ドラマ「3年A組」の動画配信を無料で全話フル視聴する方法!1話~最終回まで一気見

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』

2019年1月期に放送された日テレ系ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』動画無料で全話視聴する方法について、分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • 1話から最終話まで、全話無料でイッキ見したい
  • SNSで話題になっていたので観てみたい
  • 「SNSでの誹謗中傷」「ネット民」について知りたい
  • ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』をゆっくり全編フル動画で見たい
  • 菅田将暉の演技を見たい

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

 

ドラマ『3年A組』の動画配信を無料視聴する方法

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の動画無料で視聴する方法を調べてみたところ、動画《Hulu》でのみ配信されていることが判明しました!

日テレドラマである『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の動画は、日本テレビ系の有料動画配信サービス《Hulu》が、ドラマ本編だけでなく、Huluオリジナルストーリーや、メイキングなどの特別映像見放題で配信しています♪

無料お試しは2週間あり、もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

《Hulu》に簡単な登録を行うだけで、全話無料ですぐに視聴できます!

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

 

ドラマ『3年A組』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでのドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどをまとめました。

以下の表からも、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の動画が”配信”という形ですぐに視聴できるのはHulu》のみであることが分かります。

(TSUTAYA DISCAS(ディスカス)は”DVDのレンタル”という形での視聴になります。)

 

~ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円  ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

Huluの概要とおすすめポイント

《Hulu(フールー)》見逃し動画映画、限定配信作品などをテレビ・スマホ・タブレットなどで楽しむことが出来る、動画配信サービス。

特に日テレ系番組に強く、人気映画やドラマ60,000本が”見放題”or”ポイント使用でお得にレンタル”で視聴できます。

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』はHuluにて見放題で配信中♪ 完全無料で視聴できます!

 

なによりHulu限定配信作がとっても豊富で、今回の『3年A組-今から皆さんは、人質です-』のオリジナルストーリーも、Huluでしか視聴することが出来ません!

Huluには2週間の無料お試し期間がありますので、初回登録なら2週間以内に解約したら完全無料です!

とりあえず契約して視聴してみてから、今後どうするかを検討されるのもアリかなと思います♪

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

 

Huluなら菅田将暉の過去出演作も無料で見放題!

Huluなら、菅田将暉の過去出演作品を無料でたくさん視聴することができます!

Hulu視聴可・菅田将暉出演作

《菅田将暉》出演作品

・キセキ -あの日のソビト-
・3年A組-今から皆さんは、人質です-
・打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
・仮面ライダーシリーズ
・スーパーサラリーマン左江内氏
…他 多数作品あり

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

 

すでにHuluを利用した事がある場合は、TSUTAYA DISCAS / TV がおすすめ

すでにいままでに《Hulu》に登録経験があって、無料お試しが利用出来ない方は《TSUTAYA DISCAS / TV》がおススメです!

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』は《TSUTAYA DISCAS / TV》のDVDレンタルサービスTSUTAYA DISCASのほうで、DVDをレンタルして視聴することになります。

一見めんどくさそうに思われるかもなのですが、実はこの「TSUTAYA DISCAS」、

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システム!

おまけに《TSUTAYA DISCAS / TV》はなんといっても天下のレンタル大手《TSUTAYA》のサービス!なので”作品の取り揃え”がとんでもなく豊富!

 

TSUTAYAレンタル可・菅田将暉出演作

《菅田将暉》過去出演作
・アルキメデスの大戦
・3年A組 -今から皆さんは、人質です-
・dele(ディーリー)
・火花
・帝一の國

…他 多数作品あり

30日間もある無料お試し期間中に上記の作品を全部、追加料金なしの無料で視聴することが出来ます♪

 


\こちらも無料で視聴可能♪/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴


30日間無料お試しOK!

 

ドラマ『3年A組』動画内容の詳細

ドラマ『3年A組』のあらすじ

鳴り響く爆発音。騒然とする生徒たち。『教師=生徒』の関係は一言で『犯人=人質』へ変貌を遂げる。

この瞬間から教師と29人の人質生徒による、『最後の授業』が始まった―――。

最後の授業……、それは数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒の死の真相』について。遺書もなく、何かを告げることもなく、突然この世を去ったかつての学園のスター生徒。

29人の生徒は一人の教師に人質に取られ、自ら蓋をし、目を背けていたその『真実』と向き合うことに。なぜ、生徒は突然命を落としてしまったのか。なぜ、教師は「人質」というセンセーショナルな方法を取って最後の授業を行うのか……。

謎と事件が連鎖的に絡み合う、一人の教師の『最後の授業』!たった10日間という日々を描き、死ぬ気で生きる人々を紡ぐ超限定的連続ドラマ!誰も想像していない衝撃的学園ミステリーがここに開幕!

