MIXアニメの動画配信フルを1話から無料視聴!全話見放題のお得な方法紹介

アニメ『MIX』

あの名作アニメ『タッチ』の約30年後、明青学園・中等部野球部で巻き起こる、甘酸っぱくも爽やかな青春野球ストーリー。

今度は”血のつながらない義理の双子”を中心とした、ラブコメ・スポコンアニメ『MIX(ミックス)』が旋風を巻き起こします!

そこで今回、アニメ『MIX(ミックス)』無料でフル視聴する方法について調べてみたところ、《U-NEXT》が一番お得に視聴できることが判明しました!

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

 

アニメ『MIX(ミックス)』の動画配信を無料でフル視聴する方法

まずは、どこの動画配信サービスで、アニメ『MIX(ミックス)』配信&レンタルされているかについて調べてみました。

 


~アニメ『MIX(ミックス)』動画配信状況~(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu 〇(タッチは×) 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇(8枚) / △ 30日 2,417円 ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV 〇(タッチは×) 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)


上記の表から、アニメ『MIX(ミックス)』の動画を配信しているサービス会社は何社かありますので、もしいますでに加入しているサービスがありましたら、まずはそこで配信の有無を確認してみてくださいね!

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると「果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩まれるかと思います。

そこで今回は、上記の動画配信サービスのなかで”一番お得”なU-NEXTをオススメしたいと思います!

「U-NEXT」は有料の動画配信サービス。ですが、無料お試し31日間と非常に長く、思う存分”お試し”してから、契約を続けるか無料期間中に辞めるかを判断することが出来ます♪

 

「U-NEXT」は配信されている作品数は業界でNo.1。おまけに”見放題対象作品”の数がすごい!

 

動画だけでなく、書籍も漫画も雑誌も配信されている「U-NEXT」は、コンテンツが非常に充実していてとっても楽しいサービスです。

アニメ『MIX(ミックス)』U-NEXTにて見放題実質全話無料で視聴できます!

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

以下の記事で《U-NEXT》について詳しく説明しています♪ぜひご一読ください!

 

U-NEXTロゴU-NEXTにスマホでの登録方法を画像でわかりやすく説明!おすすめ理由や注意点も

 

アニメ『MIX(ミックス)』の他にもU-NEXTなら「あだち充」関連作品が無料で見放題!

実はU-NEXTなら、前作アニメ『タッチ』も全話見放題!(Hulu・dTVでは配信無し)

また、同じくあだち充原作のアニメ『H2』・『クロスゲーム』無料で全話見放題配信中なのです

U-NEXT配信あだち充作品

・MIX  ~MEISEI STORY~
・H2
・タッチ
・クロス*ゲーム
・タッチ劇場版1・2・3
・陽あたり良好!
・劇場版陽あたり良好!
・ナイン
・実写劇場版「タッチ」
・実写劇場版「ラフ」


『MIX(ミックス)』好きにはたまらない”あだち充”作品軒並み全話”見放題”追加料金無しで視聴できるのです♪

ここまで内容が充実していて、かつ楽ちんに視聴できるのはU-NEXTだけ!

めちゃくちゃおススメです!

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

アニメ『MIX(ミックス)』動画内容の詳細

アニメ『MIX(ミックス)』あらすじ

舞台は「タッチ」と同じ「明青学園」。

「タッチ」の主人公「上杉達也」の伝説から約30年、今、運命の兄弟が物語の扉を開く・・・

親の再婚によって、血は繋がらないが誕生日が同じ、双子?の兄弟となった「立花投馬」と「立花走一郎」は、明青学園・中等部の野球部に所属する中学2年生。

走一郎は捕手、打者として活躍。投馬は「ある理由」から三塁手を務めているが、人並み外れた投手の才能を隠し持っていた。走一郎の実妹で、投馬とは血の繋がらない義理の妹「立花音美」も中学に入学し、2人の周囲はなにやら騒がしい。

やがて高校に進学する2人は、甲子園の土を踏むことが出来るのか・・・

Amazon商品紹介より


アニメ『MIX(ミックス)』の声優&キャラクター

立花投馬:梶 裕貴
立花走一郎:内田雄馬
立花音美:内田真礼
大山春夏:花澤香菜
立花英介:高木 歩
立花真弓:井上喜久子
西村 勇:中尾隆聖
二階堂大輔:安元洋貴
夏野一番:小林大紀
三田亜里沙:伊瀬茉莉也
赤井遼:西山宏太朗
三田浩樹:遠藤大智
成犬パンチ:金光宣明
パンチ/ナレーション:日髙のり子 など


