ドラマ「若葉のころ」の動画フルを無料で1話から最終回まで全話視聴する方法!

ドラマ『若葉のころ』

今から20年以上も前の、1996年4月期に放送された連続ドラマ『若葉のころ』

KinKi Kidsの堂本剛&堂本光一でW主演を果たした『若葉のころ』は”青春群像物語”と呼ばれますが、内容があまりに過激なため地上波での再放送などは難しいかもとも噂されています。

そこでドラマ『若葉のころ』無料で視聴する方法を調べてみたところ、TSUTAYA DISCAS(ディスカス)だけしかないことが判明しました!

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

ドラマ『若葉のころ』の動画フルを無料視聴する方法

まずは、ドラマ『若葉のころ』を配信している動画配信サービスはどれだけあるかを探してみました。

ドラマ『若葉のころ』の動画配信状況

ドラマ『若葉のころ』を”動画として見逃し配信している”サービスはないようです。


~ドラマ『若葉のころ』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

TSUTAYA DISCASのおすすめポイント

ドラマ『若葉のころ』は動画配信で視聴するのは難しく、TSUTAYA DISCAS「DVD/BD」をレンタルして視聴するしかいまのところ方法はないようです。

‥‥というと「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実はTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システムなので、お出かけついでにポイッとポストに返せるのです。

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、ドラマ『若葉のころ』を無料でレンタルできます♪

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

TSUTAYA DISCASならKinKi Kids出演作が無料でレンタル可!

《TSUTAYA DISCAS / TV》では無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

ドラマ『若葉のころ』だけでなくいままでのKinKi Kids出演作品をいっぱい楽しむことが出来ます!

 

TSUTAYAレンタル可・KinKiKids出演作品

ドラマ『若葉のころ』だけでなくKinKi Kidsの過去作無料でレンタル可!

《KinKi Kids》出演の他作品

ドラマ「金田一少年の事件簿」
ぼくらの勇気 未満都市2017
Summer Snow
人間失格-たとえばぼくが死んだら
青の時代
天魔さんがゆく
33分探偵
・若葉のころ
・P.S.元気です、俊平
・セカンド・チャンス…他 多数作品あり

《TSUTAYA DISCAS / TV》はなんといっても天下のレンタル大手《TSUTAYA》のサービス!なので”作品の取り揃え”がとんでもなく豊富!

30日間もある無料お試し期間中に上記の作品を全部、追加料金なしの無料で視聴することが出来ます♪

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ドラマ『若葉のころ』動画内容の紹介

ドラマ『若葉のころ』のあらすじ

働かない父に代わり、貧しくも弟と妹と共に懸命に生きる武司、対照的に大病院の息子の次男として不自由なく温室育ちの甲斐。 武司は編入試験を経て嘉南学園へ入学し、校内で甲斐と出会う所から話は始まる。

武司は、甲斐の裕福が故の無意識に高みに立った発言に傷つき彼と距離を置こうとするものの、甲斐の積極的な交流により序々に友情を育んでいく。だがそれは悲劇の始まりを告げていた。様々な運命が交差する青春群像物語。

Wikipediaより

ドラマ『若葉のころ』のキャスト

相沢武司:堂本剛
藤木甲斐:堂本光一
蒔田泉:奥菜恵
相沢悟郎:根津甚八
藤木啓輔:宅麻伸
倉橋志帆:北浦共笑
藤木久美子:原日出子 など


相沢武司:堂本剛

 ★相沢武司★ 

母が他界し、無気力で酒浸りな父の代わりにアルバイトで生計を立て、学校へ通いながら弟妹の世話をしている。忙しい毎日なのにも関わらず学業も疎かにせず、成績は常に上位のため、難しいとされる高校の編入試験にも合格し、エスカレーター式の進学校・嘉南学園に転入する。

転入早々校内で裕福な育ちの医師の息子・甲斐と出会った事で、貧富の差や自分の環境にコンプレックスを抱く事に。始めは甲斐と距離を取っていたものの、次第に仲良くなっていく。

幼馴染である泉に恋心を抱いており、後に恋人同士になるが、父親が関わったある事件によって甲斐や泉との関係に大きな変化が生まれていく・・・。

《堂本剛》
KinKi Kidsのメンバーで、数多くのドラマや映画に出演している”超演技派ジャニーズ”でも知られています。思い起こせばKinKi Kidsの相方・堂本光一さんと共演する事も結構ありますよね!

