アニメ「スラムダンク」の動画配信を無料で最終回まで全話視聴する方法まとめ!

テレビ朝日系列にて1993年10月~1996年3月に放送された、全101話からなる超人気テレビアニメ『スラムダンク』の動画を、無料で全話視聴する方法について分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • アニメ『スラムダンク』を完全無料全話視聴したい
  • 劇場版4作品も一緒に無料で視聴したい
  • 広告などにわずらわされず、動画で簡単に視聴したい

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

アニメ『スラムダンク』の動画配信を無料視聴する方法

テレビアニメ『スラムダンク』の動画を無料全話視聴する方法を調べてみたところ、簡単に今すぐ無料で視聴するなら《U-NEXT》一番お得であることが分かりました♪

テレビアニメ『スラムダンク』の動画は、「見放題作品数No.1」の動画配信サービス《U-NEXT》が全話完全見放題で配信しています♪

無料お試しは31日間もあり、もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

《U-NEXT》に簡単な登録を行うだけで、全話無料ですぐに視聴できます!


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

アニメ『スラムダンク』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでのテレビアニメ『スラムダンク』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどを以下の表にまとめました。

テレビアニメ『スラムダンク』シリーズが視聴できる配信サービスは現在数社あります。なので、もしいますでに加入している配信サービスがある方はぜひ、そちらでの配信状況を確認してみてくださいね。

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると「果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩んでしまうかと思います。

そこで今回は、完全無料動画として視聴でき、無料期間が31日間と一番長くてスラムダンク劇場版4作品も見放題で視聴できる《U-NEXT》をおすすめしたいと思います!

(Hulu、ABEMAは無料お試し期間が2週間、Netflixは無料期間なしになります)


~テレビアニメ『スラムダンク』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu 2週間 933円 なし
ABEMA 2週間 873円 なし(すべて見放題)
TSUTAYA DISCAS / TV 〇(DVDレンタル) / 〇(劇場版はポイント必要) 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円  ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ 〇(劇場版は有料) 30日 455円 なし
Netflix なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

U-NEXTの概要とおすすめポイント

《U-NEXT》は無料お試し期間が31日間と長いのが特徴♪

おまけに、動画配信数が業界でNo.1”見放題対象作品”の数がすごい!

動画だけでなく、書籍も漫画も雑誌も配信されている「U-NEXT」は、コンテンツが非常に充実していてとっても楽しいサービスです。

この機会にテレビアニメ『スラムダンク』だけでなく、いままで観ようかどうしようかと気になっていた作品などを一緒に視聴して、ぜひ楽しんでください♪

テレビアニメ『スラムダンク』はU-NEXTなら完全無料全話見放題です!また、劇場版4作品もすべて追加料金なしの見放題で視聴ができます!

 

U-NEXT配信中・スラムダンク

《U-NEXT》なら登録も解約もとっても簡単

とってもお得&楽しいサービスです♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

アニメ『スラムダンク』動画内容の詳細

アニメ『スラムダンク』Ⓒ井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション

アニメ『スラムダンク』の1話から最終回までネタバレ感想と見どころ

テレビアニメ『スラムダンク』は井上雄彦氏の大人気バスケットボール漫画「スラムダンク」をアニメ化したもので、1993年10月16日から1996年3月23日までの長期にわたって放送されました。まさに”バスケットボールブーム”に火をつけた名作漫画で、作中ではカッコイイシーンが盛りだくさん!

