アニメ「氷菓」の無料動画配信を1話から最終回までフル視聴する方法!

アニメ『氷菓』

2012年に京都アニメーションによりアニメ化された『氷菓』の動画無料で全話視聴する方法について、分かりやすく解説していきます♪

こんな方は必見
  • 『氷菓』を完全無料で全話イッキ見したい
  • 京アニの美しいアニメが大好き
  • 京アニが紡ぐ世界観が大好き
  • 大人気推理小説のアニメ化”が気になる

上記に当てはまる方はぜひ、当記事を参考にしてみてくださいね♪

 

アニメ『氷菓』の動画配信を最終回まで無料視聴する方法

アニメ『氷菓』の動画を無料で視聴する方法を調べてみたところ、動画”配信”という形でいますぐ視聴するなら《U-NEXT》一番お得であることが分かりました♪

アニメ『氷菓』の動画は、「見放題作品数No.1」の動画配信サービス《U-NEXT》が完全見放題で配信しています♪

無料お試しは31日間もあり、もちろん「無料期間中」に解約すれば一切料金はかかりません♪

《U-NEXT》に簡単な登録を行うだけで、全話無料ですぐに視聴できます!

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

 

アニメ『氷菓』の動画配信状況

主要な動画配信サービスでのアニメ『氷菓』の配信状況・無料期間・月額利用料・配付ポイントなどをまとめました。

以下の表から、完全無料無料期間が一番長く、動画という形ですぐに視聴できるのは《U-NEXT》であることが分かります。

(Huluは無料期間が2週間になります)

(Netflixは無料期間がありません)


~アニメ『氷菓』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円  ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ △(dアニメストア加入) 30日 455円 なし
Netflix なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)

U-NEXTの概要とおすすめポイント

《U-NEXT》は無料お試し期間が31日間と長いのが特徴♪(FODやHuluは2週間)

おまけに、動画配信数が業界でNo.1”見放題対象作品”の数がすごく、特に《U-NEXT》はアニメの配信がめちゃくちゃ多いのです♪

動画だけでなく、書籍も漫画も雑誌も配信されている「U-NEXT」は、コンテンツが非常に充実していてとっても楽しいサービスです。

この機会にアニメ『氷菓』だけでなく、いままで観ようかどうしようかと気になっていた作品などを一緒に視聴して、ぜひ楽しんでください♪

アニメ『氷菓』はU-NEXTなら完全無料見放題です!

おまけに動画配信なのでクリックしたら即視聴できます!

 

《U-NEXT》なら登録も解約もとっても簡単

とってもお得&楽しいサービスです♪

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

 

U-NEXTなら京アニの過去作が無料で視聴可!

U-NEXTなら、京アニの大人気作品もたくさんお得に視聴できます♪

U-NEXT視聴可・京アニ作品

《京都アニメーション》の他作品
・聲の形
・けいおんシリーズ
・涼宮ハルヒの憂鬱
・氷菓
・響け!ユーフォニアム シリーズ
・リズと青い鳥
・Free! シリーズ
・たまこまーけっと
・たまこラブストーリー
・らき☆すた シリーズ…他 多数作品あり

上記の動画は全て追加料金無しの無料で視聴することができます♪

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

 

すでにU-NEXTを利用した事がある場合は、TSUTAYA DISCAS / TV がおすすめ

すでにいままでに《U-NEXT》に登録経験があって、無料お試しが利用出来ない方は《TSUTAYA DISCAS / TV》がおススメです!

大手レンタルサービスTSUTAYAの提供するサービス《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》

こちらはちょっとややこしいのですが、「TSUTAYA DISCASというDVD・BDレンタルサービスと「TSUTAYA TVという動画配信サービス合体版です。

初回登録時だけ無料で「DISCAS」「TV」どちらもお試し(というか勝手に2つともくっついてくる)できますが、そのまま継続して正規利用される場合は、どちらかだけにすることができます!

