おちょやん朝ドラの見逃し動画配信を1話~全話フル視聴するお得な方法!

NHK連続テレビ小説『おちょやん』

2020年11月30日から放送のNHK連続テレビ小説『おちょやん』動画を、お得に見逃し視聴する方法について分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • NHK連続テレビ小説『おちょやん』をお得に見逃し視聴したい
  • なるべくお得に視聴する方法が知りたい

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪


\この動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

NHK朝ドラ『おちょやん』の見逃し動画配信を全話視聴する方法!

NHK朝ドラ『おちょやん』の動画の配信状況を調べてみたところ、《NHKオンデマンド》で見逃し視聴動画配信されることが分かりました。

しかしながら、《NHKオンデマンド》には無料お試し期間がありません。

そこで、《NHKオンデマンド》を無料で登録・利用する方法を調べたところ、《U-NEXT》経由で登録すると完全無料で《NHKオンデマンド》が利用できることが分かりました!

(実はU-NEXT自体でも『おちょやん』が配信されていますが、期間限定配信で、おまけに視聴にはポイントが必要なため、すべてを完全無料で視聴することはできません)


~NHK連続テレビ小説『おちょやん』動画配信状況~(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 〇(NHKオンデマンド利用) 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
ABEMA × 2週間 873円 なし(すべて見放題)
TSUTAYA DISCAS / TV × / × 30日 2,417円 ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)


《NHKオンデマンド》は、NHKが放送した地上波番組を、PC・スマートフォン・タブレット等に有料でネット配信する動画サービス。

 

放送中の大河ドラマ、連続テレビ小説の見逃し配信や、厳選された過去の名作ドラマ、貴重なドキュメンタリー番組など、月額990円(税込)で約7,000本のNHK(総合、Eテレ、BS1、BSプレミアム)の番組が見放題で楽しめます。

地上波・衛星波で放送している番組の中から、月々約500本を放送当日もしくは翌日から配信

会員登録(無料)のみで視聴できる無料番組も配信されていますが、今回のNHK朝ドラ『おちょやん』のような話題作や新作は有料会員視聴番組になります。

ところが今、《U-NEXT》を経由して《NHKオンデマンド》に登録すると、《NHKオンデマンド》の月額料金の”初回分をポイントバック”してくれるのです。

U-NEXT経由・NHKオンデマンド登録1

U-NEXT経由・NHKオンデマンド2

 

もともと《U-NEXT》では、新規登録者に対して、U-NEXT内で使用できるポイント(600Pt)の配付が行われています。

しかし今回《U-NEXT》に登録し、そこから《NHKオンデマンド》に登録する場合、《NHKオンデマンド》利用開始月から必要になる月額利用料990円(税込)に対して、利用できるポイントが1000円分配付されますので、それを使えば実質タダ

完全無料で《NHKオンデマンド》を気軽に利用することができるシステムになっているのです。

ちなみに《U-NEXT》自体も無料お試しは31日間もあり、もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

《U-NEXT》に簡単な登録を行い、その足で(?)《NHKオンデマンド》を登録するだけで、《U-NEXT》内の作品も、《NHKオンデマンド》内の作品もどちらも楽しめます♪

解約時の注意

ただし解約の際には、《U-NEXT》と《NHKオンデマンド》の両方に対して解約手続きを行う必要がありますのでご注意ください!

U-NEXTの概要とおすすめポイント

ここで少しU-NEXTについてご紹介♪

《U-NEXT》はとても使い勝手のいい動画配信サービス。無料お試し期間が31日間と長いのが特徴♪

おまけに、動画配信数が業界でNo.1”見放題対象作品”の数がすごい!

上記した通り、無料お試し期間でも600ポイントが配付されますので、《U-NEXT》内の有料コンテンツに対して使用出来てとってもお得♪

動画だけでなく、書籍も漫画も雑誌も配信されている《U-NEXT》は、コンテンツが非常に充実していてとっても楽しいサービスです。

NHK連続テレビ小説『おちょやん』はU-NEXTにて1話110円で配信中♪

U-NEXTで1話ずつ視聴すると配付ポイントを使用しても足が出てしまいますが、U-NEXTを介してNHKオンデマンドに登録すると全話見放題になります!

