ドラマ「働きマン」の無料動画配信を1話~最終回まで全話フル視聴する方法まとめ!

ドラマ『働きマン』

2007年10月期に放送の日本テレビ系ドラマ『働きマン』の動画を、無料で全話視聴する方法について分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • ドラマ『働きマン』を全話無料で視聴したい
  • 菅野美穂の演技が観たい
  • お仕事系の物語が大好き

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

ドラマ『働きマン』の動画配信を無料視聴する方法

ドラマ『働きマン』の動画を無料で視聴する方法を調べてみたところ、動画配信として無料で視聴できるのは《Hulu》しかないことが分かりました。

日テレドラマである『働きマン』の動画は、日本テレビ系の有料動画配信サービス《Hulu》見放題で配信されています。

無料お試しは2週間あり、もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

《Hulu》に簡単な登録を行うだけで、全話無料ですぐに視聴できます!


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

ドラマ『働きマン』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでのドラマ『働きマン』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどを以下の表にまとめました。

以下の表からも、ドラマ『働きマン』が動画ですぐに視聴できるのは《Hulu》のみであることが分かります。

(TSUTAYA DISCAS(ディスカス)は”DVDのレンタル”という形での視聴になります。)


~ドラマ『働きマン』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu 2週間 933円 なし
ABEMA × 2週間 873円 なし(すべて見放題)
TSUTAYA DISCAS / TV 〇(DVDレンタル) / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円  ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

Huluの概要とおすすめポイント

Hulu

《Hulu(フールー)》は見逃し動画や映画、限定配信作品などをテレビ・スマホ・タブレットなどで楽しむことが出来る、動画配信サービス。

特に日テレ系番組に強く、人気映画やドラマ60,000本以上が”見放題”or”ポイント使用でお得にレンタル”で視聴できます。

ドラマ『働きマン』はHuluにて見放題で配信中♪ 追加料金なしの完全無料で視聴できます!

 

Hulu配信中・働きマン

Huluには2週間の無料お試し期間がありますので、初回登録なら2週間以内に解約したら完全無料です!

とりあえず契約して視聴してみてから、今後どうするかを検討されるのもアリかなと思います♪

Huluなら菅野美穂の他出演動画も無料で見放題!

Huluなら菅野美穂の他出演作なども無料で視聴することができます!

Hulu配信中・菅野美穂出演作

《菅野美穂》出演作

…他 多数作品あり

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

ドラマ『働きマン』動画内容の詳細

ドラマ『働きマン』

ドラマ『働きマン』のあらすじ

大手出版社・豪胆社内にある週刊『JIDAI』の編集部は、校了日を迎え戦場のような慌しさだった。部内を歩きながらテキパキと指示を出すデスクの成田君男(沢村一樹)。その指示を受けて、それぞれの仕事を片付けていく編集者たち――編集2年目の渚マユ(平山あや)、芸能・風俗担当の小林明久(荒川良々)、文芸担当の梶舞子(吉瀬美智子)、事件担当の堂島保(野仲イサオ)。そんな中、28歳の女性編集者・松方弘子も、人並み以上の仕事をこなしていた。

 

弘子は、校了前には眠ることもままならず、シャワーと着替えのためだけに家に帰るほどのハードなスケジュールの日々。ゼネコンに勤める山城新二(吉沢悠)という同い年の恋人がいるが、デートを突然キャンセルされても「これで眠れる」と、ついホッとしてしまう始末だった。

 

新人・田中(速水もこみち)の指導係を無理やり命じられて程なく、弘子は自らの企画の取材のため、外務大臣・星川光(勝部演之)の元を訪れていた。しかし、2時間待たされてようやく始まった取材は、大臣の次の予定のためあっさりと終了させられた。思わず悪態をついてしまった弘子に、大臣の第二秘書・関口歌子(夏木マリ)は「大臣は理想も美学ももっちゃいないわよ」と、意味深な言葉をぶつけた。

 

後日、弘子は新二と久しぶりのデートをすることになった。ところが、待ち合わせ場所に向かう途中、歌子から何やら“大臣とカネに関する話”をしたいとの電話を受けた。その話が内部告発だと感じた弘子。一瞬、自分を待っている新二の姿が浮かぶが、次の瞬間タクシーをUターンさせ、歌子の指定した場所に駆けつけた。

 

歌子の話の内容は、弘子の読み通り、星川外務大臣の機密費流用に関する告発だった。編集部に戻った弘子は、スクープをつかんだことを報告し、これを受けて編集長・梅宮龍彦(伊武雅刀)は、巻頭8ページ総差し替えで次号に掲載すると決断。それは弘子にとって最高に気持ちいい瞬間だった。

 

「仕事モードオン、男スイッチ入ります!―――働きマン!」

 

