アニメ「この世界の片隅に」の無料動画をフル視聴できる1番お得な方法!

アニメ映画『この世界の片隅に』


戦争を題材にしてはいるけれど、優しい絵柄と優しい声で紡がれた、けれど後半とてもつらく悲しく、そして静かな感動を呼ぶアニメ映画『この世界の片隅に』

「戦時下でも繰り返される何気ない日常。ごく普通の人々の等身大のドラマ」

戦争を”特別なもの”としてではなく、たくさんの人達の”ありふれた毎日”の中に起こってしまった、とてもとても哀しい出来事として、真摯かつ丁寧に描いています。

今回、アニメ映画『この世界の片隅に』無料でお得に視聴する方法を調べてみたところ、「U-NEXT」が一番オススメだという事が判明しました!

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

アニメ『この世界の片隅に』の無料動画をフル視聴する方法!

まずは、どこの動画配信サービスで、アニメ映画『この世界の片隅に』配信&レンタルされているかについて調べてみました。

アニメ『この世界の片隅に』の動画配信状況

アニメ映画『この世界の片隅に』の動画を配信しているサービス会社は何社かあります。ですので、もしいますでに加入しているサービスがありましたら、まずはそこで配信の有無を確認してみてくださいね!

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩まれるかと思います。


~アニメ映画『この世界の片隅に』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 〇(見放題) 31日 1,990円 600P
FOD 〇(配付ポイント待つ必要あり) 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / 〇 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ 30日 455円 なし
Netflix なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

U-NEXTのおすすめポイント

そこで今回は、上記の動画配信サービスのなかで完全無料で無料期間が一番長く、他にも名作アニメがいっぱい視聴できるU-NEXT》をおすすめしたいと思います!

アニメ映画『この世界の片隅に』の動画を初回登録無料期間を利用して無料で視聴できる動画配信サイトとして、《U-NEXT》があります。

U-NEXT無料お試し期間31日間長いのが特徴♪(FODやHuluは2週間)

おまけに、動画配信数が業界でNo.1”見放題対象作品”の数がすごい!

動画だけでなく、書籍も漫画も雑誌も配信されているU-NEXT」は、コンテンツが非常に充実していてとっても楽しいサービスです。

この機会にアニメ映画『この世界の片隅に』だけでなく、いままで観ようかどうしようかと気になっていた作品などを一緒に視聴して、ぜひ楽しんでください♪

アニメ映画『この世界の片隅に』はU-NEXTなら見放題!完全無料で視聴できます!

 

U-NEXTなら実写連続ドラマ版も見放題で配信中!!

 

TSUTAYA視聴可・この世界の片隅に

《この世界の片隅に》関連の動画
・アニメ映画「この世界の片隅に」
・実写ドラマ「この世界の片隅に」
…他 多数作品あり

上記の動画は全て見放題!追加料金無しの無料で視聴することができます♪

また、下記の書籍配付ポイントを使ってお得に読むことが出来ます!

《この世界の片隅に》関連の書籍
・漫画「この世界の片隅に」
・ノベライズ「この世界の片隅に」
…他 多数作品あり

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

すでにいままでに《U-NEXT》に登録経験があって、無料お試しが出来ない方は、TSUTAYA DISCAS / TVがおススメです!

TSUTAYA DISCAS / TV》でも30日間無料お試し期間があり、動画配信(TSUTAYA TV見放題

追加料金なしの無料で視聴できます!

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

アニメ『この世界の片隅に』動画内容の詳細

アニメ『この世界の片隅に』のあらすじ

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。
またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

映画『この世界の片隅に』公式ページより

アニメ『この世界の片隅に』のキャスト・主題歌・スタッフ

アニメ『この世界の片隅に』キャスト

北條(浦野)すず:のん
北條周作:細谷佳正
黒村晴美:稲葉菜月
黒村径子:尾身美詞
水原哲:小野大輔
浦野すみ:潘めぐみ
白木リン:岩井七世
北條円太郎:牛山茂
北條サン:新谷真弓
浦野十郎:小山剛志

アニメ『この世界の片隅に』主題歌

《主題歌》
コトリンゴ 「みぎてのうた」


アニメ『この世界の片隅に』スタッフ

原作:こうの史代
『この世界の片隅に』(双葉社)

監督:片渕須直
アニメーション制作:MAPPA
音楽:コトリンゴ
脚本:片渕須直

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

 

アニメ『この世界の片隅に』のネタバレ感想

2016年公開され、ミニシアター系ながら上映が2年以上続く異例のロングランとなった『アニメーション映画 この世界の片隅に』

日本国外では世界60以上の国と地域で上映され、制作の足がかりとなる資金を「クラウドファンディング」で一般から調達したことでも有名になった作品です。

第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞、第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞など、次々と受賞。視聴した人からも、非常に高い評価を得ているアニメ映画です。

