシステムに切り換え、3号機との戦闘を始めた…。

Amazonより

『エヴァンゲリオン新劇場版:破』のネタバレ感想と見どころ

『エヴァンゲリオン新劇場版:破』は、名作アニメの新劇場版二作目であり、2009年6月27日に公開されました。作品のイメージカラーは山吹色、前作の『序』の続編として制作されています。

前作の『序』ではテレビアニメ版の6話までを忠実に描いていましたが、本作ではアニメシリーズや旧劇場版には登場しない新たな登場人物や、エヴァンゲリオンや使徒が登場し、新たな展開やストーリーが話題になりました。

そんな本作の『破』のストーリーはどのような物語になっているのか、まとめていきましょう♪


NERV旧北極基地には、捕獲され実験に使われていた第3使徒が封印されていた。恐竜の骸骨のような姿をしたその使徒は突然目覚め、基地内で暴れだす。基地にいた加持リョウジは脱出する。

エヴァ5号機が坑道内で対戦するが、第3使徒は隔壁を破って辺獄エリアを突破し、アケロンに出る。圧倒的な力を振るう使徒に対して人間は苦戦を強いられるが、エヴァ5号機は大破しつつも、使徒を基地ごと爆破させることで事なきを得る。仮設5号機の自爆プログラムは、彼の仕組んだことだった。

一方でその頃、シンジは父・ゲンドウに連れられ、11年前に亡くなった母・碇ユイの墓参りに来ていた。写真は無く、墓もただの飾りだが、ゲンドウは全ては心の中に母はいると言う。束の間の会話が終わったあと、ゲンドウは輸送機で、シンジは待っていたミサトの車に乗り、シンジは「父さんと話せて嬉しかった」と感謝し二人は別れる。

その帰り道、シンジとミサトは相模湾で海上を歩く第7使徒を目撃する。どうやら戦艦と交戦しているようだった。急いで基地へ戻ろうとするシンジだったが、大型の輸送機から飛び出した赤い機体ヱヴァンゲリオン2号機が、そのまま空中で遠距離武器により第7使徒のコアを仕留め撃退したのだった。

エヴァンゲリオン2号機のパイロットは式波・アスカ・ラングレーという少女。「零号機、初号機は開発過程のプロトタイプとテストタイプ。2号機は実戦用に作られた世界で初の正式タイプのエヴァンゲリオン」と自慢。周囲を圧倒するも、ミサトは彼女を第2の少女、式波・アスカ・ラングレーだと紹介する。

巧みな技術で使徒を撃退したアスカだったが、綾波レイには「えこひいき」シンジには「七光り」といった言葉で辛くあたる。シンジやレイにとっては、アスカの第一印象は最悪だった。

一方、NERV基地では大人たちが怪しい動きを見せ始めていた・・・。


本作はやはり前作の「序」とは違い、登場人物の設定やキャラクター、バックボーンなど少しずつ変わっているため、新作として楽しめる作品!テレビアニメ版よりも、また旧劇場版よりも、登場人物のキャラクターに角がとれて、優しくなり、人間味が増したように感じました。

繊細な心理描写、過敏な精神世界、また明るいシーンなどポジティブな展開から突き落とされるのはまさにエヴァという感じがして、本作・エヴァンゲリオンの世界観を引き出している作品だ、と最も感じます。

中でも特に視聴者が印象に残ったシーンや名セリフなど、少しだけ紹介したいと思います。

戦闘場面での見事なBGM使いにあっぱれ☆

本作で一番強烈に印象的だったのは、なんといってもこの”使徒とエヴァの戦闘場面”でしょう!

悪化する戦闘シーンに考えられない斬新なBGMの演出で視聴者を釘付けにしました!戦闘シーンの音を消し、子供の声による「今日の日はさようなら」や「翼をください」などの合唱曲を用いるという、目から鱗が落ちる演出!