奇抜でやんちゃな登場人物たち、けれどただひた向きに真剣にバスケに取り組む姿勢や、男達の熱い戦いがリアルで、応援したくなる作品として人気になりました☆

20年以上経った今でも、「スラムダンク」の名を聞いただけで名シーンや名言などを語るファンは多く、世代を超えて語り継がれる名作と言っても過言ではないでしょう♪


主人公・桜木花道は赤髪にリーゼントのようなインパクト大の髪型、強面の面構えで、おまけに身長も188㎝とガタイも良い。

今日も不良友達に馬鹿にされながら綺麗で可愛い女子に告白。しかしあっけなく玉砕。不良仲間にとってはこれまたお決まりの行事だった。中学3年間で50人に振られ続けているため、51人目達成とふざける仲間たち。花道はイラつきつつも、その振られた51人目の彼女から「バスケットボール部にいる男の子の事が好き」と言われ、そのときからバスケットボールの名を聞くだけで苛立ちを覚えるように。

ところがある日、廊下で一人の美少女から「バスケットはお好きですか?」と声を掛けられる。勢いよく振り返るとそこには花道の”どタイプ”の女子・赤木晴子が立っていた。ぽーっと舞い上がった花道は何も考えずに「大好きです!」と答えてしまう。それをきっかけにバスケ部に入部するまでにとんとん拍子で話が進んでいくが、バスケ部に待っていたのは、バスケ部の大黒柱で主将の赤木剛憲・通称「ゴリ」だった。

なんとゴリは晴子の実の兄だったのだ。見かけは全く違い、兄妹とは誰もが思えないような正反対な容姿をしているが、「晴子さんのためなら」とバスケ部に入部希望を出す。しかし赤木からは「根性がない奴はお断りだ」と突き返される。ところが、ひょんな才能が開花し、なんと晴れてバスケ部に入部できてしまう。

しかし、入部したのは良いものの、花道は湘北高校の唯一の初心者。床に叩きつけるバスケの花形「ダンク」を決めたい花道だったが、練習が始まると自分一人だけ「基礎練習」ばかり。

基礎が出来ていない者は試合になったら何もできない。とゴリに言われ晴子に励まされながらも、ひたすら基礎練習に励む花道だったが、厳しい指導と短気な不良魂に火が付き花道は体育館を飛び出してしまう・・・。


バカで子供でバスケのルールも知らない花道。しかし人一倍素直で、吸収が早い。

その体格、性格が、周りの部員たちにも影響を与えて、湘北高校バスケ部の顔として存在感を表していく・・・!

目指すはインターハイ出場、そして全国制覇!

バスケにすべてをかけた男たちの青春!バスケが上手くなりたい、あいつより強くなりたい、その一心で戦い続ける彼らの生きざまはまさに青春アニメ作品です。

原作漫画ファンも多く、アニメに映像化され、主題歌と相まって描かれる臨場感溢れる描写に感動したという声も多く、花道がここまでバスケにのめり込む様、流川との犬猿の仲の終着点、また先輩・後輩の絆、高校が違うだけで味方と敵になる部活動、しかし同じスポーツ・バスケが好きなもの同士には心通わせる瞬間があるのだ、という描写にとてもアツくなります!

テレビアニメ『スラムダンク』には名シーンや名言が沢山あるのは非常に有名ですが、最も視聴者が印象に残ったシーンや名セリフなど、ほんの少しだけ紹介したいと思います。

「バスケがしたいです」

やはり本作で視聴者が最も好きなシーンとして輝いたのは、好きなキャラクター1位にも輝いた三井寿改め、みっちーの名シーンでした☆

みっちーは元々、バスケが大好きでバスケの才能も飛びぬけており、中学3年の時には全中神奈川県大会で優勝を経験した実力の持ち主。しかもその大会ではMVPも取っているまさにバスケ少年だったのです。

みっちーが湘北高校に進学したのは、安西監督との出会いで絶大なリスペクトを置き、進学したと言っても過言ではありません。しかしそんな中、みっちーに不慮の事故が襲い掛かります。この怪我をきっかけに1年の時にバスケ部を自ら離れることにまで発展。。。

しかもそれだけでは終わらず、不良グループとまで付き合うようになり、バスケなんて歯牙にもかけないような別人になってしまいます。けれど心の中で捨てきれないバスケへの想いは、いつしか花道や流川の後輩たちの活躍に対して攻撃的になるまでに。。。。。