―――この真相を知るまで、誰も卒業なんかできない。

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』公式サイトより

ドラマ『3年A組』のキャスト

柊一颯:菅田将暉
茅野さくら:永野芽郁
逢沢博己:萩原利久
魚住華:富田望生
甲斐隼人:片寄涼太
宇佐美香帆:川栄李奈
景山澪奈:上白石萌歌
諏訪唯月:今田美桜
堀部瑠奈:森七菜
水越涼音:福原遥
森崎瑞希:堀田茜
武智大和:田辺誠一
五十嵐徹:大友康平
郡司真人:椎名桔平  など


 柊一颯 
本作の主人公。魁皇高校に2年前に赴任してきており、半年前に景山澪奈の自殺事件が理由で前担任が休職。そのため、代わりに3年A組担任する事になる。美術担当教師。3年A組の生徒達からは、教師イジメまではいかないが邪険に扱われており、「雑魚キャラ」「ブッキー」と呼ばれていた。

立てこもり前までは影の薄い生徒にも舐められる対象の教師であったが、立てこもったと同時に冷徹な性格に豹変し、身体能力はかなり高い事が判明。また生徒たちの力の強い反抗にも投げ飛ばしたり、ナイフや銃など武器も使いこなす。立てこもり中、授業を開始するときは「俺の授業をはじめる」と言い、生徒たちに必ず礼をさせる。

立てこもりに関しては非常に用意周到であり、機械やコンピューターの扱いにも長けている事から、校内のいたるところに遠隔操作式の爆弾や監視カメラ、赤外線センサーを仕掛けたり、外から中の状況が見られないように特殊な窓を取りつけ、生徒の逃走、警察の侵入を妨害している。

「Let’s think.」というのが口癖で、生徒たちに今までの過去の行いを考えさせるような発言が口癖。立てこもりの行動はサイコパスのようだが、協力者との会話では冷静に自分の置かれている立場を分析し、「罪を犯すのは俺だけでいい」と生徒たちに犯罪に加担させないように配慮も見せている。

菅田将暉さんが演じた柊一颯に関する声がTwitterに沢山挙がっていました。

・3年A組泣けるわ。 菅田将暉の演技染みる。 完全にリアコだわ俺。

 

・『3年A組』  ネット検索したら最後がわかるけどね 菅田将暉の演技力本当凄い!

 

・いやあ~、3年A組いいドラマすぎる! 毎週感動してる!そして、菅田将暉の演技力には吸い込まれる 菅田将暉すきだぁぁぁぁぁぁ!!!!!! など

《菅田将暉》
1993年2月21日生まれ、大阪府出身。2007年にアミューズ30周年記念オーディションに応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが一度落選。ですがこの翌年の2008年に、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出され、コンテストがきっかけに芸能界入りをしている多岐に渡って活躍している方ですね☆音楽関係の活躍も目覚ましい、まさにマルチタレントです。

茅野さくら:永野芽郁

 茅野さくら 
本作のヒロイン。3年A組の生徒の一人。気が弱く、クラス内では目立たない地味な生徒のため「奴隷」と呼ばれており、クラスメイトに押し付けられて学級委員長になる。意外な事にプロレスファンで、何でもプロレスに例えるが周りには通じていない。

澪奈のことを「澪奈様」と呼び密かに崇拝していた。ある日彼女から話しかけられたことがきっかけで親友同士となるものの、ドーピング疑惑が原因で澪奈がクラスメイトから嫌がらせをされるようになってからは、自分の身に降りかかるのを恐れ、また澪奈自身からも「さくらとは友達になれない」という手紙を受け取り、以来澪奈を避けるようになってしまった。

その後澪奈の自殺の原因に罪悪感を抱えていたが、一楓に指名されてさまざまな質問を投げかけられるうちに、彼女を救えなかったことや自分の行いに正面から向き合うとともに謝罪し、それ以降は周囲に流されず自分の意見を少しずつ言うように。クラスメイト達を諭し、時に励ますなど澪奈を追い詰めた原因を探す中心的な存在となっていく。