シーンと音楽は合っていないかに思えますが、歌詞がより深く感じて聞こえてくるシーンともなっています。視聴者も意外で、だからこそ印象に残ったといった声が多く挙がっていました。

綾波レイを助けようとするシンジ

本作の名言第一位には、終盤でシンジがレイを助けようとするシーンでの言葉がランクインしました。

綾波が「碇君がエヴァに乗らなくてもいいようにする」と呟き、足元にシンジが捨てた音楽プレイヤーを置き、使徒殲滅に挑むが、見事に破れ零号機もろとも丸呑みにされてしまう。

マリが差し出した手の上でその光景を見た碇シンジは、NERVへと駆け出して行く。そして初号機で応戦するも、交戦中に初号機が活動限界し、絶体絶命。初号機はゼルエルに圧倒されて機能停止するも、「綾波を、返せ!」覚醒したシンジの赤い瞳。

このセリフと共に碇シンジは綾波レイと言う少女を助ける為だけに暴走し戦うのだった。。。。

このシーンでの「僕がどうなったっていい、世界がどうなったっていい。だけど綾波は、せめて綾波だけは、絶対助ける!」といったセリフがとても印象的です☆

Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

・ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破は大人が大人っぽく描かれてる感じがする。ミサトさん、悪い意味でなんかオバサンぽいし。リツコとかもすげーオバサン臭い。演出がオバサンに振ってあるんだろーけど。昔のエヴァンゲリオンだと二人ともふつーにお姉さんだったけどね(¯―¯٥)

 

・今週はヱヴァンゲリヲン新劇場版:序,破,Qを立て続けに見たら頭の中がぐっちゃぐちゃ。12月に箱根に行った時、バスのアナウンスがミサトさんの声で「嫌なことはお風呂に入ってパーっと洗い流しちゃいなさい」と言ってたのとコラボ風呂がオレンジ色だった理由がわかったw

 

・「シトに奪われた綾波の奪還」は庵野監督にとっての「ウルトラマンの奪還」だった、という話ですが。 ウルトラマン=自分の分身である庵野監督にとっては「自己同一化」の儀式で、これは少女革命ウテナラストの「自己同一化」とも重なります。 など

『エヴァンゲリオン新劇場版:破』のキャスト

碇シンジ  :  緒方恵美
綾波レイ  :  林原めぐみ
式波・アスカ・ラングレー:  宮村優子
真希波・マリ・イラストリアス:  坂本真綾
葛城ミサト  : 三石琴乃
赤木リツコ  : 山口由里子
加持リョウジ  :  山寺宏一
渚カヲル  :  石田 彰
碇ゲンドウ  :  立木文彦
冬月コウゾウ  :  清川元夢
伊吹マヤ  :  長沢美樹
青葉シゲル  :  子安武人
日向マコト  :  優希比呂
鈴原トウジ  :  関 智一
相田ケンスケ  :  岩永哲哉
洞木ヒカリ  :  岩男潤子
キール・ローレンツ:  麦 人 など


碇シンジ:緒方恵美

 碇シンジ 
本作の主人公。エヴァの初号機パイロットで「サードチルドレン」と呼ばれる第3の少年。父親・ゲンドウに呼び出され、エヴァンゲリオン初号機の操縦士を任される。エヴァンゲリオン(EVA)とのシンクロには天才的な才能を見せる。

同居人は上司兼保護者のNERV戦術作戦部作戦局第一課 課長の葛城ミサト。幼い頃に母親を亡くしており、父親にも捨てられたことから家族の絆や愛情というものを知らず、それがトラウマになっている。そのため父親への反抗心が強い。

他人との深いコミュニケーションが苦手とされているが、ゲンドウ以外の人物に対しては極端に苦手という描写はなく、誰とでもそつなく会話をこなし、表面上は社交性がある。大人と対等に口をきく一方、ごく普通の中学生らしい様子も見せ、次第に感情を表に出すようになる。

式波・アスカ・ラングレー:宮村優子

 式波・アスカ・ラングレー 
本作でのもう一人のヒロイン。EVA2号機に乗る「第2の少女」であり幼少よりエリートであったため、高飛車。ドイツ出身で、プラグスーツのイメージカラーはレッド。