立花投馬:梶 裕貴

本作の主人公で、明青高校に通う高校1年生。幼くして母親を亡くし、数年後父親が走一郎の母親と再婚したため、走一郎や音美と義理の兄弟になる。奇跡的に走一郎と誕生日は同じ日。

野球部では投手を務め、右投げ右打ち。投手の才能はあるものの、ある理由から夏までは三塁手だった。三塁手でありながらも走一郎とともに投球練習をしていたことは校内誰もが知っており、投手としての実力は誰からも認められている。

走一郎から「泥棒なんだよあいつは」と言われる程、観察力と吸収力が高い。他人のフォームや技を見て盗んで自分のものにする才能が飛びぬけている。明青学園の甲子園優勝から26年。エース上杉達也のフォームも何度も見て研究していた。

性格は負けず嫌いで、他人に喧嘩を売ることも多いが、深追いはしないタイプ。実母を失ったこともあって家族思いでもある。義兄の走一郎とは昔よく大喧嘩していたが、遠慮なく本音を言える相手であり、良き兄妹、バッテリーとしての信頼を積み重ねている。

義理の妹・音美の事も妹として大切にしているが、時が経つにつれ女性として成長していく姿に複雑な思いが芽生えつつあるのは確か。また幼馴染の大山 春夏も何かと気になって・・・?

Twitterでは立花投馬に関してさまざまな声が上げられていました☆

・上杉達也のフォームを見て研究し自分のものにしているため、上杉達也を思い出せるかのような演出が良い

・監督に隠れて豪速球を投げる 投馬が好き

・投馬と音美ちゃんが結ばれるハッピーエンドに期待 など

立花走一郎:内田雄馬

本作のもう一人の主人公で、投馬と同じ明青高校の1年生。投馬と同じく幼くして父を亡くし、母親が投馬の父親と再婚したため、投馬と義兄弟になり、実の妹・音美との3人兄弟妹の生活になる。誕生日は奇跡的に投馬と同じだが、10分早く生まれたので兄というポジション。

野球部では主に3番。キャッチャーを務める事から後に投馬とバッテリーを組む事になる。右投げ左打ち。頭の回転が早く、性格は長男として、まとめ役としても優秀。比較的他人の行動を読むのが上手い。

実の妹・音美に対しては過保護な所があり、シスターコンプレックス気味。容姿・運動・勉強とあらゆる面で優秀で、才色兼備。女子生徒から非常にモテており、軽い付き合いをしていたが、大山春夏と出会ってからは一途に想いを寄せるようになる。

Twitterでは立花走一郎に関してさまざまな声が上げられていました☆

・走一郎×春夏が好きだから出番増やして

・走一郎と音美の実父、澤井圭一は、「上杉達也」以降ではナンバーワン、と呼ばれていた天才ピッチャーだった事からその遺伝子を受け継ぎ、見事甲子園出場、優勝できるのか・・・!楽しみ!

・上半身から下にズーンときてサインをスッ の場面がカッコよかった。 など

立花音美:内田真礼

本作のヒロインで、明青中3年生。走一郎の実妹で、投馬とは血が繋がらない義理の妹。またミス明青として人気者の傍ら、吹奏楽部でフルートを担当している。

性格は天然ボケな部分が目立つが、素直で明るい活発な少女。元々は人見知りな性格であったが、血の繋がらない投馬と兄弟の仲を深めるうちに克服していく。

ルックスが可愛らしい顔立ちゆえに近寄ってくる男子生徒が多く、実の兄・走一郎が何かと手を焼いている。実父・澤井圭一の記憶はほとんど無いが、甲子園のテレビ中継を一緒に見たことが唯一覚えている思い出だとか。