藤木甲斐:堂本光一

 ★藤木甲斐★ 

嘉南学園の理事長かつ藤木病院の医師の息子として、裕福な家で生まれ育つ。何不自由ない環境で生まれ育つも愛情には人一倍飢えている。基本的には心優しい性格なのだが、裕福な育ちから環境が違いすぎる武司に対して無意識に傷つけてしまう。

教師の志帆に恋心を抱いているシーンもあるが、禁断の恋仲と、志帆が実は父親の愛人だったという衝撃的な事実が分かり、関係は終わりを告げる。

より優秀な兄がいる事で、病院の跡を継ぐことにあまり興味もなければ、兄にもコンプレックスを抱いている。後に兄が事故死する事で、父親が抜け殻のように落ち込んでいる姿を見て改めて、自身が期待されていないことに傷つき、幼馴染の泉に慰められるようになっていく。

《堂本光一》
1979年1月1日生まれ、兵庫県出身。KinKi Kidsのメンバーです!今更ですが、堂本剛さんも光一さんもどちらも本名で、相方が同じ苗字ってすごい事ですよね!しかもあまりメジャーな苗字でもない!KinKi Kidsを最初に知った時は、兄弟なのかと思いました☆(笑)

蒔田泉:奥菜恵

 ★蒔田泉★ 

武司の幼馴染で、何かと武司を気にかけるが、次第に武司の友人として知り合った甲斐に憧れる様になっていく。

一度は武司に告白され、付き合うようになるが、ある事件をきっかけに武司との距離が生まれた事で、友人の甲斐と恋仲になってしまう。そして徐々に学生らしい付き合いではなく、男女の関係になっていき、甲斐の子供を身ごもる事になる。

《奥菜恵》
1979年8月6日生まれ、広島県出身。13歳の時にフジテレビのテレビドラマ『パ★テ★オ』で宝田明の娘役で芸能界デビューし、女優や歌手として活躍している奥さん。本作ではヒロインを演じています♪

相沢悟郎:根津甚八

 ★相沢悟郎★ 

武司の父。昔は良き父であったものの、甲斐の父親の啓輔と自分の妻が病室で逢瀬をしているのを目撃してしまい、自暴自棄、酒浸り無気力になってしまう。武司の出生の秘密を知った事で、武司に憎悪すら抱くようになる。

武司の事で啓輔を脅迫し金をせびろうとするがあしらわれ、武司に会いに来た泉を暴行しようとするものの、武司にかばわれてもっとより一層憎しみが強くなり、もみ合いの末武司に包丁で刺され重傷を負う事になる。

《根津甚八》
1947年12月1日生まれ、山梨県出身。劇団俳優としてデビュー当時は活躍していたものの、その後黒澤明監督作品に主要な役で出演し、人気を獲得した事でも有名な俳優さんです。

藤木啓輔:宅麻伸

 ★藤木啓輔★ 

甲斐の父。藤木病院の院長で武司と甲斐の通う嘉南学園高校の理事長でもある。利己的で計算高い性格をしており、過去に悟郎の妻、武司の母親と深い関係を持っていた恋仲であった。その後自分が大学病院の院長となるために妻・久美子と結婚するが、時を同じくして悟郎の妻は武司を身ごもっていた。

その後時は流れ、甲斐の兄に期待をかけて育てていたものの、不慮の事故で死亡し跡取りがいなくなったことにひどく落ち込んだ。しかし武司が自分の実子であることを知ると、武司を自分の息子として藤木家に迎え入れ、藤木病院の跡継ぎとして育てはじめ、武司に肩入れしていく。

《宅麻伸》
1956年4月18日生まれ、岡山県出身。渋い声を生かしたダンディーな役柄が多い一方で、世間では「勇者ヨシヒコシリーズ」の「ダンジョー役」としてはじけた?役にも挑戦されています!

