義母と娘のブルースの動画配信を無料で最終回までフル視聴!1話から全話見放題

ドラマ『義母と娘のブルース』

2018年7月期にTBSテレビ系で放送された、ドラマ『義母と娘のブルース』動画無料で全話視聴する方法について、分かりやすく解説していきます。

こんな方は必見
  • ドラマ『義母と娘のブルース』を1話から最終回まで、全話無料でイッキ見したい
  • 『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』『義母と娘の間のフェルマータ』なども一緒に無料で視聴したい
  • 綾瀬はるかの出演作が観たい

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

『義母と娘のブルース』の無料動画を最終回までフル視聴する方法

ドラマ『義母と娘のブルース』の動画を無料で視聴する方法を調べてみたところ、《Paravi》で視聴するのが一番楽でお得であることが分かりました。

TBS系ドラマである『義母と娘のブルース』の動画は、TBS・テレビ東京系の有料動画配信サービス《Paravi》全話見放題で配信されています。

《Paravi》には無料お試し2週間あり、もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪《Paravi》に簡単な登録を行うだけで、全話無料ですぐに視聴できます!


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Paravi》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

ドラマ『義母と娘のブルース』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでのドラマ『義母と娘のブルース』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどをまとめました。

ドラマ『義母と娘のブルース』が視聴できる配信サービスは現在数社あります。なので、もしいますでに加入している配信サービスがある方はぜひ、そちらでの配信状況を確認してみてくださいね。

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると「果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩んでしまうかと思います。

そこで今回は、下記の動画配信サービスのなかで完全無料動画として視聴でき、『義母と娘のブルース2020年謹賀新年スペシャル』『義母と娘の間のフェルマータ』無料で視聴できる《Paravi》をおすすめしたいと思います!

(Amazonプライムではサイドストーリーは配信されていません)


~ドラマ『義母と娘のブルース』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇(DVDレンタル) / △ 30日 2,417円 ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV 31日 500円 なし
Paravi 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ 〇(サイドストーリー等は×) 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

Paraviの概要とおすすめポイント

Paravi(パラビ)はTBS、テレビ東京、WOWOW、日本経済新聞社などが連携して立ち上げた”動画配信サービス”。

なので、TBS・テレビ東京のドラマやバラエティが充実&国内ドラマのラインナップは国内最大級♪テレビが好きな方には特に楽しい動画配信サービスです。

月額は税込みで1,017円。ですが、Paraviには「2週間無料お試し期間」があります♪

Paraviの無料お試しはいつ加入しても「その日から2週間無料で試せますので、例えば月末に加入したからと言って無料お試し期間で損することはありません。

無料期間が終わった翌日から有料サービスとなりますので、利用してみて「やっぱりやめよう」となった場合は、加入日から2週間以内に解約手続きしたら、料金は発生しません。

また、Paraviベーシックプランを利用している人には(無料期間終了後)、月額1,017円(税込)に対して毎月550円分(税込)の有料レンタル用チケットがもらえます♪

ドラマ『義母と娘のブルース』はParaviにて見放題で独占配信中♪ 完全無料で視聴できます!

また『義母と娘のブルース2020年謹賀新年スペシャル』『義母と娘の間のフェルマータ』、おまけにディレクターズカット版すべて見放題で視聴できます!

 

Paravi配信中・義母と娘のブルース

『義母と娘のフェルマータ』Paraviによる独占配信なので、Paraviでないと視聴することが出来ません。

ぜひこの機会にParaviの2週間無料お試しを利用して、無料で視聴してみてくださいね♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Paravi》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

Paraviなら綾瀬はるかの他出演作も無料で視聴可!

Paraviなら、綾瀬はるかの他出演作も追加料金無しで視聴することが出来ます♪

Paravi配信中・綾瀬はるか出演作

綾瀬はるか出演作
  • 義母と娘のブルースシリーズ
  • わたしを離さないで
  • ROOKIES(ルーキーズ)シリーズ
  • ブラックジャックによろしく
  • 世界の中心で愛を叫ぶ
  • ホタルノヒカリシリーズ
  • 白夜行

‥‥など

\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Paravi》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

すでにParaviを利用した事がある場合は、TSUTAYA DISCAS / TV がおすすめ

すでにいままでに《Paravi》に登録経験があって、無料お試しが利用出来ない方は《TSUTAYA DISCAS / TV》がおススメです!

