ヴァイオレットエヴァーガーデンを動画配信サービスで無料フル視聴する方法!

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」


『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、”感情”を知らない一人の少女「愛してる」を知るまでのストーリー。

日本が誇るアニメ制作の最高峰”京アニ”が贈る、美しくも切ない、心震える”愛の手紙”の物語。たくさんの形の”愛”に触れる、感動のアニメーションになっています。

そこで今回、アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』無料で視聴する方法を調べてみたところ、TSUTAYA DISCAS(ディスカス)がおススメであることが判明しました!

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

アニメ『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の動画配信を無料視聴する方法

まずは、アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を配信している動画配信サービスはどれだけあるかを探してみました。

 


~アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV / × 30日 2,417円 ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Paravi × 2週間 925円 ※2 なし(無料体験終了後チケット配付)
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

※2 税込なら月額1,017円。
iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)


アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』はただいま、Netflixでの動画視聴と、TSUTAYA DISCASでの「DVD/BD」レンタルの2通りの視聴方法があります。

そこで、せっかくなので一緒に京アニの素晴らしいアニメがたくさん楽しめる《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》をお勧めしたいと思います♪

‥‥というと「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実は《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システムなので、お出かけついでにポイッとポストに返せるのです。

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』無料でレンタルできます♪

以下の記事で《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》について詳しく説明しています♪ぜひご一読ください!

 

TSUTAYA DISCAS / TVTSUTAYA DISCAS/TVにスマホで簡単に登録する方法!注意点やおすすめ理由も

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の他にも京アニの名作が無料でレンタル可!

《TSUTAYA DISCAS/TV》では無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』はもちろん無料、他にも京アニの話題作をいっぱいレンタルすることが出来ます!

 

TSUTAYAヴァイオレットエヴァーガーデン

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』無料劇場版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝』はいま新作なので無料お試し中は借りれませんが、準新作などになり次第無料レンタル対象になります♪

 

また、

TSUTAYA京アニ作品

京アニの名作「けいおん!」「Free!」「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「MUNTO」「聲の形」など、たくさんの作品がお得にレンタルできます!

 

《TSUTAYA DISCAS/TV》はなんといっても天下のレンタル大手《TSUTAYA》のサービス!なので”作品の取り揃え”がとんでもなく豊富!

30日間もある無料お試し期間中に上記の作品をたくさん無料でレンタルすることが出来るのです♪

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』動画内容の詳細

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』あらすじ

感情を持たない一人の少女がいた。
彼女の名は、ヴァイオレット・エヴァーガーデン。
戦火の中で、大切な人から告げられた言葉の意味を探している。

戦争が終わり、彼女が出会った仕事は誰かの想いを言葉にして届けること。

――戦争で生き延びた、たった一人の兄弟への手紙
――都会で働き始めた娘から故郷の両親への手紙
――飾らないありのままの恋心をつづった手紙
――去りゆく者から残される者への最期の手紙

手紙に込められたいくつもの想いは、ヴァイオレットの心に愛を刻んでいく。
これは、感情を持たない一人の少女が愛を知るまでの物語。

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイトより

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』キャラクター・声優紹介

ヴァイオレット・エヴァーガーデン:石川由依
クラウディア・ホッジンズ:子安武人
ギルベルト・ブーゲンビリア:浪川大輔
カトレア・ボードレール:遠藤綾
ベネディクト・ブルー:内山昂輝
エリカ・ブラウン:茅原実里
アイリス・カナリー:戸松遥
リオン・ステファノティス:上村祐翔 など

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(石川由依)

本作の主人公で、見た目は金髪碧眼で髪を後ろで結んでいる。玲瓏な声を持つ可憐な容貌をした少女。

幼い頃から軍人として大戦に参加したことから、人の気持ちを理解したり、自分の気持ちを表現することをまだ知らない。誰に対しても敬語で話す。

大戦中はライデンシャフトリヒ陸軍の女子少年兵であり、ギルベルト直属の部下として単独で一個分隊に匹敵する戦闘力を持っていたが、大戦時の戦傷で両腕を失っており、いまは義手を着用。普段は黒手袋をはめている。