永野芽郁さんが演じた茅野さくらに関する声が挙がっていました。

・永野芽郁ちゃん演技がほんと素晴らしい。 永野芽郁ちゃんの演技ほんと自然と引き込まれる。

 

・3年A組で一番演技上手いの、永野芽郁。オタクが部屋で一人泣いたわ など

《永野芽郁》
1999年9月24日生まれ、東京都出身。2018年にはNHK連続テレビ小説の『半分、青い。』でヒロインオーディション初参加ながら応募者2,366人の中からヒロインに選出され、主人公・楡野鈴愛役を演じた事でも話題の、今を時めく女優さんですね☆

景山澪奈:上白石萌歌

 景山澪奈 
ある日突然自らの命を絶つ3年A組の女子生徒。名門水泳部のエースでオリンピック代表候補にもなっていた、全国区のスターかつ学園のスターであったが、ドーピング疑惑のフェイク動画を拡散されて以降、鵜呑みにしたクラスメイトたちからイジメを受けていた。逆に国民的スターという事で多くの嫉妬をかっており、心を許せる相手もなくずっと孤独だった。

そんな中さくらと友達になった際には、「本当の友達ができたかもしれない」と思っており、いじめられるようになってからは、さくらに火の粉を飛ぶのを防ぐために、本心ではない「さくらとは友達になれない」といった手紙を書いて渡す。

フェイク動画が流されてからも気丈に振る舞っていたが、実は周囲の悪意がずっと彼女の精神を蝕み続け、世の中の人すべてが自分を中傷しているかのような幻覚を見るようになっていた。

同様の経験をしている相楽文香を知る一颯にだけは「自分が自分でなくなってしまう」と打ち明け、助けを求めていたが、結局澪奈を救えなかったことが一颯が事件を起こすきっかけとなってしまう。

上白石萌歌さんが演じた景山澪奈に関する声が挙がっていました。

・上白石萌歌さんの存在感 やばくね?かわいいよね

 

・ぎぼむすの時は演技とゆーより内容が面白くて見てたけど 今回3年A組は上白石萌歌ちゃんにすごい注目してしまう。 とても演技上手いし、顔も可愛かったのね

 

・3年A組早くみたい。1話は今日みた。なぜか号泣。 永野芽郁、上白石萌歌はエモいw 同い年やっぱ好きだ。 など

《上白石萌歌》
2000年2月28日生まれ、鹿児島県出身。姉は女優・歌手の上白石萌音さん。芸能界に入ったのは小学5年生だった頃の2011年。姉の萌音が応募予定だった第7回『「東宝シンデレラ」オーディション』の応募要項で年齢制限が10歳から応募可となっていたことから、「姉が受けるなら私も受けてみよう」と応募し、史上最年少の10歳で44,120人の中からグランプリに選ばれました♪

甲斐隼人:片寄涼太

 甲斐隼人 
学校一のガキ大将。短気で感情的かつ暴力的な性格で、クラスに不協和音を作る火付け役の一人になっていた。その一方で母子家庭で育った兄弟想いで、ダンスグループに所属していた。しかし母親が倒れた事によって家計のためアルバイトをしなければならず、ダンスグループを脱退せざるを得なくなる。

澪奈に嫉妬心を向けている一人で、ダンスメンバーの人物に「澪奈に紹介してくれれば20万円渡す」と持ちかけられ、大金欲しさとダンスを諦めた自分と対照的に脚光を浴びている澪奈への嫉妬もあって彼女を売り渡すが、澪奈が拉致されそうになったため相手グループから彼女を逃がし、それが「暴力事件」として警察沙汰となってしまう。

一颯から黒幕の存在を問い詰められ「ダンスを続けられなくなったのは、最初から無理だと決めつけ、誰にも助けを求めず、すがろうとしなかったお前自身のせい」と叱咤される。同時に「俺を信じろ」「お前は独りじゃない、俺が必ず何とかする」という言葉で心を動かされ、勇気を出して「ベルムズ」との関係を打ち明け、初めて涙を見せた。

片寄涼太さんが演じた甲斐隼人に関する声が挙がっていました。

・片寄涼太の演技もグッと良くなってて ゾクゾクしてきたああぁぁ

 