歯止めが利かなくなったみっちーは、バスケ部に不良仲間とバスケ部を襲撃し暴力事件を起こしてしまいます・・・。しかしそこで現れたのが、尊敬する安西監督。

久しぶりの安西監督との再会。あれだけ頑張ってやってきたバスケの日々が頭をよぎり、再会したことでバスケットへの想いが一気に再燃し、バスケへの想いを口にする、そのシーンが非常に人気が高かったです。

グレるほどの挫折を味わった人間が、心からリスペクトしている相手を目の前にして、今まで強がっていた本音が漏れだし、涙を流すシーンに思わず見る者も心を掴まれます。

隠れ好きなキャラ 「メガネくん」

本作で、好きなキャラクター上位にランクインしたのは、意外にも木暮公延。通称「メガネくん」。花道だけこの呼び方ですが、ゴリと同じ中学校出身で、地味であるものの、ひたむきに一生懸命努力して練習してきた湘北高校バスケ部の副キャプテン。

同じ学年のみっちーが不良と殴り込みをしに来た際には、メガネが外れた際のキリッとした彼の表情は特に必見もので、隠れファンは多いとか♡

『何が全国制覇だ…何がオレたちで湘北を強くしようだ…夢見させるようなことを言うなっ!!』と三井に対して怒りを露わにしたシーンがランクイン☆

湘北の「アメとムチ」のアメ側に例えられるほど温厚ですが、怒ると意外と怖いのも人気の一つです☆

Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

・スラムダンク毛嫌いしてたけど見てみたら面白すぎて止まらない。ただのスポーツ系アニメかと思ってたけどギャグが普通に面白い。偏見は良くないと改めて感じた。 …バスケがしたいです…

 

・今日のアニメはスラムダンク バスケアニメの先駆けといってもいい位皆さんご存知のアニメ。不良の花道が成長していく姿は必見です。

 

・「スラムダンク」 バスケ漫画の最高峰といえばこれでしょ 割と今でも受けるんじゃないかと思うだよね。 OPやEDは今でもよく聴いてるなぁ特に世界が終わるまでは など

アニメ『スラムダンク』のキャスト

桜木花道:草尾毅
流川楓:緑川光
赤木剛憲:梁田清之
宮城リョータ:塩屋翼
安西監督:西村知道
赤木晴子:平松晶子
三井寿:置鮎龍太郎
彩子:原えり子
水戸洋平:森川智之
野間忠一郎:幹本雄之
高宮望:塩屋浩三
大楠雄二:林延年 など


桜木花道 – 草尾毅

 桜木花道 
本作の主人公。湘北高校1年生。188cm。赤いリーゼントの髪がトレードマーク。ポジションはPF(パワーフォワード)。中学の頃は名の知れた不良であり、不良仲間の洋平や大楠などの桜木軍団とつるんでいた。女子には全くモテない。

バスケは0からの初心者で、好きになった晴子に勧められ始める事になった。持ち前の身体能力と、弛まぬ努力から、次第に才能を開花させ、特にリバウンドにかけてはまさに天才的な能力を発揮する。練習から試合にかけて、トラブルメーカーであり、ファールを多くとってしまうのが難点。

同じ学年のバスケエリート・流川とは最初から最後まで犬猿の仲であり、味方なのにパスを回さなかったり、流川の応援を拒んだりしている。これは好きな晴子が想いを寄せる想い人であるためと、単純にいけ好かないためである。

桜木花道に関する声がTwitterに沢山挙がっていました。

・最近我が家ではスラムダンクのアニメが大流行 子が事あるごとに「桜木花道みたいにかっこよくなりたい!」と話してます私も一番好きなキャラクターです

・スラムダンク未視聴だったから、アニメ観てるんですけど、桜木花道さん破天荒すぎて

・スラムダンクのアニメ映画化めちゃ嬉しい。桜木花道のフンフンディフェンス見れるかな⁉︎ など

流川楓 – 緑川光

 流川楓 
花道と同じ学年の湘北高校1年。バスケエリートであり、中学時代からバスケットのスタープレイヤー。SF(スモールフォワード)。187cm。花道とは「終生のライバル」。