今回、アニメ『氷菓』はTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)のほうの”DVD・BD・CD定額レンタルコース”でレンタルとなります♪

‥‥というと「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実はTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システムなので、お出かけついでにポイッとポストに返せるのです。(ほんとラクチンです。かくいう私も利用中♪)

おまけに、さすがTSUTAYAのサービス、京アニ作品がめちゃくちゃたくさんレンタルできるのです(ココがおススメな理由!)。

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、アニメ『氷菓』無料でレンタルできます♪そのときついでに、他の観たいDVD/BDも一緒にレンタルできます!

登録も解約もとっても簡単☆

めちゃくちゃたくさんの作品を、簡単&お得に視聴することが出来ます♪

 


\こちらも無料で視聴可能♪/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴


30日間無料お試しOK!

 

TSUTAYA DISCASでしか視聴できない京アニの過去作が無料でレンタルできる!

TSUTAYA DISCAS / TVでは無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

アニメ『氷菓』はもちろん無料、他にも京アニの話題作をいっぱいレンタルすることが出来ます!

 

TSUTAYA響け!ユーフォニアム

TSUTAYA京アニ作品

TSUTAYAヴァイオレットエヴァーガーデン

など、たくさんの作品がお得にレンタルできます!

 


\こちらも無料で視聴可能♪/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴


30日間無料お試しOK!

 

アニメ『氷菓』動画内容の詳細

アニメ『氷菓』のあらすじ

ひょんなことから「古典部」に入部することになってしまった省エネ主義の高校生・折木奉太郎は、同じく古典部の千反田えるの好奇心に振り回される日常を送ることになってしまう。

やがて奉太郎とえるたち古典部は、学園にまつわる数々の難事件を解決していく。

「わたし、気になります!」の一言で少年の生活は変わる!大人気学園青春ミステリー

U-NEXTより

アニメ『氷菓』のキャスト

折木奉太郎:中村悠一
千反田える:佐藤聡美
福部里志:阪口大助
伊原摩耶花:茅野愛衣
折木供恵:雪野五月
遠垣内将司:置鮎龍太郎
入須冬実:ゆかな
糸魚川養子:小山茉美
十文字かほ:早見沙織
江波倉子:悠木碧 など


折木奉太郎:中村悠一

 折木奉太郎 
本作の主人公。神山高校の男子生徒で、1年B組に所属している。栗色の髪色で、前髪が長め。

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする省エネ主義者。何事も”省エネ”を生活のスタンスとしている。周囲の人間関係も非常に淡泊で、冷めた性格をしている。

姉・供恵からの勧めで古典部に入部するのだが、部員の千反田えるに推理力を見込まれ、成り行きで探偵役を務めることになる。優れた洞察力と推理力を持つ。脳内で推理を組み立て解決していくスタイルであり、考え込む際には前髪をいじる。

”える”との出会い以降は、今まで持っていた”省エネ”モットーに反した名推理を披露しており、えるに振り回されることもまんざらでもない様子。

折木奉太郎に関する声がTwitterに沢山挙がっていました☆

・物語終盤は奉太郎が千反田のことを凄い意識してるなとにやけて見てました(笑

・推理物アニメやけどちょっとだけ恋愛要素もあり。そして、折木奉太郎がただただかっこいいアニメ。折木奉太郎みたいな人と付き合いたいって思ったけどそんな人いなかった

・はまちの八幡とか僕ヤバの市川とか氷菓の折木奉太郎とか、そういう青春こじらせ男子が死ぬほど好きやねん。 など

千反田える:佐藤聡美

 千反田える 
本作のメインヒロイン。神山高校の女子生徒。1年A組で古典部員に所属している。豪農で知られる千反田家の令嬢の一人娘。重めの黒髪ロングヘアーが特徴的。お嬢様らしい整った清楚な容姿と、それにそぐわない活発な瞳を併せ持つ。