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

ドラマ『若葉のころ』主題歌・スタッフ

ドラマ『若葉のころ』主題歌

*オープニングテーマ
ビー・ジーズ「若葉のころ」

*エンディングテーマ
KinKi Kids「FRIENDS」

ドラマ『若葉のころ』スタッフ

脚本 – 小松江里子
音楽 – 長谷部徹
演出 – 吉田健、松原浩、加藤浩丈
プロデュース – 伊藤一尋

ドラマ『若葉のころ』の1話から最終回ネタバレ感想

ドラマ『若葉のころ』は、今から20年以上も前の1996年4月期に放送された連続ドラマ作品です。青春群像物語と呼ばれる本作は、KinKi Kidsの二人、堂本剛くんと堂本光一くんがW主演を果たしたドラマ。内容が非常に衝撃的で、いまだに記憶に残っているドラマです。

また、このドラマは内容もさることながら、楽曲も人気を博した一つの理由として有名です!オープニング曲に、ビー・ジーズ「若葉のころ」と、エンディング曲にKinKi Kids「FRIENDS」という楽曲が印象的で、KinKi Kidsのコンサートで歌うとすぐに連想してドラマが思い出されるファンの方も多い様子。

なにより「FRIENDS」の歌詞が、本作のドラマの深くてシリアスなストーリーと重なる部分があり、名曲として認知されている曲です♪

若葉のころ
いつもあいつのことを思い出す
同じ時を生き 同じ涙を流し
同じ命を生きていた あの頃…
俺はずっと考えてい
生きることの意味
死ぬことの答え
そして あいつと俺のことを


主人公の相沢 武司は、学力優秀で弟と妹のためにアルバイトや家事をこなしながら生活をしている高校生。母親は既に他界しており、かつて”いい父親”だった父は、母が他界してから無気力になり酒浸り。いまではお世辞にも「良い父親」とは言えない。

武司は嘉南学園という、学力が高く裕福な家庭の子供が通うとされる高校への編入に成功します。編入初日に藤木甲斐という同級生に出くわします。

甲斐は武司と正反対の温室育ち。父親は嘉南学園の理事長であり、藤木病院の院長を務めているという一見とても恵まれた高校生。けれど裕福な家庭で生まれ育ち、何不自由なく生きてきたはずが、実は兄弟間で差別され、父親から兄への期待は大きいものの、自分に対しては無関心というゆがんだ家庭で過ごしてきたため、愛情に飢えた青年でもあります。

あまりにも身分や、地位、育った環境が違いすぎるが故に、武司は甲斐を避けようとします。けれど、武司の想いとは裏腹に甲斐は積極的に武司に絡んでくるのです。

やがて、二人の青年の間に武司の幼馴染の泉という女子高生も絡みあってくる事になります。泉はどこにでもいる普通の女子高生で、女子高に通っています。幼馴染の武司に対してずっと手を焼いているのですが、甲斐と出会い、二人の間で恋に揺れ動く女子です。

主人公・武司の父・悟郎と、甲斐の父・啓輔の過去の関係が描かれ、ドラマに暗い影が現れ始める事になります。実は悟郎の妻(武司の母親)と啓輔は元々恋人でした。武司の父親は啓輔の息子だとし、悟郎は啓輔に口止め料として、お金を受け取りました。

悟郎は武司の出生の事実を知ってから武司との接し方が分からずにいて、度々武司と口論から殴り合いに発展する事もざらでした。そんなある日揉み合いが激しくなった末、武司は重症の怪我を負った後、藤木病院に入院する事に。啓輔は武司の事について本当の事かどうかも分からずにいましたが、入院している隙にDNA鑑定をする事にします。

この武司の入院の一件で武司と甲斐の仲がより近くなっていくのです。武司が入院している間、武司に内緒で弟と妹を預かったり、武司の夜間のバイトに出ていたり。。。ところが武司としては、今まで親代わりをして必死で働いていたのにも関わらず、幼い弟妹には甲斐の家の方が良いという言葉を言われ、バイトも奪われたと感じてしまい二人は喧嘩に。けれどそれがきっかけで本音を言える人間と感じ、殴り合いを通して二人は和解して、腹を割って話せる友人となれたのです。

そんな中、悟郎の日頃の鬱憤や酔った勢いなど全てが入り混じり、武司の幼馴染の泉を襲おうとする事件が起こります。間一髪で武司が帰ってきますが、またもや悟郎ともみ合いになり、父親は「お前の父親は藤木病院の院長だ」という言葉と包丁を向け武司に襲いかかり、もみ合いの末武司は誤って悟郎を包丁で刺してしまうのです。

