映画「スウィングガールズ」の無料動画をフル視聴する一番お得な方法!

映画『スウィングガールズ』

2004年公開の映画『スウィングガールズ』の動画無料でフル視聴する方法について、分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • 映画『スウィングガールズ』をゆっくり無料で見たい
  • ジャズが好きだ・興味がある
  • 金管楽器が好きだ・興味がある
  • 部活に燃える話が好きだ
  • 上野樹里の出演作を見たい

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

 

映画『スウィングガールズ』の動画を無料視聴する方法

映画『スウィングガールズ』無料で視聴する方法を調べてみたところ、TSUTAYA DISCAS(ディスカス)DVDレンタルを利用するしかないことが判明しました!

映画『スウィングガールズ』は、基本的に動画配信で視聴するのが難しく、「DVD/BD」をレンタルして視聴するのが主な方法になってしまうようです。

無料お試し期間が長く(30日間)、作品のラインナップも非常に充実した、天下のレンタル大手TSUTAYAのサービス《TSUTAYA DISCAS / TV》

もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

映画『スウィングガールズ』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでの映画『スウィングガールズ』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどをまとめました。

以下の表からも、映画『スウィングガールズ』が視聴できるのは《TSUTAYA DISCAS / TV》のみであることが分かります。


~映画『スウィングガールズ』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

TSUTAYA DISCAS / TVの概要とおすすめポイント

大手レンタルサービスTSUTAYAの提供するサービス《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》

こちらはちょっとややこしいのですが、「TSUTAYA DISCAS」というDVD・BDレンタルサービスと「TSUTAYA TV」という動画配信サービス合体版です。

初回登録時だけ無料で「DISCAS」「TV」どちらもお試し(というか勝手に2つともくっついてくる)できますが、そのまま継続して正規利用される場合は、どちらかだけにすることができます!

映画『スウィングガールズ』は「DISCAS」でのDVDレンタルを使って、実質無料で視聴できます!

 

ただ、”DVD・BDレンタルサービス”と聞くとどうしても「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実は《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》は

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システム!

お出かけついでにポイッとポストに返せるのです♪(めちゃらくちん♪実は私も使用中(^^ゞ)

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、映画『スウィングガールズ』を無料でレンタルできます♪

《TSUTAYA DISCAS / TV》はなんといっても天下のレンタル大手《TSUTAYA》のサービス!なので”作品の取り揃え”がとんでもなく豊富!

30日間もある無料お試し期間中に、たくさんの作品を追加料金なしの無料で視聴することが出来ます♪

おまけに、登録も解約もとっても簡単

めちゃくちゃたくさんの作品を、簡単&お得に視聴することが出来ます♪

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

TSUTAYA DISCASなら上野樹里の出演作も無料&お得に視聴可!

《TSUTAYA DISCAS / TV》では無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

上野樹里の過去出演作など名作をいっぱい楽しむことが出来ます!

 

TSUTAYAレンタル可・上野樹里出演作

《上野樹里》過去出演作
・監察医 朝顔
・のだめカンタービレ
・ラストフレンズ
・ドラマ「のだめカンタービレ」シリーズ
・陽だまりの彼女
・素直になれなくて
・シークレット・メッセージ

…他 多数作品あり

 

30日間もある無料お試し期間中に、上記の作品を全部、追加料金なしの無料で視聴することができます!

