愛していると言ってくれの動画フルを見逃し配信で1話~全話無料視聴する方法

ドラマ・愛していると言ってくれ

1995年7月期に放送された伝説の名ドラマ『愛していると言ってくれ』

名作ぞろいの1990年代に制作され、豊川悦司常盤貴子たちが織りなす、切ない恋愛の”四角関係”に日本中がやきもきした話題作。豊川悦司の手話に心奪われ「手話を習い出す人」もたくさんいました。

ドリカムの歌う主題歌【LOVE LOVE LOVE】はその年のオリコン年間第1位に君臨し、まさに一世を風靡した名恋愛ドラマ。

そこで今回、ドラマ『愛していると言ってくれ』無料でフル視聴する方法について調べてみたところ、《Hulu》が一番お得で楽に視聴できることが判明しました!

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《Hulu》

《Hulu》は2週間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

 

ドラマ『愛していると言ってくれ』の見逃し動画を無料で全話視聴する方法

まずは、どこの動画配信サービスで、ドラマ『愛していると言ってくれ』配信&レンタルされているかについて調べてみました。

 


~ドラマ『愛していると言ってくれ』動画配信状況~(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / 〇 30日 2,417円 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi 2週間 925円 ※1 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ 〇(プライム会員特典) 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)


上記の表から、ドラマ『愛していると言ってくれ』の動画を配信しているサービス会社は何社かありますので、もしいますでに加入しているサービスがありましたら、まずはそこで配信の有無を確認してみてくださいね!

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると「果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩まれるかと思います。

そこで今回は、上記の動画配信サービスのなかで一番お得でラクチン”な「Hulu」をオススメしたいと思います!

(※TSUTAYA DISCASでDVDレンタルをする方法だと、無料ですみますがDVDの枚数がすごいことに。。。。TSUTAYA TVでの動画配信でも無料視聴できますが、Huluよりも配信動画の種類が少ないので、せっかく登録するならちょっともったいないかと…)

(※Paraviではつい最近、再放送に対応して『愛していると言ってくれ』の配信が始まったばかりなので、いつまで配信されるかが心配…)

《Hulu(フールー)》見逃し動画映画、限定配信作品などをテレビ・スマホ・タブレットなどで楽しむことが出来る、動画配信サービス。

人気映画やドラマ60,000本が”見放題”or”都度課金(新作やライブなど)”で気軽に視聴することが出来ます!

なによりHulu限定配信がとっても豊富!お得感満載の動画配信サービスです!

2週間の無料お試し期間がありますので、初回登録なら2週間以内に解約したら完全無料です!

とりあえず契約して視聴してみてから、今後どうするかを検討されるのもアリかなと思います♪

Huluではドラマ『愛していると言ってくれ』全12話が全て無料で見放題!

おまけに1990年代の名作ドラマ『高校教師』『ずっとあなたが好きだった』『星の金貨』『誰にも言えない』なども追加料金なしの無料で視聴できます!

 

以下の記事で《Hulu(フールー)》について詳しく説明しています♪ぜひご一読ください!

 

HuluHuluにiphoneでの登録方法を画像で説明!入会の注意点やおすすめ理由も

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《Hulu》

《Hulu》は2週間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『愛していると言ってくれ』動画内容の詳細

ドラマ『愛していると言ってくれ』あらすじ

幼いころに聴覚を失い、母親に捨てられた過去を引きずりながら生きている新進画家と、夢と希望を抱いて劇団に所属している女優の卵との甘くせつないラブストーリー。聴覚障害を持つ画家の榊晃次(豊川悦司)は、溌剌として純粋な紘子(常盤貴子)と運命的な出会いをする。懸命に手話を覚え、思いを伝えようとする紘子の熱い思いに、晃次の閉ざされた心も次第にほぐされていくのだった。

Amazon商品紹介より抜粋

ドラマ『愛していると言ってくれ』のキャスト

豊川悦司:榊晃次 役
常盤貴子:水野紘子 役
岡田浩暉:矢部健一 役
矢田亜希子:榊栞 役
余貴美子:神崎薫 役
鈴木蘭々:吉田マキ 役
塩見三省:野田耕平 役
橋爪功:榊伸吉 役
麻生祐未:島田光 役 など

豊川悦司:榊晃次 役

豊川悦司

1962年3月18日生まれ、大阪府出身。「トヨエツ」という愛称で親しまわれている豊川さん。 186㎝の高身長と色気のあるセクシーなルックスなどを武器に、ドラマに映画にCMに数多く出演しています。本作で障害を持つ主演を演じており、それが当たり役となりました!


