勇者ヨシヒコと魔王の城の無料動画見逃し配信を全話フル視聴!最終回までイッキ見しよう

ドラマ・勇者ヨシヒコと魔王の城

何故か勇者に選ばれてしまった真面目&お人よし(だが空気が読めず残念な性格)のヨシヒコが、大活躍するようなしないような冒険ファンタジー”勇者ヨシヒコシリーズ”

登場するのは”微妙な仲間””割と弱めの敵”、魔王の城の城下町は”どう見ても渋谷”

けれどドラクエへのオマージュはめいっぱい!そしてキャスト&ゲストめちゃくちゃ豪華!ある意味伝説のドラマです。

そこで今回、シリーズ第1弾『勇者ヨシヒコと魔王の城』無料でフル視聴する方法について調べてみたところ、《U-NEXT》が一番お得で楽に視聴できることが判明しました!
(次点…《Hulu》&《Paravi》)

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

 

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』の動画を無料でフル視聴する方法

まずは、どこの動画配信サービスで、ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』配信&レンタルされているかについて調べてみました。

 


~ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』動画配信状況~(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇/ 〇 30日 2,417円 ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix 〇(第2,3作目は×) なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)


上記の表から、ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』の動画を配信しているサービス会社は何社かありますので、もしいますでに加入しているサービスがありましたら、まずはそこで配信の有無を確認してみてくださいね!

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると「果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩まれるかと思います。

そこで今回は、上記の動画配信サービスのなかで一番お得”な「U-NEXT」をオススメしたいと思います!

「U-NEXT」は有料の動画配信サービス。ですが、無料お試し31日間と非常に長く、思う存分”お試し”してから、契約を続けるか無料期間中に辞めるかを判断することが出来ます♪

「U-NEXT」は配信されている作品数は業界でNo.1。おまけに”見放題対象作品”の数がすごい!

動画だけでなく、書籍も漫画も雑誌も配信されている「U-NEXT」は、コンテンツが非常に充実していてとっても楽しいサービスです。

以下の記事で《U-NEXT》について詳しく説明しています♪解約も簡単&安心♪ぜひ参考にしてみてくださいね!

 登録方法   解約方法 

 

福田雄一監督・脚本の過去作が無料で視聴可!

U-NEXTなら、本映画の監督・脚本を手掛けた福田雄一氏ゆるーい作品もたくさんお得に視聴できます♪

U-NEXT視聴可・福田雄一監督脚本作品

《福田雄一》脚本の他作品
勇者ヨシヒコと魔王の城 等シリーズ
映画『女子ーズ』
・『銀魂』シリーズ

・都市伝説の女
・時効警察はじめました

斉木楠雄のΨ難

・聖☆おにいさん
・高校デビュー…他 多数作品あり

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』はU-NEXTにて見放題!実質無料で視聴できます!

おまけに続編『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』続々編『勇者ヨシヒコと導かれし七人』全話見放題で配信中♪

無料期間が31日間もあるので、その間にじっくり”ヨシヒコワールド”を堪能できます!

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 


★もしいままでにすでにU-NEXTに登録経験があり、無料お試しが利用できない方は、《Hulu》《Paravi》がおススメです!

どちらも無料お試し期間が2週間と、U-NEXTよりは短くなってしまいますが、本作『勇者ヨシヒコと魔王の城』だけでなく、続編続々編見放題で視聴できます♪

下のリンクボタンよりそれぞれの公式サイトに飛んでいただき、配信されている他の作品のラインナップも観たうえで、どちらにするか選んでいただけたらと思います♪

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《Hulu》

《Hulu》は2週間無料でお試しOK!

無料で視聴するならこちら
《Paravi》

《Paravi》も2週間無料お試しOK!

無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』をDVDレンタルするのとどっちがお得?

