同期のサクラの動画配信を無料で1話から最終回まで全話フル視聴する方法まとめ!

ドラマ『同期のサクラ』

2019年10月期に日本テレビ系「水曜ドラマ」枠にて放送された、ドラマ『同期のサクラ』動画無料で全話視聴する方法について、分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • ドラマ『同期のサクラ』を1話から最終話まで、全話無料でイッキ見したい
  • SNSで話題になっていたので観てみたい
  • ドラマ『同期のサクラ』をゆっくり全編フル動画で見たい
  • 『過保護のカホコ』の制作スタッフ・遊川和彦脚本なので、ドラマの内容が気になる

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

同期のサクラの無料動画を最終回までフル視聴する方法

ドラマ『同期のサクラ』の動画無料で視聴する方法を調べてみたところ、動画として無料で視聴できるのは《Hulu》しかないことが分かりました。

日テレドラマである『同期のサクラ』の動画は、日本テレビ系の有料動画配信サービス《Hulu》全話見放題で配信されています。

無料お試しは2週間あり、もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

《Hulu》に簡単な登録を行うだけで、全話無料ですぐに視聴できます!


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

ドラマ『同期のサクラ』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでのドラマ『同期のサクラ』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどを以下の表にまとめました。

以下の表で分かる通り、動画として無料で視聴できるのは《Hulu》のみとなります。


~ドラマ『同期のサクラ』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇(DVDレンタル) / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円  ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

Huluの概要とおすすめポイント

《Hulu(フールー)》見逃し動画映画、限定配信作品などをテレビ・スマホ・タブレットなどで楽しむことが出来る、動画配信サービス。

特に日テレ系番組に強く、人気映画やドラマ60,000本が”見放題”or”ポイント使用でお得にレンタル”で視聴できます。

ドラマ『同期のサクラ』はHuluにて見放題で配信中♪ 完全無料で視聴できます!

おまけに『同期のサクラ』のオリジナルサイドストーリー『リクエストのミタ』が、Hulu限定で配信中!こちらももちろん無料で視聴できます♪

 

Huluには2週間の無料お試し期間がありますので、初回登録なら2週間以内に解約したら完全無料です!

とりあえず契約して視聴してみてから、今後どうするかを検討されるのもアリかなと思います♪


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

Huluなら遊川和彦脚本の動画も無料で見放題!

Huluなら、本作と同じ脚本家(遊川和彦)の話題のドラマ『家政婦のミタ』や『女王の教室』『過保護のカホコ』なども無料で視聴することができます!

Hulu視聴可・遊川和彦脚本作品

《遊川和彦》脚本作品


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

ドラマ『同期のサクラ』動画内容の詳細

ドラマ『同期のサクラ』のあらすじ

北の小さな離島から、
1人上京した主人公、サクラ。
大手ゼネコンの入社式で、
私の夢は、故郷と本土を結ぶ
橋を架けること!と社長に宣言。

夢に向かって、脇目も振らず突き進むサクラに、
最初は、冷めていた同期達も、次第に巻き込まれていく。

しかし、配属に影響する大事な新人研修で、
社長の理不尽な言動に、
サクラの「忖度できない」性格が、
思わぬ事態を引き起こす…。

これは、どんな逆境にも自分を貫いたサクラと、
その同期たちの10年間の記録ー。

ドラマ『同期のサクラ』公式サイトより

ドラマ『同期のサクラ』の1話から最終回までネタバレ感想と見どころ

2019年10月期に放送されたドラマ『同期のサクラ』は、北の小さな離島から1人上京してきた主人公”サクラ”が、大手ゼネコンで彼女の夢を叶えるために奮闘する「自身の成長と夢の実現への戦い」の物語です。

夢に向かってまっすぐに突き進むサクラと同期達の「10年間の記録」を描いたストーリーなのですが、第一話のしょっぱなからとんでもない始まり方で、思わず私の箸がとまりました(晩ごはん中だった)。

メガホンをとるのはテレビドラマ『過保護のカホコ』でおなじみの遊川和彦。主人公のサクラを演じるのはやはり「過保護のカホコ」でおなじみの高畑充希。カホココンビ復活、そう聞いただけでテンションがあがります(n*´ω`*n)