・ダンスやってる菅田将暉さんと片寄涼太との格闘が迫力満点だった!大物だわ〜。 など

《片寄涼太》
1994年8月29日生まれ、大阪府出身。GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーでメインボーカル。本作では、爽やかなルックスからは想像がつかない問題児を演じました。

郡司真人:椎名桔平

 郡司真人 
瀬ヶ山署の生活安全課に配属している少年係の刑事。以前は熱意ある教師であった。他校生徒からの暴行事件で教え子を死なせてしまった事から、少年犯罪そのものを撲滅したいという思いを抱き、警察に転職した過去がある。

群れるのが嫌いで、犯人を追い込むのにやりすぎなほどの捜査を行い、必要なら殴り合いもするため、始末書の常連となっている。「今の教師は手をあげたらすぐ暴力教師扱いされる」と語っており、教師の立場では子供を守るには限界があると感じている一人。

魁皇高校立てこもり事件の担当となるが、優秀なところを一颯に目をつけられ、彼からの指示を受けるようになり、結果的に一颯に協力するような形で事件と関わって行くキーポイント役。

椎名桔平さんが演じた郡司真人に関する声が挙がっていました。

・3年A組、子供騙しの演技が続くが椎名桔平だけ完全に役者が違う。

 

・ドラマの内容自体面白いんだけど、1番は椎名桔平さん めちゃカッコいい 渋過ぎる w

 

・3年A組の椎名桔平さんの刑事は良いよ笑 など

《椎名桔平》
1964年7月14日生まれ、三重県出身。ミステリアスな世界観で、様々な役柄を演じ分けられる事で数多くの作品に引っ張りだこの国民的俳優さんです!

宇佐美香帆:川栄李奈

 宇佐美香帆 
3年A組の生徒の一人でダンス部に所属している。クラスの中心的な存在の一人で、影響力もある。澪奈にも自分から話しかけて友人となるが、「澪奈の写真をアップするとフォロワーが増える」などと発言していたことからも、彼女の人気を利用していた面がうかがえる。

澪奈が自分よりさくらとの交友を優先するようになると激しく嫉妬し、「Mind Voice」にて「やり逃げX」のハンドルネームで彼女を中傷。陰で彼女の水着を切り裂く、澪奈の自宅部屋の窓ガラスに石を投げるなどの嫌がらせを続けていた張本人。

一颯から「同じことを自分がされたらどうなるか、お前には想像力が足りなかった」と一喝され、その後にさくらからは「澪奈は本当に香帆を友達だと思っていたんだよ」と諭され「その痛みを一生忘れるな」と一颯から励まされ涙を流す。

その後クラスで孤立してしまうが、「澪奈が亡くなった事件の真実を知りたい」とさくらに頼まれた事で、渋々ながら協力。事件の真相を求めていくことで、避けられていた華や未来との仲も修復し、また一緒に行動するようになる。

川栄李奈さんが演じた宇佐美香帆に関する声が挙がっていました。

・鼻水ダダ漏れの号泣シーンを披露した女優は多く、その多くはいまでも一線級で活躍しています。それゆえ川栄も演技派との評判をますます高めたことでしょう

 

・宇佐美香帆 役の川栄李奈さん これだけは伝えたい めちゃくちゃ良かった ドラマ最終回は寂しいけど 思い出に残る作品でした

 

・観る目的は川栄李奈のみ 川栄さんの演技に貰い泣き そして美しい泣き顔である など

《川栄李奈》
1995年2月12日生まれ、神奈川県出身。AKB48の元メンバーで、アイドルとしての人気もすごかったですが、いまではドラマに映画にCMにと、幅広いジャンルで活躍されています!

ドラマ『3年A組』相関図

ドラマ『3年A組』相関図

ドラマ『3年A組』公式サイトより

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

 

ドラマ『3年A組』主題歌・スタッフ

ドラマ『3年A組』主題歌

*主題歌 –
ザ・クロマニヨンズ「生きる」


ドラマ『3年A組』スタッフ

脚本 – 武藤将吾
音楽 – 松本晃彦
チーフプロデューサー – 西憲彦
プロデューサー – 福井雄太、松本明子
協力プロデューサー – 難波利昭
アクションコーディネーター – 柴原孝典
演出 – 小室直子、鈴木勇馬、水野格
制作協力 – AXON
製作著作 – 日本テレビ