今みたいに動画配信という形で視聴できなかった昔は、DVD/BDをレンタル店借りに行ってまたレンタル店返しに行くしか方法がありませんでした。

ただ、店舗レンタルはどうしても

  • そもそも借りに行くのがめんどくさい
  • 行ってもすでに誰かに借りられてしまっていて無駄足
  • 期限までに返しに行かないといけないので気分的にストレス
というデメリットがあります(;´・ω・)

「U-NEXT」の動画配信という形でなら、家にいながらクリックだけでレンタルでき、テレビ・スマホ・タブレットなど自分の観やすい形で見放題♪

おまけに31日間は無料でいろんなサービスがお試しできます♪とってもオススメの動画配信サービスです♪

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』動画内容の詳細

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』あらすじ

お人好しで純粋な若者ヨシヒコは、何の因果か「いざないの剣」に選ばれた勇者として疫病に苦しむ村人たちを救う薬草と、その薬草を求めて旅立ったまま行方が分からなくなった父テルヒコを探す旅に出る。

道中で知り合ったダンジョー、ムラサキ、メレブを仲間とし、パーティーを組んだものの、その直後、行方不明のはずのテルヒコが薬草を持って現れた。

かくして旅は終わりを告げたかに思われたが、そこに出現した「仏」が疫病の真の原因は魔王によるものであるとお告げを与え、ヨシヒコと仲間たちは魔王を倒すために旅立つ。

Wikipediaより

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』キャスト

【キャスト】

山田孝之:ヨシヒコ
宅麻伸:ダンジョー
木南晴夏:ムラサキ
ムロツヨシ:メレブ
岡本あずさ:ヒサ
佐藤二朗:仏
中尾隆聖:魔王ガリアス
きたろう:テルヒコ
中村倫也:サウダ
渡辺直美:山神様
安田顕:盗賊A
あべこうじ:盗賊B
小池栄子:天女
沢村一樹:盗賊D
ホリ:キサラ
鈴木拓:スズキ
綾野剛:ケンタウロス男
小栗旬:魔法戦士バッカス など


山田孝之:ヨシヒコ

 山田孝之 

1983年10月20日生まれで、沖縄県出身。数多くの作品で主演を務めています♪
元は「ウォーターボーイズ」で爽やかキャラクターで初主演を務めましたが、今では「カメレオン俳優」と呼ばれる程なんの役でもやりこなす山田さん。
人柄も飲み屋にプライベートで行っては一般の方と仲良くなってしまう程フランクな気さくな方のようです☆


 ヨシヒコ 

本作の主人公。

カボイの村に住む、正義感が強い青年で、そこまで目立つ人間ではなかったものの、前勇者・テルヒコが村に帰ってきていない事により、勇者をまた一人見出す事にしたカボイの村。

勇者の決め方は、岩に突き刺さったままの伝説の剣「いざないの剣」を引き抜く事が出来た物を勇者とする方法。村の誰もが抜けない中、最後に挑んだヨシヒコが手をつけようとしたところ、なぜかポロリと剣が抜け落ちてしまい、断り切れずいつの間にか勇者に仕立て上げられた。

その後旅中に出会う3人ダンジョー、ムラサキ、メレブを付き人、仲間にして勇者の旅が始まる。

本作品はRPGゲームの『ドラゴンクエスト』をもじった作品で、ヨシヒコの服装は『ドラゴンクエストV』の主人公の衣装そのまま。

基本的に真面目で、おっちょこちょいでお人よし、バカがつくほど正直者で単純、感激しやすい性格。ムラサキ以外には敬語で話す。空に現れる自らが「仏」と名乗る人物の事は見えず、3Dの眼鏡かける事でやっと見る事が出来る。

ムラサキ意外の美女にはめっぽう弱い。またメレブの発する魔法や魔法全般にかかりやすく、旅をしていく中でクライマックスが近づくにつれ髭が伸びている。目の前の事に一生懸命になるあまり他の事がどうでもよくなる節がある。また目をあけたまま睡眠を摂ることができ、歩行しながらでも可能。

元来の天然ボケ素質に加え空気を読まない面もあるため、相手に対し度々失礼な言葉を浴びせる事がある。(「オシナさんは確かにブスだ!ブスで何が悪い!」からの「ブスで良かった」)

巨乳の美女に対して恋をすると台詞がミュージカル調になる、一皮むけば立派なムッツリスケベ。

宅麻伸:ダンジョー

 宅麻伸 

1956年4月18日生まれで岡山県出身。ルックスがワイルドで渋い声を生かしたダンディーな役が多かった宅麻さんでしたが、本作品のヨシヒコシリーズでレギュラー出演に抜擢され、コメディ作品にも出演するきっかけになったそうです☆ヨシヒコシリーズで、「ダンジョー」が認知され子供から大人までダンジョーで呼ばれる事も多いのだとか!


