リズと青い鳥の動画フルを無料視聴できるおすすめ動画配信サービス

映画『リズと青い鳥』


口数が少なく内向的な性格のみぞれと、天真爛漫で物怖じしない希美。

ふたりの女子高生がつむぐ、とても爽やかで瑞々しい青春アニメ映画『リズと青い鳥』

京都アニメーション(京アニ)ならではの、細部まで丁寧に創り上げられた、息をのむほどに美しい作画も存分に楽しめる、日本が誇る名作だと思います。

今回、アニメ『リズと青い鳥』無料でお得に視聴する方法を調べてみたところ、「U-NEXT」「TSUTAYA  DISCAS(ディスカス) / TV」がオススメだという事が判明しました!

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

 

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

*無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

『リズと青い鳥』の無料動画をフル視聴する方法

まずは、どこの動画配信サービスで、『リズと青い鳥』配信&レンタルされているかについて調べてみました。

 

『リズと青い鳥』の動画配信状況

『リズと青い鳥』の動画を配信しているサービス会社は何社かあります。

ですので、もしいますでに加入しているサービスがありましたら、まずはそこで配信の有無を確認してみてくださいね!

ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると「果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩まれるかと思います。

そこで今回は、上記の動画配信サービスのなかで京アニ(京都アニメーション)作品が他にもたくさん視聴できる”「U-NEXT」と「TSUTAYA  DISCAS / TV」をオススメしたいと思います♪


『リズと青い鳥』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 〇(期間限定) 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Amazonプライム・ビデオ 〇(dアニメストアに加入必要あり) 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

U-NEXTのおすすめポイント

まず一つ目のおすすめ動画配信サービス《U-NEXT》♪

 

『リズと青い鳥』の動画を初回登録無料期間を利用して無料で視聴できる動画配信サイトとして、《U-NEXT》があります。

《U-NEXT》は無料お試し期間31日間長いのが特徴♪(FODやHuluは2週間)

おまけに、動画配信数が業界でNo.1”見放題対象作品”の数がすごい!(TSUTAYA DISCASはDVDレンタルなので返却等の手間が発生)

動画だけでなく、書籍も漫画も雑誌も配信されているU-NEXTは、コンテンツが非常に充実していてとっても楽しいサービスです。

『リズと青い鳥』はU-NEXTなら見放題追加料金なし無料で視聴できます!

おまけに動画配信なのでクリックしたら即視聴できます!

U-NEXTなら京アニの過去作が無料で視聴できる!

U-NEXTなら、京アニの大人気作品もたくさんお得に視聴できます♪

U-NEXT視聴可・京アニ作品

《京都アニメーション》の他作品
・聲の形
・けいおんシリーズ
・涼宮ハルヒの憂鬱
・響け!ユーフォニアム シリーズ
・リズと青い鳥
・Free! シリーズ
・たまこまーけっと
・たまこラブストーリー
・らき☆すた シリーズ…他 多数作品あり

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

U-NEXT》は31日間無料でお試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TVのおすすめポイント

もう一つのおすすめ動画配信&レンタルサービスは《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》♪

 

大手レンタルサービスTSUTAYAの提供するサービス《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》

こちらはちょっとややこしいのですが、「TSUTAYA DISCASというDVD・BDレンタルサービスと「TSUTAYA TVという動画配信サービス合体版です。

初回登録時だけ無料で「DISCAS」「TV」どちらもお試し(というか勝手に2つともくっついてくる)できますが、そのまま継続して正規利用される場合は、どちらかだけにすることができます!

今回『リズと青い鳥』はTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)のほうの”DVD・BD・CD定額レンタルコース”でレンタルとなります♪

‥‥というと「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実はTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システムなので、お出かけついでにポイッとポストに返せるのです。(ほんとラクチンです。かくいう私も利用中♪)

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、映画『リズと青い鳥』無料でレンタルできます♪そのときついでに、他の観たいDVD/BDも一緒にレンタルできます!

TSUTAYA DISCASでしか視聴できない京アニの過去作が無料でレンタルできる!

TSUTAYA DISCAS / TVでは無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

『リズと青い鳥』はもちろん無料、他にも京アニの話題作をいっぱいレンタルすることが出来ます!