大手レンタルサービスTSUTAYAの提供するサービス《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》

こちらはちょっとややこしいのですが、「TSUTAYA DISCASというDVD・BDレンタルサービスと「TSUTAYA TVという動画配信サービス合体版です。

初回登録時だけ無料で「DISCAS」「TV」どちらもお試し(というか勝手に2つともくっついてくる)できますが、そのまま継続して正規利用される場合は、どちらかだけにすることができます!

今回、『奥様は、取り扱い注意』を完全に無料で視聴できるのはTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)”DVD・BD・CD定額レンタルコース”でのレンタルという形になってしまいます。

‥‥というと「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実はTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システムなので、お出かけついでにポイッとポストに返せるのです。(ほんとラクチンです。かくいう私も利用中♪)

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、ぜひついでに他の作品も一緒にレンタルしてくださいね♪

登録も解約もとっても簡単☆

めちゃくちゃたくさんの作品を、簡単&お得に視聴することが出来ます♪


\こちらも無料で視聴可能♪/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴


30日間無料お試しOK!

TSUTAYA DISCASなら綾瀬はるか過去出演作が多数視聴可!

TSUTAYA DISCAS / TVでは無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

ドラマ『義母と娘のブルース』はもちろん無料、他にも綾瀬はるか出演作をいっぱいレンタルすることが出来ます!

 

TSUTAYAレンタル可・綾瀬はるか出演作

《綾瀬はるか》出演作
  • 奥様は取り扱い注意
  • ホタルノヒカリ
  • 今夜、ロマンス劇場で
  • 義母と娘のブルース
  • ホタルノヒカリ
  • 白夜行
  • 僕の生きる道

…他 多数作品あり


\こちらも無料で視聴可能♪/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴


30日間無料お試しOK!

『義母と娘のブルース』動画内容の詳細

ドラマ『義母と娘のブルース』のあらすじ

数年前に母親を亡くし、父親の 良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた 宮本みゆき (横溝菜帆)。そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。彼女の名前は 岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。

 

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。

 

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる。一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、「再婚は早いのでは?」 と釘を刺されてしまう良一だが亜希子への想いを語る。みゆきの牙城を崩すためのヒントをもらおうと下山の元を訪れる亜希子。「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」 と言い張る下山に亜希子は… !?

 

その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に荷物を託す田口。威勢よく飛び出して行く麦田にどこか違和感を覚える田口。この違和感は、後にとんでもない被害に発展する… !?果たして亜希子は、みゆきに受け入れられるのだろうか !?義母として、認められるのだろうか !?

Amazon商品紹介より

ドラマ『義母と娘のブルース』の1話から最終回までネタバレ感想と見どころ

ドラマ『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴さんによる漫画を原作としているホームドラマ作品。母親になるためにただ一生懸命娘を愛する、血の繋がらない母娘の辿る10年間の軌跡のストーリーです。

2018年7月期にTBS系「火曜ドラマ」枠で放送され、通称“ぎぼむす”として世間で愛されました。最終回を迎えると“ぎぼむすロス”が多発するほど大ヒットした本作。2020年1月2日には、連続ドラマの1年後を舞台として描かれる「2020年謹賀新年スペシャル」も放送され、Paraviでは、登場人物のいわゆる”脇役”が主役のオムニバスドラマも配信されるほど、人気のシリーズになりました。

数年前に妻、母親を亡くし父ひとり子ひとりで生きてきた一組の親子。そんな彼女らの前に、綾瀬はるかさん演じる、ある1人のキャリアウーマン岩木亜希子が現れます。バリバリのキャリアウーマンと一人の小学生。娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと懸命に奔走する日々を描いた、見ていて心温まる作品となっています♪

脚本は『白夜行』などを手掛けた森下佳子さん。父親の良一を演じたのは「さまよう刃」や「ヤンキー母校に帰る」など数多くのドラマ、映画、CM などで存在感を発揮している竹野内豊さん。

そして主役の元キャリアウーマンには「世界の中心で、愛をさけぶ」で白血病により17歳で生涯を終える女子高校生、「白夜行」では人を殺めてしまう女性、「JIN-仁ー」では女医を志す武家の娘役。あらゆるジャンル、さまざまな役どころで活躍し続け、女優としてのキャリアを積み上げている綾瀬はるかさんです♪

娘役みゆきは、総勢277人、6度にわたるオーディションの末選ばれた逸材。期待の女優、横溝菜帆さん。そんなみゆきの成長した娘役を務めるのは今注目の女優、上白石萌歌さん。物語の台風の目となる役柄で佐藤健さんも出演しキャストも豪華です!

