ドラマ「時効警察」の無料動画を最終回までフル視聴!1話から全話イッキ見しよう

ドラマ『時効警察』

2006年深夜に突如爆誕した、豪華なキャストとゆるーいキャラが話題の「脱力系コメディ」

主人公も脇役も犯人もストーリーも、すべてが”クセが強い”ドラマ。けれどそれが逆にクセになり、シリーズ化となった《時効警察シリーズ》

その中でも一番おもしろかったと人気のあるのが、第一シリーズ『時効警察』です。

今回、2006年ドラマ『時効警察』無料でお得に視聴する方法を調べてみたところ、「U-NEXT」が一番オススメだという事が判明しました!

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

ドラマ『時効警察』の動画配信を無料でフル視聴する方法!

まずは、どこの動画配信サービスで、ドラマ『時効警察』配信&レンタルされているかについて調べてみました。

ドラマ『時効警察』の動画配信状況

ドラマ『時効警察』の動画を配信しているサービス会社は何社かあります。
ですので、もしいますでに加入しているサービスがありましたら、まずはそこで配信の有無を確認してみてくださいね!

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩まれるかと思います。

そこで今回は、上記の動画配信サービスのなかで完全無料で無料期間が一番長く、《時効警察シリーズ》が他にも無料で視聴できる《U-NEXT》をおすすめしたいと思います!


~ドラマ『時効警察』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 〇(見放題) 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV 〇(期間限定) 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ 〇(プライム会員特典) 30日 455円 なし
Netflix なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

U-NEXTのおすすめポイント

ドラマ『時効警察』の動画を初回登録無料期間を利用して無料で視聴できる動画配信サイトとして、《U-NEXT》があります。

《U-NEXT》は無料お試し期間31日間長いのが特徴♪(FODやHuluは2週間)

おまけに、動画配信数が業界でNo.1”見放題対象作品”の数がすごい!

動画だけでなく、書籍も漫画も雑誌も配信されている「U-NEXTは、コンテンツが非常に充実していてとっても楽しいサービスです。

この機会にドラマ『時効警察』だけでなく、いままで観ようかどうしようかと気になっていた作品などを一緒に視聴して、ぜひ楽しんでください♪

ドラマ『時効警察』はU-NEXTなら見放題!完全無料で視聴できます!

 

U-NEXTなら時効警察シリーズの他動画も見放題で配信中!!

U-NEXT視聴可・時効警察シリーズ

《時効警察》関連の他作品
・時効警察(2006年)
・帰ってきた時効警察(2007年)
・時効警察・復活スペシャル(2019年)
・時効警察はじめました(2019年)

…他 多数作品あり

上記の《時効警察シリーズ》全て見放題無料視聴できます!

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

すでにいままでに《U-NEXT》に登録経験があって、無料お試しが出来ない方は、TSUTAYA DISCAS / TVがおススメです!

《TSUTAYA DISCAS / TV》でも30日間無料お試し期間があり、無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

本作を含めた《時効警察シリーズ》のDVDをすべて無料レンタルできます!

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

ドラマ『時効警察』動画内容の詳細

ドラマ『時効警察』のあらすじ

「時効警察」とは?

『時効が成立した事件を“趣味で”捜査する総武署時効管理課の警察官・霧山(オダギリ ジョー)の活躍を描く、新しいコメディーミステリー。“時効成立した事件を趣味で捜査”という斬新な発想を軸に、“霧山VS逃げ切った犯人”というミステリー要素と、そこかしこに散りばめられた笑いのエッセンスが共存するドラマ。脚本・ 監督には三木聡、岩松了、園子温、ケラリーノ・サンドロヴィッチら、映画界・演劇界の奇才たち。映画、ドラマ、CMなど多方面で活躍するオダギリが、彼らとの豪華コラボレーションを実現する。何となく見ているうちに、何となくやみつきになってしまうドラマなのだ!』

……をよろしくお願いします。

ドラマ『時効警察』公式ページより

ドラマ『時効警察』のキャスト

霧山修一朗:オダギリジョー
三日月しずか:麻生久美子
十文字疾風:豊原功補
又来:ふせえり
蜂須賀:緋田康人
サネイエ:江口のりこ
諸沢:光石研
熊本:岩松了
下北沢:大友みなみ
吉祥寺:星野奈津子
神泉:永田良輔
署長:五王四郎
ナレーター:由紀さおり など