色白で黒髪が特徴的。花道に「どあほう」と言って挑発する姿が印象的だが、花道がデビュー戦をする陵南の練習試合で、ガチガチに緊張していた花道に蹴りを食らわせて、花道の元気を出すような姿も見られ、意図しないところで”良いコンビ”ぶりを出している。

湘北高校バスケ部は流川や花道が入部する前は、赤木のワンマンチームと言われていたため弱小だったが、「家から近い」という理由で異例の湘北高校へ入学。

非常に高いオフェンス能力を持つ。身体能力も非常に高いが、まだ1年生故スタミナが足りないのが難点。外見はイケメンで花道が想いを寄せる晴子や、親衛隊があるほどの人気っぷり。

実は作中において花道の努力や能力を認めている台詞はチームメイトの中で誰よりも多い。しかしぶっきらぼうで目立たないような言い方のため、本人には全く伝わっていない。

流川楓に関する声が挙がっていました。

・スラムダンク 流川楓が好き。今は鬼滅の刃も好きだけど、スラムダンク読んだしアニメ見たし

・スラムダンク読み終わったけど、シンプルにガチ泣きしそうになった。とりあえずアニメも見て八戸の流川って呼ばれるようになるまで毎日バスケします。 など

赤木剛憲 – 梁田清之

 赤木剛憲 
湘北バスケ部主将であり、3年生。「ゴール下のキングコング」の異名を持つプレイヤー。ポジションはC(センター)。197cmとガタイの良い、頼りがいのある大黒柱。赤木春子の兄。

問題児軍団を束ねるキャプテンとして、湘北にとって代えの利かない精神・プレー両面での主将。反逆無敵の桜木を拳骨一撃で沈める事が出来る豪腕を持つ。「リバウンドを制する者はゲームを制す」と言う名言を花道に浴びせ、やる気にさせたり、花道の才能を開花させるのもゴリの実力の内。

「ゴリラダンク」や「ハエタタキ」でチームの流れを作り、先頭に立ってチームメイトを引っ張る。その体を張ったプレーはチームメイトからはもちろん、他校の選手や監督からも畏怖と尊敬の念を集めている。

バスケだけではなく、勉強も真面目に取り組んでいるデキる男。小暮とは同じ学年であり中学時代から一緒にバスケに打ち込んできた。性格は「アメとムチ」のムチ側で、二人で良いコンビを発揮している。

赤木剛憲に関する声が挙がっていました。

・スラムダンクのアニメ13話見てるのだが、今のところゴリ推しなのだ

・スラムダンクはアニメでゴリのギャグシーンでよく笑ってた気がする。真面目なところは当時よくわからなかった。とりあえず流川くんが好きだった

・今のご時世でスラムダンクがアニメ化されたら、桜木に対するゴリのゲンコツもなくなるんだろうなぁ。それじゃつまらん。 など

三井寿 – 置鮎龍太郎

 三井寿 
3年生。中学時代、神奈川県大会の最優秀選手に選ばれた天才シューター。184cm。SG(シューティングガード)。

中学時代にチームを県大会優勝に導き、同大会のMVPを獲得したバスケエリートであり、カリスマ的存在であった。しかし練習中の事故でけがを負い、自らバスケ部を離れ、悪い仲間とつるみだし不良化する。

バスケ部襲撃事件の張本人。自分がいなくなってからのバスケ部は今まで見ないようにしてきたが、後輩・リョータや花道、流川の活躍の噂を聞き自分より輝いている事が面白くなかった事が引き金。ちなみに湘北高校に入学したきっかけは監督の安西監督。

安西監督に久しぶりに再会した際、バスケットへの想いが再燃し「バスケがもう一度したい」という本音が出て出戻ってくる選手。3Pシュートを得意とするプレースタイルが特徴。

三井寿に関する声が挙がっていました。

・君がすきだーとさけびーたい。スラムダンクみたいなー。アニメでもマンガでもおk!しかしみっちーは変化しすぎだよな。それも可

・スラムダンク みっちー(黒髪短髪) アニメEDの 猫と戯れるみっちーに落ちた

・アニメ版スラムダンク。 対陵南戦でみっちーが過去を悔やむところが切ないけどかっこよくて好き。で、あのシーンになるとポカリ飲みたくなる。そして缶の開け方真似するけど開けられない。 など

