ドラマ「アンナチュラル」の動画フル配信を1話から全話無料視聴する方法!

ドラマ『アンナチュラル』

”不自然な死(アンナチュラル・デス)”を許さない──

たくさんの不可解な死と向き合いながら、今生きる人の心を救う、一話完結型の衝撃の法医学ミステリードラマ『アンナチュラル』

主題歌の米津玄師「Lemon」の記録的大ヒットも相まって、本ドラマはたくさんの視聴者の心に残る名作ドラマとなりました。

今回、ドラマ『アンナチュラル』無料でフル視聴する方法について調べてみたところ、《Paravi》が一番お得で楽に視聴できることが判明しました!


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
無料で視聴するならこちら
《Paravi》

2週間無料でお試しOK!

以下に詳しく説明していきたいと思います!

ドラマ『アンナチュラル』の動画を無料で1話から全話フル視聴する方法

まずは、どこの動画配信サービスで、ドラマ『アンナチュラル』配信&レンタルされているかについて調べてみました。

 


~ドラマ『アンナチュラル』動画配信状況~(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / △ 30日 2,417円 1100P(動画にのみ使用可)
dTV 31日 500円 なし
Paravi 2週間 925円 ※1 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)


上記の表から、ドラマ『アンナチュラル』の動画を配信しているサービス会社は何社かありますので、もしいますでに加入しているサービスがありましたら、まずはそこで配信の有無を確認してみてくださいね!

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると「果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩まれるかと思います。

そこで今回は、上記の動画配信サービスのなかで一番お得でラクチン”な「Paravi」オススメしたいと思います!

(TSUTAYA DISCASでの「DVDレンタル」でも無料で視聴できますが、いかんせんポストに返却しに行かないといけないので、ちょっとめんどくさいかなと…(^^ゞ)


《Paravi(パラビ)》TBS、テレビ東京、WOWOW、日本経済新聞社などが連携して立ち上げた”動画配信サービス”

なので、TBS・テレビ東京のドラマやバラエティが充実&国内ドラマのラインナップは国内最大級♪テレビが好きな方には特に楽しい動画配信サービスです。

月額は税込み1,017円。ですが、Paraviには「2週間無料お試し期間」があります♪

Paraviの無料お試しはいつ加入しても「その日から2週間無料で試せますので、例えば月末に加入したからと言って無料お試し期間で損することはありません。

無料期間が終わった翌日から有料サービスとなりますので、利用してみて「やっぱりやめよう」となった場合は、加入日から2週間以内に解約手続きしましたら、料金は発生しません。

また、Paraviベーシックプランを利用している人には(無料期間終了後)、月額1,017円(税込)に対して毎月550円分(税込)有料レンタル用チケットがもらえます♪
(iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込))

もちろんドラマ『アンナチュラル』は無料で全話見放題で視聴できます♪

 

ぜひこの機会にParaviの2週間無料お試しを利用して、無料で視聴してみてくださいね♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
無料で視聴するならこちら
《Paravi》

2週間無料でお試しOK!

ドラマ『アンナチュラル』の他にも大人気話題作が無料で視聴できる!

Paraviなら、TBSの大人気ドラマ軒並み見放題で視聴できます!

《Paravi》配信中の人気作品
・逃げるは恥だが役に立つ
・大恋愛~僕を忘れる君と
・初めて恋をした日に読む話
・凪のお暇
・コウノドリ
・MR.BRAIN
・重版出来!
・中学聖日記
‥‥など
Paraviでしか視聴できない、大人気ドラマのディレクターズカット版なども無料で視聴できます♪

Paraviはかなり楽しい動画配信サービスです!

ぜひ2週間無料お試しを利用して、じっくり楽しんでくださいね!


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
無料で視聴するならこちら
《Paravi》

2週間無料でお試しOK!