戦場で上官のギルベルトから告げられた「ある言葉」の意味が分からずにいたが、戦争後は、後見人の一人となったクラウディアが経営するC.H郵便社にて、自動手記人形として代筆の仕事と出会い、その言葉の意味を探し始める。

ギルベルトのことを自身の命に代えても守りたいと思うほど、大切に思っている。そんな真っすぐな強さを持っているヴァイオレットだが、普段は無表情なことが多い。だからこそ、ふと笑顔になった時の破壊力が凄まじいとTwitterでは話題に。父を戦争で亡くしたアンからは「お人形」と呼ばれている。

クラウディア・ホッジンズ(子安武人)

ギルベルトの士官学校時代の親友で、戦争後はC.H郵便社の社長になる。大戦中は陸軍中佐、人好きのする性格で情に厚い性格。親から女性の名前をつけられたことを気にしているため、クラウディアと名乗ることを嫌っている。

ギルベルトからの頼みでヴァイオレットの面倒をみている。実家はライデンシャフトリヒにて商家を営んでいる。女性との付き合いは幅広くあるようだが、特定の恋人を持とうとはしていない。

声優の子安氏は今まで悪役のキャラクターを演じる事が多かったが、今回はとても優しいキャラクター!優しく渋くてカッコいい声を見事に演じているとTwitterではかなり話題に。

名言として有名なクラウディア・ホッジンズのセリフは

「してきた事は消せない。でも…でも、君が自動式人形としてやってきた事も消えないんだよ。」

ギルベルト・ブーゲンビリア(浪川大輔)

代々続く貴族の名家に生まれ、陸軍少佐となった経緯があり、ヴァイオレットの陸軍時代の上官でもある。戦時中、幼いヴァイオレットに出会い、ともに帝国軍と戦った。

「ライデンシャフトリヒ陸軍特別攻撃部隊」の隊長(階級は少佐)で、独身。25歳当時、兄に押し付けられる形でヴァイオレットを引き取り、道具として扱えと言われるが、言葉も喋れなかった彼女を見守りながら、いつしか愛するようになる。

原作ではヴァイオレットと再会を果たすが、アニメでは「未帰還兵扱い」で描かれており、原作のようなハッピーエンドの形にはなっていない事に対して賛否両論意見がでているのは確か。今後、劇場版等へとつながる布石?

ギルベルト・ブーゲンビリアの名言がこちら。

「愛とは、君を一番、守りたいと思うことだ。」

「成長すれば、君はきっとその名前にふさわしい女性になる。君は道具ではなく、その名が似合う人になるんだ」

「生きるんだ、ヴァイオレット。君は生きて、自由になりなさい… 心から、愛してる」

ベネディクト・ブルー(内山昂輝)

C.H郵便社に勤めている配達員の青年で、見た目はサンディブロンドにスカイブルーの瞳、ハイヒールブーツが特徴。ネットでは「ハイヒール男子」と呼ばれたりしている。

ホッジンズとは旧知の仲で、拳銃の使い手であり、クラウディアのことは「おっさん」と呼んだり、社長や他の社員に対してタメ口を聞く。

服装にはこだわりがあり、配達員の制服ではなく私服を着ており、この私服の衣装には必見!綺麗な背中が見える事もある。

ベネディクト・ブルーの名言はこちら。

「時代が変わっても、 俺たちが届けるものは、 変わらない。」

カトレア・ボードレール(遠藤綾)

ヴァイオレットと同じ、C.H郵便社の自動手記人形。天真爛漫、自由奔放、おおらかな性格で、クラウディアのことは社長と慕い、後輩のまとめ役。ベネディクトとはしょっちゅう喧嘩をしているが、外伝にて恋心が明らかとなる。

