ドラマ「ライフ」の無料動画配信を1話から最終回まで全話フル視聴する方法!

ドラマ『ライフ』

2007年6月末から放送されたドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』の動画を、無料で全話視聴する方法について分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』を完全無料全話イッキ見したい
  • ヒューマンドラマが好き
  • SNSで話題になっていたので気になる
  • 原作漫画が好きだった

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《FOD》で無料視聴 

2週間無料でお試しOK!

ドラマ『ライフ』の動画配信を全話無料視聴する方法

ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』の動画を無料で視聴する方法を調べてみたところ、動画配信という形で、全話無料でいますぐ視聴できるのは《FOD》のみであることが分かりました♪

フジテレビ系で放送された本作ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』は、フジテレビが運営する動画配信サービス《FOD》にて”見放題”で配信中!

無料お試し(2週間)もあり、「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

《FOD》に簡単な登録を行うだけで、無料ですぐに視聴できます!

ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでのドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどをまとめました。

以下の表から、完全無料で動画という形ですぐに視聴できるのはFODのみであることが分かります。

(TSUTAYA DISCAS(ディスカス)は”DVDのレンタル”という形での視聴になります。)


~ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇(DVDレンタル) / △ 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円  ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

FODの概要とおすすめポイント

FOD(フジテレビオンデマンド)フジテレビが運営する動画配信サービス。

月額が安い!のに見放題の動画数が多く(特に過去ドラマ)、FODプレミアムでしか見れない”FOD限定配信”作品がたくさんあります♪

また、FODは月額料金以上のポイントがもらえるので、他のサービスに比べて超お得!

無料お試しも2週間あり、”お試し”してから、契約を続けるか無料期間中に辞めるかを判断することが出来ます♪

ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』はFODなら完全無料見放題です!

 

FODはなんといってもフジテレビ系の動画が非常に豊富!例えば昔の大人気月9ドラマなども見放題で配信されていたりしますので、ドラマが大好きな方にとってはめちゃくちゃ楽しめる動画配信サービスです♪(私も利用中(∀`*ゞ)エヘヘ。空き時間によく観てます)

登録も解約もとっても簡単☆

《FOD》は使っててかなり楽しいサービスです♪(私も絶賛利用中(^^ゞ)


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《FOD》で無料視聴 

2週間無料でお試しOK!

ドラマ『ライフ』動画内容の詳細

ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』のあらすじ

成績の良くない主人公・椎葉歩は、頭の良い親友・夕子が目指す高校に一緒に入学するため、夕子から勉強を教えてもらいながら見事、難関高校に合格。ところが、一番行きたがっていた夕子は不合格。歩は夕子から「あなたなんていなければ良かったのに!」と言われてしまう。

 

友情が崩壊してしまったことにより、歩は他人と話さなくなってしまう。高校でも新しい人間関係を築くことをあきらめていた。しかし、クラスメイトの安西愛海を中心とした数名は歩を迎えてくれたため、歩は再び前向きになる。

 

そんなある日、歩が愛海の恋人である佐古克己を奪おうとしていると誤解されたことから、歩は愛海を中心とする女子数名に執拗にいじめられるようになっていく。助けを求めたくても、親は体の弱い弟に気を取られ、歩の言うことに耳を傾けてくれない。そして、担任に相談しても担任は職員室内で「いじめ」にあっており、彼女を守れる人間は誰もいなかった。最初は弱かった歩だが、次第に仲間を見つけていじめに立ち向かい、「生きる」ために強く成長していく──。

Amazon商品紹介より

ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』の1話から最終回までネタバレ感想

ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』は、別冊フレンドで連載された同名漫画を実写化したドラマ作品です。放送は2007年6月30日から9月15日までで、もともとの漫画のタイトルは「ライフ」でした。

高校生の壮絶ないじめをテーマとした作品で、主人公の歩が、とある事をきっかけにクラスメイトからいじめに遭い、様々な事件にまで巻き込まれる様子が映し出されます。絶望の毎日、それでも負けたくないという気持ちから立ち向かっていく主人公の姿が、力強く描かれていきます。

ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』では、主人公の椎葉歩の視点で進んでいきます。


の中学生時代。時期は高校受験に向けて受験勉強を始めた頃だった。

親友の夕子は自分よりも頭が良いが、中学時代ずっと仲が良く、一緒に憧れの西館高校に行こうと必死で頑張っていた・・・が、名門の西館高校の壁は歩には予想以上に高く、成績優秀の夕子に勉強を教えてもらい、当日まで精一杯頑張った。

そして迎えた合格発表の日。掲示板に自分の番号を見つける歩。奇跡が起こった!と夕子の顔を見ると、時が止まったかのようだった。信じられない事に夕子が西館高校に落ちたのだった。

歩よりも西館高校に強い憧れを抱いていた夕子。自分だけが受かってしまった事に、歩がどうしたら良いか分からないでいると、歩は夕子から「あんたさえいなければ自分が受かっていたはずだ」と、歩が作った合格祈願のおまもりを投げつけられる。投げつけられたおまもりには、二人で西館高校に通う姿を夢見た、数ヶ月前の二人が写っているプリクラが貼ってあった。そして夕子はその日の夕方、校舎から飛び降り自殺を図ったのだった。

一番近くにいたはずだった親友の見たことのない顔や、非難の言葉に激しいショックを受ける歩。今までの夕子との思い出も蘇り、何故自分だけが受かってしまったたのだろうと呆然とする。何かを思い立ちハサミを手にし自ら髪の毛を切る歩。その目には大粒の涙が。夕子に対する抱えきれない罪悪感や、複雑な想いを胸に西館高校に通う歩。

1年2組の教室には楽しそうにしているクラスメイトを横目に、一人で昼食を取っている歩がいた。高校に通う事になってから2ヶ月が過ぎようとしていた。夕子の事があり、積極的に自分から友達を作ろうとしていない様子。そんな歩に近づいてくる人間が現れる。

クラスでも目立つ存在で、いつも楽しそうにしている安西愛海。同じ学校には彼氏もいるようで、リア充そのものの人物。そんな愛海がいつも一人でいる歩に興味を持ったようだ。歩はもう二度と誰かを傷つけたくないと思っており、傷つけるくらいなら一人でいようとあの日決意したが、愛海の屈託のない笑顔が嬉しくて、徐々に心を許し始める。

そんな折、愛海といつも一緒にいるグループの一人、倫子が雑誌に載ったと学校では朝からニュースになる。倫子が自分よりも目立っている事に納得のいかない愛海は、歩に倫子の事を無視するようにお願いする。歩はどうしたらよいか分からず、屋上に逃げ出すと、クラスメイトで不登校がちの未来という人物に出会う。

学校にいる方が珍しく、話した事もない彼女の姿はいつも一人で凛としていた。誰にも影響されず、颯爽としている姿に歩は憧れを抱いていき・・・?


以前読んだ漫画の中で最も印象的、衝撃的な作品で、時が経ってもいまだに忘れられない描写が沢山ありました。

ドラマの方が深夜帯であるにも関わらず、最終回では最高視聴率17.4%を叩き出した事も有名な話で、主演の北乃きいさんや福田沙紀さんにとっては、本作が出世作になりました。また意外に知られていないかと思いますが、今最も人気な俳優・中村倫也さんも出演している事で、10年以上経った今、また話題になっている作品でもあります。

視聴者からは、原作の漫画に忠実で壮絶ないじめのシーンが多く描かれていて「いじめを助長する」というネガティブな意見ももちろんありましたが、同時に「自分の過去を考え直すきっかけになった」という声や「主人公に勇気をもらった」という声も少なくなくありませんでした。

それはこの作品がテーマとして「イジメ」だけでなく、「青春」「応援」という要素も取り扱った作品となっているからではないかと思います。

なかでも特に視聴者が印象に残ったシーンなどについて、少しだけ紹介したいと思います。


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《FOD》で無料視聴 

2週間無料でお試しOK!