モテる事はモテるが、自分絡みの恋愛感情に疎い。投手の実力では走一郎よりも、投馬のすごさを信じて応援し続けていて、現在も野球の応援では投馬をひいきしている。

Twitterでは立花音美に関してさまざまな声が上げられていました☆

・喜怒哀楽はっきり出してちゃんと物言う子の方が好きだなあ セコム兄の思いには鈍感なとこも面白い

・人の悪口積極的に言うやつより、好きな相手の周りから異性排除しようとするやつより
これくらい素直でちゃんと謝れる子がいい

・同級生との勝負より、困ってる人を助けちゃう音美ちゃん。でも好きという気持ちはとても自分本位なもの。そんな男の子を音美ちゃんは好きになるのかな。 など

大山春夏:花澤香菜

明青高校1年生で九州から引っ越してきた新体操の選手。父親は明青高校野球部OBで、途中から野球部のマネージャーになる。幼い頃に投馬に会っていたらしく、幼馴染という設定。

父親の影響もあり、野球のこととなると後先考えずに突っ走るところがある。また父親から観察力を買われており、敵チームの偵察も行っていた事からマネージャーとしての活躍も見所。野球部の頭脳役同士、走一郎と口論になることが多いが、次第に理解し合うようになっていき信頼していく。

Twitterでは立花音美に関してさまざまな声が上げられていました☆

・投馬に着替えを見られても、あまり動揺しない事から男勝りのはっきりした性格が魅力

・投馬の母親の葬式で会って、サイダーを浴びさせてしまった事を懐かしんでいる様子や、「幼馴染です」と周りに行ったりしているところはどこか可愛く思う。

・春夏の性格知るとすべてが計算づくって感じでマジ怖い 逆転裁判の美柳ちなみ思い出してトラウマ など

アニメ『MIX(ミックス)』相関図

アニメ『MIX』相関図1

アニメ『MIX』相関図2

アニメ『MIX(ミックス)』公式サイトより

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

アニメ『MIX(ミックス)』主題歌・スタッフ

アニメ『MIX(ミックス)』主題歌


*オープニングテーマ*

「イコール」sumika:第1話から第13話まで


「VS」ポルノグラフィティ:第14話から第24話


エンディングテーマ

「君に届くまで」Little Glee Monster:第1話から第13話


「君に伝えたストーリー」Qyoto:第14話から第24話


アニメ『MIX(ミックス)』スタッフ

原作 – あだち充
企画・チーフプロデューサー – 永井幸治
監督 – 渡部穏寛
シリーズ構成 – 冨岡淳広
キャラクターデザイン – 牧孝雄
アクション作画監督 – 松田真路
プロップデザイン – 佐藤和巳
美術設定 – 綱頭瑛子
美術監督 – 緒続学
色彩設計 – 林由稀
撮影監督 – 並木智
編集 – 小島俊彦
音響監督 – 亀山俊樹
音楽 – 住友紀人
プロデューサー – 伊藤香織
アニメーションプロデューサー – 児島宏明
アニメーション制作 – OLM TEAM KOJIMA

アニメ『MIX(ミックス)』のネタバレ感想

あの大人気名作漫画『タッチ』の原作者・あだち充さんが手掛ける漫画作品を原作としたものなのですが、舞台は『タッチ』と同じ明青学園。上杉達也が甲子園出場、優勝した伝説の年から約30年の月日が経った今を舞台にしています。

主人公は『タッチ』と同様、明青学園高校野球部に所属する立花投馬と、立花走一郎の二人の男子高校生。二人は双子・・・かと思いきや、奇跡的に誕生日は同じなのですが、「義理」の兄と弟。お互いの実の父、実の母が幼い時に亡くなり、その後、お互いの母・父が再婚して義理の兄弟になったという経緯在り。それだけですでにドラマが起こる予感がします(にこ)。

二人は偶然にも好きな事が同じ「野球」で、投馬が投手・走一郎が捕手のバッテリーとして活躍することを夢見ていた2人ですが、現在の明星学園野球部は、上杉達也が伝説を残した30年前の栄光も空しく、弱小野球部となり低迷していたのです。物語冒頭、投馬はサードとキャッチャーの走一郎という立ち位置でした。

その理由は、野球部に大きな影響力を持つOBの息子である二階堂という3年生が、監督の意向によって優れた能力もないままにエースとして起用され続けていたためであって、投馬や走一郎の実力を認めてくれないためです。

そんな中”偽エース”二階堂の重い病が見つかり、エースの不甲斐なさや、もやもやとした二人の気持ち、わだかまりが晴れ、真っすぐに甲子園を目標とし日々練習に励む事になるのです!!果たして立花兄妹は甲子園の土を踏む事が出来るのか!!