 ダンジョー 

熱血漢でテンションが高めの戦士。もみあげが特徴。4人の中の一行では最年長。ヨシヒコが旅中に一番最初に出会った人物。一番攻撃力があり、ヨシヒコとは違い、刀は本物。話をするのが大好きで敵を殺す方法も「必殺、しゃべり落とし」☆自分の話を延々と語り、相手が聞き疲れたころ不意をついて殺すという方法。

ヨシヒコに出会った時もヨシヒコにスルーされたため、いつか不意打ちをつく機会をうかがっていた。旅を続けていく内にヨシヒコへの強い友情や信頼が芽生える。自称「百戦錬磨の戦士」であり、若いころのニックネームは「課長 島耕作」。一行の中では最年長という事もあり、まとめ役でもある。

時折、オヤジギャグを口にするが「おっさん」と呼ばれることを嫌がっており、せめて「おじさん」にして欲しいと常々言っている。

ダーマ神社において選んだ職業は「武闘家」。もみあげは戦士の証らしく、キャバクラ通いの際に一度剃り落してしまったが気合を入れただけで元に戻った。(しかし彼の本性がオカマ)

木南晴夏:ムラサキ

 木南晴夏 

1985年8月9日生まれで大阪府出身。夫は俳優の玉木宏さん。宝塚劇団を見て女優を志すようになったという木南さん。存在感のある演技で今注目されている女優さんの一人です!(パンが大好きということでも有名)


 ムラサキ 

ヨシヒコを父の仇と思っている村の娘。ヨシヒコと出会った際にもいきなり飛び掛かってきた。父を殺したとされる人物の特徴は、「割と目がぱっちりしている点」だけ。しかも子供が描いたような似顔絵で似ても似つかない絵を頼りにヨシヒコと出会い、ヨシヒコに決闘を挑むという暴挙。

ヨシヒコ自身に心当たりはないが、父思いのムラサキの心情を察して「父の仇だと確信を得たらいつでも殺していい。その確信を得るまで一緒に旅をしないか」という誘い文句でムラサキを旅の仲間として迎える。物語の最初の方まではヨシヒコの首をずっと狙っている事から、本物の短剣は取り上げられ、刀身が引っ込むおもちゃの短剣にすり替えられる始末。

言葉遣いがいわゆるイマドキの女であり、ギャルっぽい若者言葉や男言葉もよく使う。根は素直で真面目なのだが、かなり生意気な性格で、気が強い面が前面に出ている。メレブの呪文によくかかり、メレブや仏から「平ら胸」などとコンプレックスを馬鹿にされ、その都度激怒している。

実はイケメン好きで、密かにヨシヒコに思いを寄せている。また、途中出現した敵の盗賊に対しても好意を抱く。一方、メレブはライバル視していて馬鹿にしてくる事からムラサキもまたメレブの事を馬鹿にしている。

ムロツヨシ:メレブ

 ムロツヨシ 

1976年1月23日生まれで、神奈川県出身。幼い頃に両親が離婚しており、姉と共に親戚のもとで育つことから子供の時から複雑な環境下で生活していたムロさん。俳優としても俳優歴は長いもののなかなか成果を上げられず、苦労人の一人と言われています。
ムロさんの出世作の一つと言われているのが、本作品「ヨシヒコシリーズ」。今ではコメディ作品だけでなく、『大恋愛〜僕を忘れる君と』など、恋愛ものにも欠かせない役者さんですよね♪