榊晃次 役

新進青年画家。7歳の時に病気により聴覚を失う。そのため手話や筆談などで話す。33歳で、身長は186cm。

常盤貴子:水野紘子 役

常盤貴子

1972年4月30日生まれ、兵庫県出身。1996年春から1997年夏までは5作の連続ドラマで主役級を務めており、コメディーからシリアスまで様々な役柄を演じ出演作の全てがヒットしており、この当時は「連ドラの女王」と呼ばれている常盤さん。数々の賞を受賞しており、本作品でも第1回エランドール賞 新人賞を受賞しております☆


水野紘子 役

女優の卵。明るく前向きな性格。アルバイトをしながら劇団で演技の勉強をしている。晃次とあるきっかけで出会い、恋に落ちる。榊晃次と出会ったことで、手話を覚え始める。

岡田浩暉:矢部健一 役

岡田浩暉

1965年10月26日生まれ、群馬県出身。元々岡田さんは「To Be Continued」というバンドでデビューしており、その後俳優活動をするようになった岡田さん。キーポイント役として出演する事が多く、実力派助演男優として認知されている方の一人ですね!本作品では恋愛の三角関係ならぬ、四角関係の中の重要人物役を演じています。


矢部健一 役

紘子の劇団の照明スタッフで幼馴染。紘子に想いを寄せる。

矢田亜希子:榊栞 役

矢田亜希子

1978年12月23日生まれ、神奈川県出身。本作品で矢田さんがドラマデビューを果たした貴重な作品です!ドラマに映画に数多くの作品がある中で、最近ではバラエティー番組にも出演する事が多くなっています♪

たくさんの出演作品の中で、私が一番好きだったのは「僕の生きる道」でのヒロイン役。命の期限が切られた草彅剛くん演じる教師を支える、すごく難しい役でしたが、変に同情を集めようとするのではなく、淡々と日々を大切に生きる女性像で、「感動もの」の作品のヒロインとしてめずらしいな!と好印象だったのをとても覚えています。


榊栞 役

晃次の義妹。高校生。晃次を慕っている。

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《Hulu》

《Hulu》は2週間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『愛していると言ってくれ』主題歌・挿入歌・スタッフ

ドラマ『愛していると言ってくれ』主題歌

*主題歌
「LOVE LOVE LOVE」
DREAMS COME TRUE


ドラマ『愛していると言ってくれ』挿入歌

*挿入歌
「嵐が来る」
DREAMS COME TRUE


ドラマ『愛していると言ってくれ』スタッフ

脚本 – 北川悦吏子
音楽 – 中村正人(DREAMS COME TRUE)
演出 – 生野慈朗、土井裕泰、福澤克雄
制作補 – 北川雅一

ドラマ『愛していると言ってくれ』ネタバレ感想

ドラマ『愛していると言ってくれ』は1995年に放送された作品。もうかなり前に放送されたにもかかわらず、いまだに根強い人気のある、名作です。

1990年代の連ドラは本当に名作品が多かったですが、その名作品の一つを言われているのが本ドラマです。平均視聴率は21.3%、最終話で最高視聴率28.1%を記録しています。主題歌DREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」は売上が約250万枚の大ヒットとなり、この年のオリコン年間第1位となったほど、世間的にも多方面にドラマの影響は大きくあったと言われています♪

物語のあらすじは、聴覚を失った画家の青年と女優の卵の女性との純愛ラブストーリーで。最近で言えば、妻夫木聡さんと柴咲コウさんW主演の「オレンジデイズ」の逆バージョンですね!本作品では、男性のコウジが耳が聞こえません。

生まれつきではなく、7歳の時に高熱のため耳が聞こえなくなってしまったコウジは、人気画家とまではいきませんが、事務所に所属しているような感じです。

そんなコウジが、こちらも女優の卵で駆け出しの紘子とひょんな事から出会います。どちらかと言えば紘子の方からコウジの事が気になりだします。

耳も聞こえず、話も出来ないコウジは手話で紘子とコミュニケーションをとるしか術がありません。紘子は必至で手話を覚えます。そんな紘子の恋する事にキラキラしている健気な様子が見ていて、ほっこりします♪恋する相手のためならなんでも頑張れてしまう、そんなエネルギーが画面の向こうからキラキラと伝わってきたのを覚えています。

