ブラックペアンの無料動画を1話から最終回までフル視聴する方法まとめ!

2018年4月期に放送されたTBS系ドラマ『ブラックペアン』の動画を、無料で全話視聴する方法について分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • ドラマ『ブラックペアン』を完全無料で全話一気見したい
  • 二宮和也の演技が見たい
  • 『チーム・バチスタの栄光』シリーズを生んだ作家・海堂尊の原作なので気になる
  • 医療系ドラマが大好きだ

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

『ブラックペアン』の動画を無料で最終回までフル視聴する方法!

ドラマ『ブラックペアン』無料で視聴する方法を調べてみたところ、TSUTAYA DISCAS(ディスカス)だけしかないことが判明しました!

ドラマ『ブラックペアン』のように、地上波放送から時間がたった作品で、特に”ジャニーズ主演”の作品などは、基本的に動画配信で視聴するのが難しく、TSUTAYA DISCAS「DVD/BD」をレンタルして視聴するのが主な方法になってしまうようです。

無料お試し期間が長く(30日間)、作品のラインナップも非常に充実した、天下のレンタル大手TSUTAYAのサービス《TSUTAYA DISCAS / TV》

もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

ドラマ『ブラックペアン』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでのドラマ『ブラックペアン』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどをまとめました。

以下の表からも、ドラマ『ブラックペアン』が視聴できるのは《TSUTAYA DISCAS / TV》のみであることが分かります。


~ドラマ『ブラックペアン』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

TSUTAYA DISCAS / TVの概要とおすすめポイント

大手レンタルサービスTSUTAYAの提供するサービス《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》

こちらはちょっとややこしいのですが、「TSUTAYA DISCAS」というDVD・BDレンタルサービスと「TSUTAYA TV」という動画配信サービス合体版です。

初回登録時だけ無料で「DISCAS」「TV」どちらもお試し(というか勝手に2つともくっついてくる)できますが、そのまま継続して正規利用される場合は、どちらかだけにすることができます!

ドラマ『ブラックペアン』は「DISCAS」でのDVDレンタルを使って、実質無料で視聴できます!

 

TSUTAYAレンタル可・ブラックペアン

 

ただ、”DVD・BDレンタルサービス”と聞くとどうしても「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実は《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》は

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システム!

お出かけついでにポイッとポストに返せるのです♪(めちゃらくちん♪実は私も使用中(^^ゞ)

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、ドラマ『ブラックペアン』無料でレンタルできます♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

TSUTAYA DISCASなら他の二宮和也出演作や海堂尊原作動画が無料でレンタルできる!

TSUTAYA DISCAS / TVでは無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

『流星の絆』などの二宮和也出演過去作をや海堂尊原作の『チーム・バチスタシリーズ』など、いっぱい楽しむことが出来ます!

 

TSUTAYAレンタル可・二宮和也出演作

二宮和也出演・代表作

 

TSUTAYAレンタル可・海堂尊原作作品

海堂尊原作作品
  • チーム・バチスタ シリーズ
  • マドンナ・ヴェルデ-娘のために産むこと-
  • ブラックペアン
  • ジーン・ワルツ  など

なんといってもTSUTAYA DISCAS / TV》は天下のレンタル大手《TSUTAYA》のサービス!なので”作品の取り揃え”がとんでもなく豊富!

30日間もある無料お試し期間中に、上記の作品を全部、追加料金なしの無料で視聴することが出来ます♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

『ブラックペアン』動画内容の詳細

ドラマ『ブラックペアン』のあらすじ

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎啓介教授(市川猿之助)もこの手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や医療ジャーナル誌編集長・池永英人(加藤浩次)も注目する手術だ。

 

そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。そんなとき、手術室に一人の男が現れる。
同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

 

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった─。

Amazon商品紹介より

ドラマ『ブラックペアン』の1話から最終回までネタバレ感想

ドラマ『ブラックペアン』は、「チームバチスタシリーズ」の生みの親・海堂尊さんの長編小説を基に制作された”医療ミステリー作品”です。2018年4月22日から6月24日まで、日曜劇場にて放送されました。

原作の小説はタイトル「ブラックペアン1988」。実は小説の中では1988年を舞台に展開しています。ただ、ドラマ作品では時代に合うように、2010年代の設定に変更されました。