ドラマ『アンナチュラル』動画内容の詳細

ドラマ『アンナチュラル』あらすじ

死と向き合うことは、生と向き合うこと──

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医。彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。しかし日本においては、不自然死のほとんどは解剖されることなく荼毘に付されている。その現実に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになる。

このドラマは、新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描きながら、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、一話完結型の法医学ミステリーである。

全体のテーマは、「死と向き合うことによって、現実の世界を変えていく」。

「死因」を見つけることによって、今を生きる人々の命を救ったり、社会制度を変えることで未来の危機を回避し、少しでもより良い世界に変えていけたら…。

彼らは一見、特殊な世界に身をおく人々だが、普通の人と変わらない日常を持っている。恋に悩み、家族関係に苦しみ、合コンにも行けば、おいしい食事も食べる。時にケンカをし、友情を育む。感情を抑えて仕事をしようと思いながらも、遺族に共鳴し涙してしまうこともある…。そんな天才でも変人でもない、普通の人々である彼らの姿を丁寧に描いていく。

Amazon商品紹介より

ドラマ『アンナチュラル』のネタバレ感想

法医学ミステリーである本作は、大人気ドラマには欠かせない脚本家・野木 亜紀子さんのオリジナル作品。野木さんの手掛けた作品は沢山あり、『逃げるは恥だが役に立つ』や『重版出来!』、『ラッキーセブン』など数多くの社会現象にもなるドラマに育っています。

本ドラマ『アンナチュラル』は原作などなく、まさにクオリティー高く、まっさらなオリジナル作品。おまけに主題歌である米津玄師さんの「Lemon」はこのドラマで人気に火がつき、瞬く間に大大大ヒットしました!

「生と死」をテーマにしている本作では、不自然な死を解明する中で描かれる”どうにもならない歯がゆさ””たくさんの偶然が繋がる瞬間”が、スッキリするけれど余計に切なくなったり、切ないけれど少し報われたり。とても重くて尊い気持ちに何度も見舞われました。

主要な登場人物は不自然死究明研究所(通称UDIラボ)に勤める三澄ミコト、中堂系、アルバイトの記録係・久部六郎の3人です。三澄ミコトは朝から丼ものを食べるなど、見た目に反してやや男性的な部分も見られますが、健康的で生命力にあふれ、懸命に法医解剖医として仕事に励んでいる女性です。

また口が悪い中堂系は法医解剖医で、中堂班の執刀医。アルバイトの久部六郎は実は週刊誌からのスパイで、UDIラボの記事を書くために送られてきた人物です。

基本的には1毎に完結する完結型で、スペシャルゲストが毎回出演しています。シリアスなストーリー性もあり、最後の最後までミステリーの醍醐味でもある真の犯人は誰か分からず、SNSでも誰が犯人なのか考察が繰り広げられています!

毎話完結する事件とはまた別に、大きな謎を訴えかけてくるのが”中堂系が長年追っている「金魚の印」がついている遺体探し”。これは1話からずっとストーリーで繋がっており、8話から10話で中堂が追ってきた犯人や、過去に亡くした恋人の死の真相が明らかになる場面では物語のクライマックスとして、これを見ずにして本作の物語は語れません。

物語の冒頭ではミコトと中堂は解剖の関してのやり方が異なる事から、対立していましたが中堂の過去の一件を知りミコトも中堂の追っている事件についても協力する事になる事から、次第に理解を深めていきます。

毎回さまざまな「不条理な死」を扱いながら、その裏側にある謎や事件を解明していく物語となっています。この作品を通して「死んだら魂の行き場」について今まで何度も考える事がありましたが、「死んだ体の行き場」についても改めて考えるキッカケになりました!

毎話毎話名セリフが話題になっていましたが、「私たちはたまたま生きている」という言葉は妙に感慨深く頭に残っています。

また「あなたが命を差し出しても、貴方の痛みは決して彼らに届かない。それでも死ぬの?あなたの人生は貴方のものだよ」というセリフもすごく抉られました。

第7話の”イジメ自殺”をテーマにした回は、正直なところ視聴後かなり引きずりましたし、第4話の”家族を遺して死ななくてはならなかった父親”のことを想うといまだに気分が堕ちます。