霧山修一朗:オダギリジョー

 霧山修一朗 
本作の主人公で、時効になった事件を“趣味”で捜査する人物。捜査するようになったきっかけは、又来に「無趣味な男はケツの穴が小さい」とからかわれた事から。あだ名は「ポツネン」や「きりたん」。好物は素うどんと白米で、食べ物は白いものが好きという変なこだわりがある。

総武警察署時効管理課に所属する。捜査資料の管理を担当する警察官で30歳(2006年ドラマ版設定)。階級は巡査部長。推理力は確かなもので多くの未解決事件を真相までたどり着いている。基本的には平和主義者。

謎のセリフ、独特な価値観、イマイチ分からない喩え話など、つかみ所がなく、一番ミステリアスな人物。「ふん!」「フッ!」など、笑い方も奇妙だが、警察官として捜査する際には人としての芯はしっかりしている方。三日月には強い好意を示されているが、気づいていないのか。わざと距離を縮めようとしないのか不明。乙女心は分からないが、結構モテるのが特徴。

オダギリジョーさんが演じた霧山修一朗に関する声がTwitterに沢山挙がっていました。

・最初の時効警察、DVD借りて見た 昔のも面白いけど、今の時効警察もアップデートされてて面白いと思うけどな オダギリジョーの霧山の話し方が落ち着いててそれは今の方が好き

 

・クズ男のオダギリジョーも良きだけど時効警察の霧山くんも好きぃ!!! 麻生久美子との掛け合いが微笑ましい! など

《オダギリジョー》
1976年2月16日生まれ、岡山県出身。奥様は女優の香椎由宇さん。芸能界を志すきっかけとなったのは、元々映画監督の方に興味があり、留学をした時に演出コースを専攻する予定だったのが、願書の記入ミスによって演劇学を専攻してしまった事から俳優への道が開かれたのだそうです!

三日月しずか:麻生久美子

 三日月しずか 
本作のヒロイン。交通課所属で、階級は巡査部長の28歳。成り行きで霧山の時効事件捜査のパートナーとなって捜査に協力している。当初は霧山の奇才な変人ぶりについていけなかったが、月日が経つ内に捜査に同行できることが逆に楽しみになっている。霧山にとって、彼女の何気ない行動が事件解決の鍵となることも多い。

趣味は華道。高カロリーな食べ物も大量に平らげてしまう程の大食い。中学生時代は相当ふくよかな女子で、あだ名は「関取」だった事を明かしている。

他の警察官に比べると鮮やかな青色の制服を着ている。主人公の霧山に好意を持っており、絶賛アピールをしているが、全く相手にされない。自分が騒々しい性格であることは自覚しており、霧山に名前とは正反対だと指摘され、納得する。時効管理課の面々からは「交通課のお荷物」などと散々な言われよう。

常識はあるが、時効管理課の個性の強い面々に毒されたため、回を重ねるごとに最もキャラクターが崩壊していく。宝物は霧山が記名・捺印した後にくすねて自分も記名・捺印してある婚姻届。

麻生久美子さんが演じた三日月しずかに関する声が挙がっていました。

・時効警察の三日月くんがかわいい。 麻生久美子さんよいなぁ。

 

・先週のいだてん再放送を見て、今季は麻生久美子さん、菊枝さんやりつつ時効警察で三日月しずかさん演じてて、幅広かったなーと思ったりした。 など

《麻生久美子》
1978年6月17日生まれ、千葉県出身。透明感溢れる女優さんで、本作が今までのキャラクターを良い意味で打ち消す作品になったと言われています。趣味はドライブや、映画鑑賞、マンガだそうです☆

サネイエ:江口のりこ

 サネイエ 
時効管理課の警察官で階級は巡査。24歳。総武市のビバリーヒルズ・甲府町の出身。

時効管理課ではクールに的確なダメ出しを突きつけたり、三日月への容赦ないツッコミ、ドンヨリ空気感の転換目的第一声の役回り、ユルい悪ノリなども担当している人物。幼い頃から全く容姿が変わっておらず、年齢を勘違いされる事も多い。無表情の時が多いため何を考えているのか分からない。