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

映画『スウィングガールズ』動画内容の詳細

映画『スウィングガールズ』のあらすじ

 野球部の応援に行った吹奏楽部にお弁当を運んだ補習クラスの女子だったが、炎天下、チンタラ運んでいたせいで、お弁当は腐り、吹奏楽部は体調を崩してしまう。

ひとりだけお弁当を食べなかった男子・中村は、即席吹奏楽部を作ろうと思いつく。

責任をとらせようと補習クラスの女子を誘うが、吹奏楽をやるには人数が足りなかったため、ビッグバンドでジャズをやることに。

でも女子たちは楽器などロクにやったことがなかった…。

Amazon商品紹介より抜粋

映画『スウィングガールズ』のキャスト

鈴木友子(テナーサックス)/上野樹里
斉藤良江(トランペット)/貫地谷しほり
関口香織(トロンボーン)/本仮屋ユイカ
田中直美(ドラムス)/豊島由佳梨
中村拓雄(ピアノ)/平岡祐太
数学教師・小澤忠彦/竹中直人
伊丹弥生/白石美帆
森下/谷啓 など


鈴木友子(テナーサックス)/上野樹里

 鈴木友子 
本作の主人公。短めの黒髪をおさげ髪にしているのが特徴的。やんちゃで明るい性格。落ちこぼれ仲間の中でも中心的存在で、電車内で弁当1箱をつまみ食いしている。ほっこりとした印象の東北弁がとてもマッチしたキャラクター。

山河高校の落ちこぼれ女子高校生だったが、「補習をサボる」口実でひょんな事から「吹奏楽」や「楽器」と関わる事に。次第に魅力に取りつかれ、本当の吹奏楽部が復活した際は、音楽室を後にした時に号泣していた。

実は負けず嫌い。楽器を手にした時には見かけのカワイさとは裏腹に、太く伸びやかな音で演奏シーンを盛り上げる重要なパート。

上野樹里さんが演じた鈴木友子に関する声がTwitterに沢山挙がっていました☆

・山形弁がめちゃ可愛い上野樹里さんや他のみんなの底抜けの明るさに元気が出ます

・上野樹里がニコニコしながら試食配って拒否されたウインナーをそのまま食うシーンが大好き

・上野樹里さんのそばかすになりたいです! 大学生と名画 など

《上野樹里》
1986年5月25日生まれ、兵庫県出身。演奏できるのが幼稚園から小学6年生まで習っていたピアノと、本作で腕を高めたサックス。本作では若々しい上野さんが堪能できます☆

斉藤良江(トランペット)/貫地谷しほり

 斉藤良江 
主人公の鈴木友子とは学校でいつも一緒にいるグループのメンバーの一人で、2組の派手組のメンバー。恋愛第一主義者で、野球部の井上や兄弟デュオに「あら、いい男」と簡単に惚れたり、スーパーのバイト先の男性マネキンにキスをしていたり、おバカキャラ的存在。

映画の中でのジャズバンドではトランペットを担当。ソロパートで高音が出ないことに苦戦するも、ネズミのおかげで高音が出るようになり、演奏会では「お守り」として毛糸で編んだネズミをトランペットに装着した。

貫地谷しほりさんが演じた斉藤良江に関する声が挙がっていました☆

・貫地谷しほりが演ずる大雑把でサバサバしてる女の子大好き。友達になりたい。

・スウィングガールズ共演者は未だに交流があるみたいです。特に、本仮屋ユイカさんと貫地谷しほりさんは親友同士

・スウィングガールズ…見入ってしまうw 上野樹里、本仮屋ユイカ、貫地谷しほり… 左端の人は全員今でも現役w など

《貫地谷しほり》
1985年12月12日生まれ、東京都出身。中学生の時に新宿駅のホームでスカウトされて芸能界入り、いまやたくさんの作品に出演している知名度の高い女優さんです。

関口香織(トロンボーン)/本仮屋ユイカ

 関口香織 
黒髪ショートカットのメガネ女子。派手で騒がしいバンドメンバーの中でも、シャイで努力型で肺活量はピカ一優秀。吹奏楽部の代打収集でリコーダーを自慢げに持ってきたりするため、少し抜けている場面も。

スウィングガールズのメンバー内では、吹奏楽部への弁当運びに参加していないが、バンド結成には始めの頃から参加した。スーパーでのバイト先では友子に巻き込まれクビになる羽目になる。