 

TSUTAYA響け!ユーフォニアム

 

TSUTAYA京アニ作品

TSUTAYAヴァイオレットエヴァーガーデン

レンタル可《京都アニメーション》作品

など、たくさんの作品がお得にレンタルできます!

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』や『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』はU-NEXTでは残念ながら配信されていません。

動画配信サイトでは配信されにくい作品などもレンタルできるのがTSUTAYA DISCASの最大の利点!

 

《TSUTAYA DISCAS / TV》はなんといっても天下のレンタル大手《TSUTAYA》のサービス!なので”作品の取り揃え”がとんでもなく豊富!

30日間もある無料お試し期間中に上記の作品をたくさん無料でレンタルすることが出来るのです♪

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

『リズと青い鳥』動画内容の詳細

『リズと青い鳥』のあらすじ

あの子は青い鳥。

広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。

だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふり
をした。

北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。
高校三年生、二人の最後のコンクール。

その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。

「なんだかこの曲、わたしたちみたい」

屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが
近づくことを恐れるみぞれ。

「親友」のはずの二人。

しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

Amazon商品紹介より

『リズと青い鳥』のキャスト

鎧塚みぞれ:種崎敦美
傘木希美:東山奈央
吉川優子:山岡ゆり
中川夏紀:藤村鼓乃美
“リズ” / “少女” :本田望結
剣崎梨々花:杉浦しおり
橋本真博:中村悠一
滝昇:櫻井孝宏
新山聡美:桑島法子 など


鎧塚みぞれ:種崎敦美

 鎧塚みぞれ 
本作の主人公。北宇治高校に通う高校3年生。吹奏楽部ではオーボエを担当している。無口で大人しい性格で、技巧派。市内の強豪・南中学校吹奏楽部出身。トップクラスの技術を持っている。

中時代に吹奏楽部の道に誘ってくれた希美を、誰よりも慕っており、大切に想っている。希美の存在が自分の全てであり、その他に興味を向ける事が出来ないことが悩みでもある。

鎧塚みぞれに関する声がTwitterに沢山挙がっていました☆

・鎧塚みぞれって子がいるんですけど、ちょっと髪が跳ねてるところとか、逆手で髪を撫で付ける仕草とか、ルビーみたいに紅い瞳とか、笑うと目がくしゃっとなるとことか、 すごく好き……じゃなくて可愛いので、ぜひ観てください

 

・リズと青い鳥をみました、、かわいいだけじゃなく儚く厳か尚且つ強かさをもった女の子たちだった、、画面がずっと美しかった、、、 京アニ~~~~

 

・「リズと青い鳥」は「響け! ユーフォニアム」の続編なんだけど、キャラクターデザインがすごく変わって、人によっては好き嫌いがえるだろうけど、主役の希美とみぞれがすごくいい感じだと思う。特に鎧塚みぞれのもっさりした感じが種﨑敦美さんの声にぴった など

傘木希美:東山奈央

 傘木希美 
本作の主人公で高校3年生。吹奏楽部ではフルートを担当している。みぞれと同じく市内の強豪・南中学校吹奏楽部出身。黒髪の長い髪をいつもポニーテールにしている。天真爛漫な性格で、誰からも好かれる人気者。

高校に進学すると同時に吹奏楽部は一度辞めるが、実力を磨いて様変わりした吹奏楽部を目の当たりにして復帰を果たす。人を明るくしたり、コミュニケーション能力も高いため、後輩をはじめとする部員の皆から慕われている。

傘木希美に関する声が挙がっていました☆

・傘木希美が音楽室に入る時くるっと一回転したり、気まずい時につま先で床をトントンしたりする足癖への繊細な描写について、希美の「特技:ダンス」を頭の片隅に置くと少し違う味わいになるのでオススメです

 

・グゥ〜、傘木希美〜!! 歩幅全く合わせる気ないし、上履き履き終わるまで待たずに先行ってるのがもう!!胃が痛い!!