けれど、すごく視聴してよかったといまだに思える、私にとってすごく大切なドラマです。

Twitterでは本当に様々な意見や感想が上がっていました♪

・8話で思った事は、たとえ家に帰れなくても、家族でなくても、「おかえり」を言ってくれる人がいるってありがたいことなんだな。

・アンナチュラル何回見ても面白いLemonが泣ける みんなハマり役 石原さとみはミコト役が最強にかわいい

・どの回もそこそこミステリー要素あるのが良いし、ドラマとしても面白いし、終盤は思ったよりあっさりだったけど下手に引っ張るより良い気もするし、さすがの脚本力で満足度高い作品

主要キャストはもちろんですが、ラボの東海林を演じる市川実日子さんや、ずん飯尾さんのムーミン好きな坂本を始め、木林さん、毛利さんがいい味を出してて見ていて心地よく、テンポが良いとの声もたくさんありました。

続編を期待している声も多く、「続編はあるものだと思っている方」が沢山いるようです!(私も続編あると思ってます( ´艸`))


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
無料で視聴するならこちら
《Paravi》

2週間無料でお試しOK!

ドラマ『アンナチュラル』視聴者のレビュー

20代・女性

このドラマはこの10年間見たドラマの中で一番素晴らしかったドラマといっても過言ではありません。本当に素晴らしかったです。まず構成、最初から最終話までに流れる伏線の数々や全てのキャラクターに物語があり、それぞれの思惑があり、考えや生き方があり、その中で生と死のテーマが絶妙にからまりあって自分の人生や他人の人生について1度立ち止まって考えたくなるドラマです。

 

1話1話に家族愛や男女の恋愛、友情がかかれており、人の持つ愛というものをテーマにしていると思います。ある話を見ればお父さんをもっと大切にしようと元気にしてるかなとか思うと思いますし、ある話を見れば彼女や彼氏をもっと思ってあげようだったり、わたしは恋人のために このドラマのキャラクター程の行動ができるのだろうか、逆に恋人はわたしのためにここまで行動してくれるだろうか と考えることができます。どの話も涙無しには見られない話ばかりです。

 

解剖医という仕事にフォーカスされたドラマで、それぞれの愛をテーマとしたストーリーと連続未解決事件の解決、この3つがストーリーの主な軸となります。1度見出してしまえば、最終話まで絶対やめられないドラマです。ドラマを見終わった後もエンディングテーマの米津玄師さん「lemon」をストーリーを思い浮かべながら聞いてください。最後まで抜け目なく素晴らしいドラマです。

40代・男性

ドラマ「アンナチュラル」の魅力を一言で言うと、主演石原さとみさんの魅力に尽きると思います。感情の起伏もあり表情豊かで彼女の魅力を存分に引き出すことに成功したドラマだと思います。彼女をの周りを固める俳優さんたちも名バイプレーヤーばかりで、見る側としても安心してストーリーに没頭する事ができました。窪田正孝さん、ずんの飯尾さん、松重豊さん、薬師丸ひろ子さんと経験豊かな方々に囲まれ、石原さとみさんも演技に集中する事ができたのではないでしょうか。

 

主題歌である米津玄師さんのレモンもドラマの雰囲気にに非常にマッチしていてドラマを盛り上げてくれました。この曲はしっとりしていてとても大好きですが、当時はまさかこの主題歌がこんなにもヒットするとは思わなかったので、今となってはオンタイムでドラマを見ていて良かったなと思いました。

 

ドラマの内容としては、不自然な遺体を通して事件の真相を究明していくなかで人間関係に悩み成長していくストーリーなのですが、研究員たちにも危険が及んだりするのでただ淡々と話が進んで行くだけではなくハラハラドキドキの展開もあるところが非常に面白いです。石原さとみさんファンであれば絶対に外せない作品だと思います。

30代・女性

タイトルどおり、「不自然な」死の原因を調べる解剖医の物語です。医療系のドラマは数多くありますが、このドラマは間違いなく名作のひとつです!明るい表情の裏側に驚きの過去を持つヒロイン。口は悪いが腕は確かな解剖医、アルバイトの医大生などの個性豊かな同僚たち。時にぶつかり合い、時に協力し合いながら、不自然死の解明をしていきます。亡くなった人と家族、その周りの人たち…、色々な人の思いが交錯したストーリーはどの話も胸が詰まる思いになります。とりわけ、第7話のラストは嗚咽が出るほど切なくて、人間は残酷にも優しくもなれる、ということを痛感しました。ゲストの若い俳優さんの演技が圧巻です。

