ドラマ「僕の歩く道」の無料動画を最終回まで全話フル視聴する方法!

ドラマ『僕の歩く道』

2006年、いわゆるドラマ黄金期に制作された草彅剛主演の【僕シリーズ3部作】完結編『僕の歩く道』。

「発達障害者(自閉症)」を題材とした物語で、自閉症独特の特徴や、彼らにとって今の世の中においての”生きにくさ”を包み隠さず表現していると同時に、周囲の人々が輝明の純粋さに救われていく姿も描かれた名作です。

今回、ドラマ『僕の歩く道』無料で全話視聴する方法を調べてみたところ、TSUTAYA DISCAS(ディスカス)しかないことが判明しました!

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

ドラマ『僕の歩く道 』の無料動画を最終回まで全話フル視聴する方法

まずは、ドラマ『僕の歩く道』を配信している動画配信サービスはどれだけあるかを探してみました。

 

‥‥が。

ドラマ『僕の歩く道 』”動画として配信”しているサービスはないようです。


~ドラマ『僕の歩く道』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV / × 30日 2,417円 ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)


ドラマ『僕の歩く道』は動画配信で視聴するのは難しく、TSUTAYA DISCAS「DVD/BD」をレンタルして視聴するしかいまのところ方法はないようです。

‥‥というと「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実は《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システムなので、お出かけついでにポイッとポストに返せるのです。

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、ドラマ『僕の歩く道』無料でレンタルできます♪

 

《TSUTAYA DISCAS/TV》では無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

ドラマ『僕の歩く道』の他にも話題作を無料お得にいっぱいレンタルすることが出来ます!

以下の記事で《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》について詳しく説明しています♪ぜひご一読ください!

 

TSUTAYA DISCAS / TVTSUTAYA DISCAS/TVにスマホで簡単に登録する方法!注意点やおすすめ理由も

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『僕の歩く道 』動画の他にも草彅剛の出演作が無料でレンタル可!

《TSUTAYA DISCAS/TV》では無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

ドラマ『僕の歩く道 』だけでなく、いままでの草彅剛の出演作品をいっぱい楽しむことが出来ます!

 

TSUTAYAレンタル可・草彅剛出演作

《草彅剛》出演作品
僕の生きる道
僕と彼女と彼女の生きる道

・僕の歩く道
・任侠ヘルパー
・黄泉がえり
・日本沈没
・メッセンジャー

・いいひと
・スペシャリストシリーズ
・僕と妻の1178の物語…他 多数作品あり

ドラマ『僕の歩く道』だけでなく草彅剛出演の過去作無料orお得にレンタル可!

《TSUTAYA DISCAS/TV》はなんといっても天下のレンタル大手《TSUTAYA》のサービス!なので”作品の取り揃え”がとんでもなく豊富!

30日間もある無料お試し期間中に上記の作品を全部、追加料金なしの無料で視聴することが出来ます♪

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『僕の歩く道』動画内容の紹介

ドラマ『僕の歩く道』あらすじ

主人公の大竹輝明は先天的な障害により、10歳程度の知能までしか発達しなかった31歳の自閉症の青年。家族は、母の里江と妹のりなの3人暮らしだが、二世帯住宅の家に、輝明の兄・秀治の家族も住んでいる。

輝明は、幼なじみで、動物園の獣医である松田都古に動物園の飼育係をやってみないかと勧められ、動物園で働くことになった。物語は、輝明の純粋かつ直向きに生きる姿を描く。

Wikipedia より

ドラマ『僕の歩く道』キャスト

大竹輝明:草彅剛
松田都古:香里奈
大竹秀治:佐々木蔵之介
大竹りな:本仮屋ユイカ
大石千晶:MEGUMI
三浦広之:田中圭
堀田丈二:加藤浩次
大竹真樹:森口瑤子
河原雅也:葛山信吾
大竹幸太郎:須賀健太
亀田達彦:浅野和之
古賀年雄:小日向文世
久保良介:大杉漣
大竹里江:長山藍子 など