 メレブ 

ルックスは金髪のマッシュルームカットがトレードマークの魔法使い。ヨシヒコと出会った時は、ある村で教祖に祀り上げられていたが、それは単なるでっち上げで、相手を豚鼻にする呪文の「ハナブー」しか使えないへぼ魔法使い。いつか誰かにバレてしまうのではないかと、内心はビクビクしていたがヨシヒコやムラサキ、ダンジョーに見抜かれてしまう。

この時を待ってましたと言わんばかりに、これ幸いと教祖の座を放り出し、外の世界が見たいという理由でヨシヒコの仲間になる。旅を続けていく中で経験を積み、「そのうちすごい魔法が使えるようになる予定」。

喋り方が特徴的で、言動が軽くてチャラく、「うむ」「よかろう」など偉そうな物言いをする(がうすっぺらい)。ヨシヒコに同行するようになってから1話に1つ、新たな呪文を習得している。一見胡散臭いが、一行の中では比較的常識人で、ツッコミ役である。

どんな罵詈雑言も大抵の事は聞き流し、すぐ立ち直れるが、ほくろの事だけは許せないようで、逆にほくろを褒められるのが嬉しい様子。全員の性格を細部まで把握し、敵の本質もすぐに解釈出来る。魔物がどんなレベルか見た目でわかったり、そんな気がしたりする(ふわっと)。

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』主題歌・スタッフ

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』主題歌

オープニングテーマ:
『エボ★レボリューション』
mihimaru GT


エンディングテーマ:
『愛し続けるから』 TEE


ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』スタッフ

脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』とドラゴンクエスト(ドラクエ)

本作品は原作はありません。ですが、視聴した方は絶対に気づくであろう、RPGゲーム『ドラゴンクエスト』の要素が隅々まで散りばめられています。実際にドラクエ発売元のスクウェア・エニックス「協力」としてクレジットされている作品!

本作品が「ドラクエ」とどのように関わっているの?と疑問をお持ちの方、ずばり!「ドラクエ」の要素がそのまま!用いられています。簡単に言えば、ドラクエのゲームから飛び出た人間がぶっとんだ設定で、予算の少ない中、冒険旅に出るというストーリー‥‥でしょうか(^^ゞ

ドラクエで登場するヨシヒコと3人の旅仲間。また旅中に会う人物やキャラクターも「ドラクエ」の要素をもじって登場します(笑)。全体的に(ぶっちゃけ)ふざけている設定&キャラクターですが、これが大ヒット!

「ドラクエ」はどんな人でも一度は聞いた事があるであろう人気ゲームなので、実写化する時にハードルがあがるため、逆に低予算を謳い手作り感を出した仕上がりにしたのでは?と思われます。

キャッチコピーは「予算少ない冒険活劇」「非常識だから冒険なんだよ」

深夜ドラマで放送され始めた頃は「ドラクエ風」でパクリ?と疑う方もいた模様ですが、「ドラクエ側」がしっかり協力している公式なパロディと分かってからは、ドラクエファンも安心して見られるようです。

RPG風ファンタジー・コメディドラマで、本作のポイントとして学芸会や学校祭などで身近に見た事があるような、”手作り感”が特徴。逆に新しく感じると思います(笑)!

また出演者が豪華役者揃いで!なのに、そんな名俳優たちが、ぶっとんんでいてバカバカしい物語を、一切の妥協なく真剣に演じるのです。それだけでも尊い。

シリーズを重ねる毎に登場人物をアニメキャラクターに替えたり、偽ヨシヒコや偽ムラサキなども登場しとても話題になりました☆

Twitterではさまざまな声があがっており、「ドラクエ」と「ヨシヒコ」で関連付けたツイートが多かったです♪

また2019年に公開された「ドラクエの劇場版・ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」についても意見が多く、ヨシヒコの劇場版がより評価されていました☆

☟「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」に対する反応の声

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』のネタバレ感想

舞台は深い森に覆われている国。いにしえの時代。不治の病に立ち打つためにお人よしで真面目すぎる主人公・ヨシヒコと共に旅する事になるダンジョーとムラサキ、メレブと共に村を救うために旅に出る冒険ストーリーとなっています☆