一度スイッチが入ると、目の前の仕事のことしか見えなくなり、まるで男のように働きだすことから「働きマン」と呼ばれる弘子。働きマンに変身した弘子は、フルスロットルで原稿を書き始めた。こうして書き上げた弘子のスクープは、週刊『JIDAI』最新号の巻頭を飾るが――。

ドラマ『働きマン 第1話』より

ドラマ『働きマン』の1話から最終回までのネタバレ感想と見どころ

本作ドラマ『働きマン』は、「さくらん」や「ハッピー・マニア」などで有名な安野モヨコさんによる漫画を原作とした作品で、2006年10月から12月にかけてアニメが、その後の2007年10月10日から12月19日までドラマが放送されました。

人にとって、働くとは何なのか。

『働きマン』は、まさにこの”働くとは何か”を世に問いかけるドラマとなっています。


主人公は、出版社である週刊「JIDAI」に勤務する28歳の雑誌編集者・松方弘子。プライベートよりも仕事を優先してきてから4年。男の気配すらない。私生活すべてを犠牲にしながら仕事に没頭する女性であり、男勝りの性格だ。

自分の仕事に対してプライドを持ち、仕事モードオン!!男スイッチ入りますー!という言葉に合わせて一度仕事モードになると、周りの同僚からその働きっぷりに「働きマン」と呼ばれている。

大手出版社・豪胆社内にある週刊『JIDAI』の編集部は、校了日を迎え戦場のような慌しさ。主人公の弘子は編集者として外回りからデスク周りから全ての業務をこなしながら、部内を歩きながらテキパキと指示を出す。デスクの成田君男や、編集2年目の渚マユもまた新人ながらも仕事に熱心に打ち込んでいる。

編集者たちは校了前は特に忙しく眠ることもままならずに、シャワーと着替えのためだけに家に帰るほどのハードなスケジュールの日々を送っていた。

今回の校了も無事に終わった後、田中邦男という入社半年の新人が紹介された。そして新人の担当係を押し付けられてしまった弘子。その新人の今時らしい考え方に開いた口がふさがらないが、嫌々指導をする事になる。

弘子は自らの企画の取材のため、外務大臣・星川光の元を訪れていたが、2時間待たされてようやく始まった取材は、大臣の次の予定のためあっさりと終了させられる。悪態をつく弘子。しかしそんな弘子に大臣の第二秘書・関口歌子は「大臣は理想も美学ももっちゃいないわよ」と、意味深な言葉をぶつける。

実は弘子にも4年ぶりに出来た大手ゼネコンに勤める新二という彼氏がいた。新二にデートを突然キャンセルされても「これで眠れる」と、ついホッとしてしまう始末の弘子だが、久しぶりにデートに行く事に。

待ち合わせに向かっていた矢先、先程意味深な発言をした大臣の第二秘書・歌子から「オカネといえば、わかるかしら」というまた意味深の電話がかかってくる。

その話の意図がすぐ内部告発だと読み取った弘子。一瞬、自分を待っている新二の姿が浮かぶが、次の瞬間タクシーをUターンさせ、歌子の指定した場所に駆けつけるのだった────!


今から10年以上も前のドラマですが、女性がバリバリ働く姿は同性から見ていてもすごく憧れ、頑張れと応援したくなるものです!仕事に恋におしゃれに友達に。全て完璧にしたい!と思うのが必然であり普通。年齢も重ねていく内に結婚や出産。周りのプライベートの報告に焦る自分。

こんな女性の考えに忠実に向き合い、それでもなお仕事を頑張る姿に感動したという女性ファンが多くいたようです。笑えるし、感動できるし、前向きになれる。忙しい日々を乗り越えて、どんな言葉を浴びせられようと、ひた向きに目標達成に向け努力する。改めて今見ても、働くとはどういう事か考えさせられます。

本作は「働きマン!」というだけに、仕事で頑張っている20代、30代の女性がぶち当たる壁や、プライベートとの両立の難しさ。登場人物それぞれの価値観で解決していくスタイルが見所の一つ。

作中で名言が多い事が話題になりました☆一部をご紹介していきたいと思います☆

あたしは仕事したなーって思って死にたい。

プライベートとの両立の難しさを改めて感じた弘子。辞めたいと思う時もあるけれど、基本的に仕事大好き人間。どうせ働くならそう思って死にたいという言葉。

 

 

何事もバランスだと思う。余裕なくすと自分を見失うから。

デスク・成田君男の言葉であり、弘子とはまた違った仕事との向き合い方をしている登場人物。気晴らしも仕事を長く続けるコツだと語る言葉。

 

 

抱擁・恋愛・創作

ホウレンソウ知っていますか?と聞かれて答えた言葉であり、編集者・梶舞子の言葉。本作の名言中の名言ですね♪

 