 

・全人類リズと青い鳥を観てくれ、観て傘木希美と鎧塚みぞれの可愛さに身悶えして身悶えして耐えきれず二次創作を始めてくれ……もっともっと希美とみぞれが見たいよ~~!!!!!! など

“リズ” / “少女” :本田望結

 “リズ” / “少女” 

リズ
童話「リズと青い鳥」の登場人物で亜麻色の髪の少女。両親を亡くしてパン屋で働きながら湖のほとりで一人で暮らしている。孤独を感じていながらパン屋で貰ったパンを湖に集まる動物たちにあげるのが日課。そのなかでも1羽の青い小鳥と飛び抜けて仲良しだった。

少女
童話「リズと青い鳥」の登場人物で青い空色の髪をした不思議な少女。リズが住んでいる湖で倒れているところをリズに助けられ、一緒に暮らす事になる。

“リズ” / “少女”に関する声が挙がっていました☆

・リズと青い鳥童話パートのピクニックで青い服の少女が爪先をトンと合わせるのはOPで希美待ってる時のみぞれと同じ。だとするとリズの「待って。お願いそばにいて…。ずっと、ずっと」は、みぞれとの埋められない音楽の才能の差に対する希美の叫びなんだよな。少女が今一つピンときてないのがまたね…

 

・リズと青い鳥(童話)の百合…くちばしを合わす鳥の挨拶の習慣が人間状態でも抜けなくて無意識にリズのファーストキスを奪っていく青い鳥…

 

・植物 花言葉 スズラン 花言葉 「再び幸せが訪れる」「純粋」 2人とも本当に幸せそう。 見てるこっちも優しい気持ちになるね。 など

滝昇:櫻井孝宏

 滝昇 
北宇治高校吹奏楽部の顧問。就任1年目というわずかな月日にも関わらず、弱小吹奏楽部を全国大会に導いた人物。普段は穏やかだが、演奏に対する指導は厳しい。ソロパートの掛け合いがうまくいかないみぞれと希美に、もっとお互いの音を聞くようにアドバイスする。

滝昇に関する声が挙がっていました☆

・全国金賞を狙うためにリズと青い鳥を選曲する滝昇の鎧塚みぞれに対する思いマジでなんなの??と改めて思わされた

 

・滝昇はみぞれが居るから自由曲をこの曲にしたんだろうなということをリズと青い鳥を全部ちゃんと聴くとよくわかる。

 

・よく出来た指揮者。は表向きの顔。 実際は部員に『粘着イケメン悪魔』と呼ばれるくらいに鬼畜な先生。 既婚者だが妻に先立たれており、妻の思いを胸に吹奏楽を続けている。 子供はいない。 など

橋本真博:中村悠一

 橋本真博 
外部から指導者で、専門はパーカッション(打楽器)を担当している。明るい人柄で部員たちにも慕われている。また滝の音大生時代からの旧友でもある。

橋本真博に関する声が挙がっていました☆

・滝先生の助っ人として部員の指導にあたる。 情熱家であり親しまれやすい人柄ではあるのだが、 隙あらば失言するという、謂わば『失言王』。 そのせいか、滝先生によく弄られる。

 

・夏合宿で橋本先生と新山先生の挨拶。よくよく聞いてみるとその年初めての挨拶でもないような絶妙な文章になってる。リズと青い鳥との整合性ですね。

 

・掛け合いがうまくいっていないと初日で橋本先生は気付くんだけど、新山先生が気付かないはずないので様子を伺うが表情に温度がない。自分はリズム隊の担当だからその日は黙っているけど、さすがに2回目では怪訝に思いつつ指摘するという演出 など

新山聡美:桑島法子

 新山聡美 
外部からの指導者で、木管楽器を専門としている。滝の音大生時代の後輩。みぞれのオーボエの腕を評価していて、音大の受験を勧める事になる。

新山聡美に関する声が挙がっていました☆

・新山先生に音大受けることにしたって話した後の誘われ待ち間が生々しく浮き彫りにした傘木希美の『私は誰かに“選ばれる”側だ』という自惚れに大興奮しました私は暗いオタクです

 

・リズと青い鳥で私がいちばん笑ってしまうシーンはこちら。みぞれの髪ぼさぼさ。新山先生の髪さらさら。キャラがよく出ていて分かりやすい対比です。みぞれは髪とかメイクとか興味なさそうですし。新山先生は、あの…、やがて千尋先輩になるために…。など

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

 

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

*無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

 

