ドラマ「14才の母」の動画を無料で1話~最終回まで全話フル視聴するお得な方法まとめ!

ドラマ『14才の母』

2006年10月期に日本テレビ系「水曜ドラマ」枠にて放送された、衝撃のドラマ『14才の母』動画無料で全話視聴する方法について、分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • ドラマ『14才の母』を1話から最終話まで、全話無料でイッキ見したい
  • SNSで話題になっていたので観てみたい
  • ドラマ『14才の母』をゆっくり全編フル動画で見たい
  • 三浦春馬の演技を見たい

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

ドラマ『14才の母』の動画配信を無料視聴する方法

ドラマ『14才の母』の動画無料で視聴する方法を調べてみたところ、動画として無料で視聴できるのは《Hulu》しかないことが分かりました。

日テレドラマである『14才の母』の動画は、日本テレビ系の有料動画配信サービス《Hulu》全話見放題で配信されています。

無料お試しは2週間あり、もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

《Hulu》に簡単な登録を行うだけで、全話無料ですぐに視聴できます!

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

 

ドラマ『14才の母』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでのドラマ『14才の母』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどを以下の表にまとめました。

以下の表で分かる通り、動画として無料で視聴できるのは《Hulu》のみとなります。


~ドラマ『14才の母』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇(DVDレンタル) / △ 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円  ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

Huluの概要とおすすめポイント

《Hulu(フールー)》見逃し動画映画、限定配信作品などをテレビ・スマホ・タブレットなどで楽しむことが出来る、動画配信サービス。

特に日テレ系番組に強く、人気映画やドラマ60,000本が”見放題”or”ポイント使用でお得にレンタル”で視聴できます。

ドラマ『14才の母』はHuluにて見放題で配信中♪ 完全無料で視聴できます!

 

Huluには2週間の無料お試し期間がありますので、初回登録なら2週間以内に解約したら完全無料です!

とりあえず契約して視聴してみてから、今後どうするかを検討されるのもアリかなと思います♪

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

 

Huluなら三浦春馬の過去出演作も無料で見放題!

Huluなら、三浦春馬の過去出演作品を無料でたくさん視聴することができます!

Hulu視聴可・三浦春馬出演作

《三浦春馬》出演作品

・クローズⅡ
・君に届け
・14才の母
・進撃の巨人
・わたしを離さないで
・こんな夜更けにバナナかよ
…他 多数作品あり

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

 

ドラマ『14才の母』動画内容の詳細

ドラマ『14才の母』のあらすじ

14才にして子供を身ごもった女子中学生・未希
・・・彼女は、普通の女の子、だった。

新しい 「生命」 をその体に宿すまでは・・・

両親、兄妹、先生、友達、周りの人々全員の猛烈な反対を受け
彼女は一人ぼっちになってしまう。

誰一人、母親になることを認めてはくれない。
彼女が幼すぎるから。彼女がまだ中学生だから。
誰もが、彼女に、「堕ろせ」 と言う。
誰もが、「堕ろせばいい」 と、いとも簡単に言う。

肉体的にも精神的にも追い込まれていく主人公・・・
でも、その苦しさの中で、彼女は気付く。

「私は一人ぼっちじゃない。一人だけ味方がいる。私にはこの子がいるもん!」

彼女は、産む決心をする。
14才にして母親になる決心をする。

しかし、それは決して簡単なことではない。
信じられない程の厳しい困難が待ち受けている。

それでも彼女は、決して負けない。
どんなに苦しくても、決して産むことをあきらめない。
自分の体の中に宿った新しい 「生命(いのち)」 が、
何物にも代えることのできないかけがえのない存在だと知ったから・・・。

ドラマ『14才の母』公式サイトより

ドラマ『14才の母』の1話から最終回までネタバレ感想と見どころ

ドラマ『14才の母』は2006年10期に放送された、未成年の妊娠と出産をテーマにし、物議を醸しだした衝撃の社会派ドラマです。主題歌にはMr.Children「しるし」が起用されています。