一番衝撃で「え?もう物語終わった・・・?」と思わせたのは、行方不明のはずのヨシヒコの父・テルヒコが薬草を持って早速目の前に現れた瞬間(笑)早い!でもって姿くらましてた理由がちょっとひどい!(笑)その後のヨシヒコたちの運命はいかに?(*’▽’)

みなさん大好きゲーム「ドラゴンクエスト」のコメディドラマ版?ともいわれる本作品「ヨシヒコシリーズ」☆なんと言っても”ふざけている”ストーリーなのがいい!登場人物や、設定や、物語の展開など全てが今までにない”ふざけよう”で初めて見た視聴者は、「ドラクエのもろパクリ」と思った方も多い事でしょう!(私も最初「え!これ大丈夫なの!?」と心配した一人(^^ゞ)

そして出演しているキャストも豪華ですが、スペシャルゲストとして出演している出演者もかなり豪華!

小学校の劇?と思わせるようなふざけた美術設定や、衣装などなど、ツッコミどころが沢山あり、一秒たりとも見逃してはなりません。もったいないからです(キリッ)また毎回ゲストが変わっていくのも見ていて楽しいですよね!

私が一番笑ったのは綾野剛さんが演じた「ケンタウロス」です♪上半身が人間で、下半身が馬という生き物なのですが、手作り感満載のケンタウロスの作りで(笑)。。。もうちょっとアレにならなかったのか?と。

半身が重いのが弱点。とキャラクター説明に書いてあるのですが、後ろ足は動いていないのです。(笑)ケンタウロスって「ナルニア国物語」の映画に出てきてカッコいいイメージだったのですが、この手作り感でイメージは塗り替えられました(笑)良く言えば印象に残るキャラクターです♪はい(笑)

ドラクエそのままの要素で、こちらも手作り感満載のスライム雑魚キャラ(笑)、ゲームと同じ効果音など今までに見た事がない方向性でゲームのリアルをイメージして作られた作品だと言えるでしょう。

人気に火がつき早いテンポで第2シリーズ『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』、第3シリーズ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』と続き、視聴者ファンからはまた続編か、劇場版をやってほしいという声が多く上がっています♪

実は、コロナで新ドラマが続々放送延期になっている状況下で、過去のドラマの再放送が行われていますが、本作「ヨシヒコ」再放送する事が決定しました。

これはテレビ東京公式LINEアカウントでは、友だち登録をしているユーザーに“もう一度見たい深夜ドラマ”は何かというアンケートをとった結果、3万9000人程の回答から圧倒的人気であったのが、本シリーズ「勇者ヨシヒコシリーズ」だったと言う理由からのようです☆Twitterでは歓喜の声がたくさんあがっていました!それほどまでに人気のドラマ。

視聴者の方のキャストについての感想としては、メレブのキャラクターが特に癖になるキャラのようで、反響が多かったです。どちらもどちらかと言えばツッコミ役ですね。

予算の少ない冒険旅というのが、逆に新鮮で新しく、見ていて飽きさせませんね☆

今現代のデジタルで素晴らしいCGも良いですが、逆に手作り感満載なところも見所の一つと言えると思います☆また出演している出演者の方が、山田孝之さん主演の「闇金ウシジマくん」の出演者とかぶる!けど全然役柄が違う!という声もあり、確かに!と思ってしまいました( ̄▽ ̄)

視聴の声まとめ☆

・本当に面白いから見た事ない人、ドラクエ好きな人、山田孝之が好きな人に是非見て欲しい☆私の一番好きな深夜ドラマ☆

・今までドラクエ興味なかったのにヨシヒコはまってからじわじわ来てる早く5やりたいなー♪

・勇者ヨシヒコ、ドラクエ以外に、FFとかモンハンとりいれるなんてまじで熱いよね など

度々目にするのは、「ヨシヒコ」を見ると「ドラクエ」がやりたくなり、「ドラクエ」をやっていると「ヨシヒコ」を見たくなるという相乗効果現象?です。

他にもTwitterに沢山感想が寄せられていました♪

コメディ作品の奇才福田監督の手掛ける代表作!めちゃくちゃおススメです!