大竹輝明:草彅剛

 大竹輝明 
本作の主人公。先天的に障害により10歳程度の知能までしか発達しなかった青年。31歳。障害により、人とのコミュニケーションが上手く取れず、仕事が長続きしない。やる気はあるのに空回りする事や、周りの無理解、差別的な扱いが原因。幼馴染の都古の紹介で、動物園で試し入社する事になる。

あまり親しくない人と目を合わせる事は苦手で、抽象的な質問や会話また指示は何が答えなのか分からず対応出来ない。大きな音や予想外の出来事でパニックを起こすことがある。具体的な指示を示せばしっかり対応できる。ちなみにパニックになる時は、ツール・ド・フランスの歴代優勝者を復唱したり、チキンカレー以外のカレーが出ると「カレーはやっぱりチキンカレー、カレーはやっぱりチキンカレー……」と復唱したりする。

誰よりも幼馴染の都古のことを理解している。自身さえ欺いていた都古であったが、輝明だけは彼女の本当の気持ちを見抜いており、都古が弱っていると手紙に「都古ちゃんが、元気じゃありませんでした」と書いている。

また記憶力に関する特徴があり、自閉症スペクトラムなどの発達障がいや知的障がいがある人のうち、ごく特定の分野に限って突出した能力を持っている状態を指す、サヴァン症候群の傾向も見られる。

輝明の発達障害による特徴を例に挙げると、以下の点が挙げられる。

~・~・~
「黄色を好み毎日黄色い何かを身につけている」
「カレーはチキン入り以外は食べない」
「毎日1枚ずつ都古へ手紙を出し、その文面は書き始めから書き終わりまでを3行で完結させる」
「特定の場所で自転車の鈴を鳴らす」
「動物の餌のりんごは定規できっちり2cmずつ切って並べる」
~・~・~

草彅剛さんが演じた大竹輝明に対してTwitterには沢山の声が挙がっていました。

・大竹輝明の行動に最初はドキドキハラハラするばかりだったのに、いつのまにか「頑張れ!頑張れ!」って自然に応援していた。そして、ぽっと呟かれる輝明の可愛い言葉や素直な台詞に感動している自分がいた

・草彅剛の俳優としてのスキルが高すぎるって思うのは僕だけですか?

・観ていると役者草彅剛の事を忘れちゃう。だってそこには大竹輝明しか存在していないから。演じているって感じさせないから。 など

《草彅剛》
1974年7月9日生まれ、埼玉県出身。元SMAPのメンバーで今は新しい地図として活動していますね☆

松田都古:香里奈

 松田都古 
本作のヒロインで動物園の獣医。一人っ子で両親は1999年に離婚しており、幼いころから仲の悪い両親を見て育った。食事も母の手作りではなくジャンクフードばかりだったためか、得意な事は料理。輝明とは20年以上親しい幼馴染であり「テル」と呼んでいる。年は違えど、長年一緒にいた輝明をサポートし、人一倍自閉症に理解があり、周囲にも理解を得ようとしている。

獣医の河原と不倫の末に結婚するも、自分の体裁を気にしすぎる河原との距離は次第に遠のき、孤独を感じるようになる。結婚する前は動物園に勤めていたものの、結婚すると同時に河原とともに動物病院で働いていた。

ついに孤独が限界に達した際に河原の家を飛び出し、向かった先は母親のところであったが、そっけない態度をされる。輝明の手紙は全て捨てずに取ってあり、河原が輝明の手紙を破き馬鹿にした際には本気で河原に対し突っかかっていった。

その後、最も自分のことを理解してくれている大切な友人が輝明であることに気付き、河原と離婚して動物園に復職する。輝明のグループホーム入りに際して親身に検討し、以後輝明とは最高の親友関係を保つようになった。少年時代の輝明が3人の少年にいじめられていた際は、「3人でいじめるなんて卑怯だ」と勇敢にも少年らに立ち向かい輝明を庇ったこともある。

香里奈さんが演じた松田都古に対してTwitterには沢山の声が挙がっていました。

・テルくんの「手紙 出したから」にいつも「うん、待ってる」と答える都古ちゃんが好きだった。

・久々「僕の歩く道」見てます、大竹てるあきくん元気に飼育員さん続けてるのかな と思わせてくれるドラマで、香里奈さんの都古ちゃんもとても素晴らしいです

・CMで香里奈見る度都古ちゃん頑張ってるなぁ〜て思う など

《香里奈》
1984年2月21日生まれ、愛知県出身。ファッションモデルとしてデビューした後、主演級の役柄で女優として活動。“若手ではかなりの実力派”と言われるまで上り詰めた女優さん。