 

U-NEXT配信中・おちょやん

 


\この動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

NHK朝ドラ『おちょやん』動画内容の詳細

NHK朝ドラ『おちょやん』のあらすじ

明治の末、大阪の南河内の貧しい家に生まれたヒロイン、竹井千代は小学校にも満足に通わせてもらうことができず、9歳のときに、道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。そこで目にしたのが、華やかな芝居の世界。彼女は女優を志し、芝居の世界に飛び込んでいく。そして、京都の映画撮影所などを経て、大阪で新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加する。そこで、喜劇界のプリンス、天海一平と出会い、結婚。喜劇女優として少しずつ成長していく。

 

千代は一平と二人三脚で理想の喜劇を目指して奮闘するが、戦争が始まり、道頓堀は空襲を受ける。戦後、劇団は「鶴亀新喜劇」として復活するが、結婚生活は破綻。彼女は芝居の世界から去ってしまう。しかし、ラジオドラマへの出演をきっかけに、女優として不死鳥のように復活する。そのラジオドラマで、12人の子どもを抱える母親役を演じた。大家族をめぐる泣き笑いのドラマは大きな反響を呼び、10年にわたる人気番組となった。

 

そして、彼女は「大阪のお母さん」として絶大な人気を獲得し、名実ともに上方を代表する女優となっていく。

NHK『おちょやん』より

NHK朝ドラ『おちょやん』の1話からのネタバレ感想と見どころ

本作『おちょやん』は2020年度後期のNHK「連続テレビ小説」の第103作目(!)として、2020年11月30日から放送されている長編ドラマです。新型コロナウィルスの影響で、日本のみならず、世界各地で今までの生活が一変した2020年。ステイホーム、家で過ごす事が多くなった今年は特に朝ドラの視聴率が良いのだとか♪

本作の主演は「夜行観覧車」や映画「湯を沸かすほどの熱い愛」などで非常に存在感を残した演技を残し、二世女優として今最も注目されている杉咲花さん。

杉咲さんが演じるのは「大阪のお母さん」として親しまれた松竹新喜劇で活躍した上方女優・浪花千栄子さん。貧しい家で生まれ育ち、華やかな芝居の世界に飛び込み、喜劇女優として成長していく様をどのように演じ切るのか注目されています。

そんな本作の物語はどういったストーリーになっているのか・・・?今放送中のあらすじを一部紹介していきたいと思います☆


舞台は明治の末、大阪の南河内。主人公の千代は養鶏場を営む貧しい家庭で生まれた。この時代は教育に力を入れられず、日々生活していくのだけでも精一杯な家庭が多かった。千代の家庭もそうだった。まともに小学校に通えず、父・テルヲ弟のヨシヲと三人で暮らしてた。

母は5歳の時早くに亡くしており、父親は世渡り上手で口達者ではあるが、女クセも悪い。家や鶏の世話、弟の世話で毎日大忙しだった。そんな時、テルヲが数日帰ってこないなと思っていると、女性・栗子を連れて帰ってきた。栗子が新しいテルヲの奥さんで、新しい母親になると言うのだ。

新しい母親が来た事は複雑な心境ではあったものの、これから学校にも通えて、家の事もしなくてよくなると少し浮足だつ気持ちで眠った千代。翌朝、千代は栗子がいるから朝をゆっくりしていると弟・ヨシヲに起こされ、どうやら栗子やテルヲはまだ寝ているようだ。

そう。栗子はテルヲに「家事など全くしなくてよいから」という口説き文句で栗子を連れてきたのだった。家事はおろか鶏の世話、まだ幼いヨシヲの世話もろくにせず、好きな三味線を弾いているだけ。そんな栗子の出現で千代は学校にもまた通えなくなり、生活はさらに苦しくなっていくのだった。

そして間もなく栗子が妊娠し、子育てには何かと物入りで千代やヨシヲは邪魔者扱いされるように。千代はヨシヲだけは置いてほしいと頼み、自ら家を出て行くのだった。こうして、千代は9歳にして道頓堀に奉公にでることになった。奉公先は芝居茶屋「岡安」

「岡安」では、芝居の見物客の予約や食事を手配するお茶子が忙しく働いており、最初は御寮さんのシズに断られるも、千代はひと月の間に女中の仕事を覚えるという条件で、「岡安」でお茶子の見習いをすることになる。呼び名は「おちょやん」

そんな折、道頓堀に喜劇の天海一座がやってきて、千代はその一座の子役・一平と出会うのだが・・・?