このドラマを見る前はタイトルからして『義母と娘』なので、バリバリのキャリアウーマンと一人の娘の物語で、いわゆる“お涙ちょうだい”の家族ドラマかと思っていました。ところが綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマンが、ドラマが始まって間もなく大手会社、しかも部長の役職を捨てて会社を退職します。あれ!思ってたんと違う!てなりました(笑)。

父・宮本良一、娘・宮本みゆき、キャリアウーマン・岩木亜希子の3人。それまで二人だけで暮らしてきた親子。その娘・みゆきの前にスーツ姿のキャリアウーマン岩木亜希子が現れ、名刺を差し出します。「はじめまして。あなたの母に就職します」と。異例な光景に印象が残ったシーンでもあり、ドラマのトップイメージ画像として使われてもいます。小学生に対して名刺で自己紹介の破壊力よ!(笑)

このドラマでは今まで仕事一筋の女性が、全く違う主婦として一所懸命に母親になろうと奮闘する姿を中心に、義母と娘、その周りの人間ドラマを描いたほっこりとする奇跡の物語です。あたりまえの喜びや、悲しみ、そして時に涙し、物事に対する考え方、捉え方を考えさせられます。

亜希子とみゆきが、親娘として、心通じ合わせる事が出来るのか────。家族になれるのかといったところが、やっぱり気になるところですね。

母親が亡くなって数年ですが、娘にとって母親は一人だけ。そんな想いが強く、いくら誠実に娘と接しようとする亜希子に反抗してきたみゆき。けれど「悪い人ではないらしい」と小学生ながらに感じ始めてきた頃、ここで疑問が出てくるわけです。

本当に父親と亜希子は恋愛結婚なのか。そうでないとしたら何故自分の積み上げてきたキャリアを簡単に捨ててまで、この家族に尽くそうとするのか

一つはもう、視聴前からご存知の方が多いかと思いますが「父親の病気」ですね。余命僅かと言われるほど症状が進んでいました。実は父親、病気の事は最後の最後までみゆきには知らせません。

また亜希子は幼い頃に両親を亡くし、施設で育っていたという過去があります。良一からプロポーズされた時に余命僅かと知り、もし良一がいなくなったらみゆきが一人になり自分と同じような思いをする事が分かっていたし、自分と同じ境遇にならないよう、みゆきの母親になろうと決意したという経緯があります。

また亜希子は、仕事では十分に充実した生活が送れていましたが、一人家に帰ると話し相手もだれもいない事に、自分なりに寂しい気持ちを抱いていたことも大きかったと言えます。

女性らしさは皆無で、おしゃれもしないし、無表情の亜希子。大真面目なのですが、少し固いというか仕事人間というか。普段の会話にもビジネス用語を多用しますので壁があるよう思えます。

最初はみゆきの事を“クライアント”と呼ぶほど、仕事と置き換えて物事を見ていました。その彼女亜希子が、みゆき、良一をはじめ、人と心を通じ合わせることで、亜希子の表情が豊かになっていくころも見所と言えます!

このドラマは今の日本、社会の現象に物申すといったメッセージ性をも感じます。女性の社会進出が進み、晩婚化となっている昨今、家族の形も多様化していますね。親子の愛、友との絆、支えてくれる周囲の人間たちの優しさ、その時々には気づかないけど、欠けてしまうと、どうしようもない淋しさに包まれてしまう。

当たり前の日常の中に、実は愛は満ち溢れている。こんなに温かい気持ちを、義母と娘のありふれた毎日を通して感じられる、とてもハートフルな作品です!

またちょいちょい職業を変えて(笑)出てきていたキーパーソンとなる役柄、麦田章を演じていた佐藤健さん。どのように亜希子とみゆきに関わっていくのかも面白いところです!

“ぎぼむす“は元は4コマ漫画ですが、連続ドラマになり、より感情豊かに感じられる作品に上手に仕上げられています。

ぜひ、他の関連作品も一緒に、しっかりじっくり楽しんでください♪

\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Paravi》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

ドラマ『義母と娘のブルース』視聴者のレビュー

50代・女性

亜希子を演じる綾瀬はるかさんのバリバリのキャリアウーマンぶりと、お茶目な一面に魅了される作品でした。綾瀬さんといったらのんびりな感じがイメージであり、仕事をバリバリこなす感じとは程遠い気がしていました。しかし視聴し出すと仕事の段取りの良さや気遣い、取引先との対応などぴったり役にハマっていました。本当に何でも出来る女優さんだと尊敬します。

 