このドラマに原作などはなく、書き下ろされたオリジナル作品です!大人気脚本家の北川悦吏子さんによるもので、他の作品では『ロングバケーション』『ビューティフルライフ』『オレンジデイズ』『半分、青い。』など多くの作品を手掛けています☆

こうしてみると、『オレンジデイズ』や『ビューティフルライフ』、『半分、青い。』など大半の作品が主人公もしくはヒロインが障害を抱える物語が多いですよね。”障害”は”障害”でも、聴覚の障害や下半身不随の障害など様々。障害を抱えた男女が数多くの壁を乗り越え、障害を乗り越えて、パートナーと出会い、幸せになっていく様を主に描いています。

本作の『愛していると言ってくれ』は、いわば純愛中の純愛で、物語のエンドはハッピーエンドなので安心して見られると思います。何と言っても主演のお二人の若さと溢れ出る色気と透明感が必見です!

愛を信じる2人がとても強く見えますし、視聴者に夢と希望を与え、当時は普通だった昭和感なドラマの作り、世界観、ピュアなラブストーリーも、今じゃ逆に珍しくて新鮮に感じる方もいると思います。

今時ここまでまっすぐな恋愛ドラマって珍しいかもしれませんね。今から20年~30年以上前の連ドラが最盛期だった頃のドラマ作品は、先が読めると言えば面白くなさそうに聞こえますが、見ていて安心感があり、期待を裏切らないストーリーで、見ていて気持ちが良いと感じました!

特に純愛感がとても感じられる場面は、コウジと紘子の二人が顔を見合わせて次第に笑顔になる所が見ていてニヤニヤしてしまいます!

視聴者からの名場面ナンバー1に輝いたのは、コウジの母親とコウジが再会するシーンコウジは10歳の時に母親に捨てられたのですが、お母さんがこっそり会いに来ます。

ここで普通は自分を捨てた事や、憎しみ、何故捨てたの?という「怒り」「疑問」「悲しみ」などが湧き出てくると思いますが、コウジが発した言葉は「ありがとう、俺を産んでくれて、ありがとう」手話をしてお礼を言うのです!

本当はコウジ自身も母親と会うまでは、自分を捨てた母親に会うもんか!というような態度だったのですが、母親を前にすると一番始めに思った言葉伝えたかった言葉を手話にして・・・。恐らくドラマや映画で人生で一番泣いたと思うとの声が多数寄せられていました!
また主演二人の恋愛は一筋縄でも二筋縄でも上手くいきません。お互い好きなはずなのに、すれ違いばかりでもやもやしてしまうところが多々あります。そんな時、コウジの義理の妹・栞や、紘子の幼馴染の健一との四角関係や、また元カノなど沢山の壁ならぬ人が登場します。
紘子の罪は健一と一夜過ごしてしまった事ですね!><;これはコウジの事を忘れて・・・というワケではなく、単なる紘子の弱さと若さかなと思います。。。この行為ですれ違いに拍車がかかったしまいます;

また忘れてはならないのが、最終回の海のシーンで本作品のタイトル『愛していると言ってくれ』をコウジが紘子に言う場面です!二人はお互いの事を好き過ぎるあまり、すれ違いの連続から一度お別れしようという事になります。

最後にコウジが紘子の声を聞きたいと言い、体を合わせて抱き合っていれば声が響くからと、コウジは紘子を抱きしめながら「愛している…と、言ってくれ」と言います。紘子は何度も何度も「愛している」と言うのでした・・・!(;_:)

今までの謎が解けた感じでした!いつなのか?とワクワクした気持ちで見ていましたが、最終回でこんな流れから言うセリフなんて、とても感動ものでした。Twitterでは様々な声が上げられていました。

・毎話名セリフのオンパレード。恋愛模様はもちろんだけど、親子愛も描かれ涙なしでは観ることができない。今思い出しても泣けてきそう。

 

・トヨエツさんに常盤貴子に矢田亜希子、鈴木蘭々とキャストがとにかく豪華。常盤貴子がスーパーかわいい。

 