主演の杉咲さんは、『まんぷく』から5作連続でオーディションなしで抜擢されました。女優としてNHKの連続ドラマ小説に出演出来れば今後の活躍に拍車をかけると言われており、杉咲さんはまさしく。

キャラクターのイメージもバッチリで、演技力もついてきており、視聴者は前作「スカーレット」や「エール」が素晴らしい出来だけだっただけに、不安視していた方も少なくなかったようですが、そんな不安視する声はきれいさっぱりなほど、今は「神回が多い」という声や「朝ドラの集大成」などといった声も多く寄せられています☆

そんな本作には名シーンや名言が沢山あるのですが、最も視聴者が印象に残ったシーンや名セリフなど少しだけご紹介したいと思います。

千代の“道頓堀脱出作戦”

千代が「芝居がしたい」と思い始めていた頃、それは訪れます。”岡安最後の日”

突然、父・テルヲが借金取りと共に現れ、千代を売り飛ばしに来た様子。。。どうしようかと慌てていたところ、玉やかめらが集まってきて千代に逃げるように指示し、困惑する千代を無視し今まで「お嬢様」と「奉公人」だった関係のみつえに岡安の外に連れ出されます。「待っとくんなはれ! みつえさん…いとさん…」と千代。「みつえでええ。ほっとかれへんやろ! 友達としては…」とみつえ。

その後、船着場にたどり着いた千代は思いとどまり、借金取りから逃げることをためらっていましたが、船着場で待ち構えていたシズはそんな千代に「これは旅立ちだす。そやさかい、しんどなったらいつでも帰っておいで。あんたの家は岡安や」と語りかけ、千代を小舟に乗せて道頓堀から脱出させるのです。

視聴者からはみつえのツンデレ加減が泣ける!という声や、シズのいい人さが本当に号泣などといった声が続出していました☆

朝ドラのダメ父を代表したようなテルヲ

本作の主人公の千代をいつまでたっても苦労させる父親テルヲ。

そんなテルヲは、今まで朝ドラで描かれていたひと昔もふた昔も前のダメな男性、父親の代表で、演じているトーマス松本さんのイメージも心配するほどのキャラクター性。

そんなテルヲの想いがいつか分かる日がくるのか、今後の放送、展開が楽しみですね♪

Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

・おちよちゃんの土下座…。朝ドラのお約束の土下座シーンなのだが、歴代で一番重くて、凄い土下座だった。 憎い相手に、「弟だけでも愛してやって」と頼む土下座。 これ以上ないくらい屈辱的なのに、それをやってのける豪胆さ。 おちょやんの第1週恐ろしく濃厚でクオリティーが高い!

 

・毎週金曜日に神回とも呼べる最大の盛り上がりを持ってくるのすごい。今日のMVPはみつえちゃん。ただのお気楽塩対応箱入り娘じゃなかった!友達って言ってくれた!名前呼び許してくれた!ヤクザ相手に仁王立ちで庇ってくれた!根はいい子かと思ってたけど想像以上にいい子だった!好き!!