大竹秀治:佐々木蔵之介

 大竹秀治 
主人公の輝明の兄であり真樹の夫。1994年に結婚する。自閉症の弟を持つ人間として「一般的な差別的視線」を持つ人物。表面的は輝明に優しく接しているが、輝明は健常者と一緒の仕事をすべきではないと考えている。

その考えを持つきっかけとなったのは、小学生の頃のいじめ。弟・輝明が障害者だという事で同級生からいじめられたり、輝明が問題を起こすたびに輝明の担任が彼に文句を言ったこともあり、輝明のせいで何故自分までという想いがあり、心の中では輝明を邪魔者と思ってる。

今までの過去の周囲の反応が邪魔をして、自分も輝明の事をしっかり見ていなかったと気付くのが、輝明がロードレースに出場を決意した時。最初こそ「家族が助けてくれると思うな!」と反対したものの、輝明が自分に対しても感謝の意を持っていることが分かり、考え方を改め輝明と和解する。

佐々木蔵之介さんが演じた大竹秀治に対してTwitterには沢山の声が挙がっていました♪

・「僕の歩く道」を一気見してしまった。古賀エピソードが一番泣ける。佐々木蔵之介かっこいい(*´д`*)

・佐々木蔵之介見ると 「こんばんは。おにいちゃん」 と勝手に脳内再生してしまう

・僕の歩く道でつよぽんと共演してるのを観てから佐々木蔵之介さんを「お兄ちゃん」と勝手に呼んでいます など

《佐々木蔵之介》
1968年2月4日生まれ、 京都府出身。シリアスな役からコメディチックな役柄まで器用に演じ切る国民的俳優さんですね!

古賀年雄:小日向文世

 古賀年雄 
輝明が働く事になる動物園に勤めているベテラン飼育係。自閉症者の輝明が同じ動物園で働く事や、自閉症と知っていながら輝明を採用した園長の方針に対しては否定的な考えを抱いており、自閉症の輝明を毛嫌いする中年男性。

毛嫌いするのは、実は自分の息子・和彦が自閉症であり、尚且つ息子自身を認めることが出来なかった事が大きな原因である。息子の和彦とは一緒に遊んだ事は一切なく、意図的に距離を置いていた。挙句の果てに和彦が迷子になった際には放ってき、それが原因で妻と離婚する羽目になる。息子と別れた事は今では後悔している。

一番身近な存在に自閉症の人物がいたが故、輝明に対しては最初こそ無関心を装ってきたが、徐々に輝明の懸命さと純粋さに心揺さぶられ、輝明の能力を認めつつあり、輝明と一緒に働くことに対して抵抗は薄れていく。

小日向文世さんが演じた古賀年雄に対してTwitterには沢山の声が挙がっていました。

・小日向文世の「自閉症の息子を受け入れられなかった父親」の演技は、ものすごく胸を打って涙が出たのを今でも覚えてる。

・小日向文世が自閉症の息子を持つ父親役をやっていた。ドラマの中で小日向は「自閉症の息子を捨てて逃げて離婚された父親」を演じていて、その熱演は今でも覚えてる。

・お父さんが死んだことは知っているのに自閉症の子は”死ぬ”ということを理解していないこともある 小日向の古賀さんはそれを知り大泣きする など

《小日向文世》
1954年1月23日生まれ、北海道出身。家族を大事にする事で有名な小日向さん。近年では息子で俳優の小日向星一さんと、放送のいすゞ自動車のCMで初共演を果たしています☆

久保良介:大杉 漣

 久保良介 
動物園の園長を務めている。自閉症者の輝明を雇ったのには企業イメージを高めるための理由に過ぎなかったが、本心では輝明に対して理解を示している。派閥争いに敗れ現在の職についた。表向き動物への理解と愛情はあるように装っているが実際は全くなく、本社に戻ることだけを考えている。