宮城リョータ – 塩屋翼

 宮城リョータ 
2年。PG(ポイントガード)。168cmというバスケ人間の中では低身長だが、スピードとテクニックが武器の「湘北の切り込み隊長」。パーマのツーブロックヘアーにピアスが特徴的。

湘北バスケ部の次期キャプテンといわれる実力者であり、マネージャーの彩子を溺愛している。三井と同じく安西監督に憧れ、強豪高校からの誘いを断り湘北へ入学した。

お調子者で短気だが、花道よりは冷静であり、観察眼にも優れている。花道には性格が似ておりノリも良いため、「リョーちん」と呼ばれている。

花道や流川が入部した際には、入院中であった。不良時代の三井寿のグループに目を付けられ暴力事件に発展していたためである。

宮城リョータに関する声が挙がっていました。

・イケメン。 湘北高校バスケ部2年宮城リョータ。168cm。神奈川№1ガード …背小さいのハンデあるけど、すごいよねいつも見ててリョータのプレイに励ましもらうさ!!!!

・スラムダンクはアニメで見まくったけれども漫画は1回も読んでない(´ー`) 昔は流川くん派やけども、大人になって見たら宮城リョータ男前過ぎる。ギャップのアヤちゃん一筋な所もかわいい  など

安西光義 – 西村知道

 安西光義 
湘北高校バスケ部監督。白髪で眼鏡をかけた、ケンタッキーおじさんのような容姿の仏のような監督。「ホッホッホ」という笑い声が特徴。

5年前までは某大学で鬼コーチと恐れられていたが、現在では白髪仏(ホワイトヘアードブッダ)と呼ばれており、部員たちから親しまれている。花道からのみ「おやじ」と呼ばれており、彼もまた花道を「秘密兵器」と呼び花道をやる気にさせた。花道の監督への態度に赤木や三井、宮城など部員たちは毎度ひやひやしている。

穏やかな口調でズバリ的を当てたような事をサラッと言ったり、いざ試合となると要所要所で的確な作戦を打ち出し、監督自ら最後まで勝ちに行く姿勢を見せるなど勝負師の顔を見せている。

安西光義に関する声が挙がっていました。

・翔陽戦の三井さん活躍のシーンと 陵南戦後に安西先生の病室に行くシーンで 泣いた

・あとケンカしたことにぷんすこの安西先生すき

・アニメ版スラムダンクで、みっちーが安西先生と再会して現役時代の心を取り戻す、あの回想シーンでフェードインしてくる『世界が終わるまでは』は最高だったよな。と、俺の脳内の記憶を一瞬にして引き出してくる『世界が終わるまでは』は、やっぱすごいわ。 など

テレビアニメ『スラムダンク』主題歌・スタッフ

テレビアニメ『スラムダンク』主題歌(オープニングテーマ)

*「君が好きだと叫びたい」(1 – 61話)
歌 – BAAD

*「ぜったいに 誰も」(62 – 101話)
歌 – ZYYG

テレビアニメ『スラムダンク』主題歌(エンディングテーマ)

*「あなただけ見つめてる」(1 – 24話)
歌 – 大黒摩季

*「世界が終るまでは…」(25 – 49話)
歌 – WANDS

*「煌めく瞬間に捕われて」(50 – 81話)
歌 – MANISH

*「マイ フレンド」(82 – 101話)
歌 – ZARD

テレビアニメ『スラムダンク』スタッフ

原作:井上雄彦
アニメーション制作:東映動画
キャラクターデザイン:佐藤正樹
音楽:増田隆宣・BMF
制作:テレビ朝日・東映動画
作画監督:横山健次・須田正己


U-NEXT無料お試しを使えば、本作品だけでなく、たくさんの話題作品が無料で視聴できてめちゃくちゃお得です。

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!