大手ゼネコンに入社した新人女性社員が”自身の故郷と本土との間に橋を架ける”という夢を果たす、10年間の物語を1話=1年として描いていく連続ドラマ。

第一話、いきなり床に倒れる北野サクラのシーンから始まる。

重い脳挫傷を負ったサクラと、彼女をとり囲み見守る、それぞれの道に進んだ元同期達。彼らが今現在の姿になるまでの、これは彼らの歴史のドラマ。

場面が変わって、時は10年前の2009年。

北野サクラは田舎から上京してきて、入社式へと向かっていた。会社に行く途中、朝からうるさい隣部屋のカップルや通行の邪魔になっている若者に注意し、遅刻ギリギリに会社へ到着。

先輩の火野に慌てて会場に入れられたサクラは、話の長い社長に「話が長い」と指摘し周囲をざわつかせる。空気を読めないサクラ、それを人事部の黒川がフォローしその後新人研修の話に。研修は3週間あり、最後は5人の班で模型作品を作るという内容。

サクラの班はサクラがリーダーになり、メンバーは月村百合、土井蓮太郎、清水菊夫、木島葵の5人。入社式が終わり、明日からの打ち合わせとかねて懇親会をしようとサクラは4人を誘う。食事をしながら少しだけお互いを知る5人。

まだ距離がありつつも彼らは模型作品を試行錯誤しながら作っていく。けれど忖度できない性格・空気を読めないサクラは妥協せずに作品を作ろうとし、同期は困惑する。最終的に妥協せず作った模型作品、しかし賞は取れなかった。

結局、ほかのメンバーは希望の部署に配属されたが、サクラは希望の土木部ではなく人事部に配属されることになった────。

サクラは「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」という夢をぶれずに持ち続け、配属先の人事部でもサクラ節を振りまきながら、相変わらず頑張っていた。

ある日、人事部に「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」と上からお達しがあった。部長の黒川(椎名桔平)はすみれ(相武紗季)とサクラに丸投げする。意見をハッキリ言うあまりトラブルの種になりかねないサクラにストレスを感じるすみれだが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることに……。

調子よく仕事をする都市開発部の葵、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の百合、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の蓮太郎、と同期の仲間たちと久々の再会をしたサクラ。それぞれの労働環境を熱心にメモしながら、営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会する。しかし、そこに菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。なんと桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な男だった。

その後人事部では、営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題に上がる。苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が営業に行くと申し出るサクラだが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまい……。

心身ともに追い詰められた菊夫を助けるため、自分の夢を諦めないため、忖度しないサクラが進む道とは……!?

入社当初はそれぞれに抱いていた志を、少しずつ曲げたり諦めたりしながら、苦しみつつも妥協点を模索して働いていく5人の10年間の物語。


過去作『過保護のカホコ』を彷彿とさせる”まっすぐ”で若干”猪突猛進”、信念を貫く意思が強く”物怖じしない””輝きに満ちた瞳”を持ったサクラは、高畑充希の魅力と相まって、視聴者の心をわし掴みます。

サクラを見ていて、普段どれだけの人が「空気を読む」とか「忖度」をしているのかがわかります。

自分の意思にただまっすぐに夢に向かって努力している人が報われない、というのはいかに世の中が「空気を読む」だとか「忖度」だとかに重きを置いているのか、ということの反映なんだろうなぁとしみじみ思います。。。

実は作中に「百合がサクラにめちゃくちゃ切れるシーン」があります。ですが、普段空気を読むのに慣れてしまっていると、「それ」を「壊してしまう人」に対して百合のように拒否反応がでてしまうのもわからなくもないなぁと思いました。。。自分が正しいと思って生きてきた「それ」を壊されることに、恐怖を感じてしまうというか。。。。価値観を揺さぶられる?っていうんでしょうか。。。

空気を読むことが当たり前で、それができない人は少し煙たがれる今の世の中。そんな現代社会を描いていてリアリティ溢れている作品になっています。

ドラマには割とたくさんの主要な登場人物がでてきますが、「非常にわかりやすく」スッと話が入ってくるのは、シナリオがとてもよく出来ているからだと思います!

サクラの口癖「いいです。非常にいい」「マズい。非常にマズい」と、大事なことは二度言いますなパターンは、ついついこちらもうつってしまいそうになります。言いたい。非常に言いたい。(←)

また、サクラのじいちゃんのFAXの文言がすごく深くて。。。。毎回楽しみにしている自分が居ました。だからこそ、じいちゃんが〇〇〇〇〇しまった時は号泣(´;ω;`)ウッ…

最後、サクラはどうなってしまうのか────?
彼女の抱いていたアツい夢は実現できるのか?