また原作では登場人物を浅く広く描いているような形で、どちらかというと病院の在り方や手術の詳細描写などにも力を入れた、いわゆる”世界観を幅広く描いている”のですが、ドラマの方では主人公の渡海征司郎にスポットライトを強く当てた、「主人公」が存在する設定になっています。

東城大学医学部付属病院を中心に、医師たちの熱いバトルが繰り広げられる本作。主人公の渡海始め、研修医として夢や希望を持ち入ってきた世良、また帝華大学教授の西崎や、治験コーディネーターの木下などが関わり合い、最新・医療用機器「スナイプ」を巡って戦慄の医療ミステリーが繰り広げられます。


東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。佐伯教授の僧帽弁置換術の術式は“佐伯式”と呼ばれ、世界でただ一人、佐伯教授しか行うことが出来ない難しい手術。病院内の医師や研修医はもちろん、病院内外からも見学者が訪れていた。

その中には、帝華大学の教授・西崎啓介講師・高階権太もおり、敵情視察とやらをしていた。佐伯の手術が始まると、手術用具「プラックペアン」と言われるものが登場した。「佐伯式」とは「心臓を止めないで手術をする方法」のため、手術自体が難しい。

そんな佐伯式の手術に圧倒される西崎たち。しかし佐伯の別の患者の容態が急変したと連絡が入る。そこで、横山医師が患者のオペを第三手術室で行う事になる。佐伯は第一手術室にいるが、指示通りすれば上手くいくと佐伯は言う。しかしその場にいた者たちの嫌な予感は的中し、患者は容態が急変。血が噴き出してしまう。

研修医の世良雅志や、新人看護師の花房美和らはなす術がなく慌てふためいている。ところがそんな極限の状態の中、救世主として“オペ室の悪魔”と呼ばれる渡海征司郎が第三手術室に現れた。

横山に対しては「邪魔」と言い放ち「大間違いだよ。裂け目を見逃したんだろ。問題は執刀医にある。メンツがどうとか考えて、被害を広げたんだろ。1000万でもみ消してやるよ。辞表書けよ。お前の退職金、1000万でもみ消してやる。」と冷めた目で言う。

横山が「分かったから助けてくれ」と言うと、渡海は不気味にニヤつきオペに当たる。渡海の圧倒的な手さばきと速さに、モニターを見ている人間は圧倒される。渡海は佐伯式の手術を、佐伯教授よりも早いスピードで行い見事手術は成功した。

手術が終わった後、横山医師は約束通り1000万円を渡海に渡し、他の病院へ行く事になった。結果的に研修医の指導者がいなくなり、世良の指導医として渡海が担当する事になった。

しかし、執刀を変わるかわりに金を支払うというあくどいやり方をした渡海の姿に、世良は全く気が乗らない。その上過去、指導医が渡海だった研修医は皆辞めているという話を聞き、青ざめる世良だったが・・・?


中でも視聴者が印象に残ったシーンや名セリフなど、少しだけ紹介したいと思います。


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

緊迫した手術シーンの迫力がすごい

本作の見どころはなんといっても”圧倒的な手術シーン”です!

回を追うごとに手術シーンでの技術面に明らかに磨きがかかっているのが、画面のこちら側にもよくわかります。縫合の動きや糸結びの手付きは、いくら役者だとは言え、素人とは思えないレベルに進化しており、続けてみているからこその気づきもあるため、できるなら一気見をオススメします♪

1話で披露されたオペ術ももちろん凄いですが、回を重ねるごとに素晴らしい達人になっていく様に感動します。演技派の二宮さんの演技がまた良くて、二宮さんを筆頭にしているからこその”緊迫した手術シーン”をなのかなとも思います。

渡海先生の表情や仕草にキュンキュンする方続出!

また、本作の見所の別の側面として、主人公の渡海先生のふとした時の表情や行動に胸キュンする方が沢山いました!

まずは手術シーンでマスクをした表情の中から覗く目力のある表情。そしていつものSっけのある「邪魔」という言葉などを浴びせる姿。これにはファンからも「これは反則!」といった声や、「マスクでも隠し切れないカッコよさがにじみ出てる!」といった声が多くあがりました。

また最近では、作中でタバコの描写は映し出されにくくなりましたが、渡海先生の喫煙シーンはファンの方の好きなシーンとしてもられていました。

他にも、チラっと見せる鎖骨の描写や、得意技としても有名な「上目遣い」

この上目遣いは今までも数々の人を落としているとされており、ファンの方にとってはこの上目遣いシーンは「神シーン」と有名で、SNSを中心に盛り上がりを見せていました!