見た目は黒髪に紫の瞳、小麦色の素肌に豊満な容姿、依頼主が言葉にできない繊細な想いを言葉にできる、人々を魅了する文章力で絶大な人気を誇り、指名が絶えない大人の女性として描かれている。

ヴァイオレットについてはとある行事をきっかけに、同僚としてではなく友人として見るようになる。元拳闘士で、握力だけなら男性よりも強く、噴進砲を投げ飛ばす腕力の持ち主。

カトレアの名言はこちら。

「言葉には裏と表があるの。口に出したことがすべてじゃないのよ。人の弱いところね。相手を試すことで、自分の存在を確認するの。裏腹よね。」

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』主題歌・スタッフ

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』主題歌

*オープニングテーマ*
TRUE「Sincerely」


*エンディングテーマ*
茅原実里「みちしるべ」


アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』スタッフ

原作:
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」暁佳奈
(KAエスマ文庫/京都アニメーション)

監督:石立太一
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:高瀬亜貴子
シリーズ演出:藤田春香
世界観設定:鈴木貴昭
美術監督:渡邊美希子
色彩設計:米田侑加
撮影監督:船本孝平
3D監督:山本 倫
小物設定:高橋博行・太田 稔
編集:重村建吾
音響監督:鶴岡陽太
音楽プロデューサー:斎藤 滋
音楽:Evan Call
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:京都アニメーション

京アニ関係者の方々へ。感謝と追悼を込めて。
こんなにも美しく素晴らしいアニメーションを生み出してくださったにも拘らず、無情にも事件に巻き込まれてしまい、その尊き生命とアニメへの情熱を無理やり手折られてしまわれた方々へ。。
私たちはあなた方のことを決して忘れることはありません。
アニオタの一人として、心から「ありがとう」。
犠牲になられた方に、どうかもう、一片の苦しみもありませんよう、そしてもし”来世”という存在を願えるのなら、幸せに満ち溢れた光が降り注ぎますよう。
京アニのこれからの作品も楽しみにしています。

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のネタバレ感想

2018年1月から放送されていた京都アニメーションの、ほんとにほんとに素晴らしいアニメ。暁佳奈さんの小説を原作に、京アニが細部まで丁寧に美しく描いた、とても感動する作品になっています。実は上記しましたが、原作とは結末が異なり、オリジナルキャラクターも多く登場します。

圧倒的に綺麗な作画美しい街並み音楽人の感情。また豪華声優キャストで構成される本作は、テレビアニメに続いて2019年公開の映画”ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝- 永遠と自動手記人形 -”を経て、劇場版も公開予定です。

キャッチコピーは

「彼女はまだ知らない、『愛してる』の意味を。」
「想いを綴る、愛を知るために。」

これは、いろんな形の「愛」をテーマにしたアニメーションです。

主人公は感情を持たない、いつも無表情の少女・ヴァイオレット。孤児の彼女は戦争に駆り出される運びになり、そこで出会った上官・ギルベルト・ブーゲンビリアに戦火の中で言われた「心から愛している」の意味を知りたいと、戦争後は代筆業務をする事になります。

代筆業務とは、うまく言葉にする事が出来ない想いを汲み取って言葉にして手紙にするという仕事。

「自動式人形サービス」と呼び、代筆業務をする少女は「ドール」と呼ばれています。基本的に1話完結型ですので、その話毎に話が変わり面白く見られます。「ドール」と呼ばれるヴァイオレットはお客様の依頼があるかぎりどこへでも行き、そのお客様が言葉に出来ない感情を汲み取り、文字にしていきます。

代筆業務を始めたばかりの頃、ヴァイオレットはタイピングをするのは誰よりも早く、成績優秀なのですが、「ドール」として一番重要の「人が抱えている想いを察する」「感情を汲み取る」能力が乏しく、苦情ばかり。

そんな中同僚のエリカ・ブラウンや、アイリス・カナリー、また先輩でもある優しく大人なカトレア・ボードレールなどと共に働く事で、「愛している」という感情や「寂しい」などといった感情を学んだり、「言葉には表と裏がある事」などを学んで日々成長していきます。