キャッチコピーは
「愛するために生まれてきた」

主演の志田未来さんを始め、出演者の迫力のある演技や心に残る演技が評価され、「ギャラクシー賞 2006年12月度月間賞」、「第44回ギャラクシー賞」(民放ドラマで唯一の入賞)、「平成19年日本民間放送連盟賞(最優秀)」などを受賞。

また22.4%の高視聴率をたたき出した事でも知られる、言わずと知れた2000年代の名作ドラマです。


主人公の一ノ瀬 未希は名門の私立女子中高一貫校に通うごく普通の中学2年生。将来の夢はラジオDJになる事で、毎日明るく楽しい中学校生活を送っていた。

父、母、弟の4人家族で、家族の事を大切に想っていた。母親には常に“自分のしたことに責任を持ちなさい”とよく口うるさく言われていた。

未希には親に内緒で付き合っている彼氏がいた。彼は桐野 智志という同じ塾に通っている一つ年上の青年で、彼の優しくどこか影のあるところに惹かれた未希。

ある日未希は河原で小さな子犬が橋の欄干にいるのを見つけ助けに向かう。その様子を智志も見ており、二人で助けに行くが、あろうことか子犬突然動き出し、二人とも川に落ちてしまう。二人はずぶ濡れになってバカみたいと笑いあった。

その日の夕方、智志は母親から5万円を渡されていた。中学生にしては多すぎるお金をゲームセンターで使おうとするが、そこで不良に絡まれる二人。

気づけば未希と智志は、夜の公園に逃げ込む。不良が追ってくる事が無くなったと分かり、お互いの話をする。未希は智志の中の深い孤独を感じとる。気づけば二人で長い時間を過ごしていた・・・。

そして2ヶ月後。未希は、保健体育の教科書に「妊娠」という文字を見つけハッと気づく。そういえば生理が来ていない・・・。どうしたらよいか分からず、悩んだ挙句産婦人科に向かうが、自分の場違いさと恐ろしさに逃げ出してしまう。

そこへ未希の母親・可南子は未希の部屋から妊娠検査薬を見つけ・・・?


重たいテーマではありますが、出演者が豪華でなんというか”間違いない”安心感があることと、主人公の未希がひたすら明るくポジティブな点が、見ていて憂鬱にならずに見守る気持ちになれます。

また家族の絆や、一番大切なものは・・・。と一度立ち止まって考えさせられるドラマとなっています。子供がいる人いない人、これから子供を考えている人、もう子育てが終わった人。いろんな立場からいろんな意見が出るテーマだと思います。

我が家には今小学1年の息子がいますが、彼にいつどのようなタイミングで”性教育”をすべきか、それはどのような形でしたらいいのか等悩んでいることもあり、余計にちゃんと受け止めないといけないテーマだと思っています。

中でも視聴者が印象に残ったエピソード等を少しだけ紹介したいと思います。

主人公の志田未来さんや三浦春馬さんの演技が光る!

ドラマ『14才の母』の見所はなんといっても、出演者の演技力がすごいところ!

本作は10代での若すぎる妊娠、出産、学校退学など、センセーショナルな出来事ばかり。シリアスで重たいテーマを扱っている作品のため、コメディ的要素は皆無。登場人物の感情の変化の表現が大事とされ、出演者の演技力が試される作品だと思います。

そんな主人公の一ノ瀬 未希を演じているのは、本作が連続ドラマ初主演の志田未来さん。2005年には天海祐希さん主演の「女王の教室」でも 新人俳優賞を受賞している実力女優さんでしたが、その翌年となる本作でも、今までにないテーマを思い切り扱い、明るく活発な中学生の姿、妊娠した時の感情や、我が子供に会いたいという見るものを魅了する演技が評価され、第44回ギャラクシー賞 奨励賞、また第15回橋田賞 新人賞を受賞しています。当時は13歳だった(!)との事で、同年代の役を体当たりで演じ、志田さんの代表作品のひとつになりました。

またその未希の彼氏・桐野 智志には三浦春馬さん。本作では言葉数が少なく、表情で演じる事が多かった役柄ですが、自分と周囲の世界との間に葛藤を抱える思春期特有の感情を見事に演じていました。