一人称は「あたし」、二人称は「あんた」。口癖は「あんたバカぁ?」、「ばっかみたい(=馬鹿みたい)」。といった口調から分かるように、勝ち気な性格と気持ちをストレートに反映した言動で周囲を圧倒する人柄。

非常に俊敏な動作や、素手による一撃でガラスにヒビを入れる描写などから身体能力は高い模様。他人との接触に前向きで、決して暗くはなく明るいが、独りでいることを好み、プライベート時にはゲームをしている事が多い。

式波・アスカ・ラングレーに関する声がTwitterに沢山挙がっていました。

・ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を観始めたのだけど、アスカけっこう可愛いね… なんかあまり好きじゃなかったのだけど、あらためて観ると萌えキャラ

・超絶美少女のアスカが登場します。 彼女に興味を持った方、是非ともアニメの方のエヴァもチェックしてみてくださいね。

・破が一番好き かわいい、かわいいかわいい なんか色々辛いけどアスカ生きてるし まだ「生きてる」って心持ちがあれば 耐えられ……………… など

真希波・マリ・イラストリアス:坂本真綾

 真希波・マリ・イラストリアス 
「破」から登場する新キャラクターであり、イギリス出身でユーロ支部所属。

日本語と英語を話す不思議な人物で、興奮時に「にゃっ!」という掛け声や語尾を時折発したり、日本の歌謡曲をアカペラで歌ったりする癖がある。

シンジの体臭を嗅ぎ、「L.C.L.の香りがする」と言ってEVAパイロットであることを看破し、彼を「NERVのわんこ君」と呼ぶようになる。

真希波・マリ・イラストリアスに関する声が挙がっていました。

・エヴァンゲリオン大好きで 旧作品も新作品も見てるけど、 やっぱり『破』と『Q』が好き マリちゃんとカオルくんたまらん

・エヴァンゲリオン観たけど、よく分からん。序破Q…でも綾波レイやアスカよりメガネっ子のマリちゃんが好きになった。あの肉食感好きです。。。

・へぇ、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の新キャラのマリってTV本編では抜けてた話のキャラなのか。良い追加要素ですね。逆にアスカがあんましインパクト無いね。登場の仕方もTV版の方が良いかな。チャーーンスもないし(‘・ω・’) など

渚カヲル:石田彰

 渚カヲル 
突如現れたエヴァンゲリオンの操縦士であり、銀髪の謎の多い美少年。使徒。第17使徒としての名前はタブリス(TABRIS)

月面で目覚め、ゼーレと会話をしていた事や、面識のなかったシンジの事を前から知っているフシも見せ、「また3番目とはね。変わらないな君は」と呟くなど、彼に興味を抱いている様子を窺わせている。シンジに好意を寄せている。

渚カヲルに関する声が挙がっていました。

・No4渚カヲル、序と破に少しずつ登場するが、謎の多い少年。コミック版では彼の振る舞いに涙しそうになるが、新劇場版はどう絡むのか?女子にはとにかく人気のキャラです。

・映画の名セリフ… ヱヴァンゲリヲン破の 渚カヲルくんの 「今度こそきみを幸せにするよ」 しか思い付かない

・アニメ界の沼にズボした元凶。Q公開前に金ロで破の放送時の最後のシーンで惚れて後Q観に行って惚れた。カヲシンで腐の世界にも入ったよありがとうカヲルくん など

冬月コウゾウ:清川元夢

 冬月コウゾウ 
特務機関NERV副司令官。60歳。

シンジの父・ゲンドウの良き理解者として、常に側にいる人物。彼の本当の目的を知る唯一の人間であり、対等な関係を保ちつつ、時にゲンドウに意見具申する。ゲンドウとは教授と学生という関係性だった。

一人称は「俺」。趣味は将棋。

冬月コウゾウに関する声が挙がっていました。

・冬月は碇ゲンドウに忠実で、唯一ゲンドウの目的を知っている。しかし、本当にゲンドウの協力者であるかと言うと、疑問符が残る。

・冬月コウゾウが碇ユイの真意を知りながら、碇ゲンドウに協力していた理由が明かされる。 冬月は内心では、ゲンドウを馬鹿にしていたのだ。(Qでもその雰囲気がある)