バツイチの宮本と結婚するのに娘のみゆきとどのように接したら良いのか分からず仕事相手にするように名刺を差し出すお茶目さといったらありませんでした。仕事しかしてこなかったので子供にどのように接したら良いのか分からなかったようです。それを真面目にこなすので余計にクスッと笑えてきます。

 

宮本が余命わずかでみゆきのために家族を作ってあげたくて結婚をしたことを知りとてもシリアスなドラマだったんだと改めて知りました。宮本が亡くなった時の二人のショックはとても辛いものでしたが、亜希子とみゆきが本当の親子になれた瞬間だったように思います。高校生になったみゆきとの生活もとても素敵なものでした。あちこちに出没していた青年の正体がパン屋の麦田で亜希子との関わりに終盤ドキドキさせられたのもとても良かったです。

30代・男性

義理の母でありながら、凄く機械的な執事タイプの義理の母に最初は娘がほんろうされ、あり得ない!と言う形で姿を消しますが、機械的でありながらも、娘に寄り添おうとする母の姿が感動でありました。また、自分自身が不器用や空気を読めないと言うことが分かっていなかがら、自分自身を突き通す情熱についても、並のお母さんではない、娘思いの親であることが非常に共感できる作品でありました。

 

また、娘としましては、最初こそは、土足で自分自身の足の中に踏み込んでこようとする母に対しまして、警戒をしまして、怒ったりいなくなったりと言うことが非常に多かったのですが、母の思いやりを十分に分かってくれるようになりまして、最終的には、娘にとって義理の母が欠かせない存在となってしまいます。やはり、最終的には、母思いの娘であり、また、娘思いの母として、お互いがお互いに信頼し合うことができる感情を共有できる形となりますので、義理の母と娘の信頼関係について、ニヤニヤしながら期待することができます。

 

また、冷え切っている母と娘の信頼関係を取り戻すためのヒントがこの番組を見ることによりまして、解消できる形となりますので、同様に父と娘と言うケースについてもモデルケースにして頂くことが可能であると思われます。

50代・女性

綾瀬はるかさん主演というこのドラマですが、脇を固める俳優陣も竹野内豊さんや上白石萌歌さんや佐藤健さんなど、意外なところで意外な方が出演しています。竹野内豊さん演ずる父親役が、最初の段階でえっ?このあと出番ないの?という展開になってしまうことにも驚きます。

 

また、義母は変わらず綾瀬はるかさんですが、娘の方は子役の俳優さんから上白石萌歌さんへバトンタッチし、そこからの流れは、親子には見えない容姿の綾瀬はるかさんと上白石萌歌さんのユニークなバトルが始まります。出番がなくなったかと思っていた竹野内豊さんの声も毎回聞くことができ、この声に癒やされることも多かったです。いろんなキャラを演じ分けることが出来る佐藤健さんのお茶目な役柄も見どころです。

 

バリバリのキャリアウーマンが、どうしてこの結婚を決意できたのかというところが一番の謎でしたが、ストーリーが進むにつれて、不確かなものを手探りで確実なものにしていく温かさが描かれていて、タイトルにあるブルースとは、このあたりから感じられるものだと思いました。血のつながらない義母と娘ですが、程よい距離を保ちながら、手探りで解決策を見つけながら、良い関係に仕上げていく面白さを感じられるドラマです。

40代・男性

義母と娘のブルースは綾瀬はるかが主演と聞きドラマを観たいなと思った反面、題名がいまいち面白そうに思えないとも思っていました。しかし、初回から中々内容がぎっしり詰まっており話の展開も早くのめりこんでみてしまいました。

 

内容は、早くに妻を亡くしてしまった仕事の冴えない夫が再婚相手にライバル会社の有能なキャリアウーマンと結婚するところから始まり、母親と認めない娘とのいざこざが主題のドラマです。最初は何故、、冴えない男に沢山お金を稼ぐキャリアウーマンの女性が結婚するのかなど疑問もありましたが、話の伏線はチャンとすべて回収されており、最終話にはモヤモヤしたものも残らず、すっきりと見終えることができました。

 

毎回娘を思う継母の気持ちと、反抗する義理の娘のとの衝突を見て、やはり普通の親子以上にお互い気を使いあう反面、普通の親子以上に愛情が深まっていく二人に羨ましさも覚えました。もう少し第一部の竹野内豊が登場している話のシーンが長ければと思っております。第一部の不器用になかなかうまく母親になり切れない妻を、夫がやさしく見守るシーンや一緒に支えあうシーンをもう少し観れればとは思いました。大変感動できる親子で観るドラマだと思います。