古典部の入部を決意したのは、約45年前の古典部部長が伯父・関谷純で、伯父が纏わる過去を思い出したい為。部長を務める事になる。

「私、気になります」の口癖と共に、清楚な外見とは反対に好奇心が強すぎるあまり、奉太郎ら周囲の人物を振り回すことも多々ある。また、五感が優れており記憶力も良い。

千反田えるに関する声が挙がっていました☆

・千反田えるが過去唯一ガチで惚れたキャラです。氷菓を見たあの日、キモ=オタクが誕生した。。。

・気になります!のキラキラ目がホント大好き。氷菓独特の演出の数々、今見ても本当に神がかっていました。

・凄く勉強できて、料理うまくて、風体もいい才色兼備のお嬢様である一方、他人との距離感が狂っていて、自覚なく人を振り回すお馬鹿な子でもあるようだ。 など

福部里志:阪口大助

 福部里志 
神山高校の男子生徒。古典部員に所属しているが、手芸部・総務委員会にも所属している。奉太郎とは中学からの親友。奉太郎を追う形で古典部に入部する。明るい栗色の短髪スタイルで、制服も着崩して着こなしている。

あらゆる知識・雑学に精通し「データベース」を自認する趣味人の一面を持つ。が、自ら推論を組み立てるようなことはほとんどせず、「データベースは結論を出せない」が口癖。

福部里志に関する声が挙がっていました☆

・氷菓の福部里志みたいな少年に萌える

・里志の「こだわらない事に対するこだわり」、かつては「勝ち」へのこだわりを持っていたものの自分の能力に限界を感じて「ガチ勢」から身を引く経験があまりにも身に覚えがありすぎて。

・フォロワー氷菓見なよ 福部里志に狂い死ぬといいよ など

伊原摩耶花:茅野愛衣

 伊原摩耶花 
神山高校の女子生徒で、奉太郎らと同じ1年生。図書委員と漫画研究会に所属していた。中学生時代から里志に好意を寄せており、里志を追って古典部に入部する。奉太郎のとは小学生時代からの腐れ縁で幼馴染。

背丈や容姿は子供らしい印象を与えるが、自分にも他人にも厳しい毒舌家な一面がある。奉太郎に「寸鉄」や「根は良い」と言われている事も。何事にも妥協を許さず他人のミスにも容赦ない勤勉な性格。

自分とは違ったタイプの”える”とは仲が良く、「ちーちゃん」と呼んでいる。

伊原摩耶花に関する声が挙がっていました☆

・それにしても、茅野愛衣の最高の仕事は麻耶花だと改めて思った。ホント氷菓の続きやって欲しい。

・アニメ化されてない氷菓のエピソード、摩耶花のエピソードが二つもあって本当に歯がゆい。あのガミガミした嫌な雰囲気だった文化祭の漫研、摩耶花と河内先輩だけが漫画に本気だった。だから二人は本気で衝突した。物書きにしか分からないかもしれないリアリティ。ちゃんとオチがつくんだよ!

・正直にいうわ、氷菓の摩耶花ちゃんに恋したい など

折木供恵:雪野五月

 折木供恵 
奉太郎の姉で神山高校古典部OG。奉太郎とは5歳年が違う。奉太郎は姉に逆らえた事がない。文武両道の女子大生。合気道と逮捕術を嗜むスーパー大学生で、物語開始時は世界を旅している。エアメールや電話で登場し、物語上で重要な役割を果たすこともある。

何かしらの演出で常に顔が隠されており、現在まで素顔が明らかにされていない。

折木供恵に関する声が挙がっていました☆

・ でも一番好きなのは彼の姉である「折木供恵」かもしれない。

・折木供恵はどこまで把握していたのか、氷菓のラスボスはきっと彼女だろう。

・「私はレバノンにいる」何処かで既知感あったけど、折木供恵だわ。 氷菓見てて思い出した。 など

入須冬実:ゆかな

 入須冬実 
神山高校2年F組の女子生徒。生徒から「女帝」と呼ばれている。実家は「恋合病院」という総合病院を経営する地元の名士で、千反田家とは家族ぐるみの付き合いがある。