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』視聴者のレビュー

20代・女性

このドラマは最高です!見たことない方はぜひ、1話だけでも見て見てみてほしいです。

まず、楽しめるポイントのひとつというのが、全世代から大人気な、とあるゲームがドラマ全体のイメージのようなものになっているのには驚きました。これはぜひ他の方々にも視聴していただいて、直接自分の目で確かめてもらいたいものです。きっとそのゲームをやったことがないような人でもわかりやすい演出として見えてくると思います。ちなみに私もそうだったので、見ていてとてもわかりやすくて良かったです。

こんなドラマがあって良いの?とかなり驚きましたが、それが毎回見る面白さそのものでした。そしてキャスティングされた皆さんも最高でした!今はとても有名な俳優・女優さんたちばかりが出演しているので、こんなドラマにも出ちゃうんだと思いましたが、皆さんそれぞれが良い意味で普段のイメージからのギャップも凄くてそれがまた笑えるポイントでした。

個人的に好きなポイントは登場人物たちの衣装や撮影小物などを見るのがとても楽しかったです。その見た目やクオリティアは深夜ドラマ枠ならでは、というところもあるのかもしれませんが、逆にそれがまたドラマが面白くなっていく要素のひとつにもなっていたと思いました。

30代・男性

ドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」は、某ゲームのパロディとは知らず、観始めましたが、とても面白い作品だと感じました。くだらないのだけど、観てしまうといったようなストーリー構成になっています。

ドラマ自体、低予算でやっているのだろうなという感じが出ているのですが、キャストはとても豪華です。綾野剛や小栗旬、佐藤二朗にムロツヨシ。これほどの豪華キャストを集められるのは、「さすが、福田雄一だな」と思いました。

敵が大体自滅していったり、村の住人が同じ言葉しか喋らなかったりと、思わずふっと笑ってしまうところがあります。観ていて、笑かせ方が福田雄一作品だなと感じる部分も多々ありました。たぶん、昼間に観たり、仕事の休憩中に観たりなどしても笑わないかもしれませんが、夜中に観ると、腹を抱えてしまうほど笑ってしまいます。

ストーリーの長さもちょうど良く、面白いパロディは長くなればなるほど面白くなくなってくるので、ちょうどいい長さだったなと感じました。しかし、これだけのキャストの豪華に使えるなら、もう少し作品に予算を使ったらもっと良くなっていたんじゃないかなと感じるのは、自分だけなのでしょうか。それでも面白い作品でした。

20代・女性

お人好しな若者ヨシヒコは、「いざないの剣」に選ばれてしまった勇者として疫病に苦しむ村人たちを救う薬草と、行方が分からなくなった父テルヒコを探す旅に出ます。ダンジョー、ムラサキ、メレブと出会い仲間とし、パーティーを組んだらその直後、行方不明のはずのテルヒコが薬草と彼女を持って現れてしまいます。早速旅は終わるのか!?と思われますが、そこに出現した「仏」が疫病の真の原因は魔王によるものであるとお告げを与え、ヨシヒコと仲間たちは魔王を倒すために出かけるのです。

ドラクエのパクリで面白くて面白くて。途中面白い村に行っては我を忘れて仏のななななーんという呪文で本来の目的を思い出したり、また、ゲストも豪華で面白すぎます。

途中の鈴木拓がやっていた五重塔・第3の階の住人が面白いです。家賃はちゃんと払っているものと勘違いしていただけだった、お茶を振舞ってくれたりしてたら、魔法使いであり、全滅の呪文「ザラ●」を使えるので興味本位でかけてうっかりヨシヒコらを全滅させてしまい、教会から戻ってきた時に謝罪した。。。(笑)反省してるのかイマイチ分からない感じでしたが。私は一期ならこの回が1番好きです。オススメします。