私服はヒッピー調、不思議でつかみどころのない面がある。特技はUFOキャッチャー、ガムを口の中で正月飾りのように結ぶこと。又来とケンカをし、食堂でたまたま前に座ったのがきっかけで、諸沢に好意を寄せている。

江口のりこさんが演じたサネイエに関する声が挙がっていました。

・『羊とオオカミの恋と殺人』=江口のりこさんが出てきてから映画の雰囲気がガラッと変わった。やっぱり、江口のりこさんは面白いな~。ちょうど『時効警察はじめました』の放送が始まっていて、久しぶりにサネイエさんを観たばかりなので相乗効果も抜群だ。やっぱり、江口のりこさんは面白いな~。

 

・時効警察のサネイエさん役の江口のりこさん、良い空気感、醸し出すなあ〜。絶妙。

 

・それにしても、時効警察のサネイエ役の江口のりこという女優はすごく好みじゃが、なかなか映画で見かけぬな。 など

《江口のりこ》
1980年4月28日生まれ、兵庫県出身。数多くの作品にバイプレーヤーとして出演しており、江口さんが出演している作品は人気作品になるという言われもあるとか・・・♪

十文字疾風:豊原功補

 十文字疾風 
霧山と同期の刑事で33歳。10歳までは父親の仕事の関係上ペルーに在住していたと言ったり、虚言癖改め自分を大きく見せようとかなりのナルシストである。普段からわざと眉間に皺を寄せていて、表情にまで格好つけている。「刑事課のエース」と呼ばれているが、それは他にロクな刑事がいないため。

用もないのに時効管理課へ来ては霧山を小馬鹿にし、又来に八つ当たりするのが日課。いつも刑事っぽいトレンチ・コートを着ており、靴や靴下、サングラスなどこだわりが強い。一切悪気がないのが唯一の長所という以外に褒め言葉はない人物。

コンプレックスは大学受験で三浪した事。又来や真加出からギャグのセンスがイマイチと指摘されている。オレオレ詐欺に引っかかったり、呪文にかかったりする等騙されやすく人間的に憎めない人物。

豊原功補さんが演じた十文字疾風に関する声が挙がっていました。

・私、豊原功補さんすき〜 時効警察の十文字さん、傑作

 

・豊原功補さんが警察とかSWATの偉い人役っぽいんだけど、時効警察が好きなもんで、本気を出した十文字疾風にしか見えない。

 

・トレンチコートと言うと 僕の中では ドラマ「時効警察」で 豊原功補さん演じる 十文字疾風が 真っ先に 思い浮かぶんですが(笑) トレンチコートを スタイリッシュに着こなせる ように なりたいです  など

《豊原功補》
1965年9月25日生まれ、東京都出身。数多くのドラマ、映画に出演している豊原さんですが、2018年には、妻子ある身でかねてより仕事上で親交のあった小泉今日子との不倫関係を公にした”スキャンダル”の印象も強いです(^^ゞ

又来:ふせえり

 又来 
時効管理課の警察官で、階級は警部補の38歳。鑑識課の又来康知は息子。霧山に時効事件の捜査を始めさせるきっかけを作った需要人物。霧山に負けず独特な価値観の持ち主で、時折自らを「俺」と呼んでいる。気まぐれに霧山の趣味に協力するが、暇を持て余すあまり霧山の仕事を邪魔することもある。

頻繁に「〜だオォォォイ!」と語尾を高くし、ツッコミとボケの両方を目まぐるしく担当する。また暴走する熊本を抑えるのが主な役割。十文字のことは「『可哀想』がコート着て歩いてる」と表現するほど疎ましく思っており、何回机に叩きつけられたのかを黒板に正の字で記録している。真面目に仕事をしているときのみ、バンダナをねじり鉢巻のようにつけている。

ふせえりさんが演じた又来に関する声が挙がっていました。

・ずーっと頭の中に又来が居る@時効警察。ふせえり嬢ってイイよね。素敵だ。

 