 

ヒロインをはじめとした登場人物の印象深い言葉も数多くありますが、そのどれもが綺麗事ではない正直でまっすぐな言葉。死を身近に感じる仕事だからこその発言は、人がいくらごちゃごちゃ言おうが紛れもない真実で、そういう観点からも今のご時世のわたしたちが見るべきドラマだと思います。全体的にシリアスなストーリーですが、同僚たちでわちゃわちゃと賑やかなシーンなど、ほっこりする場面もあるので、時に笑い、時に涙しながら最後まで楽しむことができます。最終回に向けて加速していくストーリーは、必見です!

40代・男性

実際問題として、不可解な死を遂げた人たちの最後の想いは一体どういうものがあったのかと言う事は興味がありますし見ていきたい感じもあります。私が思ったのは、初めの方の話だったと思いますが、人間違いで遺体が運ばれてきた話もありましたしこういうこともあるのかと私は思ってしまいました。めったにないことかもしれませんがその場合はまだ希望を捨ててはいけないのではないかと思います。遺族の方が来て自分の娘ではなかった、ということがそこで分りました。

 

このドラマを見ていく上で注目していくポイントとしては、演技力が上手い女優の人や俳優の人が多く使われているのではないかと思いました。このドラマを演じている人たちを見ても演技力に定評がある人たちが多く使われていて、さすがにドラマを見ていると言う感じがあっていいと思います。「アンナチュラル」は流行ったドラマなので、いまだに時々再放送などで地上波でも放送されている作品でもありますし、根強い人気を持っている作品だったのではないかと思います。やはりいつまでもあきらめてはいけないと言うような内容のドラマになっているので、それが日々運びこまれる遺体と向き合うことによってあきらめる事はできないと言う感情がより強く出てくるのではないかと思っています。

20代・女性

1話から、ハマってしまったドラマの一つであり、クオリティがとても高いと感じました。事件の真相を明らかにしていく為に法医学という分野から捜査していく、たまに見るようなドラマかと思いきや、予想外の展開も多く1話ずつ見入ってしまいました。単純に捜査していくだけでなく、ヒューマンドラマでもあり人間の弱みや現代の社会における問題などシリアスな要素もあり一つのドラマでいろんな要素を含んでいたので、全く飽きずに毎回楽しみでした。

 

なんといっても米津玄師さんのLemonの主題歌がマッチしており、絶妙なタイミングで流れる音楽と共に事件解決された時はスッキリしました。石原さとみさん、井浦新さんはじめとして、俳優さんが一人ひとり独特な雰囲気を醸し出した演技力も魅力的であり、法医学という、医療ドラマでは扱われない内容であったものの興味深く、見るたびに引き込まれていきました。ちなみに、私は2回見てしまったのですが、展開が分かっていてもまったく飽きずに、毎回見ることができました。完成度も高かく完結はされましたが、続編が出ないかなと願ってます!これを見てから、俳優さんや米津玄師さんの歌もハマってしまい影響力も大きかったです。

40代・男性

アンナチュラルですが、有名なドラマだと思うので知っている人たちも多いと思いますが、なかなかこの世界の職業と言うのは今までドラマにしていくとしても、ドラマにしにくいところがありあまり描かれてこなかったのかもしれませんが、このドラマではしっかりと描いている感じがあってよかったです。死者にたいしてぞんざいに扱ってしまってはいけないと言うような作者の思いが現れているような作品だと思いましたし、そういった作品が全体的に流れている話なのではないかと思います。

 

もっとも私の考えとしても、いちどこで亡くなってしまうのかは分からないので、そのときに例えば事件に巻き込まれて無念の死をとげたとき、その後どうなってしまうのかと言う事は気になるところでもあります。設立して2年弱の不自然死究明研究所(英語: Unnatural Death Investigation Laboratory)= 通称UDIラボという架空の研究機関(公益財団法人)を舞台に展開していく話となっていて、このような新しい設定などを付け加えているドラマと言うのは失敗してしまう作品は失敗してしまいますが、これはよくできていたのではないかと思います。石原氏の演技力もかなりあったのではないかと思います。


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
無料で視聴するならこちら
《Paravi》

2週間無料でお試しOK!