 

・おちょやんのお父ちゃんの描き方は、朝ドラでも今までにない切り口だ。 カーネーションの善作やスカーレットの常治は、ヒロインが越えるべき壁だった。 一方で、おちょやんのお父ちゃんは壁にすらなり切れない弱さだ。 この難役を演じ切ったトータス松本さんのスゴさよ! など

NHK朝ドラ『おちょやん』のキャスト

竹井千代 – 杉咲花
竹井テルヲ – トータス松本
岡田シズ – 篠原涼子
天海一平 – 成田凌
竹井栗子 – 宮澤エマ
高城百合子- 井川遥


竹井千代 – 杉咲花

 竹井千代

本作のヒロイン。今も上方女優の代名詞といえる存在で「大阪のお母さん」として親しまれる女優・浪花千栄子の人生がモデル。

大阪の南河内の貧しい家に生まれる。気が強くちゃきちゃきとしているが、弟思いのしっかりした性格。5歳の時早くに母を亡くしてからは、幼いながらも家の事全てを一手にこなしてきた。父と弟の三人暮らしで、小学校にも満足に通えなかったものの、9歳の時に父・テルヲが再婚し初めて小学校に行く。しかし義母が何もしないため再び不登校に・・・。

母の形見である”月の様に綺麗なビー玉”を宝物にして持ち歩いている。身重の義母に邪魔者扱いされ、弟も義母を受け入れ居場所がなくなることを感じ、義母の提案で口減らしに道頓堀の芝居茶屋「岡安」へ奉公に出る。

女中奉公に出された道頓堀で、芝居の世界に出会い、いっぺんにその魅力にとりつかれる。仕事中に公演を覗き見るようになり、シズへの恩返しの思いから、翌年の年季奉公明け後も岡安で働く決意をする。しかしテルヲが作った借金のカタに身売りされそうになり、岡安を辞めて逃亡することになり・・・?

杉咲花さんが演じた竹井千代に関する声がTwitterに沢山挙がっていました。

杉咲花さんの演技、見ていて気持ちがいい理由が分かった。背筋や首筋はもちろん、眉毛やまぶたや頬の筋肉まで、スッと一本筋が通って姿勢がいい。可愛らしさと凛とした強さを兼ね備えた女優さん。

・花ちゃんが使っているおちょやんの台本を見て、自分で付け加えた方が良いと思うところにしっかりと書き込みをしていてとても頑張っているなぁ~~と感銘を受けました   この努力から花ちゃんの渾身の演技が生まれるんですね

・改めて花ちゃんがおちょやんのヒロインで良かった こんなにも花ちゃんの演技を引き出してくれる脚本や演出全てに感謝
しかし、まだ一ヶ月たってないのに神回多すぎない?  など

《杉咲花》
1997年10月2日生まれ。研音に所属している二世女優で、父は木暮武彦さん、母はチエ・カジウラさん。知名度を上げたきっかけは、味の素Cook DoのCMでした。後に『とと姉ちゃん』や『湯を沸かすほどの熱い愛』で演技が評価されました。

竹井テルヲ – トータス松本

 竹井テルヲ
千代の父。千代にとっては、憎みきれないトラブルメーカーであり続ける。

南河内の小さな村で小規模の養鶏場を営んでいるが、鶏の世話や家事も娘の千代にまかせっきりのダメな父親の代表格。見えっ張りだが気が弱く家ではダメな父親。しかし性格は陽気で朗らか、世渡り下手で、口達者なため女性にはモテる。千代が9歳の時、鶏を売りに行ったまま10日帰らず、再婚相手の栗子を連れて帰る。

栗子と結婚したいがために「家事をしなくて良い」と約束するなど栗子に頭が上がらず、彼女の言うがまま千代を奉公に出す事になる。千代が奉公に出て程なく博打で借金を作り、借金取りに追われて一家で夜逃げした。8年後、千代の前に現れた時には、栗子にもヨシヲにも逃げられており、2000円の借金のカタに千代を売り飛ばそうとする。

トータス松本さんが演じた竹井テルヲに関する声が挙がっていました。

・トータス松本さんの演技すごい 感情もっていかれる。 おもろいっ!

・ちよを見送るト書きの演技、最高でした。 あの何とも言えないテルヲの表情は、 トータス松本さんにしかできない演技です。 テルヲがんばれ!!!