二人とも本作で注目を浴び、【14才の母=志田未来&三浦春馬のコンビ】と印象づけられている方は少なくないでしょう。

早すぎる娘の妊娠

本来おめでたい話であるはずの「妊娠」。今回は14才・中学生の妊娠。ここが醍醐味であり最大の問題ですね。。。

当の本人も事の大きさに次第に気づいていくのですが、一番、これは思った以上に重大な事なのだと気づかされる”始まり”として描かれたのが、「両親」の反応でした。

父親の忠彦や母親の加奈子は、我が娘が妊娠したなんて夢にも思うはずがない。自分で打ち明けようと思っているものの、結局は母親の加奈子が妊娠検査薬を見つけ問いただす事から、事実が発覚します。

加奈子は母親。忠彦は父親。当たり前ですが、娘を見ている視点が全く違います。中学生の妊娠という「世間の目」や、「娘の未来」などさまざまな事が頭によぎったことでしょう。

一番印象的だったのが、生瀬勝久さんが演じる父親の忠彦に、未希と加奈子が妊娠の事実を打ち明けるシーン。

未希に対してまず「冗談だよな」。一向に信じない。「よりによって未希が妊娠なんか・・・」と母親に詰め寄る。何度言っても信じない忠彦に加奈子は妊娠を証明するものを見せる。

忠彦は動揺を隠せないが、次第に怒りを露わにしていく。すると未希は「無理やりじゃなくて合意の上」だと言う。

相手の個人情報を聞き出す忠彦。「そいつを呼び出せ」と憤りを露わにする。未希に対して「本当に未希の事が大事ならこんな事にはなっていない」と未希を諭すのだが、未希は反発する。

「14や15で、人を本気で好きになるはずがない!」「もうお前なんか娘じゃない!」と吐き捨てる迫力あるシーンが見ていて辛かったです。。。。

しかしこのシーンは、とてもリアリティあるシーンで、瞬きを忘れてしまうほど見入ってしまいました。

Twitterには、三浦春馬くんの訃報をきっかけに、あらためて沢山の感想が寄せられていました。

・14才の母よく覚えてる。 あの演技派の志田未来相手に、三浦春馬は繊細な演技だったなぁ。

 

・今日ドラマ見れた。演じてる時は楽しかったはず!と思ったら見たくなった。やっぱりキラキラだ。14才の母、あたりから見てて、最近は目覚ましい活躍で、いつまでキラキラなままだ。ミスチルの歌もいいな。観てよかった。来週も見よう。 など

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

 

ドラマ『14才の母』のキャスト

一ノ瀬未希:志田未来
一ノ瀬加奈子:田中美佐子
一ノ瀬忠彦:生瀬勝久
桐野 静香:室井滋
遠藤香子:山口紗弥加
三井マコト:河本準一
桐野智志:三浦春馬
柳沢真由那:谷村美月
久保田恵:北乃きい
的場春子:高畑淳子
山崎光陽:海東健
波多野卓:北村一輝  など


一ノ瀬未希:志田未来

 一ノ瀬未希 
本作の主人公。1992年5月10日生まれの14歳で、名門・聖鈴女学院中学校に通っているごく普通の中学2年生。将来の夢はラジオのDJになる事で、学校では放送部に所属して校内放送のMCもしている活発な明るい中学生。友人も多く、思った事を意のまま行動する性格。成績は良い方とは言えず、教師の受けはあまり良くない。

同じ塾に通う桐野智志と周囲に内緒で付き合っており、智志と関係を持ったことで思いがけず妊娠する。何度も自分の中に新しい命があるはずがないと言い聞かせ、一人思い悩んでいた。母親に事実を打ち明ける前に産婦人科に行こうとしたが断念し、母親がお世話になった的場クリニックに一緒に行く事に。

周りの意見から一度は中絶に同意するが、両親から自分が生まれたときの話を聞き想いが変わる。中絶を拒否して周囲の反対を押し切り「おなかの子に会いたい」と子供を生む決心をする。その後迷惑をかけないように相手の智志に別れを切り出す。