初めてこのアニメ映画を観たときの衝撃はいまでも忘れられません。

戦争映画はどれもみな視聴して心がいたくてたまりませんが、この『アニメ映画 この世界の片隅に』は、戦争下に生きる「ごく普通の(たとえば私のような)人たち」が、ごく普通に、けれど戦争でいろんな自由を奪われながら、それでもたくましくやさしく悲しみを抱えながら生きているさまが描かれています。

ものすごいドラマチックな展開とかはなく、普通の人たちの普通の日常にフォーカスされた映画ですが、みなに否応なく降りかかる戦争の凄惨さが伝わる名作だと思います。

前半が、穏やかにしたたかに楽しくつつましく、大変ながらも平穏な「日常」が描かれていた分、後半の「戦争下での悲惨さ」はとても堪えました。

このように涙を流したたくさんの人たちがいたことを、やはり私たち後世の人間は知らなければならない、そのとっかかりの映画としては申し分ない作品だと思います。

なにより、主人公のすずさん周作さんの夫婦がめちゃくちゃ素敵なんです。すずさんの声が「のん」さんで、これがまためちゃくちゃ合ってて。

この可愛い夫婦が途中恋愛でもだもだしたり、戦争でつらい目にあってしまったり、じわじわと夫婦になっていく二人を観れて、それはとても幸せでした。

だからこそ、余計に戦争力でいろんなものを根こそぎ奪っていくのが心苦しかった。。。。

戦争の辛さ悲しさを「日常」で教えてくれる、とても大切な映画です。いつか私の子供にも見せたいと思う、逃げてはいけない「現実にあった悲しみ」だと思います。

けれど、たくさんある戦争映画(アニメも含めて)とは一線を画した「普通の人達」の映画でもあります。見ているこちら側に「なにか感じさせよう」「なにか思わせよう」という作為を全く感じさせない、そういう意味では驚嘆に値するとも思います。

戦争は「話の主人公たる強い・ドラマティックな要素のあるキャラクター」にだけ降りかかったのではなく、”ごく普通”に生きていたたくさんの”ごく普通”の人たちに降りかかった悲しみだったのだと、改めて思い知らされます。

とても。とても大切な作品だと思います。

戦争を実際に知らない人達が増えていく今だからこそ、たくさんの人が視聴すべき映画だと思うのです。

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

 

アニメ『この世界の片隅に』視聴者のレビュー

40代・男性

2016年に公開された映画で、2019年に拡大版ができるほど、今も人気の高い作品です。もともとはこうの史代さんの漫画が原作で、それも地味ながらも長く愛されてきた作品ですが、映画版はその雰囲気を壊さず、片渕須直監督独特の感触も加えながら、映画ならではの感触を味わえる作品になっています。

 

戦争映画でありつつも、優しいタッチで描かれたキャラクターや、素朴な小話が散りばめられ、重苦しい雰囲気はありません。ただ、戦争の結果が変わるわけでもないので、そのギャップにやはり強い衝撃が見た人の誰にも残るものだと思います。戦争はいけない、と簡単に言うことはできるのかもしれませんが、そんな一言では済ませられないような、さまざまな感情がこの映画には閉じ込められているように思いました。決して昔話ではなく、75年経った今現在にもつながるような、人間の業のようなものも感じられます。

 

サウンドトラックを担当したコトリンゴさんの音楽も素晴らしく、冒頭の「悲しくてやりきれない 」やエンディング曲などは、本当にこの映画にあっているかと思います。いろいろと賛否のある映画ですが、何かを語りたくなるような、そんな映画なのかもしれません。

30代・女性

戦争を扱った作品というのは、実際に体験していないものであるために、どこか自分とかけ離れた世界の出来事のように感じることが多いと思います。軍人さんが主人公の映画だとその傾向は強くなるでしょう。しかし、この作品では、どこにでもいそうなちょっとドジで天然な女性であるすずさんが主人公です。この映画では、すずさんととその周囲の人々との生活がメインに描かれています。

 

映画の前半は、戦争を扱った作品であることを忘れるほど、ほのぼのとコミカルな雰囲気です。しかし、映画の後半に向かうにつれて、少しずつ戦争の影が忍びよるというお話の流れとなっています。戦争によって生活に困難を強いられていくけれども、それでも強くしたたかにすずさんたちは日々の生活を続けていきます。ときには皆で笑いあったりケンカしたりといったシーンもあります。どこにでもいそうなすずさんが主人公であるからこそ、戦争について身近に感じ、平和について考えることができます。これほど、主人公すずさんの喜怒哀楽を自分事として感じられるというのも、戦争映画では珍しいでしょう。時代考証もきちんとなされているので、戦時中の暮らしを学ぶのにもおすすめです。アニメーションのタッチもとても柔らかいので年齢問わず幅広い世代に観てもらいたいです。

40代・男性

2018年にTBSの日曜劇場で、松本穂香さんと松坂桃李さんが主演で放送されたドラマ版を見て、アニメの劇場版にも興味がわき、見ました。アニメはとてもほのぼのとしたタッチで、親しみが湧くようなキャラクターが描かれています。

 