走一郎には実の妹・立花音美がいて、投馬は義理の兄と妹が突然出来る事になります。最初は投馬に心を開く事がなかった音美でしたが、次第に実の兄より投馬の方に気が向くようになっていきます。

音美は実の兄・走一郎と、義理の兄・投馬の事を熱心に応援し、吹奏楽部に所属しています。学園内ではミス明星に輝くほどのルックスの持ち主で、人気者。実の兄・走一郎からはやや過保護扱いをされ呆れています。

本作ではもう一人ヒロイン的美少女が登場します。自らを「投馬の幼馴染」と呼ぶ、新体操の選手・大山春夏が九州から転校してきます。春夏は新監督の大山吾郎の娘で、後にマネージャーとして野球部に所属するようになります。

主にこの男子二人と女子二人の、甘酸っぱくもちょっと危険な?恋模様が描かれる、爽やかな青春スポーツ作品に仕上がっています☆

主人公投馬と、走一郎。二人は本当の兄弟かのように腹の割った喧嘩や言い合いも出来るまでに成長し、野球の実力は小学生時代は走一郎が上でしたが、投馬の”人のフォームや才能を目で見て自分のものにする”という才能が開花し、二人は良きライバル、バッテリーとして成長していくのです。

あだち充さんと言えば、代表作『タッチ』を始め、『H2』『クロスゲーム』などの野球少年漫画が多く、そこに青春ラブコメディ要素を散りばめた作品が秀逸で、登場人物も男の子2人&ヒロイン1人の三角関係や、双子、兄弟などの家族関係も深く取り入れている事が特徴的です♪

本作は代表作『タッチ』の約30年後を舞台にした作品ですから、『タッチ』ファンあだち充さん信者の方にとってたまらない作品だと思います(私も例にもれず(笑)。『タッチ』ガチ世代なので未だに「きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。それで」で泣きます)。

『タッチ』からあっという間に月日が経ったのも驚きですが、「野球」「兄弟」「ラブコメ」という同じような要素で、さまざまなパターンの作品を手掛けられるなんて本当に素晴らしいですよね!(今回は”義理の双子”で思わず「そうきたか!」ってなりました)

『タッチ』では、良きライバル、親友でもあった血の繋がった双子の兄・上杉和也が事故死してしまう事から物語が大きく動き出すのですが、今回は血の繋がらない、いわば他人が偶然にも程があるほどの双子感を出し(ニヨニヨ)、お互いに切磋琢磨し、甲子園を目指す青春作品となっています。

予告や宣伝なしに、詳細情報を入れずに本作を観た時は、本作の主人公立花投馬や立花走一郎は、『タッチ』の主人公上杉兄弟や朝倉南との血縁がある子なのか勘違いしていましたが、全く血の繋がらない、いわゆる後輩”にあたる彼らが弱小高校から這い上がる物語でした(^^ゞハヤトチリ‥‥

でも、作中では『タッチ』のあらゆる回想シーンや、要所要所に『タッチ』の世界観が使われている事から、タッチファンは歓喜しているばかりか、逆に『タッチ』の作品を知らない方は本作をきっかけに『タッチ』を見てみようと思ったという方も多くいると思います!(ほんと見て!めちゃくちゃイイから!!!)

特に印象的だったエピソードは、5話と上げている方が多かった印象です。タイトルは「ピッチャーだろ?」、投馬と、走一郎の二人は都大会一回戦に挑むわけですが、「偽エース」二階堂の登場するが・・・。という内容。

そっくりな西村親子と立花兄弟のシーンや、 タッチの世界観を引き継ぐ作品としての魅力を感じられる回として話題でした。回想シーンで感傷に浸りたくなるタイミングで、上手くコメディを挟んでいるのが見ていて上手いと思いました。

Twitterでも沢山の声が上げられていましたよ☆

・タッチの南役 日高のり子さんがナレーションしてるってのが反則。非常に良い。漫画チェックしてなかったけど野球好きじゃない俺でも楽しめそうなアニメ。

・所々タッチを感じながら、でも王道な感じで楽しめました。春の選抜できると良いな一度きりの夢を掛けてる人たちがいるんだものね。

・とてもあだち充だった!様式美!汗と涙というよりも、ちょっと心理的に距離を置いて見られる感じがある。登場人物たちもどこか心に余裕があるように見えるもんな。それにしても黙っていると見分けがつかない など