武司は弟妹、甲斐や泉に惜しまれながらも少年更生院へ送られるのでした。悪い事は続き、甲斐の兄も不慮の事故で亡くなってしまうのです。昔からコンプレックスを抱いている兄が死んだ事で、今度は自分が父親の期待を背負う事になるのかと思いきや「甲斐、お前が死ねば良かった」などと残虐な言葉は吐き捨てられ、ショックの余り甲斐は家を出ます。

そんな甲斐に寄り添う人物が一人だけいました。それは武司の幼馴染の泉。二人はいつしか恋仲になり、武司が出所する頃には、武司を裏切った事になるからと、別れを決意する二人なのですが、泉は甲斐の子供を身ごもっている事に気づきます

武司は甲斐に「お前は俺を裏切った!泉には二度と近づくな!!」と、激怒して二人の友情はあっけなく散ってしまうのです。ところが甲斐も「武司とは異母兄弟だと」いう事を知って・・・?!


という濃厚な重いストーリーとなっています。放送当時の1990年代から2000年までのドラマ内容の傾向として、「貧富の差」「学園もの」「自殺」「麻薬」「犯罪」「家庭の闇」など、今では考えられない内容をゴールデンタイムで放送していました。今の時代なら絶対に批判が出そうな内容が多かったですが、同時に、いまがに語り継がれる名作ドラマが多かったことも事実です。

キンキの二人が出演している学園ものとして、「人間失格」というドラマもとても有名です。どちらも「生きる事」をテーマとしていて、重くて、決して軽く見られる作品ではありません。ただ、立ち止まって考えようというきっかけになる作品だと思います。そして結末としてはまだ本作の方が救いがあります

最終話のタイトル「生きることの意味、死ぬことの答え」。は当時とても話題になったようです。どんなに辛い環境の中でも前向きに生きる武司の強さや、裕福な家庭に育つものの誰からも愛されていないという感情を拭えない甲斐。

正反対な性格で、環境も全く違いますが、実は異母兄弟。初めて見た時から何か二人には言葉に言い表せないような感情があったのかもしれません。また二人の青春物語だけなら良かったのですが、泉の妊娠や、親たちまでもが関わるとやはりなかなかにして重いです・・・

そんな本作「若葉のころ 」には沢山の名シーンがある事で有名です!特に話題になったシーンを挙げていきましょう♪

・二人が昔ドラマ「若葉のころ」で殴り合うシーンは、役ながら何とも言えない最高の名シーンだった。

 

・つよしくんが奥菜ちゃんを後ろから抱きしめるシーン

 

・『若葉のころ』で武司が親友に裏切られた時「お前はもう裏切ってるよ」と言った瞬間にすぅっと目から体温がなくなるの。本当に冷たい目をする、壊れたなって思う瞬間。 など

終盤ではまさかの展開で、誰しも予想がつかなかったのではないでしょうか?根津甚八さんが演じた武司の父の、クズ親父感がまた怪演で怖い印象を持ちますが、最後には武司が実の息子ではないのに、武司の事を愛していたという事で、いまだに忘れられません。

Twitterには他にもさまざまな声が沢山寄せられていました。

・若葉のころって武司と甲斐が喧嘩するシーンとか多々あるけど、撮影終わってから 「演技でも剛と喧嘩するんは嫌やった…」 って言った堂本光一は天使だと思いませんか皆さん

・「若葉のころ」はお金持ちでも愛に飢える光一くんの役×貧しい生活の中強く生きる剛の役のお話で、見たら「これ!商業で読んだことあるやつ!」ってなるし、KinKiは顔がいいから惚れる。

・剛くんは悲しい役が多かった でもひたむきに懸命に生きる純粋で優しい誠くんと武司くんが素敵だったなぁ 光ちゃんはお金持ちの家の子の役。 でも自らの運命を変えたくて、心苦しみながら懸命に友情を育んでいく優しい留加くんと甲斐くんが大好きだったな など

過去の大名作です。この機会に是非見てみて下さいね。

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

まとめ

今回はドラマ『若葉のころ』無料お得に視聴する方法について、ご紹介しました。

《TSUTAYA DISCAS / TV》の無料お試しを使えば、本作品だけでなく、たくさんのKinKi Kidsの関連作品や話題作品が無料で視聴できてめちゃくちゃお得です♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!