夢物語ではない、かなりピリッとした社会人の青春ストーリー。けれどとても思い入れのある作品です。


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

ドラマ『同期のサクラ』の視聴者レビュー

30代・女性

「同期のサクラ」は、少し不思議な主人公である北野サクラが同期入社の4人の仲間と一緒に様々な困難に立ち向かっていくドラマで、最初はサクラが真っ直ぐ過ぎるが故に仲間に受け入れてもらえない感じがもどかしかったのですが、回を重ねるごとにサクラの真っ直ぐさが同期の心を掴んで深い絆ができていくのが見応えがありました。

 

サクラは決して間違えてないのに周りに起きていく様々な問題に正面からぶつかっていくため、人事異動をさせられたり時には怒鳴られたり目の敵にされたりと不都合ばかりが起こってしまい本当にお気の毒に思いました。今のご時世なかなか自分の思い通りに生きていくことは難しく自分の意思とは反対のことをしなければならない時もある中、サクラのように人に流されず真っ直ぐに意見をぶつけていく姿は見ていて気持ちよかったです。

 

他の同期の4人もサクラに影響されて自分の気持ちに正直になれたり、真っ直ぐに生きていくことができたり良い風に変わっていけたのがよかったです。サクラを支えるおじいちゃんから送られてくるFAXの言葉が力強くて心に響くので毎回楽しみにしていました。そんなおじいちゃんに育ててもらったからこそ真っ直ぐなサクラが出来上がったのだと思います。

40代・男性

同期のサクラに関しては観たらきっと同期って良いなと思ってしまう作品です。変わり者の主人公サクラに振り回されて時には大きなケンカをして仲違いしたりもする百合、葵、蓮太郎、菊夫。しかし4人が行き詰まった時にサクラの独特の激励、アドバイスでピンチを救ってもらうんです。4人がいじめられたりバカにされたり必要がないという扱いを受け傷つき逃げ出したくなったときにストッパーになってあげるのがサクラなんです。

 

そんな頼りになりブレないサクラがバランスを崩す時が訪れます。その時は同期の4人が真剣に親身になって施し返そうとする場面というのは素晴らしかったです。そしてサクラの忖度しない生き様というのにも注目してもらいたいです。相手が上司であろうと社長であろうと関係なく間違っていること思ったことをハッキリ言うんです。間違いなく社会不適合とも呼べるサクラのスタンスというのも見どころ十分でした。登場人物で注目が椎名桔平が演じる黒川です。落ち着いていて本当に渋い存在ではありましたが終始読めない存在でした。個人的に一番好きなのが同期がいつもの飲食店に集まる場面です。仲良く会話したりケンカしたり色々起こるのが見応えがありました。

20代・女性

かなり衝撃的なストーリーでした。最初サクラが寝たきりになった状態からストーリーが始まって、過去に遡っていく形で進んでいくので、どうしてこうなってしまったのだろうとなんとも言えない気持ちで見ていました。

 

サクラのキャラクターが特徴的で、そんなサクラに振り回されながらもどんどんと変わっていく同期たちを見ていると感動しました。その同期を演じる橋本愛さんの演技には毎回驚かされました。最初はサクラと対立するのですが、次第に心を開き、かけがえのない存在になっていきます。サクラに対してズケズケと本当の気持ちを言うシーンは迫力があり、サクラがかわいそうで泣けてしまいました。それでも負けず、正面からぶつかっていこうとするサクラに心が変化していく様子も、とてもリアルに演じられていて、すごい女優さんだなと思いました。今の時代、サクラと百合のようにぶつかり合える仲間はなかなかいないと思います。そんな2人が距離を縮めていく様子は見ていて嬉しくなったし、自分もこんな仲間がほしいなと思わずにはいられませんでした。そして毎回、サクラのおじいちゃんから送られてくるファックスの名言は色々と考えさせられ、見ている方も勉強になりました。

30代・女性

同期のサクラの1話を観た時は正直『 んーーおもしろくなさそう。ありきたりなヒューマンドラマっぽいなぁ。』が第一印象でした。そんな第一印象だったにも関わらずなぜか、もぅ1話(2話も)観てみよっかな!って後ろ髪惹かれたのを覚えてます。観ていく内に、サクラという人間のキャラクターにも惹かれていったのと同時に、人との関わり方・接し方・自分の信念を改めて考えさせられるドラマでした。

 

特におじいちゃんとのやり取りのFAXは、今どきFAXって!!笑 と突っ込みましたが、無愛想な感じのおじいちゃんから愛が詰まったFAXで毎度涙を流しながら『 確かに!!そうだな。間違いない!!』って思わされたのと私生活に活かせるものでした。なによりも、同期のメンバー達が初めは毛嫌いしていたサクラに対して、ただの人・同期の女の子じゃなくて、信頼する同期のサクラに変わっていく個々の心の変化も素敵で心打たれました。