・このドラマ見て手話に興味持って、手話の本買ったなー。。。 など

まだまだ沢山の声が寄せられています♪

特にトヨエツさんの手話をする時の手が綺麗でスーッと長くて見とれてしまう女性ファンが多かったようですね!是非この機会に見てみて下さいね☆

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《Hulu》

《Hulu》は2週間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『愛していると言ってくれ』視聴者のレビュー

40代・女性

隠れた名作です。胸がキューンとする純愛です。ラストも素敵で観てない方、これはオススメします。

豊川悦司さん演じる耳の聞こえない画家。常盤貴子さん演じる普通の女性。この二人の美しいこと!お互いに不器用で出逢ってからも微笑ましいエピソードが続きます。途中で画家の義妹さん(テッパンですが重度のブラコン)が、あなたに兄さんの事が理解出来るわけ無いでしょ!ていうのが登場します。さらに耳が聞こえないことで「自分に彼女は守れるのか?」とか悩んだりします。悩んでいる豊川悦司さん、ものすごく色っぽいです!白いシャツ、絵筆をもつ大きくて長い指がこんなにドキドキさせられるのはこの時代ではこの方ぐらいです!

常盤貴子さんがまた可愛いんです。彼との出会い方はすごいリアルで、確かにああいう感じじゃないとこの二人は出会ってないだろうなあ、と思います。一生懸命手話を勉強する姿がいじらしいです。でも、決して「お涙ちょうだいの障がい者ドラマ」ではありません。無意味な湿っぽさはなく、登場人物達は妹含め全員が日々を生きて、現状の中で頑張り続ける。日々の収入の為に不本意な依頼も受けるけど、自分の求める絵画を探し続ける彼がたどり着いた一枚の絵がラストに登場します。リアルタイムで観た時、涙が止まりませんでした。

40代・男性

常盤貴子さんと豊川悦司さん主演の90年代を代表のラブストーリーで、障害の壁や二人に巻き起こるそれぞれの壁を乗り越えて二人の絆が深まっていくドラマで、これぞ恋愛ドラマと言えるドラマではないかと思います。ほとんどの人が2人のハッピーエンドを望み幸せになることを期待をした作品ではないかと思います。

主演の2人の常盤貴子さんは女優の卵を演じ、豊川悦司さんは聴覚障害の画家という役を演じて、ドラマ内で出てくる手話の会話もこれまでのドラマではなかなか見られないシーンだったので社会現象にもなりました。障害を持っている方の恋愛の大変さやその周りの人たちの様子などもリアルに描かれているとともに、このドラマで手話を覚えたという人もいるほどでした。

主演の2人の他にはこのドラマがデビュー作となった当時16歳の矢田亜希子さんや岡田浩輝さんや鈴木蘭々さんなど味のある出演者が出演をしてドラマを盛り上げています。

そして、このドラマの主題歌はドリカムのLOVE LOVE LOVEで切ない時に流れたり、二人が結ばれる時に流れたりと良いタイミングで流れるのでとてもしっとりとくるとともにドラマを際立たせてくれているように思います。

40代・女性

女優を目指す紘子(常盤貴子)と聴覚に障害を抱える画家晃次(豊川悦司)のラブストーリー。スマホもメールもない時代がゆえの行き違いは90年代のドラマによくありますが、この作品では折に触れ登場する手紙が印象的です。言葉のチョイスが絶妙で、脚本家の北川悦吏子さんがラブストーリーの名手と言われていたのも納得。人の心を動かす言葉は25年経っても色褪せないのだと実感します。

そして、何といってもこの時の豊川悦司が恐ろしくカッコイイ。紘子を慈しむように見つめる眼差しや手話する時の大きくてきれいな手に、どれだけの女性が心を奪われたことでしょう(もちろん私も)。この時の豊川さんは今の自分の年齢よりずっと年下ですが、大人の男性の魅力とはこういうことを言うのだとほれぼれします。

一方、常盤貴子演じる主人公紘子は素直で真っすぐな所が可愛らしい。時に暴走してしまうところは、同じく北川悦吏子さんが書いた朝ドラの主人公に通じるところがあると感じました。

とにかく、今の時代には少ない「恋愛に真正面から向き合ったドラマ」であることに間違いありません。90年代だからこその空気感含め、ドラマの世界にどっぷり浸れる名作と言えるでしょう。