・又来役の ふせえりさん、昔は嫌味な役をやってたイメージがあって苦手だったけど、このドラマで好きになりました

 

・あー。時効警察ロスやなぁ。ふせえりさんの又来親子も良かったなぁ。彩雲くんのキャラも最高。三日月くんも良かったなぁ。 など

《ふせえり》
1962年9月22日生まれ、東京都出身。ユニークで個性的なお母さん役や個性的な役を見事に演じ切る事で有名なふせえりさん!旦那様は映画監督で、演出家。本作の脚本も務める三木聡さんです。

ドラマ『時効警察』の相関図

ドラマ『時効警察』相関図

ドラマ『時効警察』公式ページより

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

 

ドラマ『時効警察』主題歌・スタッフ

ドラマ『時効警察』主題歌

CEYREN「雨」(エンディングテーマ)

ドラマ『時効警察』スタッフ

【脚本・監督】
三木 聡
岩松 了
園 子温
塚本 連平
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
高山 直也(脚本)

【音楽】
坂口 修

【チーフプロデューサー】
黒田 徹也(テレビ朝日)

【プロデューサー】
横地 郁英(テレビ朝日)
遠田 孝一(MMJ)

【制作】
テレビ朝日
MMJ

ドラマ『時効警察』の1話から最終回までネタバレ感想

第1シーズンとなるドラマ『時効警察』は2006年1月期にテレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」枠で放送された、ゆるーい深夜ドラマです☆

本作を含む《時効警察シリーズ》は、オダギリジョーさんが扮する霧山修一朗という風変わりな警察官が、”趣味”として時効(公訴時効)が成立した未解決事件を捜査していく、今までになかった物語。

「脱力系コメディ」という名の元、霧山が興味を持った未解決事件を一話かけて解明する毎話完結型で話が進み、ゆるくてコミカルな深夜ドラマが人気になった、その”火付け役”として視聴者に高く評価され、翌年に「帰ってきた時効警察」が放送、12年が経った2019年には「時効警察はじめました」が放送されたという、まさに人気シリーズ作品。

なんしか、主人公の霧山を始め、登場人物がみんな個性的で独特、一筋縄でいかない感じが面白いのが本作の見所。シリーズ毎に登場人物の性格にも磨きがかかっていたり、ふせえりさんが演じる又来の息子の鑑識課・又来康知が登場したり、新人熱血刑事の彩雲真空が登場したりと、シリーズで毎回楽しみが異なる事が印象にあります。

また本シリーズの特徴の一つとして、脚本家や監督が複数いて、世界観は壊さずとも話ごとに毎回違う楽しみがあるという事♪そんな本シリーズの第一作目の「時効警察」は、火付け役としてもやはり一番人気があるシリーズと言われています。

主人公の霧山修一朗は、時効管理課で捜査資料の管理を担当する警察官。時効となった未解決事件を捜査することが趣味。

そんな霧山に成り行きで同行する事になったのが、麻生久美子さん演じる交通課所属の三日月しずか。霧山の”趣味”に最初は三日月こそついていけなかったものの、同行する内に霧山の事が気になる存在になっていくが、霧山は全く気付こうとしません(もはや意図的?)。

話の流れは毎度同じで、物語の序盤で霧山が興味を持った時効事件の真相を突き止めるために時効課の人物や三日月と共に捜査を始めます。

物語の合間にパロディもじり、視聴者の笑いを誘う要素、昔の映画などを彷彿とさせる表現が見事に散りばめられていて、事件の真相を解決した時には、事件の犯人に「この件は誰にも言いません。」と書かれたカードを渡すのがお決まり。

たとえばゲストキャラの回想シーンに”学生時代”が登場する場合、若者が代役をするのではなく、ゲスト当人が”学生時代のキャラ”を演じている事も視聴者的にはかなり楽しいシーンです(笑)。

また時効警察課には、ふせえりさん演じる又来に、サネイエを演じる江口のりこさん、課長の熊本役の岩松了さん、いつも時効警察課にやってくる刑事課ナルシストの刑事・十文字疾風役の豊原功補さんや、鑑識課・諸沢役の光石研さんなどの人気バイプレーヤーが脇を固めている事で、物語の進行に安心感をプラスしているのも本作の醍醐味。