ドラマ『3年A組』の1話から最終回までネタバレ感想

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』は2019年1月期に放送されたドラマで、主演の菅田将暉さんを筆頭に、今大注目の若手俳優、女優が揃って挑んだサスペンス・学園ドラマ作品です。

制作にあたっては、主演の菅田将暉さんと福井雄太プロデューサーが「いつかドラマをしようと」話していた中で、「今は学園ドラマが少なくなってきたため、学園ドラマがしたい。教師役で」という話から、制作が始まったとか。

いままでの学園ものと言えば、学生ならではの人間模様や、家庭環境、いじめ、部活動、勉強法など、どちらかというと学生たちの抱えるさまざまな背景を主軸に教師が奮闘するものが多かったですが、本作は学園ものといってもシリアスで謎の教師が生徒を人質にして、学校に立てこもるところから物語が始まるという、非常に衝撃的なものです。(少し趣旨は違いますが「悪の教典」も生徒を学校に閉じ込めるものでしたね。私の大好きな映画のひとつです)

主人公の教師は「熱血教師」というわけではなく、生徒たちもどこか冷めていて、ネット社会が当たり前になった、今の時代に合わせた物語構成になっていて、同じ世代の若者を中心に注目度が高い作品として2019年度の名作に輝きました♪

若い年齢層をターゲットにしている事から、真っすぐで心に響く言葉を何度も口にしていた事がとても話題になり、「何故柊一颯が学校にたてこもったのか?」「生徒に何を伝えたいのか?」「景山澪奈が死んだ理由は?」などとさまざまな考察論がネット上でも繰り広げられ、社会現象にまでなったドラマ作品として非常に知名度を挙げた作品です。


物語の冒頭から、衝撃的事件が起こる。物語の舞台は、魁皇高校の3年A組。季節は卒業シーズンで卒業式まで10日前という、普通なら友達や教師との別れを惜しんで、最後の学校生活を楽しもうとしている時期。

そんな時に3年A組の担任教師・柊一颯がクラスの生徒全員を集めて「今から皆さんには、人質になってもらいます」と告げる。すると瞬く間にどこからともなく大きな爆音が響き渡り、騒然とする学校内。柊一颯が用意周到に計画してきたのか、出入り口は遠隔ロック、学校中いたるところに爆弾がセットされ、警察も救助に向かえない絶望的な状況に、3年A組の生徒だけが、教室から出られない。

柊一颯は半年前に担任に変わった教師で、美術教師。地味な存在と生徒や同僚から”下に見られていた”存在だった。しかし、今まで地味で目立たずに、生徒に舐められた態度を取られてもへらへらしていた柊一颯は、立てこもりをしてからというもの人格が変わったように変貌を遂げる。「教師」「生徒」という立場が、立てこもりによって「犯人」「人質」という立場に変わり、生徒も混乱を隠し切れない。

柊一颯が立てこもった理由は、数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒の死の真相』を解明したいからで、最後の授業をするという。解放の条件として『景山澪奈の死の原因を話し合いにより導き出せ』と生徒たちに要求するのであった。

自ら命を落とした景山澪奈という女子生徒は、突然この世を去ったかつての学園のスター生徒。遺書もなく、何かを告げることもなくこの世から去って行った。29人の生徒は一人の教師に人質に取られ、自ら蓋をし、目を背けていたその『真実』と向き合うことになる。

同じ教室にいた生徒の命の早すぎる死。景山澪奈を自殺に追いやったのは一体誰?なぜなのか?

今問題視されている「ネット社会での誹謗中傷」だけでなく、「スター生徒への嫉妬」「家庭環境」「教室という戦場」「カースト問題」などさまざまな分野を織り交ぜてお送りする、誰も想像していない衝撃的学園ミステリーがここに開幕する。


視聴者からは、今の時代にあっている”影響力のある”ドラマで、各自考えさせられる良作だったという声が多数が挙がっていました。

若い学生に限らず、今はSNSで誰もが発言できる社会。SNSでの動画や発言が社会に良い影響をもたらす事ばかりであれば良いのですが、悪口や全くの嘘が出回ったり、SNSイジメだったり問題は後を絶ちません。