本仮屋ユイカさんが演じた関口香織に関する声が挙がっていました☆

・本仮屋ユイカ演じる関口香織、可愛いかったですよね~

・『スウィングガールズ』で本仮屋ユイカさんが演じたセキグチっていうメガネキャラが、存在感すごかった。

《本仮屋ユイカ》
1987年9月8日生まれ、東京都出身。本作で共演した貫地谷しほりさんと仲良くなり「珍名コンビ」と呼ばれ、現在も親友だそう♪

田中直美(ドラムス)/豊島由佳梨

 田中直美 
ドラムを選んだ理由は「消費カロリーがよさそう」という理由で、体系を気にしている。常にマイペースでポーカーフェイスだが、ジャズの魅力に取りつかれるのも早かった。

豊島由佳梨さんが演じた田中直美に関する声が挙がっていました☆

・スウィングガールズに出演してた豊島由佳梨氏も好きなの

・豊島由佳梨っていう名前も聞いたことあったし、見たこともあるなぁと思ったら、スウィングガールズに出てた子だった(^O^)/ 結構印象的だった!

《豊島由佳梨》
1983年5月16日生まれ、北海道出身。本作では映画初出演作品として貴重な作品で、独特な世界観のある難しい役を見事演じ切りました♪

中村拓雄(ピアノ)/平岡祐太

 中村拓雄 
吹奏楽部の出身で、唯一の男性メンバー。幼い頃から習っているピアノが担当楽器。友子と同級生だが、吹奏楽部での居場所が無かったためか、映画冒頭で実は顧問に「退部届」を出そうとしていたが、ひょんな出来事から楽器初心者の友子らと関わる事になる。

野球部の応援に駆け付けた吹奏楽部の中で、友子たちが運んだ弁当を1人だけ食べなかった事から食中毒からは逃れられる。その事から活動できなくなった吹奏楽部の代打メンバーを収集する。

混ざる気のない友子たちに「弁当を腐らせた犯人、吹奏楽やるなら黙ってやる 」とやや脅している。

平岡祐太さんが演じた中村拓雄に関する声が挙がっていました☆

・平岡祐太かわいい付き合いたい好きです(どさくさ)

・平岡祐太くんも良いと思います スウィングガールズから結構お気にです

・WOWOWでスウィングガールズ 懐かしい♡ 平岡君若い~!かわいい~ など

《平岡祐太》
1984年9月1日生まれ、広島県出身。2002年の18歳の頃、第15回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリを受賞して芸能界入りし、本作では第28回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞して一気に知名度を高めました♪

数学教師・小澤忠彦/竹中直人

 小澤忠彦 
山河高校のやる気のない数学教師。子供嫌いで一匹オオカミタイプ。何を考ええているか分からない人間だが、実は無類のジャズ好き。だが楽器に関しては全くの初心者。演奏ができない劣等感から、私室にてひそかにブランデーとお気に入りのステレオでひとりジャズを楽しんでいる。

友子たちが代打を引き受けた理由を「どうせ補習をさぼる口実にやってる」と見抜いている。

竹中直人さんが演じた小澤忠彦に関する声が挙がっていました☆

・竹中直人さんや高橋一生さんも注目ですが、やはりラストのジャズ演奏は最高にスカッとします

・スウィングガールズのの竹中直人は最高でしたね。

・ウォーターボーイズでもスウィングガールズでも竹中直人さんの演技は良い など

《竹中直人》
1956年3月20日生まれ、神奈川県出身。本作や同監督の「のだめカンタービレ」でもユニークな役柄で、演じるキャラの幅広さはピカ一な俳優さんです。

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

映画『スウィングガールズ』の主題歌・スタッフ

映画『スウィングガールズ』の主題歌

*主題歌
 ナット・キング・コール『L-O-V-E』

映画『スウィングガールズ』のスタッフ

脚本・監督:矢口史靖
製作:亀山千広、島谷能成、森隆一
エグゼクティブプロデューサー:桝井省志
企画:関一由、藤原正道、千野毅彦
プロデューサー:関口大輔、堀川慎太郎
宣伝プロデューサー:原田恵理子
脚本協力:矢口純子(矢口監督の妻)
音楽:ミッキー吉野、岸本ひろし