 

このドラマの中ではドロドロしたり、熱い人間関係の話はあっても、恋愛は無いだろう!って思っていたのに、まさかの恋愛模様があったりしてそこも楽しく拝見できました。
久々に続編が観たい!もっと数年後気になる!って思ったドラマでした。

40代・男性

「同期のサクラ」は一生懸命頑張っても報われないなど、現代社会の問題を盛り込んでいる感じが強くて、興味深い内容だったと思います。

 

まずは、高畑充希さん演じる主人公のサクラのキャラが強烈過ぎるという感じがしました。島の田舎から出てきたということで、はっきり言えば世間知らずですが、行き過ぎていて物凄かったと思います。上司や社長に対しても、一切忖度なしという感じでの大暴れぶりが凄まじかったです。本人には悪気が全くなく、正しいことをしている感じですが、見ていてヒヤヒヤしました、そして、早歩きで、独特な姿勢で歩いたりと変人ぶりが最強で、最初は違和感を感じますが、高畑充希さんの可愛さもあり、途中からはくせになると思います。そして、同僚などのために戦い続ける姿が感動的だったと思います。

 

しかし、そういう感じなので忖度だらけの現代社会で上手くいくはずもなく、闇に堕ちてしまう姿が印象的でした。インパクトが大きかったのは、サクラが絶望してAIスピーカーに延々と質問をしまくっている姿で、現実の世界でもありそうな感じだと思いました。共演者では椎名桔平さんの濃いいキャラでの、何かを企んでいるような独特な演技が印象的でした。

20代・女性

主人公、サクラの話し方がまず面白いです。何度もまた見たいと思えるような、癖になる話し方です。とても魅力的だと思います。そして、キビキビと動く感じもまた癖になります。

 

1話1話毎回サクラに助けられる仲間達。いつも相手のことを一番に考え、一緒に問題を解決しようとするサクラの姿に胸を打たれます。仲間思いの素敵な人だなと感じました。最初はサクラを嫌っていた皆が、サクラに助けられることによって、1人ずつサクラに心を開き、信頼し合える仲になっていくのが印象的です。最後はサクラを想うみんなの姿に感動します。仕事に一生懸命なサクラ、仲間思いのサクラ、そして家族思いのサクラ、何事にも一生懸命なサクラを見ていると、私もそうなりたいと憧れを抱きます。

 

サクラのじいちゃんが亡くなったときは涙が止まりませんでした。そしてそんな辛い状況のときにサクラを助けようと色々なことをして元気づけようとする仲間の気持ちが素敵です。普段からサクラが仲間を大事にしてきたからこそ、サクラが辛いときに助けてくれるんだろうなと思います。あの仲間は強い絆で結ばれてるとすごく感じるドラマでした。見ていて私も頑張らなくちゃと思えるような、素敵なドラマです。


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

ドラマ『同期のサクラ』のキャスト

北野 桜:高畑 充希
月村 百合:橋本 愛
木島 葵:新田 真剣佑
清水 菊夫:竜星 涼
土井 蓮太郎:岡山 天音
北野 柊作:津嘉山 正種
脇田 草真:草川 拓弥
中村 小梅:大野 いと
火野 すみれ:相武 紗季
黒川 森雄:椎名 桔平

ドラマ『同期のサクラ』相関図

ドラマ『同期のサクラ』相関図

ドラマ『同期のサクラ』公式サイトより

ドラマ『同期のサクラ』主題歌・スタッフ

ドラマ『同期のサクラ』主題歌

*主題歌
森山直太朗「さくら(二〇一九)」


ドラマ『同期のサクラ』スタッフ

脚本 – 遊川和彦
音楽 – 平井真美子
建築業監修 – 阿部守
資料提供 – VTN Architects
方言指導 – 伊藤富美也、笹川あさひ
医療監修 – 中澤暁雄
看護指導 – 松島由貴子
制作協力 – AX-ON
チーフプロデューサー – 西憲彦
プロデューサー – 大平太、田上リサ
演出 – 明石広人、南雲聖一、日暮謙
hulu演出 – 伊藤彰記
製作著作 – 日本テレビ


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《Hulu》で無料視聴 
2週間無料でお試しOK!

Huluなら無料お試しを使えばDVDを普通に店舗でレンタルするより断然お得に視聴でき、他にもたくさんの動画が視聴できます!

ぜひHulu2週間無料お試しを使って、楽しんでくださいね♪