 

それが飲み込めないのなら辞めるしか道はないのだ。

会社員であるならこの言葉が突き刺さりますね。大手スーパーに就職したけれど、会社内で強要された食肉偽装に納得できず退職した人間の言葉。

Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

・ドラマ好きで見てましたが、忠実すぎる再現に舌を巻く。いっしょやーん!と思ってしまった。菅野美穂さんがとってもハマり役でドラマも面白かった。(菅野美穂さんが好きだからドラマ見てました)

 

・CSで、「働きマン」やってて。 新人が自分のやりたい職場じゃ無いからって中途半端に仕事してて、怒っても響かない。 上の人達も怒るに怒れない時代って言ってて。最後の最後には主人公が怒って。 上司に、怒るってことは体力が必要で、愛情が無きゃ怒れないって言ってた。 なんかすごい納得だった

 

・ファミ劇で、働きマンやってる 懐かしい てか主人公が同い年になってて驚いた そして菅野美穂さまはどの時代も美しい… この時代のキャリアウーマンドラマ好き ハケンの品格とか。 など

ドラマ『働きマン』のキャスト

松方弘子…菅野美穂
成田君男…沢村一樹
田中邦男…速水もこみち
渚マユ…平山あや
山城新二…吉沢悠
菅原文哉…津田寛治
荒木雅美…佐田真由美
小林明久…荒川良々
梶舞子…吉瀬美智子
堂島保…野仲イサオ
梅宮龍彦…伊武雅刀 など


松方弘子…菅野美穂

 松方弘子 
本作の主人公。女性編集者。名前の由来は松方弘樹。28歳。身だしなみには気を遣う性格で、ファッションには抜かりない。勝気で生真面目な性格。

独身であり、仕事ばかりでプライベートが犠牲になっている。しかしいざ仕事モードとなると猛烈に働き、自他ともに認める「働きマン」。「働きマン」状態に入ると、衣飾はおろか恋愛も寝食も無くなる。夢は30歳までに編集長になること。納豆巻きをよく食べている(イソフラボン摂取が目的)。

菅野美穂さんが演じた松方弘子に関する声がTwitterに沢山挙がっていました。

・菅野美穂さん、多分「働きマン」のロケだったと思う。仕事帰りにお見かけしたんだけど、すんごくかわいかった〜 芸能人の方、結構お見かけしたりしたけど、実物ほんとびっくりするくらい美しいんだよね〜

・働きマン!!!ドラマを見てから大好きになりました 菅野美穂さんがぴったりで大好きなドラマとなりました

・菅野美穂ちゃん、腹から声出てるし滑舌良いし姿勢も良いし舞台映えしそうやな。そのうち作る側もやりそう 働きマンの頃の美しさも凄かったけど今の優しい美しさもステキ〜 男前なとこも好き など

《菅野美穂》
1977年8月22日生まれ。1993年『ツインズ教師』の生徒役で女優デビューした後、『イグアナの娘』や『君の手がささやいている』などで圧倒的演技力が認められ、一気に人気女優の座に上り詰めました。今は俳優の堺雅人さんと結婚され2児の母です。

成田君男…沢村一樹

 成田君男 
デスク。名前の由来は成田三樹夫。39歳。独身で趣味はアウトドア。

弘子にとっては頼りになる上司であり、大らか且つ冷静な性格の男。要領が良く、面倒臭い事はサラリとかわすがおいしい所は持っていく。人呼んで「生き方上手」。

沢村一樹さんが演じた成田君男に関する声が挙がっていました。

・菅野美穂と沢村一樹といえば、『働きマン』を思い出すな(゚_゚)

・サラネオのセクスィーな沢村一樹さんも好きだけど、デカワンコの沢村さんも好き。ベストは働きマンなんだけど。

・働きマンのさ、働きマン音頭って沢村一樹が歌ってるのかな??めっちゃかわいいな など

《沢村一樹》
1967年7月10日生まれ、鹿児島県出身。芸能界を志すようになった理由は、母親からの導きのようで、『松田のドラマ』や『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』などサスペンスドラマやコメディに至るまで幅広いジャンルで存在を残しています。

田中邦男…速水もこみち

 田中邦男 
新人編集者。22歳。名前の由来は田中邦衛。ファッション雑誌への転属を希望している。

労力や努力を嫌う為、仕事ぶりは中途半端な上に自覚のない失言も多く、ダメ出しを受けてもあまり反省しない。個人主義でマイペースな性格。その労働態度は弘子のカンにさわる事ばかりで、弘子は内心怒り心頭に発している。

内面には強烈なチャレンジ精神を持ち、圧倒的に経験が不足しているのに根拠のない自信を持っているタイプ。

速水もこみちさんが演じた田中邦男に関する声が挙がっていました。

・huluで働きマン観始めたけど、速水もこみちと平山あや共演してるじゃん。ここからなのかな?