ドラマ『アンナチュラル』のキャスト

石原さとみ:三澄ミコト役
井浦新:中堂系 役
窪田正孝:久部六郎 役
市川実日子:東海林夕子 役
池田鉄洋:末次康介 役
竜星涼:木林南雲 役
小笠原海:三澄秋彦 役
飯尾和樹:坂本誠 役
北村有起哉:宍戸理一 役
大倉孝二:毛利忠治 役
薬師丸ひろ子:三澄夏代 役
尾上寛之:高瀬文人 役

松重豊:神倉保夫 役 など


石原さとみ:三澄ミコト役

石原さとみ

1986年12月24日生まれ、東京都出身。ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』にてグランプリを受賞し、本格的に女優活動を始めます!「なりたい顔ナンバー1」に選ばれるほどの国民的人気女優で、毒舌で小悪魔要素がたっぷりな可愛らしい主役を務める事が多い石原さん。数多くの連ドラや映画に出演しています☆


三澄ミコト 役

元々は医大の法医学教室・准教授だったミコト。4か月前からUDIラボにやってきた法医解剖医で、三澄班の執刀医。解剖実績は1,500件ほど。「不自然な死は許さない」をモットーとしており、合理的な性格を武器に、トラブルに際して無駄な争いをするより頭脳と笑顔で切り抜けたいと考えている人物。

前の名前は雨宮美琴。「雨宮総合病院」院長夫妻の娘で、24年前の9歳の頃に母親が起こした「浦和市一家四人無理心中事件」で唯一生き残り、叔母のいる三澄家の養子となる。一家心中した経緯は成人になってから知り、家族の死因の練炭による一酸化炭素中毒に詳しくなる。人の「生の権利」が脅かされることに猛烈に反発しており、「法医学は未来のためのもの」という意識で仕事をしている人物。

食事は肉と脂っこいものが好みで、朝から丼物を食すことが多い。携帯電話は充分に用が足りているとして2話までガラケーを使っていた。「生きていくこと」に強くこだわりを持ち、最大の敵は「不条理な死」。

井浦新:中堂系 役

井浦新

1974年9月15日生まれ、東京都出身。元々は俳優活動ではなく、モデルとして活動していた井浦さん。『MEN’S NON-NO』や、『an・an』『smart』などのファッション雑誌にも出ている事はもちろん、また『パリコレ』にも出演していたトップモデルさんでした。俳優では「蛇にピアス」などの個性的な役所から、色気のある男性役など幅広く役者をこなしています!


中堂系 役

UDIラボの法医解剖医で、中堂班の筆頭医でもある法医学者。解剖実績は約3000件ほど。1年前にUDIラボにやってきており、元は「日彰医科大学」の法医学教室にいた人物。UDIラボで寝泊まりをしている事から、引っ越したばかりの家には生活感が全くない。

過去に恋人だった夕希子が殺害された事を受け、関係性を明かさずに解剖したことで、証拠隠滅を疑われ殺人容疑で逮捕された経歴がある。結局は証拠不十分で不起訴処分となったが、その一見を受け、今でも中堂が犯人と思い疑っている人間が多く、夕希子の遺族をはじめ、周りの人間は敵ばかり。

解剖の結果から夕希子の口内にあった「赤い金魚」のような印を見つけた事から、連続殺人犯による殺害事件と推測し、同じ特徴を持つ遺体を見つけて犯人を特定するために全国の不自然死のデータがすべて集まるUDIラボにやって来て、葬儀社の木林を金で使い、“赤い金魚”らしき印がある遺体を捜させている。

「クソ」や「バカ」を多用するなど言葉遣いと態度が悪く、組んだ者は長続きせずに辞めてしまう。倫理観がなく、主人公の三澄ミコトとは対立している間柄だが、「赤い金魚」にまつわる殺人犯特定の協力依頼をする事で、徐々に信頼関係を築いていく事になる。


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
無料で視聴するならこちら
《Paravi》

2週間無料でお試しOK!