Twitterで一番話題で、好きな方が多いのが、10話ですね!タイトルは「愛する人は ずっと見守っている」。一番泣けたという声が多々上がっていました!母と娘の親子愛が描かれています。

一人の病気の母親・クラーラと暮らす娘・アンの母娘。クラーラは先が短い事が分かっていたため、自分が死んだ後、娘のアンの誕生日50年間分を手紙に…とヴァイオレットに代筆作業を頼みます。

それは50年間分の「愛の詰まったアンへの手紙作り」でした。ヴァイオレットは、無表情で感情など理解できないと言った人形、ロボットのような少女だったのですが、沢山の人と出会い感情と出会う事で次第に、自分の内なる感情を呼び覚ましていくのです。その感情が爆発したのが、10話でした!

特にヴァイオレットが涙をこらえる様子や、溢れる愛に触れた時、ヴァイオレットが一番近くで感じた感情を綺麗に、そして切なく、描いている事でファンからはとても好評で、何度見ても泣いてしまうとの声が多数でした!

10話に続いて人気なのが5話ですね!タイトルは「人を結ぶ手紙を書くのか?」です。ヴァイオレットの初の大仕事と呼ばれる代筆業務で、ドロッセル王国に出張して、シャルロッテ王女の政略結婚の相手であるダミアン王子との「公開恋文」代筆でした。

公開という事がネックで、国民にも見られる恋文を作成するという事で、初めは国民受けするような恋文を王女に言われるがまま代筆していたのですが、ダミアン王子の返事も「ドール」が書いたという事で気に食わない様子。

14歳で結婚を決められてしまう王女の気持ちはいかほどか・・・。と思っていたのですが、実は王女とダミアンは本当に両想いという事を知り、ヴァイオレットは王女と王子に自筆のやり取りをさせる事にするのです。

それは、斬新な考えをヴァイオレットがするようになったなと感激したシーンでもありました。所詮公開恋文とは、国民の理想像を描いただけで、王女や王子の感情などまるで入っていないのです。そこに気づき、王女自身も王子の事が好きで堪らなく、不安がっていた様子をヴァイオレットは汲み取る事に成功するのです。

ヴァイオレットは戦争に駆り出される時には、孤児で感情のない女兵士としか見られませんでした。ずっと世話をしてくれたギルベルト・ブーゲンビリア以外は。孤児で幼い時から「戦争の武器」としか見られなかったため、無表情になってしまったのも無理はないでしょう。

作中では色んなお客様に出会い、さまざまな手紙を書く事になります。

「戦争で生き延びた、たった一人の兄弟への手紙」
「都会で働き始めた娘から故郷の両親への手紙」
「飾らないありのままの恋心をつづった手紙」など。

人と人を繋げるその手紙の役目を、一番感情を知らない少女が、一番伝わる「手紙」の代筆業務をしていく事で成長し、「愛する事」を知っていく物語となっています♪

視聴者からの声がTwitterに沢山上げられていました☆この作品を見る事で、本当に色んな感情になったようです。

・ヴァイオレットは本当にとても優秀な”良きドール”へと成長したなぁ…一人の女の子の成長をこんなにもそばで見守ることが出来て幸せです。

・結末が分かるものもあったけど、察してても心に伝わってくるものがあって、ヴァイオレットの成長を感じると共にこれは泣く。京アニ、やっぱり好きだ。

・当時アニメ好きになる前の僕でも涙腺崩壊させられた思い出の10話は本当に大好きです。ヴァイオレットが泣くのを我慢するシーンも胸が痛くなりますよね。僕のアニメの原点とも言えます。 など