映画『スウィングガールズ』のネタバレ感想

映画『スウィングガールズ』は2004年に公開された映画。女子高校生がビッグバンドを組んでジャズを演奏するという、青春映画です♪

監督は『ウォーターボーイズ』や『ハッピーフライト』などで知られる矢口史靖監督。

キャッチフレーズは「ジャズやるべ!」


舞台はある東北の田舎町。暑い日が続く夏休み。鈴木友子ら女子生徒たちは数学の補習授業のため学校に来ていた。しかし実際は授業どころではなく、気だるそうにただ時間を過ぎるのを待っている友子。野球部の応援に向かおうとしている吹奏楽部の姿を目にする。

しかし弁当の配達のトラブルで、弁当到着を待たずして出発する一行。その後弁当は届いたものの、今度は弁当を届ける人間がいないと騒がしい。そこで友子ら補習組は「補習をサボれる」といった下心で、先生に自分たちが届けることを提案し、弁当を届けに汽車へ乗り込む事になる。

しかしゆらゆら揺れた心地の良い車内でうたた寝してしまい、友子らは1つ先の駅まで乗り過ごしてしまった。慌てて降りたものの、仕方なく1つ後の駅から炎天下の下徒歩で目指すことになる。夏休みという事もあり、補習がサボれた事で女子生徒たちは目的地までそこまで焦る事なく、弁当をつまみ食いしたり、川で遊んだり会話をしながら歩いてきた。

無事弁当を届ける事を終えると友子らは帰宅。するとその夜のニュースで吹奏楽部員が食中毒にあい腹痛を起こし次々病院へ搬送されたというニュースを見る。

友子たちがつまみ食いしたために、一人弁当を食べ損ね食中毒を逃れ無事だった部員の中村拓雄は、弁当を届けに来た友子たちに目をつけ「吹奏楽部にピンチヒッターとして入るなら黙っといてやる」と脅迫、無理矢理吹奏楽部に引き込む事にする。他3名の女子生徒を合わせ共に練習を開始す事になるのだが、しかしやはり吹奏楽の人数には到底足りない。

そこでビックバンドジャズのレコードを目にして路線を変更。ジャズのビッグバンド形式を取ろうと拓雄は提案する(基本17名編成でアドリブ重視のジャズ。指揮者がいないことも多い)始めはやる気のない友子たちだったが、やがて体力トレーニングに始まる猛特訓が開始され、戸惑いながらも次第にジャズに魅了されていく。

自分らの担当する楽器にまで愛着が沸き、演奏する楽しさ、何かに夢中になり、頑張る事のやりがいさに目覚めていく女子たち。

しかし本当の吹奏楽部の面々が退院してきて、ピンチヒッターは必要なくなる事態に陥る。ようやく楽しさを掴み始めた女子たちビッグバンドだったが、解散を余儀なくされるのだった。

彼女たちのバンドの熱は、そんな事では冷めるはずがなかった。どうしてもジャズを諦めきれない友子は、家族に内緒で中古店でテナーサックスを購入し早速練習を始める。

その行動に影響されて斉藤良江や・田中直美や香織と拓雄も一緒になりバンドを結成する事になるのだが、中古楽器を購入するアルバイトを始めますが、問題を起こしてクビになる羽目に・・・。

友子らは自分たち独学に楽器の演奏を練習していますが、どこをどうすれば良いのか分からない。そこに数学教師の小澤忠彦がジャズヲタクだと知った友子らは、指導を頼みに行くのだが・・・?