40代・女性

魔王の支配から人々の平和を取り戻すため、勇者ヨシヒコとその仲間が奮闘する冒険コメディーですが、確かに冒険ですが、ほとんどコメディーです。真剣に見れば見る程面白いです、会話が全てと言っていいほど、ノリツッコミで展開されていくので、油断すると聞き逃してしまうので、聞き逃さないよう面白い言葉を待つようにして見ていましたが、期待を裏切ることなく、傑作です。ふつふつと笑いが込み上げてきて、長いコントを見ているような感じでした。

魔王を倒すアイテムを探すため、立ち寄る村の設定も楽しめました、懐かしのドラマだったり、多方面で楽しめました。その行き先を告げる仏が私の1番待ちに待っているシーン!登場しただけで笑えてきます、毎回全く違った方向性から展開してくるので、毎回違った笑いを楽しめました。あまりのインパクトの強さに、一度でも見ただけ、聞いただけで、仏をマスターしてしまい、子供達と仏のギャグ?集を楽しんでいます。

旅の途中、勇者達の前に現れる魔物達のキャラと、魔物演じる豪華俳優さん達の役柄とのギャップがすごく面白かったです。

1話から最終回まで、毎回違った面白さで展開してくれるので、何回みても楽しくて、面白くて、家族みんなで笑って見られるので、お気に入りのドラマです。

30代・女性

このドラマを見始めたきっかけは、木南晴夏さんとムロツヨシさんはじめ、好みのキャストさんが多かったからです。基本的にはドラクエのパロディ的なドラマなんですが、私はドラクエをほとんどプレイしたことがないですし、ゲームのあらすじも全く分からない状態でした。多分、ゲームをある程度プレイしたことがある人だったら、ドラマ内にちりばめられた小ネタを存分に楽しむことができたと思います。

ゲーム内にでてくる敵キャラはそのまま(学芸会的なコスプレで)出てくるので、そのキャラの攻撃だとかセリフだとか、いまいちピンと来ないところはありました。でも小ネタはドラクエネタに限ったことではなく、山田孝之さんや宅間伸さん、その他ゲストの方の過去作品もネタにされていたりするので、あまり気にしないで見ることができました。

ただ、そんなドラクエ知らずの私でも大いにはまりました。その理由のひとつが俳優さんたちの上手さにあると思います。あのシュールな福田監督の世界の中で、あのダンディな宅麻伸さんが手加減なくダンディに演技されているわです。それが毎回のように出演される豪華なゲスト俳優の皆さんにも当てはまって「いい大人が、もう地位を確立してしまっている立派な大人が、全力でふざけたお芝居をやっている」ということを楽しんで見ることができます。いつになっても良いので是非続編をお願いしたいです。

40代・男性

まず、勇者ヨシヒコシリーズについて、この作品ほど笑える喜劇はないと思います。とにかく配役がすごい。山田孝之、宅麻伸、木南晴夏、ムロツヨシに佐藤 二朗。ムロツヨシと佐藤 二朗はさることながら、宅麻伸が、言い方悪いですがこんな「ゆるくて適当」な作品に出てくれてるとは、と思うとあり得ないぐらい笑えます。

そしてわき役陣のすごさも侮れません。今回の魔王の城では、志賀廣太郎、中村倫也、安田顕など、主役張れる方が、こんないい加減なゆるい作品に出てくれるなど、ギャップが半端ない作品だと思います。

まあタイトル通り、いわゆるドラ〇ンク〇ストの話をパクッてパロディーにしてしまった作品で、その上セットはものすごくチープ、出てくるモンスターだって紙粘土か何かで作ったぐらい適当で、テレビでこんなんやっていいんか、と思うぐらい全部がいい加減なんです。でもものすごく面白い、そして最後の最後までふざけた終わり方をする、いままでなかったぐらいの適当さ加減の作品となっています。

まだ見たことない方、つまらなそうとおもった方、一回ゆるーい感じで見てみてください。絶対面白いのでお勧めです。

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

《U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

まとめ

今回はドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』を無料でフル視聴する方法を紹介しました♪

今回の31日間無料トライアルを使えば、続編・続々編も無料で全話見放題です!

U-NEXTはかなり使い勝手がいいので(私も使用中)、よければ31日間無料トライアルしてみてくださいね(^^)