輝明とのふれあいを通じて、動物園での仕事に対しても本心から愛情を持つようになった矢先に本社への復帰が決定。しかし以前とは想いが変わっており、動物園に残ろうとする。

大杉 漣さんが演じた久保良介に対してTwitterには沢山の声が挙がっていました。

・大杉漣さんの園長さん、だんだん輝明くん理解していく過程が大好きでした

・2006年にドラマの『僕の歩く道』で、大杉漣さんの演技に惹かれました。 去年、『大杉漣の漣ぽっ』を見て、漣さんが意外とお茶目なキャラクターである事に親しみを持ち、好きになりました。 漣さんは、私にとって理想のお父さんです!

・大杉漣は僕の歩く道での草彅に対しての愛情にグッときた記憶がある など

《大杉 漣》
1951年9月27日生まれ、徳島県出身。異名は「300の顔を持つ男」「カメレオン俳優」で親しまれていた国民的俳優さんですが、残念ながら2018年に永眠されました。

大竹真樹:森口瑤子

 大竹真樹 
輝明の兄の秀治の妻。息子の幸太郎に対して教育熱心で、東京大学に入学させようという事しか考えていない。しかし幸太郎が限界に達した時に反発されてしまい、幼児の時に幸太郎が自分にあてて書いた「大好きなお母さん」の絵を見つけ、見失っていた何かに気づく。

本作において「極度の差別的視線」を持つ人物の一人で、秀治が輝明を邪魔ものだと思っていた事が真樹にも伝染しているようにも見受けられる。結婚時に「姑の容体に何かあった際には輝明を施設に預ける」という約束をしていたが、息子のことについて輝明が口にした純粋な言葉がきっかけで最終回時点では多少考えを改め、輝明に対し感謝の意を持っているようである。

森口瑤子さんが演じた大竹真樹に対してTwitterには沢山の声が挙がっていました。

・森口瑤子さんの演技が素晴らしかったです。自転車に乗る浅野和之さんもよかったです。傑作のドラマでした。

・森口瑤子といえば、クサナギ御大主演フジドラマ「僕の歩く道」にも兄嫁役で出演したことをwikiで思い出し、ああまた見たい…と激しく思うのでした など

《森口瑤子》
1966年8月5日生まれ、東京都出身。旦那様は『東京ラブストーリー』や『カルテット』などで知られる脚本家・坂元裕二さん。

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『僕の歩く道』主題歌・スタッフ

ドラマ『僕の歩く道』主題歌

*主題歌
SMAP「ありがとう」

ドラマ『僕の歩く道』スタッフ

脚本 – 橋部敦子
音楽 – 本間勇輔
アソシエイトプロデューサー – 石原隆
プロデューサー – 重松圭一、岩田祐二
総監督 – 星護
演出 – 星護、三宅喜重、河野圭太
制作 – 関西テレビ・共同テレビ

ドラマ『僕の歩く道』ネタバレ感想

ドラマ『僕の歩く道』は2006年10月期に放送された、いわゆる『僕シリーズ3部作』完結編とされている3部作目になります。

“僕シリーズ”は草彅剛を主演に据え、小日向文世と大杉漣、浅野和之も3部作全てに対して出演。橋部敦子さんが脚本をすべて手掛けていますが、内容もテーマも全く違う3作になります。

社会現象を起こしたとも言われる”僕シリーズ”。本作『僕の歩く道』は「発達障害者(自閉症)」を題材としている物語であるが故、注目されるのに比例して、毎話放送する度に多くの意見が寄せられたようです。

草彅剛さんが演じる主人公・自閉症の輝明を中心に、自閉症の特徴の特徴を包み隠さず描いていたり、輝明を取り囲む周囲の差別や、葛藤や隔たりも逃げずに表現されています。

輝明の純粋さに周囲はどう変化していくのか。

第1作目の『僕の生きる道』では”愛と死”をテーマに。
2作目となる『僕と彼女と彼女の生きる道』では”家族の再生”をテーマに。
そして今回の『僕の歩く道』”障害と純粋”をテーマにしています。