・エヴァンゲリオンで冬月コウゾウ役を演じていたが、アニメの冬月の容姿のモデルは、アニメ制作当時の清川元夢本人の容姿である など

相田ケンスケ:岩永哲哉

 相田ケンスケ 
シンジのクラスメートであり、トウジと行動をともにすることの多いメガネの少年。

軍事オタクでカメラマニアであり、いつもビデオカメラを持参している。

戦闘への憧れからエヴァンゲリオンのパイロットになることを強く望んでおり、EVAに乗るシンジには、憧れを抱いており、ミサトに異常に憧れているが、反対にアスカとは仲が悪く毛嫌いされている。

相田ケンスケに関する声が挙がっていました。

・世界観故か家庭環境故か、色々悟ってる部分があるところが好感の一つ 作品によっては4号機のパイロットとして登場するのもすこ 金ですよ、金のプラグスーツ

・相田ケンスケとかいう男、あのビジュアルとあの声、そしてミリオタ属性。何気にポテンシャルが高いキャラだぞ……………よしよし良い子だね。君にはこのエヴァンゲリオン乙号機をあげよう

・エヴァンゲリオンで僕が一番好きなのは何度でも言いますが鈴原トウジと相田ケンスケです。何度でも言いますが三馬鹿トリオが最愛です。彼らはシンジにとって『学生生活と日常の象徴』なんです。 など

洞木ヒカリ:岩男潤子

 洞木ヒカリ 
優等生タイプの学級委員長。そばかすがトレードマーク「委員長」と呼ばれている女子中学生。

トウジにいつも口煩く説教ばかりしているが、実は淡い恋心を抱いているため、視聴者からはトウジとヒカリの恋路を応援する声も多い。アスカとは仲が良く、デートの斡旋をしたり、アスカが家出した際は自室に泊めていた。

細かな事に対して口うるさいためケムたがられることもあるが、他人に対して気配りの行き届いた優しい性格の少女。

洞木ヒカリに関する声が挙がっていました。

・いやほんまエヴァはトウジ一択やろ!!(力説) 妹のために周囲の空気関係なくヒーロー扱いのパイロットに怒れるのも、その怒りが理不尽とわかっていて謝ってから殴るところも最高。そんな彼の良いところを理解してくれる委員長も最高。

・洞木ヒカリってエヴァのキャラで人気ないよな 俺は好きなんだけど

・好きなキャラを好いてくれる子が好き(←1人だけ選ぶならトウジ1択だろ勢)。この子、他のキャラが強烈過ぎて真人間に見えるけど、親友がアスカで好きな相手がトウジという時点で、多分それなりに一般社会では平凡に生きにくいタイプだと思う。そこが良い。 など

『エヴァンゲリオン新劇場版:破』主題歌・スタッフ

『エヴァンゲリオン新劇場版:破』主題歌

* 主題歌ー宇多田ヒカル
「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」


『エヴァンゲリオン新劇場版:破』スタッフ

原作・脚本・総監督 :庵野秀明
監督 :摩砂雪、鶴巻和哉
主・キャラクターデザイン :貞本義行
主・メカニックデザイン :山下いくと
作画監督 :鈴木俊二、本田 雄、松原秀典、奥田 淳
特技監督 :増尾昭一
副監督 :中山勝一、小松田大全
色彩設計 :菊地和子(Wish)
美術監督 :加藤 浩(ととにゃん)、串田達也(美峰)
CGI監督 :鬼塚大輔、小林浩康
撮影監督 :福士享(T2 Studio)
編集 :奥田浩史
音楽 :鷺巣詩郎
制作 :スタジオカラー
共同配給 :クロックワークス、カラー
宣伝 :カラー
製作 :カラー


今回はアニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を無料でフル視聴する方法を紹介しました♪

U-NEXTの無料お試しを使えばDVDを普通に店舗でレンタルするより断然お得に視聴できます♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!