長い藍色のロングヘアが特徴的でカチューシャをしている。冷厳な雰囲気と威厳を持つ美人で、頭の回転が早く、高い人心掌握能力とリーダーシップを持つ。

入須冬実に関する声が挙がっていました☆

・でも俺、高校生だったら入須冬実先輩みたいなキリッとした人に甘やかされたいのも抗い難いです

・そもそも脚本がつまんなかった問題だったんでしょう? 奉太郎の姉ちゃん、入須冬実を動揺させるとは恐るべし。

・氷菓は千反田さんと女帝・入須冬実が好き など

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

 

アニメ『氷菓』主題歌・スタッフ

アニメ『氷菓』主題歌

ChouCho『 優しさの理由 』


 

こだまさおり『 未完成ストライド 』

アニメ『氷菓』スタッフ

監督:武本康弘
原作:米澤穂信
アニメーション制作:京都アニメーション
キャラクターデザイン:西屋太志
音楽:田中公平
総作画監督:西屋太志
キャラクター原案:西屋太志

アニメ『氷菓』の1話から最終回までネタバレ感想

アニメ『氷菓』は、2012年に放送された「京都アニメーション」によるアニメ作品☆

元は2001年11月に刊行された米澤穂信さんの推理小説シリーズ「古典部」の第1作目を基にしてアニメ化された作品で、2017年には山﨑賢人さんと広瀬アリスさんのW主演で実写映画も公開された人気シリーズ。

原作小説は、第5回角川学園小説大賞内で新設されたヤングミステリー&ホラー部門で奨励賞を受賞している他、角川スニーカー文庫〈スニーカー・ミステリ倶楽部〉から刊行された、著者にとってのデビュー作。米澤穂信さんの名前がより広く世間に知られるきっかけとなった作品とも言える作品になります。


物語の主人公は、この春高校一年生になった折木奉太郎。省エネをモットーとする奉太郎のもとに、海外生活をしている5歳年上の姉から廃部寸前の古典部に入れという手紙が届く。

特に入りたい部活もなかったため、とりあえず古典部に入る事にした奉太郎。籍だけでも置いておこうと、まさに安易な気持ちで入部する。

古典部には千反田えるという同級生で、部長を務める美少女がいた。千反田えるは成績優秀、スタイル抜群の女子。また名家のお嬢様のため口調はお嬢様育ちを象徴としている。

えるは一身上の都合という理由で古典部に入部したのだと言う。だがしかしえるは、お嬢様育ちで容姿もよく、気品のある性格なのだが、好奇心が旺盛すぎて、好奇心を駆り立てる何かに遭遇した時には、目を輝かせて周りを巻き込んで暴走するといった、なかなかにパワフルな女の子だった。

奉太郎は廃部寸前と聞いていたが、えるが入部したのなら自分は入部する必要がないと考え「じゃあ自分はやめよう」と去ろうとする。戸締りをえるに頼むと、鍵を持っていないという。奉太郎が自分の鍵を渡そうとすると、えるはなぜ奉太郎が鍵を持っているのか疑問を口にする。

えるが不思議がったのにはわけがあり、えるが来た時には鍵がかかってなかったようだ。奉太郎が来た時には鍵がかかっていて、鍵を開けて入ったと言う。

「と、いう事は私は閉じ込められていたという事でしょうか?!!」「私、気になります!」と目を輝かせて言う、える。

そこで奉太郎の推理力が披露される。

下の階で用務員がマスターキーを使って部屋を開け、蛍光灯の交換をしており、貸し出し用の鍵は奉太郎が持っている為使えない。そのためマスターキーで施錠するしかないが生徒は使えない。