窪田正孝:久部六郎 役

窪田正孝

1988年8月6日生まれ、神奈川県。 2019年には女優の水川あさみさんと結婚しています。2020年春の朝ドラ『エール』の主演に抜擢されている、実力派俳優の一人です。脱ぐと筋骨隆々のスタイルの持ち主で、数々の主演をこなしていたり、バラエティー番組にも多く出演しています!


久部六郎 役

UDIラボ・三澄班の記録員係。主に解剖時の写真撮影や解剖記録の整理業務を担っている。いわゆる「医者家系」の家族の元で生まれ育つ医大生だが、医者になる意味が見いだせず休学中。元々は『週刊ジャーナル』編集部のスパイとしてUDIラボに送り込まれている人物。

自身が書いたブログで『週刊ジャーナル』編集部にスカウトされ、UDIラボの内部事情を記事にするためアルバイトとして潜入していたが、ミコトの過去の「一家四人無理心中事件」のことを知ったり、自分の中でUDIラボの存在が大きくなったこともあり、UDI側に心は寄っていき、途中で編集部を退職する事になる。

法医学関係の知識には乏しいが、違う視点から物事を見る事で的外れとも取れる推理が、結果的に刑事さながらの推理として的中させる事もしばしば。ネットに強いイマドキの若者。終盤には休学中だった大学に再び通い始め、法医解剖医を目指す旨を宣言した上で、改めてアルバイトとしてUDIラボの三澄班に加わることになる。

 

尾上寛之:高瀬文人 役

尾上寛之

1985年7月16日生まれ、大阪府出身。元々は子役としてデビューしていた尾上さん。八重歯が特徴で、長い間数多くの脇役として出演していたのですが、ここ数年では殺人犯や重罪犯など、重要な悪役として抜擢される事も多いようで、演技派俳優として認知されてきました!


高瀬文人 役

第8話から10話で登場する人物。10人が犠牲になった増子地区の雑居ビルで発生した火災の唯一の生存者で、被災当時はスナックの客で来ていた人物。親の代から「高瀬不動産」を営んでおり、火災現場となった「増子第一ビル」の隣の空き屋で半焼した「専稜会館」を管理している。

当初は火事被災による入院でアリバイがあったが、ビル火災以前に橘が殺害されていたことが判明してから、容疑者として浮かび上がることになる人物。

ドラマ『アンナチュラル』相関図

ドラマ「アンナチュラル」相関図

ドラマ『アンナチュラル』公式サイトより


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
無料で視聴するならこちら
《Paravi》

2週間無料でお試しOK!

ドラマ『アンナチュラル』主題歌・スタッフ

ドラマ『アンナチュラル』主題歌

主題歌 – 米津玄師「Lemon」


ドラマ『アンナチュラル』スタッフ

脚本 – 野木亜紀子
音楽 – 得田真裕

法医学監修 – 上村公一、鵜沼香奈(東京医科歯科大学)
警察監修 – 石坂隆昌
感染医学監修 – 髙山陽子(北里大学)
科学監修 – 岩尾徹(東京都市大学)
科学捜査監修・火災取材協力 – 山崎昭(法科学鑑定研究所)
暗号通貨監修 – 株の学校ドットコム
殺陣指導 – 剣武会
法歯学監修 – 櫻田宏一(東京医科歯科大学)
医療監修 – 原義明(日本医科大学)
消防監修 – 永山政広
法律監修 – 國松崇

取材協力 – 北里大学医学部、海外医療情報センター
プロデュース – 新井順子、植田博樹
演出 – 塚原あゆ子、竹村謙太郎、村尾嘉昭


今回はドラマ『アンナチュラル』無料お得に視聴する方法について、ご紹介しました。

Paravi無料お試しを使えばDVDを普通に店舗レンタルするより断然お得に視聴できます♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!