そしてやはり、このシーン、ですよね。


心震える、愛の物語

劇場版も公開予定との事で、この機会に是非アニメ版からご覧くださいね☆

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』視聴者のレビュー

30代・男性

主人公のヴァイオレットは軍に居たためなのか、人としての感情が欠落しているように物語の前半では感じられました。しかし、物語が進むにつれて代筆屋としていろいろな依頼主と触れ合っていくうちに、人としての感情を徐々に取り戻していく演出にはとても感銘を受けました。

特にヴァイオレットの感情の変化が著しかったのは第10話で、ある母と娘の家からの依頼で母は自分の残りの時間がわずかな事を知って娘の為に手紙を残そうとヴァイオレットに代筆を依頼するのですが、その場ではただ淡々と職務をヴァイオレットはこなしていましたが、仕事が終わり郵便社に戻ってきて母と娘のその後を案じるがあまり思わず感情を露わにして号泣してしまうシーンについては、見ているこちらも居た堪れない気持ちになってしまう程でした。

このような心理描写が物凄く巧みなアニメ作品に出合えたことは本当に幸せと思えるアニメ作品だと思いました。そのような演出もさることながら作画の関しても素晴らしいと思えるものばかりで実写と見紛った程でした。これ程のクオリティーのアニメを毎週のように作り出す制作会社はそう多くはありません、スタッフの努力が滲み出ていたと思える綺麗な作画でした。

20代・女性

どの回も涙腺が刺激されるアニメ作品でした。映像もきれいですが、ただきれいなだけではなくて、「このキャラクターから見るときっとこのシーンはとても印象深く重要な物だったんだな」と感じさせるシーンでぐっと力を入れた映像にする、そんな工夫が感じられます。

主人公であるヴァイオレット・エヴァーガーデンの成長も見え、特に後半は、「この成長がこの時のこの対応に繋がるのか!」と思うことが何度もありました。物語は、主人公のヴァイオレット・エヴァーガーデンが依頼主の元へ出向き、手紙を代筆するという流れで進んでいくので、1話しか出てこないキャラクターも多いのですが、それぞれがそれぞれに大切にしている人、「愛している」の形を持っていて、印象が薄いな、というキャラはあまりいません。

1つ1つの回に深み・濃さがあって、見終わった後に「はあ」と、良い意味でのため息が出ます。そして見終わった後は「もう1回みたい!」と何度も思わせられるので、私は録画してみていました。2回目以降に新たな発見もありますし、「あの時の、気持ちがいいような、苦しいような、あの感覚をもう一度感じてちゃんと感じとりたい」という気持ちも満たされます。

20代・女性

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の魅力のひとつに、物語の中で丁寧に描かれている主人公の感情の変化が挙げられると思います。

主人公であるヴァイオレット・エヴァーガーデンは、感情を持たない機械のような少女です。これは彼女の境遇が影響しているのですが、ヴァイオレットの過去については、ぜひアニメで確認して欲しいポイントになります。ヴァイオレットは代筆業を担う自動手記人形(ドール)として、郵便局で働くことに。しかし、他人の感情を察したり共感することが苦手なヴァイオレットは、同僚や顧客と接する中で色々なトラブルを引き起こしてしまいます。トラブルというのは、クスッと笑えるものから、かなり深刻なまで様々。ヴァイオレットがそれらのトラブルをどう乗り越えるかも注目です。

ヴァイオレットは仕事を通して様々な人の想いに触れます。同時に、ヴァイオレットの心の中にも、徐々に色々な感情が芽生えるのですが、その描写がなんとも絶妙なのです。物語が進むにつれ、ヴァイオレットが機械から人間らしくなっていく様(表情や言動の変化)は、見る者を惹きつけると思います。感情という、複雑で繊細なものを理解しようと必死にもがくヴァイオレットの姿に、思わず泣かされてしまう人も多いのではないのでしょうか。

20代・男性

ヴァイオレットエヴァーガーデンを見てから、2年が経過していると思うと大変感慨深いです。

ドールとして活動していくだけで愛してるの意味を理解できるのなら、少佐に拾ってもらい一緒に過ごしている段階で、これが愛しているということが理解できていたのではないかと思いました。また作品の完結が愛してるを知ることだということで、この1クールは茶番だったのではないかと感じ蛇足だなと感じました。