・年末締めは思い切り「半沢直樹」味を出してきたね。「カーネーション」「スカーレット」とは方向性が違うこともはっきりさせたのだけれど、トータス松本の抑えた演技に注目したよ。安堵とも諦めともつかぬ、ただ生きる哀しみに見えた。「半沢」とは、ここで一線画したというべきだろう など

《トータス松本》
1966年12月28日生まれ、兵庫県出身。シンガーソングライターで、ウルフルズのボーカリスト。歌手としても有名ですが、今回のように俳優として存在感を残している事も少なくなく、「龍馬伝」や「いだてん」などにも出演しています。

岡田シズ – 篠原涼子

 岡田シズ
千代が女中奉公することになる芝居茶屋「岡安」を取り仕切る女将で、先代女将であるハナの一人娘で家付き娘。宗助の妻でみつえの母。周囲から「ごりょんさん(奥さん)」と呼ばれている。

勝気で厳しい性格で、仕事には大変厳しいが、芝居の街「道頓堀」を深く愛している。口入屋が連れてきた千代が、表で大声を出したのが気に入らず追い返そうとするが、ハナになだめられて一か月の繋ぎで奉公させ、のちに正式に「おちょやん」として迎え入れる。

千代を厳しくも温かく見守り、千代をめぐって借金取りに嫌がらせをされても毅然とした態度で応じ、千代を夜逃げさせる。千代にとってのもう一人の母親といえる存在となっていく。

篠原涼子さんが演じた岡田シズに関する声が挙がっていました。

・今日のごりょんさん(篠原涼子)の最後の演技は、吉本新喜劇の未知やすえさんかと思いましたよ。

・おちょやん、最初はあんまり‥だったけど今日の回はうるうる きたわ。 みんな良い人! 篠原涼子ちゃんカッコ良かった

・ごりょんさんなので!と気を張ってる常から、たまに素に戻るときの、篠原涼子の演技が好きすぎる。今日も一件落着させたあとすごい可愛かった など

《篠原涼子》
1973年8月13日生まれ、群馬県出身。1990年4月、アイドルグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)のメンバーとしてデビューした後は、女優よりも歌手や、バラエティ番組などで多く活躍していました。女優としては『溺れる人』で第31回放送文化基金賞演技賞を受賞した事が、その後の作品に抜擢される事に繋がったようです。

天海一平 – 成田凌

 天海一平
人気喜劇一座の座長である天海天海の息子。モデルは渋谷天外。

千代とは9歳の時、凱旋公演で道頓堀を訪れた際に出会っており、「同い年」「家の都合で小学校へ通えず友達がいない」「母がいない」「酒好きの父を嫌っている」など共通点が多く、千代から親友になることを持ちかけられた。

幼いころから子役として、いやいや役者をやっていたが、やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。千代とともに新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。やがて二人は結婚し、二人三脚で奮闘する。

成田凌さんが演じた天海一平に関する声が挙がっていました。

・最近なぜだか成田凌が気になる。 演技の幅がすごくて、ドラマや映画を見てしまう。なので朝ドラ「おちょやん」を見るよね。 前からいろんな作品に出てたのは知ってたけど最近の成田陵が、なぜかカッコいい。

・一平と千代、2人の緊迫したアドリブの応酬からのホロリとさせた後の笑いには同じ物を感じたな。杉咲花さんと成田凌さんの心の声を表情だけの演技で表すの見事でした 。

・やばい、これから成田凌くんと杉咲花ちゃんのあの感じ、、なんというの、可愛い本当に二人。好き過ぎる。二人の演技も雰囲気も、何もかも。 おちょやん最高。 など

《成田凌》
1993年11月22日生まれ。ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』のモデルオーディションに合格し、芸能界の道に進む事になりましたが、元は美容師の学校に通っていたそうです。『チワワちゃん』『愛がなんだ』『さよならくちびる』などで圧巻の演技が評価され実力派俳優として認識されてきました☆

竹井栗子:宮澤エマ

 竹井栗子
千代の父・テルヲが連れてきた千代の新しい母親。再婚相手。料理屋の仲居をしていた栗子を「家事をしなくていいから」というテルヲの口説き文句で口説き落とされた。