志田未来さんが演じた一ノ瀬未希に関する声がTwitterに沢山挙がっていました。

・志田未来が好きって話してたんだけど「14才の母」「正義の味方」、調べたけどドチャクソ可愛いな…中学生の頃ガチ恋してたな志田未来ちゃん…

・小学生ながら、14才の母での志田未来の相手が三浦春馬なら許せるなと思ってた懐かしさ… など

《志田未来》
1993年5月10日生まれ、神奈川県出身。6歳でセントラル子供劇団に入団し、子役として活躍開始。その後『女王の教室』や『14才の母』で主演を務め世間に大きく認知された女優さんです。

桐野智志:三浦春馬

 桐野智志 
未希と同じ塾に通っており、内緒で付き合っている彼氏。有名進学校に通う中学3年生。学年は1つ上だが未希には「キリちゃん」と呼ばれている。厳しい母子家庭で育ち、母親の言いなりで愛情不足の青年。母に反抗したい気持ちもあるが、年齢が年齢故に苦戦する事になる。

未希との交際は真剣だったものの、突然の妊娠によって賛成はせずに母親に言われるまま海外に留学しようとする。しかし良心の呵責から結局はできなかった。妊娠報道のあと学校でいじめにあうが、通い続ける。

桐野智志を演じた三浦春馬くんに関する声が挙がっていました。

・14才の母を観てから三浦春馬くんが気になり、好きな俳優さんのひとりでした。

・私の世代って三浦春馬が出てた14才の母もそうだし恋空で育ってるから冷静にに三浦春馬が自殺って意味分からないし、生まれた時から知ってるような竹内結子も自殺って意味分からないよね‥‥ など

《三浦春馬》
1990年4月5日生まれ、茨城県出身。4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校に所属し、1997年にNHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビューした俳優さんです。舞台に映画にドラマにとほんとうに華々しい活躍を魅せてくれていましたが、2020年に惜しまれつつ帰らぬ人となってしまいました。。。。

一ノ瀬加奈子:田中美佐子

 一ノ瀬加奈子 
未希の母親。未希を名門私立中学に通わせるため、学費のために自らもファミリーレストランでパートをしている。パートさきではチーフを務めている。娘一人、息子一人で、順風満帆な生活を送っていたが、我が娘が早すぎる妊娠をしたために一時は大混乱に。しかし始めこそ出産に反対していたが、未希の強い決意を前に娘を守り支えていくことを決意する。未希の一番の見方。

その後、未希が家を出て行くと言ったときに、周りが冷たくなろうと家族4人でこの家で踏ん張るしかないと未希を諭したり、静香に誓約書を突きつけられたときに、14歳でも将来を決めることはできると言い切るなど腹の据わったところを見せる。

田中美佐子さんが演じた一ノ瀬加奈子に関する声が挙がっていました。

・春馬君追悼で「14才の母」観たら、お母さん役の田中美佐子に肩入れしちゃって‥‥

・14才の母ってこれ当時は全く気が付かなかったけど、実質田中美佐子が主演だな。

《田中美佐子》
1959年11月11日生まれ。女優として知名度を挙げたのは1982年、『ダイアモンドは傷つかない』で映画初出演で主演を果たし、第6回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した事。自然な演技と安心感が人気な女優さんですね。

桐野 静香:室井滋

 桐野 静香 
智志の母。カリスマ女性起業家でシングルマザーを謳い、メディアにも登場するほどの世に影響力をもたらす人物。毎日数百万の金を動かしている資産家で、ベンツやポルシェなども所有している。愛人と別れた後、智志を出産して女手一つで育てている。仕事中心の生活を送っており多忙ので、自らの生い立ちもあってか、当初こそ息子の智志への愛情は欠落していた。夕食にと中学生には大金の万金を渡したり、教育理念や経営理念には歪んだ部分もある。

智志が未希を妊娠させたと分かってからは、智志を海外に留学させることで避難させようとしたり、未希が出産すると知ると、2,000万円の慰謝料の代わりに智志に対する認知請求権を放棄するといった誓約書を送りつける、などといった責任回避と見られる行動を繰り返す。