でもなぜか見てしまうし一週間の楽しみとなっています。なぜこういうことになっているのか?それを考えた結果、それは映像が神秘的で作品の中に入り込みやすい、且つ芸術作品を見ている感覚に陥るからだと思ったのでした。また憧れを抱くものに自分は惹かれるのであろうと思いました。この作品の美麗な登場人物、背景等の映像全てがあこがれの対象としてなるのに相応しいことにより惹かれたのであると感じました。放送当時の数年前に感じてたことが蘇ります。当時自分は過激なアクションシーンのアニメが好きでした。しかしこの作品は常に平坦に主人公の日常を描いていました。それでも不思議と楽しい気持ちになりました。それ程作画が優れていた作品でした。

50代・女性

このアニメでまず目を引いたのは、「自動書記人形」という職業の存在でした。パソコンでワープロソフトやメールを使うのではなく、古風な機械式のタイプライターを使い、素敵な衣装に身を包んだ女の子が手紙を代書する、という設定は、わくわくする美しさです。メールではなく紙の手紙に心をこめることで物事を動かしていく彼女たちがとてもすてきでした。

その一方で主人公のヴァイオレットの性格がなかなかつかめなくて、いったいどういう過去があるのか気になって仕方がありませんでした。機械でできた精巧な義手を使って、正確に手紙を書く彼女ですが、無表情でこの仕事にはとても向いていないように見えるのです。でもいろいろな人とのかかわりによって、だんだんとヴァイオレットの心が変わっていく様子に胸を打たれました。また、そのなかで徐々に見えてきた過去に接して、本当に泣きました。胸に飾られたアクセサリーの意味を思うと、最初からもう一度見直したいと思わずにいられませんでした。

ロマンチックな物語であると同時に、戦争というものの残酷さがリアルに描かれ、その一方で中世風の建物や草原の美しさ、といったものが対比されているこの作品は、映像的にも本当に見ごたえのあるアニメといえるでしょう。

20代・男性

まず、本作、ヴァイオレット・エヴァーガーデンはkaエスマ文庫から出版の原作者暁佳奈さん原作のアニメーションで、お客様がお望みならどんな場所でも駆けつける、自動手記人形サービスの女性主人公、ヴァイオレットが沢山の人の想いを手紙という文章を通じて知り分かち合いながら【愛】という言葉を知る…そんな物語です。
主人公のヴァイオレットは人の想いを文章にして手紙にする仕事、自動手記人形【ドール】を営んでいるのですが、そんな彼女は周りの人や自身の想いや愛を理解できずにいます。そんな彼女ですから最初は手紙を書こうとしても上手くいきません。
しかし、人と沢山触れ合い想いを知っていき彼女の持っていた文章を書くポテンシャルが発揮され徐々に依頼するお客様もヴァイオレットの力に惹かれていきます。
そんな彼女とその仲間たちが生み出す【愛】の物語なのでふが、今作はなんと言っても京都アニメーション制作の作品で一つ一つの情景が鮮やかにこれでもかと言うくらい美しく、視聴者を圧倒してくれます。
更にTRUEさんの歌う主題歌も愛を知ろうとするヴァイオレットの思いが溢れ出しており、とても魅力的なシナリオを更に感動的なものにしてくれています。
また、声優にも注目です。中でもヴァイオレット演じる石川結衣さんの演技も無機質な中に彼女なりの想いを発しようとしている主人公ヴァイオレットを演じきっていて、毎話必ず感動してしまいます。映画化もされるヴァイオレットエヴァーガーデンは間違いなくアニメ史に残る最高の作品でした!

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

まとめ

今回はアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』無料お得に視聴する方法について、ご紹介しました。

《TSUTAYA DISCAS/TV》無料お試しを使えば、本作品だけでなく、たくさんの話題作品が無料で視聴できてめちゃくちゃお得です♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!