50代・女性

舞台女優を目指す愛らしく若々しい常盤貴子さんと新進気鋭の画家の豊川悦司さんのとても素敵なラブストーリーです。出会いは常盤貴子さん演じる紘子が木に実ったりんごを取ろうと頑張っている姿を見た豊川悦司さん演じる晃次が長身を活かして軽々取ってあげるところから始まります。とっても爽やかな出会いでした。

晃次は幼少の頃の病気で耳が聞こえません。屈託のない紘子は晃次と友達になりたくて近づきますが、晃次は人を寄せ付けない雰囲気がありました。紘子は手話を覚えて晃次に話しかけコミュニケーションをとっていきます。二人の気持ちが互いを想うようになりとてもピュアな恋愛が始まります。

今ではありえないFaxを手紙代わりにして気持ちのすれ違いを修復したり、約束をしたりしていました。長いFaxの紙をみるとどんな内容なのかとても気になりドキドキするシーンでした。

終盤、駅でのシーンはとても印象深く今でも心の中に残っています。ホームの反対側から紘子が電車に乗るのを引き留めたくて長年、声を出していない晃次が紘子の名前を必死に呼ぶのです。普通だったら何でもない事ですが二人の状況ではとても凄い事で紘子も電車に乗る前に声に気が付いて乗るのをやめた時とても感激したのを覚えています。

30代・男性

常盤貴子と豊川悦司の恋愛ドラマなんですけど、彼役の豊川悦司が聾唖だということが現代の視点からすると珍しい設定かもしれません。ただ、当時は星の金貨の酒井法子が前年に聾唖を演じていたので星の金貨とは逆のアプローチだったと回想します。

まず常盤貴子が若くて綺麗です。見た目だけでは全盛期だと思います。ただ、彼女の演じている女性の性格は少しおや?と思うような女豹チックなところがありそこを身勝手や自己中と捉える人もいると思います。そこに嫌悪感を感じる女性視聴者はいるかもしれません。

そしてなんと言ってもこのドラマはトヨエツこと豊川悦司の全盛期の作品であり代表作とも言える作品。若くてシワひとつない時代のトヨエツは甘いマスクもさることながら男性俳優では185cm超えの長身でスタイルがずば抜けていてかっこいいです。SLAM DUNKのルカワっぽいクールな印象です。このドラマのトヨエツは劇中で手話をすることになりますがどこか可愛げもあります。かっこいいのにかわいいという面もあります。

勿論このドラマに出てくる登場人物たちは若いので過ちも犯しますし、それは男女両方でやきもきするところも少なくありませんが、脚本はしっかりとしているので主人公の性格さえ許容できればきっとハマるんじゃないかと思います。

50代・女性

りんごの木からりんごを取ろうとしていた紘子の前に晃次が現れ、りんごを取ってくれ二人は出会います。今の時代にはありえない出会い方ですが、逆にその出会いが新鮮に感じます。

何度も紘子は晃次を見かけますが、彼女が話しかけても彼は返事をしてくれません。しかし、彼は聴覚に障害があり彼女の声が聞こえていなかったことが分かり二人は次第に恋に落ちて行きます。二人の恋には、二人のことを好きな人が現れて恋の邪魔をしてしまいますが、二人の愛はかたいものでした。

しかし、最終回に彼女が選んだのは‥‥。晃次は彼女の大切さをあらためて気づき彼女を追って駅に行き駅の反対側に彼女を見つけますがこのシーンが感動的でした。晃次は耳が聞こえなくなって話すのが怖くなり声を出さなくなっていましたが、駅の反対側にいる紘子を呼び止めるために声を出すシーンがあります。このシーンには感動してしまい豊川さんのファンになってしまいました。健一と紘子は一度は道を違え、紘子は女優になる道に進み晃次は画家として絵を描き二人は、また初めて会った場所で出会いますがハッピーエンドで良かったです。愛しているという言葉の重みを感じたドラマでした。

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《Hulu》

《Hulu》は2週間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

まとめ

今回はドラマ『愛していると言ってくれ』全話無料で視聴する方法について紹介しました!

隠れた名作恋愛ドラマと言われているドラマ『愛していると言ってくれ』、ぜひHuluの無料お試しを利用して、楽しんでくださいね!