是非この機会に見てみて下さいね♪

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

アニメ『MIX(ミックス)』視聴者のレビュー

「タッチ」に対して想い入れのある方もいて、いろんな感想が集まりました。

30代・男性

同じ作者の作品であるタッチの世界観を踏襲した作品なのでタッチファンには懐かしく思えます。さらに30年後の明青学園が舞台というだけでなく、西村勇などのキャラクターも登場し、ナレーションも浅倉南の声を演じた日高のり子が担当しているのが感慨深いものがありました。

設定も血の繋がらない兄弟がバッテリーを組んでいるというのも面白く、作者のあだち充の定番の幼馴染みや義理の妹との恋愛模様がありそうな感じになっていたのもキュンキュンしてしまいました。また、ストーリーも甲子園を目指すストーリーにも関わらず、まずは中学生からストーリーが始まっているのが意外性がありました。すったもんだがありながらも高校生になっても野球部に入って野球を続けて思いがけないほどに活躍し、監督も驚いている感じがクスッと笑えて面白かったです。

好きなキャラクターは大山春夏です。ストーリーの中盤から登場しますが、見た目の清楚な感じとは裏腹に言動や行動とのギャップがあって面白かったです。特に投馬とは幼馴染と言って困惑させている姿はよく、本当は好きなのかなと思わせな感じが素敵でした。さらに野球部の臨時マネージャー以外に新体操部に所属していますが、新体操をしている時の姿はきれいでした。

30代・男性

タッチで甲子園出場を果たしたあの明青学園が舞台となっています。上杉達也を有し、あの夏の栄光から約30年、再び脚光を浴びるようなスター兄弟(立花投馬・走一郎)が現れるところから物語は始まります。中学時代から描かれていますが、中学野球は序章といったところで、スピーディーに物語が進んでいきます。立花兄弟やその周辺人物のキャラを立たせるために必要な助走といったところだと感じました。
高校野球ではいろいろなライバルと闘いながら、成長していく姿が、青春学園もの野球漫画といった感じです。しかし、単なるスポコンものとは違い、タッチやH2、クロスゲームなどの作品の良いところをごちゃ混ぜにしたような作品になっています。
どうしても「死」というのがトリガーとなるあだち充作品ですが、この漫画では立花家の両親にすでに「死」が訪れています。兄弟とは言いつつも義兄弟であり、そこに妹の存在が加わってさらに物語が面白くなっています。野球漫画ではありますが、恋愛模様もいつも以上に面白いです。あだち充作品らしいキャラクターやタッチのサブキャラ(西村など)の今が描かれているのも魅力の一つです。アニメ版では、いとうあさこさんをモチーフとしたキャラも出てきていて、そこを探すのも楽しいです。

50代・女性

あだち充さんの漫画はセリフが少なくて、独特の間と空気感が魅力ですが、それはアニメ向きなのか、制作スタッフが世界観を上手に表現してしているからか、1話をあっと言う間に見終えてしまいます。
再婚同士の両親のもと、主人公達の血の繋がらない兄弟関係や微妙な兄妹関係が、じれったいまま表面上は何事もないように進んで行き、時々、野球漫画だったことを思い出させます。プロとかメジャーとか目指すわけでない、野球を通して芽生えた友情や絆を軸にした、ただの高校生の普通の人間ドラマ。「タッチ」同様、あるようで無いような、こんなやついるような、いないようなお話です。多少複雑な生い立ちの主人公達が黙って現状を受け入れて、すごく肩肘を張るわけでもなく、でも何事にも率直に向き合う姿勢を感じます。必ずしも前向きじゃなくても、本人自身の精一杯で毎日を生きている、そんな世界観が好きです。
「タッチ」から26年後の明青学園が舞台になっているので、当時から26年分歳をとったキャラクターが登場したり、消息が分かったりして、「タッチ」世代には2倍楽しめる作品です。設定も同じ年の男の子二人に、一緒に育った女の子一人と、ひねっているのかいないのか、相変わらずモヤモヤします。「タッチ」が好きだった人は、見始めたら止まらないと思います。懐かしいけど、時はマンガの中でも流れているんだなぁ。いろんな意味で、モヤモヤしながらも青春時代を思い返してしまう作品です。