誤解されがちだが、未希の妊娠騒動でとった行動は全て智志を守るためのもの。その後、波多野による記事が出たのをきっかけに会社の業績が悪化する。

室井滋さんが演じた桐野 静香に関する声が挙がっていました。

・「14才の母」の、三浦春馬の母役の室井滋の変わりっぷりに震えたあの頃

・14才の母CSで放送。たまたまだけど母親役の室井滋の言葉が、息子役の春馬くんに響いたような。と、当時は何とも思わなかったが、あのセリフはとても重い。など

《室井滋》
1958年10月22日生まれ、富山県出身。圧倒的な存在感と、迫真な演技力が魅力的なベテラン女優さん。コミカルな役が多いのが特徴で、彼女が画に映ると一気に画面が華やかになります。

遠藤香子:山口紗弥加

 遠藤香子 
未希の担任教師で、理科教諭。生徒の成績や行動には気を配るが、一方で生徒に深入りをしないという自らの教育方針をもつ。

未希の妊娠にも当初は深くかかわらず穏便に済まそうとしたが、健太と最初に交わした言葉、未希の出産と退学の決意、未希の学校での最後のDJ、公園での未希の言葉を聞くうちに心情に変化が出てくる。

山口紗弥加さんが演じた遠藤香子に関する声が挙がっていました。

・14才の母やってるから見てるけどそういえば山口紗弥加出てたんだ! 山口紗弥加今と変わらないのすごい この時はヤンキーぽい絶世の美女って感じ最高

《山口紗弥加》
1980年2月14日生まれ、福岡県出身。14歳の時に日清食品「どん兵衛」でテレビCMデビューし、フジテレビ系テレビドラマ『若者のすべて』でドラマデビューしている、名脇役女優さんとして有名な方です♪

的場春子:高畑淳子

 的場春子 
「的場クリニック」院長・産婦人科医。未希の母親・加奈子はかつて的場クリニックで未希を産んだ。未熟児で逆子の難産だったため、春子もよく覚えていた。

未希の出産の決意を知ると、一度は他の病院を探すが、最終的には自分のところで引き受け全力でサポートすることを決める。通院する妊婦に子育ての指導、アドバイスを行う「母親学級」を開いている。10代の妊娠という世間的の眼や、第三者の意見でアドバイスしたりする一方で、産婦人科医として厳しくも温かい指導で未希を安心させる。

高畑淳子さんが演じた的場春子に関する声が挙がっていました。

・14才の母、ってドラマ見た時にカッコイイ女優さんがいるなぁと思ったのが高畑淳子で。バラエティに出ても好きだと思って、更に家庭を大事にするところも好き。高畑淳子さんの安定感っ!!

・14才の母の高畑淳子はハマリ役やなあ

・14才の母がYouTubeさんにあるのを見つけてしまった…志田未来ちゃんと高畑淳子(産婦人科医)の演技が上手くて見入っちゃう など

《高畑淳子 》
1954年10月11日生まれ。いまではバラエティー番組でもユニークな人柄でお茶の間を沸かせる事でお馴染みですが、『仮面ライダーBLACK RX』の悪役・マリバロン役や、『3年B組金八先生』シリーズに養護教諭の本田知美役、2003年の『白い巨塔』では東教授夫人・東政子役などでも、多岐にわたって重要な役を演じる大物女優さんです。

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

 

ドラマ『14才の母』主題歌・スタッフ

ドラマ『14才の母』主題歌

*主題歌 – Mr.Children「しるし」


ドラマ『14才の母』スタッフ

脚本 – 井上由美子
音楽 – 沢田完、高見優
演出 – 佐藤東弥、佐久間紀佳
タイトルバック – 丹下紘希(イエローブレイン)
演出補 – 山下学英、西岡健太郎
編成担当 – 日比崇裕
制作デスク – 西口潤
プロデューサー – 村瀬健、浅井千瑞(MMJ)
プロデューサー補佐 – 河野多希代、山本喜彦


Huluなら無料お試しを使えばDVDを普通に店舗でレンタルするより断然お得に視聴でき、他にもたくさんの動画が視聴できます!

ぜひHulu2週間無料お試しを使って、楽しんでくださいね♪