主役のすずさんの声を務めたのんさんのゆったりとした声が、とても自然でアニメのすずさんと同化している感じでとても良かったです。のんさんのゆったりとしたイメージとすずさんのイメージがぴったりだったのだと思います。ストーリーは、広島の呉を舞台に、太平洋戦争の真っ只中を生きる一人の女性の物語です。呉は日本でも有数の軍港であったため、戦争に飜弄されながらも、懸命に生きていく姿が良かったです。

 

印象的だったのは、やはり8月15日の敗北を伝える玉音放送をすずさんが聞いたときのシーンです。「何も知らずに死にたかった」と言って号泣する姿は戦争を知らないわたしにとって、衝撃的なシーンであると同時に、それまでも知らない日本の勝利を信じて耐えてきたすずさんの悔しさや無念が凝縮されている言葉だと思いました。戦争というとても辛い体験をしながらも前を向いて生きるすずさんから多くの元気をもらえる映画です。

30代・女性

本作品は戦争映画なのですが、重い気持ちにさせられることなく観られるカジュアルさがあります。戦争そのものというより、「戦争中に生きた一人の元気で健気な女性」のストーリーで、明るく生きる主人公に好感が持てます。その時代の家事、結婚、近所づきあい、買い物など、普通の暮らしの情景を見れるのも映画の世界に入り込めて楽しかったです。戦争の事を知る、という目的で観るよりも、戦争中、人々はどのように暮らしていたのか、という方が学べる内容です。

 

また、個人の感想ですが、ラブストーリー要素も盛り込まれていてどちらかというと少女漫画の空気感があり、女性向けだと感じました。この作品独特の柔らかい空気感があり、これは主人公の夢なのか、妄想なのか、現実なのか?と考えさせられる不思議なシーンも印象的です。

 

主人公のすずを演じる女優ののんさんが、また良い味を出しています。ほわっとした雰囲気の主人公に見事に息を吹き込んでいて世界観に入り込めました。2人の主要男性キャラクターと、主人公以外にある主要女性キャラクターが登場するのですが、それぞれが全然違う魅力があり、これらの人物の関係性が「どうなるのか」と興味をそそられました。落ち着いた雰囲気で、大人も子供も観られる、重いだけではない戦争映画です。家族でも安心して観られます。

30代・女性

戦時中の広島が作品の主な舞台です。「戦争」「広島」の単語を聞くとどうしても原爆を想像してしまいますが、あまり触れられていません。戦争を取り扱った作品というと空襲での悲惨な被害や出征した家族との別れといった薄暗く、色彩と言えば焼夷弾の炎や血飛沫の赤色というような、決して目を逸らしてはいけないながらも観たいと思えない作品が多いと思います。この作品にも空襲などのシーンはありますし、悲しい内容もあります。しかし、全体的にほのぼのとした感じを覚えます。

 

その理由は、薄紙越しに見るような淡い作画や、主人公すずの天然ともとれるキャラクターでしょう。世の中がピリピリしている中でも持ち前の優しさや笑顔で生き抜く姿は、75年経った現代社会にも必要な存在なのかもしれないと思いました。また、戦況が厳しくなり人々の生活も苦しくなってくる中で、上手く工夫して遣り繰りしている様子は感心しました。

 

軍人でもなく、戦災孤児でもない「ただの人」であるすずの75年前の日常ですが、当時は圧倒的にそのような人が多かった筈です。タイトル通り「この世界の片隅に」存在していた人々の物語は、新しい形の戦争を知る貴重な作品の一つだと思いました。

40代・男性

この作品は、第二次世界大戦末期の広島を舞台にした戦争ものということで、「はだしのゲン」などを連想する感じがして、初めは少し敬遠していて、順序は逆ですがドラマ版を先に見て、この映画版を見ました。

 

見た感想は、悲壮感も少なくて、非常に見やすい感じの作品だと思います。なんといっても、主人公のすずの声を担当している、のんさんのほのぼのとした声が心地よいと思います。聞いているだけで癒されるような可愛い声をしていると思います。ドラマ版ですずを演じている松本穂香さんも良く、系統は似ていると思いますが、のんさんの声の演技も素晴らしかったと思います。

 

そして、主人公のすずは可愛いだけではなくて、強い部分も持っていますが、そういう感じをうまく表現しているような感じがしました。そして、家族のほのぼのとした感じもあり、そこだけ見ると戦争ものであることを忘れさせてくれるような感じでした。後半は、広島ということで空襲が激しくなったり、原爆などの悲劇も描かれますが、それに負けないという思いで行動するすずが良かったと思います。また、ストーリー的には戦争だけではなくて、家族や夫婦間の色々な問題も描かれていて、引き込まれると思います。

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

まとめ

今回はアニメ映画『この世界の片隅に』を無料でフル視聴する方法を紹介しました♪

今回の31日間無料トライアルを使えば、DVDをレンタルするより断然お得に視聴できます♪

U-NEXTはかなり使い勝手がいいので(私も使用中)、よければ31日間無料トライアルしてみてくださいね(^^)