50代・男性

竹野内豊さんは実生活ではお子さんはいませんが、もし娘がいらっしゃればこのような父親だったのではないかと、そう思わせてくれました。娘のみゆきに対して実に優しく娘への温かい眼差しにはとてもほっこりとした幸せな気持ちになりましたし、甘やかしているというのではなく素晴らしい愛し方をしているという印象で、本当に良き父親という感じで、みゆきもそういうお父さんが大好きでたまらないという理想の親子像を見せて貰っていた気がします。

 

彼のそういう優しさは亜希子に対しても同じで、だからこそ亜希子もいきなり母親になるという恐らくそれまで生きてきた中で最も難しい決断を迫られる中でも母になる決断を下す事ができたのかなと思います。みゆきと亜希子の関係や仲はどうなっていくのだろうと、まるで彼女らの親類のおじさんのような気持ちでドキドキしながら見続けてきたのですが、亜希子の努力には頭が下がる思いでしたので、なかなかうまくいかなかった時には思わず頑張れと画面に向かい声を出して応援したくなりました。

 

佐藤健さんの存在感も大きかったです。こんなにもチャラくて軽い男の役が似合う俳優さんだったのかと驚きましたが、チャラいキャラクターがとても似合っていて発言も行動も面白くて随所に笑わせて貰いました。

20代・女性

「義母と娘のブルース」というドラマは、バリバリキャリアウーマンである主人公、岩本亜希子が妻を亡くした宮元良一と結婚し、小学生のみゆきと家族になる話である。私は、なんとなく見始めたドラマであった。しかし、いつの間にかこのドラマに引き込まれていたのだ。初めは、主人公と娘の関係はとてもギクシャクしていてどうなっていくのかとハラハラ見ていた。

 

主人公は良い母親になろうとして頑張るのだが、主人公の行動はズレていて、みゆきの反感を買ってしまう。はじめは、そんな義母と娘の関係が、ドラマを見るうちにどんどん変化していく。そんな日常に嬉しいこともあれば、悲しいことも奇跡もある。そんな義母と娘の日常をみて、日常について考えさせられることであろう。とくに、5話に関しては義母と娘の姿に感動してしまった。ぜひ、5話をみていただきたい。

 

また、このドラマの面白いのは数年後の話が、第二章としてあることである。なんと、小学生だったみゆきが高校生に成長して、義母との関係が書かれているのだ。はじめ、ギクシャクしていた義母と娘の関係はどうなっているのか? ほかにも第1話からみていくとある人が出てきたり? 優しく、温かいこの物語を是非みていただきたい。

ドラマ『義母と娘のブルース』相関図

ドラマ『義母と娘のブルース』第1章

ドラマ『義母と娘のブルース』相関図1

ドラマ『義母と娘のブルース』第2章

ドラマ『義母と娘のブルース』相関図2

ドラマ『義母と娘のブルース』公式サイトより

\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Paravi》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

ドラマ『義母と娘のブルース』キャスト・主題歌・スタッフ

ドラマ『義母と娘のブルース』キャスト

宮本亜希子 … 綾瀬はるか
宮本良一 … 竹野内 豊
麦田 章 … 佐藤 健

宮本みゆき (高校生) … 上白石萌歌
黒田大樹 (高校生) … 井之脇 海
宮本みゆき … 横溝菜帆
黒田大樹 … 大智
友井智善 … 川村陽介
西条乙女 … 橋本真実
猪本寧々 … 真凛
前原大輔 … 村本大輔 (ウーマンラッシュアワー)
ユナ … 水谷果穂
宮本愛 … 奥山佳恵
麦田の父 … 宇梶剛士
矢野晴美 … 奥貫 薫

田口朝正 … 浅利陽介
笠原廣之進 … 浅野和之
下山和子 … 麻生祐未

ドラマ『義母と娘のブルース』主題歌

*主題歌 : MISIA
「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」


ドラマ『義母と娘のブルース』スタッフ

原作 : 桜沢 鈴 「義母と娘のブルース」 (ぶんか社刊)
脚本 : 森下佳子
プロデュース : 飯田和孝・中井芳彦・大形美佑葵
演出 : 平川雄一朗
音楽 : 髙見 優・信澤宣明
製作著作 : TBS


Paraviはかなりコストパフォーマンスのいい、楽しい動画配信サービスです!(私も利用中♪)

ぜひこの機会に”無料お試し”を使って、視聴してみてくださいね♪