20代・男性

名作ともいえる「タッチ」の続編として、タッチの主人公、上杉達也率いる明青学園が夏の甲子園大会で優勝してから30年後の明青学園を舞台にしており、タッチが好きだった人にとってはこの続編である「MIX」が出ると聞いたときはもう歓喜が湧きました。
所々上杉達也を匂わせる描写や、「タッチ」の頃から登場していた人物も「MIX」の主人公、ヒロインと深く関わってくる内容には、次の話を早く見たいとそんな気持ちになるような内容です。また、野球に関する内容に関しては、タッチと比べてみるとだいぶ違いがある部分がありますが、ここはあだち充先生らしい内容です。
もちろん、あだち充先生と言えばラブコメディな漫画が有名であり、今作においてもその要素は至る所にあります。「タッチ」と同じ、主人公が二人ではありますが、上杉達也・和也とは違って、今作では主人公二人とも野球を既にやっているという設定であるため、どのような展開になるか、正直想像がつきませんでした。
タッチを知らなくても、野球が好きな人には必見の漫画です。タッチを知っている人で、この「MIX」をまだ読んでいない方は今すぐ書店またはブックオフ及び漫画喫茶でまとめて最新刊まで読むべきです。

40代・女性

今までのあだち充作品とちょっと違うところは、一番の理解者で子供の頃から投馬を知っているキャラは普通は音美のはずですが、春夏も子供の頃から投馬を知っている存在で、投馬、音美、春夏は父親同士も関係している点において恋愛模様の終着点が見えにくいと思います。

しかし、走一郎も恋愛模様に加わりさらに複雑に絡むところが面白いです。投馬は音美のことになると必要以上に騒ぎ出すのですが、それに対して走一郎がクールにしていれば投馬は音美に対して特別感が出ますが、意外にも本当の兄妹である走一郎も音美ラブな点があるために、投馬の音美に対する気持ちが妹以上なのかわかりにくいですね。
音美はあからさまに投馬に対する態度と走一郎に対する態度が違うような気がしますけどね。

好きな話は「散歩」と称して遠出する投馬と春夏。くだらない話のようで、二人の秘密が分かる回です。そして迷った二人はあるものに救われるのですが、それがいかにもあだち充っぽくて好きです。そして、タッチの30年後が舞台なので同じ登場人物も出てくるのが嬉しいです。

アニメは24話でとりあえず終わっていますが、原作には続きがあります。続きを早く放送して欲しいとおもいます。

40代・女性

あだち充先生のアニメはどれも面白いですが、特にタッチが大好きだった私は、あの明星学園を舞台にした野球アニメに再び夢中になってしまいました。ナレーションの声をはじめ、ところどころタッチとリンクしていて、懐かしい面々がでてくるたびに、あっまた!と嬉しくなってしまった♫

伝説の上杉兄弟は2人ともピッチャー(エース)で、亡き双子の弟のあとを、代わりに兄が野球部に入って南ちゃんを約束の甲子園に連れて行くストーリーでしたが、MIXは同じ兄弟でもちょっと違うんです。南ちゃんとの三角関係もちょっと違う形で描かれています。そして昔強豪だったライバル校が改名して登場したり、ライバル校の監督があの人だったり。監督の奥さんが誰なのかすごく気になったのは私だけでしょうか?

個人的に特に好きなキャラクターは犬のパンチ。なんなんでしょうね、あのフォルムと声にとても癒されるんです。本筋とは関係ないのですが、毎回登場を楽しみにしていました。話がそれましたが、MIXでは立花兄弟の入部で、明星学園は再び甲子園に行くことができるのか…今年はコロナの影響で夏の高校野球大会が中止になってしまったので、あの感動を今年も味わいたい方、胸を熱くしたい方にぜひおすすめです。

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

まとめ

今回はアニメ『MIX(ミックス)』を無料で全話フル視聴する方法を紹介しました♪

今回の31日間無料トライアルを使えば、たくさんのアニメや動画が見放題です!

U-NEXTはかなり使い勝手がいいので(私も使用中)、ぜひこの機会に31日間無料トライアルしてみてくださいね(^^)