物語のコミカルで変な進行はナンセンスなのに、見入ってしまう独特の間や登場人物のやりとりが癖になります。

特に見所や印象的なエピソードを少しだけご紹介したいと思います♪

「誰にも言いませんよ」カードに複数のバージョン

霧山の重要アイテムの一つ「誰にも言いませんよ」カードが、その犯人によってバリエーションがあるのが視聴者にとって楽しみの一つであったと思います♪

事件解決後に犯人に霧山が、事件のことを口外しない約束として渡すもの。

通常は「誰にも言いません」カードが、「誰にも言いませんよ」カードF と「F」をつけて水商売の名刺にヒントを得て角を丸く落としたデザインで、FはFemale(女性)からとったものだったり。

また「誰にも言いませんが」カードは、「あいまい」を「まいまい」と間違えるなど日本語が苦手な数学者の弥生宛てに渡した、「この件は誰にも言いませんが、日本語はもっと勉強した方がいいと思います。」というカードだったりと、相手によってちょこちょこ変えてあったりします(芸が細かい:笑)。

三日月しずかの面白可愛さ

交通課に所属している28歳。霧山の時効事件捜査のパートナーとなって捜査に協力している人物なのですが、話が進むごとに三日月は霧山に想いを寄せていき、捜査に同行するのが次第に楽しみになっていくのです。

けれど霧山当人は、恋心露知らず。そんな霧山の無関心さに三日月の恋心がどんどん募り、妄想を巡らせたり、恋の一人相撲で切なくなったりする三日月の姿が視聴者にはとても人気がありました☆

物語の冒頭は「脱力系刑事もの」として名が挙がっていましたが、三日月の霧山に対する恋心ゆえの言動や行動がラブコメディとして、違う面白さが本シリーズでは大の見所となっています♪

麻生さんがこんなにコメディ役が似合うとは本シリーズを見て初めて知りました☆麻生さん自身も番組に出演するまでは「もう少し神秘的な女優だった」と公言しているだけに、オダギリジョーさんだけではなく、麻生さんにとっても代表作になったのではないでしょうか♪

時効を食い止めたことがある異例な回

「時効警察」第6話は、「恋の時効は2月14日であるか否かはあなた次第」というタイトル。時効を迎える前に犯人逮捕につながった稀有なケースの回。

しかもこの回では主人公の霧山が時効事件の捜査に嫌気がさすという心境の変化で、まさかの「刑事課のエース」と呼ばれている超絶ナルシスト・十文字疾風をメインに話が進むという、これまた異色のエピソードとなっています。

時効課のみんなからは「残念」や「可哀想」と呼ばれる事が多い、コメディーリリーフ的なポジションの人物・十文字疾風。

そんな十文字をメインにいつになくしんみりとしたテイストに仕上がっているのも「特別回」として楽しめる回となっているでしょう。


また名セリフが多いのも本作の特徴です☆

「落ち込むな。劣等生に反省は似合わんぞ」
=第3話

 

「ばれてしまった罪より、ばれなかった罪は、一生かけて償わなきゃいけないんだよ」
=第6話

 

「意地悪する人と、される人だって、立派な人間関係よ」
=第9話

Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

・このドラマ。シティボーイズコントライブの作・演出もされてた三木聡さんらしい、脱力系のいい加減な時効管理課の会話シーンが好きなんですよね〜!!(^-^)

 

・このドラマは毎回のキャスティングと劇中に挟まれる小ギャグがいちいち面白い。音楽のセンスもいい。

 

・「時効警察」は2006年放映だったか。10年前の自分がどんなドラマを「面白い!」と感じていたかを思い出して感慨深い。今日が締切だというのに最終話まで途中でやめられなかったのはいまだにこれが面白いたということだ。オダギリのセーラー姿とかまことにもってけしからん! など

この機会に是非見てみて下さいね☆

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

まとめ

今回はドラマ『時効警察』を無料でフル視聴する方法を紹介しました♪

U-NEXTの無料お試しを使えばDVDを普通に店舗でレンタルするより断然お得に視聴できます♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!