今の時代には「SNS」というツールが欠かせない連絡手段であったり、娯楽でもありますが、それがしがらみとなって結果的に”不自由”になっているのも事実です。

この作品は、教師が生徒に最後の授業をすると謳っていますが、どちらかと言えば視聴者、社会に訴えかけるようなそんなメッセージ性を強く感じます。

中でも視聴者が印象に残ったシーンや名セリフなど、少しだけ紹介したいと思います。

茅野さくらの名シーンや名言

茅野さくらは、この世を去った景山澪奈が、生前とても仲の良かった生徒。本作ではヒロインという立場ですが、常におどおどと周囲の顔色をうかがっているため生徒には舐められているため、影では「奴隷」と呼ばれている生徒。そんなさくらも柊一颯が立てこもった事で、か弱いキャラクターから性格を変えていきます。

そんなさくらが自分の感情をさらけだ様になった重要なシーンがランクイン☆

学校内のガキ大将・甲斐隼人が「あんな奴(景山澪奈)死んで当然だったんだ。」という爆弾発言をした事で、さくらが飛び膝蹴りを食らわせたシーン。「ふざけんじゃねえ!」という言葉もついていました。さくらは超がつくほどのプロレスヲタク。そんな飛び蹴りはさくらが崇拝している中邑真輔のプロセス技でした。

柊一颯が放つ言葉の数々が重い!

数々の重みのある言葉を訴えかける柊一颯ですが、その中でも特に話題になったものを紹介していきたいと思います。

① 思い込みで、坪井勝が犯人だという告発動画をあげようとした水越涼音に対する言葉

「お前の他愛もない言葉ひとつで、誰かを救うことができるかもしれない。でもその一方で、傷つく誰かがいるかも知れないってことを忘れるな。お前の言葉ひとつで!簡単に命を奪えるってことを忘れるな!」

この言葉は生徒に言っている言葉ではありますが、視聴者、社会にも訴えかけていますよね。怪演の菅田将暉さんの”柊一颯”の言葉で、アドリブで泣いてしまったという生徒が沢山いたそうです。菅田さんもきっといまの世の中に何か感じるものがあって、それを受け手が感じ取ったのかなぁと勝手に思っています。

② 最終回での柊一颯の最後の名言の数々

柊一颯の最後の授業は紛れもなく、ネット社会で好き勝手・無責任に発言する”ネット住民”に対して訴えかけるものでした。LIVE配信をする一颯に対し、ネット住民は心無い言葉を打ち返すばかり。

「言葉は時として凶器になる。ナイフなんて比にならないくらい、重く、鋭く、心をえぐってくる。」

 

「その目も、口も、手も、誰かを傷つけるためにあるわけじゃない!誰かと喜びを分かち合うために、誰かと幸せを噛みしめるためにあるんじゃないのか?」

 

「もっと他人に優しくなろうぜ!もっと自分を大事にしようぜ!」

誰か一人にでも届いてほしい祈りと心からの訴えかけに、誰しも胸が熱くなった事でしょう。教師という立場で今まで一つになった事がなかったクラス。そんな生徒たちが、自分達を人質にとり立てこもった柊一颯に対し、見方が変わり、自分達の生き方について考えさせられたシーン。卒業までの10日間で柊一颯の熱い想いはしっかり伝わっていたのですね。

その柊一颯の想いが生徒にも伝わったように、このネット住民への訴えかけで誰か一人にも伝われば良いという最後の誰のセリフでもない訴えかけには、胸を打つものがありました。


Twitterには沢山の感想が寄せられていました。

・3年A組は現代社会にとって大切なドラマだったと思います。

 

・「3年A組」ようやく完結。素晴らしいドラマだった!最終回はクライマックスだな。 ”言葉は時として凶器になる、ナイフなんて比にならないぐらい、重く、鋭く、心をえぐってくる”。

 

・テラスハウスの花さんが話題になって、今後のSNSのあり方が見直されるべきだと気がついている人が増えている。Twitter社もそれに気がついてリプライ制限をかけたわけで、匿名社会には意識改革が必要な気がする。3年A組は本当に胸に刺さるドラマだったなぁとふと思い出した。SNS利用者はぜひ見てほしい

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

 

今回はドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』を全話無料でフル視聴する方法を紹介しました♪

Huluなら無料お試しを使えばDVDを普通に店舗でレンタルするより断然お得に視聴でき、オリジナルストーリーも視聴できます!

ぜひHulu2週間無料お試しを使って、楽しんでくださいね♪