・働きマン好きすぎる。OPも菅野美穂も速水もこみちも。雰囲気がいい

・CSで働きマンやってて、 もこみちとあやちゃん共演してて、 この頃は結婚するなんて思ってなかったんだろなー と勝手に思ってる など

《速水もこみち》
1984年8月10日生まれ。186 cmという高身長と小顔のルックスからファンも多く、俳優としてもバラエティー番組でも料理界でも存在感を残している方の一人です。

渚マユ…平山あや

 渚マユ 
新人編集者。23歳。小柄で丸顔の可愛い後輩。名前の由来は渚まゆみ。

編集者としてはまだまだ駆け出しで、やや抜けている所もあり、提案した企画はほとんど不採用になったり担当の企画を外されたりと、何かと不憫だが仕事熱心。好物はアンパン。

恋愛小説が大好きで、特に夏目美芳の作品がお気に入り。やや抜けているところはあるが、放っておけないタイプ。

平山あやさんが演じた渚マユに関する声が挙がっていました。

・働きマン見てたら平山あやともこみち出てきた、これで共演してたんか。当時の流行なのかみんなファッションとメイクがギラギラしてる。。

・速水もこみち&平山あや夫妻が、働きマンで共演してたの今更知りました など

《平山あや》
1984年1月13日生まれ。1998年第23回ホリプロタレントスカウトキャラバン「女優誕生」において、グランプリを受賞し芸能界入りを果たしました。1999年1月テレビ朝日系列のドラマ『可愛いだけじゃダメかしら?』で女優デビューしました。

山城新二…吉沢悠

 山城新二 
大手ゼネコン勤務、4年越しの弘子の恋人。28歳。仕事は現場監督を経て営業。名前の由来は山城新伍。

性格は温厚で人あたりがよい。仕自分の仕事に対する姿勢を省みて、現在の仕事とやりたい仕事のギャップや弘子のように熱意を持って臨めない事に悩んでいる。

互いに多忙な事からすれ違いが多く、デートが流れることもしばしばであったが、あるトラブルをきっかけに遂に破局。後に名古屋に転勤する。

吉沢悠さんが演じた山城新二に関する声が挙がっていました。

・菅野美穂ちゃんかわいい 吉沢悠かっこいい(いつのまにか読み方がひさしになってた)

・働きマン見てると改めて吉沢悠がイケメンだなぁと。このまま歳とったら上川隆也みたいになるのだろうか…… など

《吉沢悠(よしざわひさし)》
1978年8月30日生まれ。1997年夢カラオケオーディションで準グランプリを受賞し、吉沢悠(よしざわゆう)として芸能界デビューを果たしました。『白い影』や『青の時代』『動物のお医者さん』などで知名度を上げました。

菅原文哉…津田寛治

 菅原文哉 
張り込み専門の張り込み屋。32歳。名前の由来は菅原文太。後に漫画週刊誌編集部へ異動する。

無愛想で無口で、女と仕事をするのを嫌がる。特に昔、張り込みを嫌がって配属後わずか1ヶ月で配置換えを願い出た弘子のことは今でも気に入らないが、彼女の仕事ぶりには一目置いている。

津田寛治さんが演じた菅原文哉に関する声が挙がっていました。

・「働きマン」5話から8話まで一気に見た。若い津田さんあまりにもステキすぎて何度もリピしてしまいそう

・津田寛治さん、やっぱりすごくタイプだわぁ。ドラマ「働きマン」の時が最高に好き。

・津田寛治さん何で見たんだっけって調べたら働きマンだった(笑)そして津田寛治さんの本領発揮wキャラ変わりすぎwでも好きwww など

《津田寛治》
1965年8月27日生まれ。芸能界にもともと興味があり『ソナチネ』にて映画デビューを果たしました。その後『食の軍師』や、『花嫁のれん』シリーズ『警視庁捜査一課9係』シリーズなどで知名度を上げました。

ドラマ『働きマン』主題歌・スタッフ

ドラマ『働きマン』主題歌

*主題歌「浮世CROSSING」
UVERworld


 

*エンディング曲「働きマン音頭」
歌 – 働木満 / 振付 – パパイヤ鈴木 / 踊り – おやじダンサーズ

ドラマ『働きマン』スタッフ

脚本 – 吉田智子
演出 – 南雲聖一、佐久間紀佳
音楽 – 森英治
プロデューサー – 加藤正俊、難波利昭
美術デザイン – 高野雅裕
制作協力 – AX-ON
制作著作 – 日テレ


Huluなら無料お試しを使えば、他にもたくさんの動画が無料orお得に視聴できます!

ぜひHulu2週間無料お試しを使って、楽しんでくださいね♪