主人公の大竹 輝明は、先天性障害で10歳児程度の知能しかない31歳の自閉症。自閉症という障害により、仕事にやる気があっても周りとのコミュニケーションが上手く取れず、仕事が長続きせずにいました。そんな時に、幼馴染で獣医の都古から紹介された動物園で働き始めるところから、物語は動き出します。

幼馴染の都古は幼い頃から輝明と接してきたので、自閉症に理解があります。輝明の自閉症の特徴も分かっており、「作業の指示は抽象的ではなく具体的に。きめ細かく伝え過ぎるとその通り正確過ぎるほどに行動してしまう。」などといったアドバイスを動物園の同僚たちに伝えます。

小さな命から大きな命までいる動物園は輝明にとって楽しいものでした。徐々に仕事にも慣れ始めてきた頃、突然風船が割れた音で驚いた輝明。自閉症の特徴として大きな音にはとても敏感で、過度のストレスを起こし、パニックに陥ります。驚いた拍子に、テンジクネズミが入ったカゴを落としてしまい一斉に逃げ出してしまう姿に、酷く震え高い奇声を上げてその場で立ち尽くすばかり・・・。

また、輝明は二世帯住宅で暮らしています。母親と妹と一緒に住んでいる家と、もう一方には兄の秀治と妻・真樹、息子の幸太郎が暮らしていました。仕事が長続きしない輝明に対して母親が就職説明会に参加するよう勧めている会話中に兄・秀治が現れ「もう健常者と一緒の仕事はやめたら?」と言い放ちます。その言葉に母は「何度言ったらわかるの? 健常者とか障害者っていう言葉、使わないでちょうだい」と口論に。。。。

自閉症の弟を持つ秀治と、自閉症の息子を持つ母親は、いつも輝明の事で口論になっていました。兄は幼い頃から自閉症の弟がいるという事だけでイジメに遭っており、そんな背景から輝明を邪魔者扱いしていました。

そんな輝明には一日の終わりに幼馴染の都古に葉書を書くのが日課となっていました。動物園で働いたその一日の後は、『都古ちゃんへ 今日は、動物園に仕事に行きました。大竹さんの担当は、ジンジンですと言われました。チクッてんじゃねえよと言われました』と書きました。輝明の葉書はいつも3行。そこに輝明はその日経験したいろんなことをのせるのです。

最初は理解が得られない動物園の同僚たち、先輩飼育係の三浦や、ベテラン飼育係の古賀年雄などの人間物語に加え、幼馴染の都古の結婚生活まで輝明が関わる事になり・・・?


ドラマ『僕の歩く道』は実は、輝明の世界だけを中心に描かれるのではなく、輝明が働く動物園の人々の話や、幼馴染都古の結婚や幸せについての話、また輝明の家族を取り巻く話など、大きく分けて3つの軸が展開される作品になっています。

輝明がもちろん主人公ですが、輝明を取り巻く人々の人物像と背景が丁寧に描かれており、誰一人疎かにされていない部分も見所となっています。それぞれの人物がそれぞれの思いや悩みを抱えている様子がきちんと映し出され、輝明の予想もつかない行動が彼らを救っていく様が描かれています。

本作では「純粋」がテーマという事もあり、話題になった名言が沢山あります。輝明が口にした純粋な言葉に登場人物だけではなく、視聴者も心動かされたようです。

「おいしい。カレーはやっぱりチキンカレー。」これがすごく響くことになろうとは。

 

「結婚っていうのはずっと仲良くしようって約束すること。」

 

「何で泣いてるの?僕が代わりに笑ってあげる」ってテルが言うシーン アレはマジで泣いた!

彼の言葉、彼の行動、彼の生きる姿がたくさんの周りの人たちを変えていきます。たくさんの周りの人たちが忘れていた何かを思い出させてくれます。またSMAPが歌っている主題歌の「ありがとう」もドラマの世界観と合っていて、ヒットしました!

Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

是非この機会に見てみて下さい♪

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

まとめ

今回はドラマ『僕の歩く道』無料お得に視聴する方法について、ご紹介しました。

《TSUTAYA DISCAS/TV》無料お試しを使えば、本作品だけでなく、たくさんの話題作品が無料で視聴できてめちゃくちゃお得です♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!