名言が多い

本作では「いじめ」をテーマに、不安定な年ごろの高校生のいろんな”リアル”にライトを当てています。

家庭環境からくる自らの性格への影響や貧富の差。教室という逃げられない場所での立ち振る舞い。周りからどう見られているかなど、それぞれの想いからすれ違いが生まれたり、勘違いが生まれたりします。

そんな本作では、それぞれが「いじめ」と闘っていく中で発せられた名言が多いです。

・「人のつらやさ悲しみって、理解するのは難しいんだよね。(中略) だけど、大事なのは、わかってあげたいっていう気持ちなんだと思うな」

 

・「ひまわりってさあ、何があっても明るいほうを向いてれば、大きくなれるって知ってるんじゃないかな。・・・あたしも、そんなふうになりたい」

 

・「あんたは真っ直ぐ生きていけばいいのよ。あいつらに、あんたの人生、ねじ曲げる権利なんてないんだから」

上記は良いシーンで使われている名言なのですが、特に視聴者から話題になったシーンとしては、

愛海が歩に向け「あんたの席ないから」というシーン

ひょんな勘違いや、優柔不断でおどおどしているの行動や言動に苛立ちを覚え始める愛海。挙句の果てに彼氏の佐古を奪われたと勘違いし、いじめの主犯格として歩をいじめるようになりました。

そんないじめの最初に繰り広げられる衝撃のシーン。

歩の席を教室の窓から放り投げ捨て「あんたの席ないから」と微笑みながら言うシーンが非常にSNSをにぎわせました。原作漫画顔負けのドラマのシーンで、衝撃的で忘れられないと口々に意見が上がっていました。

その後、歩を標的にした壮絶な「いじめ」が行われていくのですが、あらゆる冷酷卑劣ないじめを繰り返してきた愛海が、今度は一緒にいたみどりからいじめのターゲットにされてしまいます。

その際にも「席」の描写があり、話題になりました。愛海が歩に言った事と同じセリフで、みどりから「おめぇ~の席ねぇ~から!!」と言われるのです。

自分がやった事はいずれやり返される。どこかで誰かが見ていると伝えたかったのでしょうか。それを見ていた歩は、もう二度と「いじめ」が繰り返されないように、愛海に「あんた達みたいのが強いって言うなら、私は強くなりたくなんかない」という最終回、ここはほんとに心を鷲掴まれます。


Twitterには沢山の感想が寄せられていました。

・ドラマ ライフの北乃きいちゃんの演技マジですごいから! いろんな感情とか表情を、引き出しててすごい感動する(´・ ・`) あれは普通に演技上手すぎる

 

・10年以上ぶりにドラマのライフを見た。既視感ある校舎、めっちょかわいい北乃きい、そしてなにより園田くんの圧倒的演技力、、、、、、!!!

 

・ライフ(ドラマ)ちょっとみたら ハマってもうて11話まで見てもーたw 終盤すげえ爽快MAXやったわ 佐古くん役の人すごい演技ねww


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《FOD》で無料視聴 

2週間無料でお試しOK!

ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』のキャスト

椎葉 歩:北乃きい
安西愛海:福田沙紀
佐古克己:細田善彦
篠塚夕子:大沢あかね
廣瀬倫子:星井七瀬
薗田優樹:北条隆博
羽鳥未来:関 めぐみ
平岡正子:酒井美紀
戸田和佳絵:瀬戸朝香
椎葉文子:真矢みき など


椎葉 歩:北乃きい

 椎葉 歩 
本作の主人公。黒髪ショートカット。中学時代から勉強が苦手。愛称は「アユム」。天然で空気が読めず、正しいと思ったことを口にしてしまう面と依存心の強さは見られるが、優しくて思いやりのある性格。愛海と親しくなるが、彼女からの誤解などを理由にいじめのターゲットになってしまう。

中学時代、自分のみが西舘高校に合格したことで、親友の夕子が自殺騒ぎを起こしたことがトラウマになっていた時期がある。しかし自分に対するいじめに立ち向かい、未来や薗田と真の友情を築き上げる中で成長していく。

北乃きいさんが演じた椎葉 歩に関する声がTwitterに沢山挙がっていました。

・北乃きいは、優しい人を演じるより、怒ったり、威圧したり迫力ある演技の方が好きっすな~(*´ω`*) ライフみたいな役柄抜擢されないかな。

・北乃きいかわいいなぁ

・思わず最後まで観てしまったよ。思えば最初から最後まで素敵な笑顔だったな。ドラマ「ライフ」でのガチ演技は今でも忘れられない。 など

《北乃きい》
1991年3月15日生まれ。14歳という若さでミスマガジン2005グランプリを獲得し、ミスマガジン史上最年少および平成生まれ初のグランプリ受賞者している女優さん。10人兄弟という驚愕な家庭環境で育った事も有名です。