Twitterには沢山の感想が寄せられていました。

・今期のドラマはホントに楽しめたなぁ。残りはブラックペアンの最終回だけになったけど、原作通りの展開ならドラマの続編があっても二宮の渡海先生がもう出てこない・・・。それが勿体ないくらいの良い演技だった。

 

・最近のドラマは1話完結が多い中、このブラックペアンは真実を追い求める渡海の生き様のような、一本の軸が最初から最後まで貫いていて回を重ねる毎にどんどんのめり込んでいった。その最後に行きついたのは本当に悲しい真実だったけど、それは未来を感じさせるものでどこかほっとした など


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

ドラマ『ブラックペアン』のキャスト

渡海征司郎:二宮和也
世良雅志:竹内涼真
花房美和:葵わかな
渡海春江:倍賞美津子
木下香織:加藤綾子
池永英人:加藤浩次
西崎啓介:市川猿之助
高階権太:小泉孝太郎
佐伯清剛:内野聖陽 など


渡海征司郎:二宮和也

 渡海征司郎 
本作の主人公。天才的な技量の外科医だが、論文を書かなかったり上司に反抗的な態度を取っているため、出世はしない一般医局員。オペ室の悪魔と呼ばれる手術職人で、主に助手として手術に参加しているが、難易度の高い手術は執刀している。

医局の仮眠室で寝泊まりしており、医師なのに喫煙者(ヘビースモーカー)という裏の一面を持っている事も作中で描かれている。

皮肉屋で毒舌。執刀医が手術を失敗した際の挽回を請け負う代わりに、辞表を提出させ退職金を巻き上げて辞めさせているので「患者を生かすが、医者を殺す」と言われており、自らは「腕の良い医者は何をやってもいい」と公言している。

二宮和也さんが演じた渡海征司郎に関する声がTwitterに沢山挙がっていました。

・ニノ(二宮和也)の演技凄かった、ロス半端ない

・二宮和也さんの演技は大変に爆発的でエネルギッシュですね。“ あのシーン ” 超驚きました笑。

・このドラマの二宮和也の演技は本当にぞくぞくする魅力が満載。主人公の渡海は語りもしないし表情も変わらない。だけど目線一つとか、少しの動作で感情が溢れ伝わる。役者って凄い。大好きなドラマだー。買って良かった。 など

《二宮和也》
1983年6月17日生まれ。「ニノ」という愛称で親しまれている嵐のメンバー。ジャニーズの中でも演技派俳優と言われている方の一人です。

世良雅志:竹内涼真

 世良雅志 
東城医大に入局した初期研修医。指導医の渡海の非常識な言動に振り回されている。しかし一方で、患者を必ず救ける医師として尊敬もしている、感情豊かな男。サッカーが好きでペレを尊敬している。

研修医として実力のなさを痛感し成長していく様が描かれる。

竹内涼真さんが演じた世良雅志に関する声が挙がっていました。

・竹内涼真は時折泣かしてくる。中盤でストーリー読めてくるなぁ…って思いきや意外と最終回までどうなるか分からず、とにかくめっちゃ面白いわ!!

・竹内涼真さんに「オマエは俺の奴隷として一生仕えろ」と言い放って嘲笑ったシーンはマジでゾクッとした。

・竹内涼真もいい役だったんではないだろうか。 など

《竹内涼真》
1993年4月26日生まれ。新進気鋭の若手実力派で、『ひよっこ』や『過保護のカホコ』などで一気に知名度を上げている俳優さんです。

高階権太:小泉孝太郎

 高階権太 
西崎の弟子で、新任エリート講師だがアメリカで活動経験があり、帝華大学病院から赴任してくる。アメリカから持ち帰った「スナイプ」を東城大学総合外科に持ち込み「スナイプがあれば『佐伯式』は必要ない」と豪語する。

小泉孝太郎さんが演じた高階権太に関する声が挙がっていました。

・小泉孝太郎のドラマでの安定感、猿之介さんの突き抜け感……内容も充分。

・医道の基本に立ち返る小泉孝太郎の演技も秀逸。

・小泉孝太郎さんもいい役者になったなぁ。最終回まで面白かった など

《小泉孝太郎》
1978年7月10日生まれ。父親が第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎、弟は政治家で第27代環境大臣の小泉進次郎の政治家一家。たくさんの作品に助演しています。