東北の田舎の女子高生ジャズを融合させた、身も心も軽くなるような軽快なリズムと共に、ココロとカラダのセッションを謳歌していく姿を描いている本作☆

女子高生を主人公に描いている作品ですが、この作品を通じて幅広い世代にも、ジャズファンにも、ジャズは普段あまり聴かないないけれど熱い友情と青春が大好きという方にも、家族で楽しめる映画として多くの人に長く親しまれていると思います♪

本作は第28回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞などの多数の賞を受賞し、同年アカデミー受賞部門数最多作品という音楽をテーマにした名作♪

いろんな名シーンがあるのですが、中でも視聴者が特に印象に残ったシーンや名セリフなどまとめていきたいと思います♪

号泣するシーン

自分らのせいで吹奏楽部が病院送りになり、脅迫されビッグバンドをやる事になった友子ら。最初こそ吹奏楽も、楽器も何も分からなかった。強制的にやらされるものの、最初は全く音が出ない。

楽器とは一見関係なさそうな体力づくりや筋トレなどハードな事までやらされるが、初めて音が出た時の爽快感や満足感は、今まで彼女らが生きてきた中で、何も言い変えられるものがないような、感動に近い感情が芽生え始めた瞬間であった。

自分から好きで始めた事ではないけれど、やってみたらこんなにも見える世界が違うんだといった感情、空までスーッと伸びるような開放的な音。自分を音で表現できる楽しさ。

彼女らがそんな感情が芽生え、もっともっと演奏したい!と思ってきた頃、突如本家ブラスバンド部のメンバーたちが復帰?!「心配かけてごめんね。あとはこっちに任せて!」と言われ、用無しとされてしまった友子ら。

拓雄の前では「ちょうど補習も終わりだし、上手くいったな」や「本当に演奏させられるかと思った」などと強がりを言っているが、学校を出た途端、全員号泣。


このシーンは脳裏に焼き付いていて、公開から15年以上経った今も尚忘れません。

逆にこの「解散」を余技なくされた事が、彼女らに火がついたきっかけじゃないかと感じました。このまま本家が戻ってこなければ、それはそれでうまくいったかもしれません。が、彼女たちが、0から彼女たちの気持ちで「また演奏したい」と奮い立たせる感情が生まれたことこそが、この作品の醍醐味だと思います。

どうしても みんなで演奏した楽しさが忘れられない。しかし吹奏楽部に入部するのも気がひける。

「しょうがない、あたしらでビッグバンドやろう!」とバンドを組む事になるのです♪

横断歩道での名シーンの数々

本作では横断歩道でのシーンが多く、横断歩道で裏打ちするシーンもありますし、本作に「横断歩道」は欠かせない場面となっています☆

特に横断歩道からスーパーまで演奏するシーンには感無量でした♪『雨に唄えば』的に完全にはじけてる場面として有名なシーンです☆

肩書にとらわれずに、ビッグバンドでなくてもミニバンドでもかまわないんじゃないか、なんて思わせられてしまうんですよね。

また横断歩道で信号機のオルゴールがジャズに聞こえるといったシーンには、今までジャズの「ジ」の文字も知らなかった友子たちが一緒に気付けたシーンで、感動を思わず共有して一瞬涙が出そうになります♪

Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

・そういえば、うちの学校の去年の芸術鑑賞会はスウィングガールズだったべ! めっちゃ嬉しかったべ

・DVDを延べ30回以上観たのなんてこれしかない。あと当時新人だった主役級女優の3人がのちにNHK朝ドラや大河の主役に次々抜擢されたという出世作でもあるのは興味深い

・若い男で共感力が弱くて、友達はあまりいらない、あまり人と関わりたくないと言ってた知人がいて、映画は観るけど、あまり感情移入できないみたいでした。しかし、気に入った映画が「スウィングガールズ」だったので、仲間と協力するということに憧れていたのかな、と思いました。

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

《TSUTAYA DISCAS / TV》の無料お試しを使えば、映画『スウィングガールズ』だけでなく、たくさんの話題作品が無料で視聴できてめちゃくちゃお得です♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!