安西愛海:福田沙紀

 安西愛海 
本作のもう1人の主人公。愛称及び一人称は「マナ」。父が県会議員兼会社社長で裕福なため、並外れたお嬢様育ち。その上、美人なためにクラスメイト、男達からちやほやされてきた。父からは溺愛されているが、母からは無関心な態度で振る舞われており、二人とも多忙のため自分は放置されていると思っており、孤独感、寂しさを多く感じている。

性格も明るく社交的という完璧な女子生徒に見えますが、実は裏の顔があり、自分本位な性格を次第に歩にぶつけていく。次第にエスカレートしていき、あまりにも冷酷な嫌がらせを展開する中で、周囲から逆に反感を抱かれ、孤立してゆく。

福田沙紀さんが演じた安西愛海に関する声が挙がっていました。

・ライフって愛海より 眼鏡のあの子の方がむかつくな。 大人になって昔の見ると 昔と違う見方になる。 福田沙紀いい演技してるな

・ライフの安西まなみ好き!福田沙紀さんの演技好き! 小6のときはよくわかんなかったことも今はわかるようになったからおもしろい

・あーライフひっさびさにみた! やっぱおもしろい 福田沙紀の演技に イライラするけども笑笑 など

《福田沙紀》
1990年9月19日生まれ、熊本県出身。13歳の時に、第10回全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞し、美少女クラブ31の第2期生メンバーとなったのをきっかけにメジャーデビュー。その後同年2004年10月にはドラマ『3年B組金八先生』に麻田玲子役で出演し、女優デビューしました。

羽鳥未来:関 めぐみ

 羽鳥未来
歩のクラスメイト。美人で背も高くスタイルが良いが、不登校がち。その理由は父の病気など経済的理由から、喫茶店や水商売など複数のアルバイトをかけもちして生計を立てている為。学校にはほぼ来ないが、成績は努力から常にトップクラス。

他人に惑わされず、自分のしたいことを黙々とこなしている姿に歩は感化される事になる。駅のホームから飛び込み自殺をしようとした歩を叱り飛ばした事をきっかけに歩と接近。のちに薗田と共にいじめに立ち向かう仲間となる。面倒見が良い性格だが、歩に対して直球で厳しい言葉を掛け、自立を促すこともある。

関 めぐみさんが演じた羽鳥未来に関する声が挙がっていました。

・関めぐみは美人 存在するだけでミステリアスだったり、女だったり、演技が幅広い。

・CATVでライフやってた。見てて悪役の人をガチで嫌いになるドラマだけどその分、悪役の演技力には定評があるってことだな。 関めぐみカワイイネ!というより綺麗!

・今の世にも奇妙な物語に出てたお客さん、関めぐみさんじゃないの?? 好きだよ、関めぐみさん。 ライフの時から好きだよ。 など

《関 めぐみ》
1985年9月8日生まれ。圧倒的なルックスやスタイルから、高校生時代に20以上のモデル、芸能事務所からスカウトが来るも、父親の教えから、人間としての努力を身に着けようとアルバイトに励んだという過去を持つ女優さんです。

佐古克己:細田善彦

 佐古克己 
愛海の元恋人。本作の悪役的存在。完璧な優等生で愛海想いの優しい彼氏だが、それは表の顔でしかない。実際は厳しい家庭環境で育ち、父の言いつけで好きでもない愛海と無理やり付き合わされたことから、少女監禁・緊縛趣味などサディストとしての性癖、戸田を利用するといった裏の顔を持ってしまう。