美人で粋な女性だが、テルヲ以上に朝寝坊で、家事もしない。また千代とヨシヲに対し愛情が無く連れない態度を取り続けるため、千代とは次第に対立していく。その後千代とヨシヲを奉公に出すことを画策するが、ヨシヲを家に置くとの千代からの条件を飲み、千代のみを追い出す。

宮澤エマさんが演じた竹井栗子に関する声が挙がっていました。

・宮澤エマさんの表情の演技が絶妙やな!!洗練されたべっぴんと言うわけでもなければ、別にしっかり働き者でもなさそうな芸者あがりってのが一瞬でわかる笑 なかなか面白いキャストセンス!

・今日も #宮澤エマ と #毎田暖乃 の怒鳴り声で目が覚めた (笑) 憎まれ役だった栗子がヨシヲから薬草を貰う時にふと見せた優しさ♡彼女は千代と似た境遇の子供時代を経験した人間なのかも知れない。しかし、総理大臣の孫でお嬢様育ちの宮澤エマの演技力は実に大したものである♬

・宮澤エマさんが演技してるのを見るの初めてで、バラエティーで「宮澤喜一の孫」みたいなプロフィール付きで出てるイメージが先に来てたもんで、「竹の皮にくっついてるおはぎのあんこをきっちり拾って、ベタベタ食べる」の演技がうまくて笑ってしまった など

《宮澤エマ》
1988年11月23日生まれ。母方の祖父は第78代内閣総理大臣の宮澤喜一さん。母は宮澤喜一さんの長女でジュエリーの輸入・通販ビジネスを行う会社の代表取締役ラフルアー宮沢啓子さん。父はアメリカ人で元駐日代理大使クリストファー・ラフルアーさんという由緒正しき一家。バラエティー番組やミュージカルにも多く出演されている方です。

高城百合子- 井川遥

 高城百合子
千代が道頓堀の芝居小屋で目撃して以来、憧れ続けるスター女優。

大正13年(1924年)、所属事務所から活動写真女優への転向を求められたことを不服に逃亡中、千代と知り合う。岡安に身を潜め引退を迷うなか、千代と戯曲「人形の家」の台本を読み合わせたことや、それを見た女中たちから受けた拍手喝采が今までの女優人生を思い出し、女優を続けたいと思い直して去っていく。

千代に「一生一回、自分が本当にやりたいことをやるべき」とアドバイスする。その美貌と情熱的な演技で観客を魅了する。芸術のために自由な人生を突き進む姿に、千代は大きな影響を受ける。

井川遥さんが演じた高城百合子に関する声が挙がっていました。

・篠原涼子さんも井川遥さんも大好きな女優さん出ててうれしい

・高城さんこと井川遥さんの女優として腹をくくった凛とした所も素敵でした。

・#おちょやん 3週目。超イイ。ちんどん屋の演奏バックに退場していく井川遥のシーンはグッときた。訃報聞いて皆が固まる中、キセル燻らす宮田桂子さんもカッコいい。 など

《井川遥》
1976年6月29日生まれ。1999年、『東洋紡水着サマーキャンペーンガール』として本格的に芸能界デビューした後、 『アサヒビールイメージガール』で知名度を上げました。「癒し系アイドル」ブームの後継者の一人と言われ親しまれています。

NHK朝ドラ『おちょやん』相関図

NHK連続テレビ小説『おちょやん』相関図

NHK連続テレビ小説『おちょやん』より

NHK朝ドラ『おちょやん』主題歌・スタッフ

NHK朝ドラ『おちょやん』主題歌

*主題歌 – 秦基博
「泣き笑いのエピソード」


NHK朝ドラ『おちょやん』スタッフ

作 – 八津弘幸
脚本協力 – 吉田真侑子
音楽 – サキタハヂメ
演出 – 梛川善郎、盆子原誠
制作統括 – 櫻井壮一、熊野律時
プロデューサー – 村山峻平


《U-NEXT》を経由すれば《NHKオンデマンド》を非常にお得に利用できます!

ぜひこの機会に《U-NEXT》の”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!