佐伯清剛:内野聖陽

 佐伯清剛
東城大学医学部付属病院総合外科学教室の教授・トップ。日本を代表する名医師で、渡海の父親とはかつて同学で同僚だった。

心臓を止めずに僧帽弁形成術をする「佐伯式」という、画期的とされた術式で世界的な評価を得ており、日本外科学会の次期理事長の座を西崎と争っている。

内野聖陽さんが演じた佐伯清剛に関する声が挙がっていました。

・内野聖陽演じる佐伯清剛の一癖も二癖もある演技がたまらない。

・ケンジ役の内野聖陽はとてもブラックペアンの佐伯清剛と同一人物に見えない。(ゲイ演技うますぎる。ケンジかわいいよかわいいよケンジ) など

《内野聖陽》
1968年9月16日生まれ。『JIN-仁-』シリーズでの坂本龍馬役で、高知弁を流暢に話すキャラクター性で一気に知名度を上げた事でも有名ですが、最近では『きのう何食べた?』でのゲイのケンジ役を演じた事で、より幅広い層に知名度を上げた超実力派俳優さんです。

西崎啓介:市川猿之助

 西崎啓介 
帝華大学・外科教授。研究をメインに行っている。東城大学とはライバル関係にあり、西崎は日本総合外科学会の理事長選で、東城大学教授・佐伯清剛と理事長の席を狙う。

佐伯に負けているため、インパクトファクター獲得のために色々に画策し、失敗した部下を容赦なく切り捨てている。

市川猿之助さんが演じた西崎啓介に関する声が挙がっていました。

・ブラックペアン始まった 猿之助さん演技派ですね

・ブラックペアンの市川猿之助の演技って凄い憎たらしいなw

・市川猿之助さんの演技対決は目が離せない。一言一言で目の表情までも変わる西崎教授にポーカーフェイスの佐伯教授。そしてそんな二人を食ってしまうかの二宮君の存在感。小泉孝太郎さんの高階先生ってバチスタの病院長? など

《市川猿之助》
1975年11月26日生まれ。歌舞伎役者ですが、『龍馬伝』や『JIN-仁-』『半沢直樹』などの数々の人気ドラマに出演も果たしている、俳優としても知名度が高い方です。

木下香織:加藤綾子

 木下香織 
元看護師であり、治験コーディネーター。ドラマオリジナルキャラクター。多額の研究費や負担軽減金を用立てたり、高級飲食店での接待など行っている「やり手」という評価を得ている人物。

加藤綾子さんが演じた木下香織に関する声が挙がっていました。

・段々おもしろくなってきた。 原作とは違う主役スポットはありかな。 必要なまでに加藤綾子さんをコケ下ろしつづける意図は? 何か恨んでるのかな!?

・ドラマ ブラックペアン 加藤綾子の静かな演技が配役にぴったりで凄いな など

《加藤綾子》
1985年4月23日生まれ。元フジテレビアナウンサーで今はフリーのアナウンサーとして活動されています。本作で本格的に女優業も始めたとされる貴重な作品でもあります。

ドラマ『ブラックペアン』相関図

ドラマ『ブラックペアン』相関図

ドラマ『ブラックペアン』公式サイトより


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

ドラマ『ブラックペアン』の主題歌・スタッフ

ドラマ『ブラックペアン』の主題歌

*主題歌 – 小田和正「この道を」

ドラマ『ブラックペアン』のスタッフ

原作 – 海堂尊
『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)

脚本 – 丑尾健太郎、神田優、槌谷健
音楽 – 木村秀彬
医療統括 – 渡邊剛、下川智樹
医療監修 – 山岸俊介、須田康一
医療用ロボット監修 – 渡邊剛、石川紀彦
取材協力 – 吉田成彦
プロデューサー – 伊與田英徳、川嶋龍太郎、峠田浩
演出 – 福澤克雄、田中健太、渡瀬暁彦、青山貴洋
製作 – TBS


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

《TSUTAYA DISCAS / TV》の無料お試しを使えば、たくさんの話題作品が無料で視聴できてめちゃくちゃお得です♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!