『リズと青い鳥』主題歌・スタッフ

『リズと青い鳥』主題歌

*主題歌「Songbirds」
歌 – Homecomings


『リズと青い鳥』スタッフ

原作 – 武田綾乃
(宝島社文庫『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)

監督 – 山田尚子
脚本 – 吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督 – 西屋太志
絵コンテ – 山田尚子
演出 – 石原立也、武本康弘、山田尚子、小川太一、澤真平
美術監督 – 篠原睦雄
色彩設計 – 石田奈央美
楽器設定 – 髙橋博行
撮影監督 – 髙尾一也
3D監督 – 梅津哲郎
音響監督 – 鶴岡陽太
音楽 – 牛尾憲輔
音楽制作 – ランティス
音楽制作協力 – 洗足学園音楽大学
音楽監修 – 大和田雅洋
監修 – 石原立也
配給 – 松竹
アニメーション制作 – 京都アニメーション

『リズと青い鳥』のネタバレ感想

『リズと青い鳥』は2018年4月21日に公開された長編アニメーション映画。制作は京都アニメーション。監督は京アニの代表映画作品『映画けいおん!』『たまこラブストーリー』『映画 聲の形』などを手がけ、受賞歴もある山田尚子さんが担当しています。

大人気シリーズ『響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』の関連作品で、「スピンオフ」という位置付けではありますが、“1本の独立した映画”として公開されています。

「青春音楽ドラマの定型を破った映画で、尚且つ最後に少女たちが見いだす友情の真理も感動的」など、各業界からの評価が高い事もあり、数多くの賞を獲得しています。

本作は二人の対照的な女子高生が織りなす物語に、音楽を掛け合わせた繊細な作風です。


北宇治高校吹奏楽部に所属する3年生の鎧塚みぞれ傘木希美。二人は市内で強豪と言われる南中学校吹奏楽部出身。みぞれはオーボエ、希美はフルートを担当している。

みぞれは内向的な性格で、他人と打ち解ける事を苦手としており、いつもひとりぼっちだった。けれど、中学校の時に天真爛漫な希美に誘われ音楽の楽しさを知る事になってから、希美の事が一番大切で誰よりも慕う存在になった。一方で希美は誰とでも気さくに打ち解ける性格で、みぞれとは対照的な性格

吹奏楽部の練習はより厳しさを増していくが、希美は他の部員たちと和気あいあいと練習している一方で、みぞれは後輩からの遊びの誘いも断り、独りで黙々と練習に励んでいた。みぞれたちは高校最後のコンクールを控えており、自由曲は「リズと青い鳥」に決まっていた。

「リズと青い鳥」とは、お互いのことを愛し合いながらも、愛ゆえにやがて別れなければならないリズという少女と青い鳥の物語。希美は自由を求めて外の世界へ旅立つ”青い鳥”に、みぞれは家の中にいて青い鳥がどこまでも羽ばたいていくことを願う”リズ”に、それぞれ自分自身を重ね合わせていた。

二人が二年生だった頃、希美が部内の対立をきっかけに、みぞれには何も言わず部活を一度辞めてしまっていた事があり、それはみぞれのなかにくすぶり続ける不安の原因だった。なぜ物語の中のリズは、青い鳥を自分の手の中にしっかり留めておかなかったのだろうか。。。みぞれにはそれが理解できなかった。

一方で希美の想いもまた複雑だった。自分の音楽の才能、音楽の技術がみぞれよりも劣っている事には誰かが言わずとも自覚していて、嫉妬を覚え始める。

けれどこの想いが二人の進路を左右するとはこの時には分かっていなかった。

コンクールは日に日に近づいていたが、みぞれと希美の掛け合いはうまく行っていなかった。二人の心の中にある不安や葛藤や、進路の迷い、複雑な想いが交差していく。

みぞれにとって希美は世界そのもので、自分の将来の事や他の事など全く興味もなかった。希美の行くところにはどこでもついていき、希美の言うことには何でも賛同するのだった。二人はこの先もずっと一緒にいられるのか。みぞれは、いつかまた希美が自分の前から消えてしまうのではないか、という不安を拭えずにいた。