後に愛海と破局し、歩の元親友だった中学の同級生の夕子と同じ塾だった事から、彼女の自殺未遂の経緯を知って歩を脅す流れになっていく。

細田善彦さんが演じた佐古克己に関する声が挙がっていました。

・逃げ恥のみくり兄は細田よしひこだったのかー!細田善彦になってて気づかなかったー!ライフの演技が印象的で普通の兄役は物足りない。

・LIFEの佐古克己役の細田善彦さんの、演技が凄すぎて、当時schooldaysの伊藤誠と佐古克己はどちらが最低なのかを考えてました。

・細田善彦の氏直演技を見ていると「ライフ」を思い出した。やりすぎは演出上の事か。 など

《細田善彦》
1988年3月4日生まれ、東京都出身。本作では善と悪の顔を使い分ける異常な性癖の持ち主・佐古克己役で一気に注目されました。

薗田優樹:北条隆博

 薗田優樹 
物静かで勤勉な性格。愛海・倫子・みどり・礼奈・克己と同じ中学校を卒業しているが、中学時代に先輩のアキラにいじめられて不登校となり、1年留年しているため、本来は1学年上となる。

クラスでは歩とともに園芸委員を務める。当初はクラスメイト全てに心を閉ざしており、周囲で起きていたいじめなどにも無関心な態度が見られたが、後に歩が未来をかばって自らいじめられようとするのを引き止めたことをきっかけに、歩と本格的に関わり始める。

その直後から、未来を含めて3人でいじめに立ち向かっていく中で成長し、愛海を殺そうとした佐古に対し身を挺して立ち向かう等、たくましくなっていく。よくゴッホの画集を眺めている為、クラスメイトから「ゴッホ君」という蔑称で呼ばれる。

北条隆博さんが演じた薗田優樹に関する声が挙がっていました。

・北条隆博さん、物凄くいい役者さんで好きだから映画見に行きたい。演技うまいし顔も好きだけど、好きになったきっかけはライフの園田役で腕に根性やきされて叫んでるあの声でした。大変おいしいから着ボイス配信していただきたい。ナイフ手で握って制止するときの流血も美しかった。

・なぁー10年前のドラマ「ライフ」見てたら猛烈に北条隆博君に会いたくなったー

・ライフの「おめーの席ねーから!」のシーンよく見たら仮面ライダーレンゲル役の北条隆博さんがいることに今更気付く など

《北条隆博》
1986年5月25日生まれ、愛知県出身。芸能界入りは中学在学中で、2000年より俳優として活動を開始。今は芸能界を引退されているようで、YouTuberとしてゲーム実況を主として活動されているようです。

椎葉文子:真矢みき

 椎葉文子 
歩の母親。典型的な「教育ママ」。前向きで明るく心優しい性格だが、歩が進学校である西館高校に通っていることを周囲に自慢し誇りに思ったり、自身の学校での状況を話す事が出来ない歩を理解する事が出来ず、いじめを知る前まではギクシャクしていた。が、拉致監禁事件を切っ掛けに歩の状況を知り、母親として歩を守り、関係を再構築しようと努力をしていく。

真矢みきさんが演じた椎葉文子に関する声が挙がっていました。

・ドラマ「LIFE」全部見てもうた。北乃きいはこの頃が一番輝いてた。真矢みきの演技はやっぱ凄い。

・真矢みき同じ画面で見られるの最高だし放送が10年前なのほんとに怖い。 など

《真矢みき》
1964年1月31日生まれ、広島県出身。元宝塚歌劇団花組トップスターで、女優活動を主にされていますが、今は朝の情報番組キャスターなどのイメージが強くある方です。


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《FOD》で無料視聴 

2週間無料でお試しOK!

ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』主題歌・スタッフ

ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』主題歌

*主題歌 – 中島美嘉 「LIFE」


ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』スタッフ

プロデューサー – 中野利幸
演出 – 谷村政樹・加藤裕将・遠藤光貴
脚本 – 根津理香
音楽 – 海田庄吾、山嵜廣和
技術プロデュース – 井上治久
撮影 – 鈴木富夫、岡本世基
撮影助手 – 宍戸勇
映像 – 作田和矢
音声 – 吉田勉、大畑健三郎、安部岳
照明 – 梶山高弘
編集 – 深沢佳文
音響効果 – 谷口広紀
美術プロデュース – 関口保幸


FODの無料お試しを使えばDVDを普通に店舗でレンタルするより断然お得に視聴できます。

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!