イコール、用務員が鍵を施錠した犯人で、えるが教室にいることに気付かなかったのではと謎を解くのだ。

この一件で、えるは奉太郎の、めんどくさそうな省エネ気質の見た目と反して、冷静で抜群の推理力に惹かれる事になる。

やがて古典部には、奉太郎の親友の福部里志や、そんな里志に好意を寄せる伊原摩耶花も加わることになっていき、奉太郎たちはえるの好奇心に引きずられるようにして、学園生活にまつわる不思議なミステリーに直面していく・・・。


多分初見の方が一番初めに気になるのが、本アニメのタイトルにもなっている「氷菓」という言葉。これは神山高校の文化祭に出版する伝統ある古典部の文集の名前から来ているタイトル。古典部は「氷菓」をカンヤ祭に出すことを目標に活動をしていくのです。

実は古典部員キャラクター設定には【シャーロック・ホームズシリーズ】を参考にしているようで、ホームズを奉太郎、依頼人をえる、ワトスンを里志、レストレードを摩耶花と当てはめて作られたそうです。

本作は2012年度の「春季放送アニメ 人気ランキング」でも1位を獲得した人気アニメで、京都アニメーションには珍しく「男の子」が主人公、また「学園ミステリー」と「恋愛」要素を合わせた貴重な作品とも言われています♪

視聴者からは本作の見どころとして、登場人物がみんな高校生とは思えない程の落ち着きようで、また品のあるキャラクターが多い事で、見ていてこちらも上品な気持ちになるような感覚になれるところがいい、と声が上がっていました♪

京都アニメーションの代表的な”日常系アニメ”の「けいおん!」や「たまこまーけっと」などとは対照的な、深みのあるストーリーで京アニファンを増やした人気作品☆

なかでも視聴者が印象に残ったシーンや名セリフなどを、少しだけご紹介したいと思います♪

奉太郎がやる気になり始める境目

古典部のえる、里志、摩耶花と4人でいつものように集まっており、奉太郎が「古い新聞」を探そうと帰る前に図書館によって行こうとする事で、他の3人が本気で心配するシーン。

今までの「省エネ主義」の奉太郎とは思えない行動をし、里志と摩耶花が特に心配しているシーンは、とても面白く、人は意外と簡単に性格が変わるなんだなあ(〃艸〃)ムフッ♪と思った瞬間でもありました。

その2人の心配に、素直になれずにいる奉太郎も可愛かったです♪

作画がさすがの京都アニメーション!!

制作の「京都アニメーション」と言えば、「風」「水」の京アニ!と題されるだけあって、躍動感溢れるリアルな動きと、現実的な描写がもう、秀逸!また疾走感溢れる視点や、景観が好評ですが、本作でもさすが!の感想が溢れています。

特に視聴者からも話題だったのが、最終回

奉太郎が「寒くなってきたな」と漏らすと、えるが「いいえ。もう春です」と微笑むシーン。

「春」の季節を感じられる風、桜が舞い散る描写。春の匂いをも感じさせられるような景色や動きが、細かな描写とうっとりするほどの作画で視聴者を魅了します☆

もちろん作画の綺麗さ、クオリティは最終回だけではなく、えるの温泉シーンなどのなんでもないシーンも力を抜かずに制作されている事が分かり、改めて「京アニクオリティ」の意味が分かります。

このアニメが8年前に制作された作品だと知って、更に衝撃です!

Twitterには沢山の感想が寄せられていました♪

・氷菓、結構考えさせられるし恋愛もちゃんとしてるアニメだった

・氷菓やってた頃まだアニメにハマってない時期だったから友だちに勧められてみた 氷菓ほんとに面白いもっと早くアニメにハマっとけば良かったと思ったもん

・氷菓はアニメ観てどハマりして原作買って読み始めて、たしかに自分の中でも人生初のミステリー小説だったかもしれん。 など

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/
 《U-NEXT》で無料視聴 

31日間無料でお試しOK!

 

U-NEXT無料お試しを使えば、本作品だけでなく、たくさんの話題作品が無料で視聴できてめちゃくちゃお得です。

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!