「物語はハッピーエンドがいいよ」屈託なくそう話す希美と、いつか別れがくることを恐れ続けるみぞれ。何故物語のリズは青い鳥を逃がしたのか理解出来る頃には、二人の歩む道は決まっていて・・・。


本作には名シーンや名言が沢山あるのですが、なかでも視聴者が印象に残ったシーンや本作の見所を少しだけご紹介したいと思います。

作品の冒頭部分のセリフがない二人の登場シーン

本作の冒頭、京都アニメーションならではの”世界観”が大きく表現された部分だとも言えます。物語が進行しているのにも関わらず、みぞれと希美の二人の会話はなく、セリフがないシーンが長く続く部分は、繊細な描写や空気、細部まで丁寧に作り上げられた作風を思いっきり感じられるシーンとなっていて、ほんとに見所です!

モノローグもないまま、校内を歩くみぞれと希美。淡々としたシーンだとはいえ、作画が綺麗で、ずっと見ていられます。本作の世界観にすっと入っていける不思議な感覚。さすが京アニです。ここまで長時間セリフがないアニメ作品はかなり珍しいと思います。

みぞれと希美の対照的な性格

本作は二人の対照的な少女を主人公としています。しかもどちらかと言えばみぞれの視点で描かれている事が多く、口数が少なく感情を表に出さないみぞれが見ている、感じている視点で進められていくため、この設定もアニメ作品ではとても珍しく思います。

みぞれと希美で言えば、希美の方が主人公にふさわしいタイプだと思うのですが、その固定観念を壊しています。今までにない“主人公らしくない”キャラクターが、「リズと青い鳥」を読んで、自分と希美を重ね合わせ自分たちの将来をどう歩んでいくのか。どの道を選ぶのか。ここが見所となっています。

みぞれの口数が少なく、物語全体にセリフのない“間”が多数存在する事が大きな特徴で、だからこそその分、ほんの少しの目の動きや髪をかきあげる小さな仕草で心の揺れを感じられる‥‥そんな細かな表現や描写にも注目してほしいです。

ラストの下校シーンが泣ける!!!

いつも一緒にいるみぞれと希美の二人の歩き方には特徴がありました。希美が先を歩き、その後を追うようにみぞれがついて行く姿。物語を見終わった後で考えると、二人の関係を表していると感じます。

その二人の関係性がラストでは、下校時にいつものようにお互いに食べたいものを挙げながら、一緒に歩き出していると、途中、希美は立ち止まりみぞれに自分の中での決意を伝えます。それを受けるみぞれ。

この映画のラストで二人が一瞬だけ向き合うシーン、今までは向き合うシーンは描かれなかったものの、ラストでは初めて「向き合う」という描写が描かれており、二人の関係性の結果を表していると言えます。

『リズと青い鳥』はまさに京アニならではの、世界観や音楽、色彩によってとても爽やかで瑞々しい青春映画に仕上がっており、見終わった後でもしばらくは本作の余韻に浸れる作品となっています。

Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

・リズと青い鳥 感想 芸術作品のようだと思いました。 みぞれと希美二人の心理描写の繊細さ そこからの関係性、心の動きを感じてさすがの京アニだと思いました。 音がすごかったとも思いました一つ一つの学校での環境の音がリアルで、 素晴らしかったです 本編の響けが好きだから見てよかったです!!!

・リズと青い鳥見終わりました、撮影が神がかっているので画面の揺れやピントのぼかし方がものすごく良いし、目の動きや髪の毛一本一本、些細な表情の変化までもうめちゃめちゃ繊細で最初から最後まで全部美しいアニメだった

・空気を描くって、元々京アニや山田尚子監督が得意だった手法ではあると思うんですが、それを極限まで突き詰めると、きっとリズと青い鳥になるんだと思います。 アニメーションだからこそできた描写、実写じゃぜっっっったいに無理。そう言った意味でやっぱり1つの到達点なんじゃないかと思います。 など

この機会に是非見てみて下さいね☆

 

▼今すぐ無料視聴するならココ!▼

無料で視聴するならこちら
《U-NEXT》

 

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

*無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

まとめ

今回は『リズと青い鳥』無料でフル視聴する方法を紹介しました♪

U-NEXTでもTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TVでも、無料お試しを使えばDVDを普通にレンタルするより断然お得に視聴できます♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!