風の谷のナウシカの動画フルを無料視聴する方法!レンタル以外のサイト比較

ジブリ映画「風の谷のナウシカ」

1984年3月に公開されたジブリアニメ『風の谷のナウシカ』、アニメ映画界の第一人者・宮崎駿監督にとって”第2作目”の長編アニメーション。

宮崎自身が描いたマンガが原作であり、戦争によって文明が崩壊した世界が舞台の”SFファンタジー映画”である本作は、長年世界中の多くの人に愛されてきました。

何度でも観たい、何度でも感動できる”不朽の名作”日本が世界に誇れる大切なアニメ映画です。

そこで、幅広い世代に支持されるジブリアニメ『風の谷のナウシカ』無料で視聴する方法を調べてみたところ、TSUTAYA DISCAS(ディスカス)だけしかないことが判明しました!

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

 

『風の谷のナウシカ』の動画フルを無料視聴する方法

まずは、ジブリアニメ『風の谷のナウシカ』を配信している動画配信サービスはどれだけあるかを探してみました。

『風の谷のナウシカ』の動画配信状況

ジブリアニメ『風の谷のナウシカ』を”動画として見逃し配信している”サービスはないようです。


~ジブリアニメ『風の谷のナウシカ』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix ×(海外のみ配信あり) なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

TSUTAYA DISCAS

ジブリアニメ『風の谷のナウシカ』は動画配信で視聴するのは難しく、TSUTAYA DISCAS「DVD/BD」をレンタルして視聴するしかいまのところ方法はないようです。

‥‥というと「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実はTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システムなので、お出かけついでにポイッとポストに返せるのです。

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、ジブリアニメ『風の谷のナウシカ』無料でレンタルできます♪

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

TSUTAYA DISCASなら他にもジブリアニメの話題作が無料でレンタルできる!

TSUTAYA DISCAS / TVでは無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

ジブリアニメの話題作をいっぱい楽しむことが出来ます!

 

ジブリの今までの歴代アニメも、ほぼすべてが旧作なので無料でレンタルできます!

TSUTAYAジブリ一覧

どれもタイトル見るだけですぐに絵が思い浮かぶほど有名な作品ばかり。ジブリアニメが無料で借りられるなんて、めっちゃお得です!

『風の谷のナウシカ』を店舗でDVDレンタルするのとどっちがお得?

今みたいに動画配信という形で視聴できなかった昔は、DVD/BDをレンタル店借りに行ってまたレンタル店返しに行くしか方法がありませんでした。

ただ、店舗レンタルはどうしても

  • そもそも借りに行くのがめんどくさい
  • 行ってもすでに誰かに借りられてしまっていて無駄足
  • 期限までに返しに行かないといけないので気分的にストレス
というデメリットがあります(;´・ω・)

TSUTAYA DISCAS(ディスカス)》という形でなら、家にいながらクリックだけで家のポストにDVD等が届き、返却は最寄りの郵便ポストにポイ☆だけでOK!

おまけに30日間は無料でいろんなサービスがお試しできます♪とってもオススメのサービスです♪

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

『風の谷のナウシカ』動画内容の詳細

『風の谷のナウシカ』のあらすじ

舞台は「火の7日間」といわれる最終戦争で現代文明が滅び去った1000年後の地球。

風の谷に暮らすナウシカは、「風の谷」に暮らしながら、人々が忌み嫌う巨大な蟲・王蟲(オーム)とも心を通わせ、有害な瘴気覆われ巨大な蟲たちの住む森「腐海」の謎を解き明かそうとしていた。

そんなある日、「風の谷」に巨大な輸送機が墜落、ほどなく西方のトルメキア王国の軍隊が侵攻してくる。墜落した輸送機の積荷は、「火の7日間」で世界を焼き尽くしたという最終兵器「巨神兵」であった。

そして、少女ナウシカの愛が奇跡を呼ぶ・・・。

『風の谷のナウシカ』の声優キャスト・主題歌・スタッフ

『風の谷のナウシカ』声優キャスト

ナウシカ:島本須美
ジル:辻村真人
大ババ:京田尚子
ユパ:納谷悟朗
ミト:永井一郎
ゴル:宮内幸平
ギックリ:八奈見乗児
ニガ:矢田稔
アスベル:松田洋治
ラステル:富永みーな
クシャナ:榊原良子
クロトワ:家弓家正

『風の谷のナウシカ』主題歌・テーマソング

*オープニングテーマ*
風の谷のナウシカ ~久石 譲


*シンボル・テーマソング*
「風の谷のナウシカ」安田成美

『風の谷のナウシカ』スタッフ

監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
プロデューサー:高畑勲
作画監督:小松原一男
美術監督:中村光毅
音楽:久石譲

『風の谷のナウシカ』ネタバレ感想

大戦争により産業文明が崩壊してから1000年。腐海と呼ばれる森には、腐海を守る王蟲(オーム)という巨大な蟲が生息し、王蟲以外には有毒となる瘴気が放出されていた。

人類は衰退しつつあり、日々、王蟲の脅威に怯えながら暮らしていたが、主人公ナウシカの住む“風の谷”は、酸の海風により瘴気の影響を受けずにいた。。。

スタジオジブリが”出来る前”の宮崎駿作品の第二作目と呼ばれる本作ですが、金曜ロードショーやDVDを何度見ても飽きない、感動が何年、何十年たっても色あせない。これぞ名作といった感じで、言葉では表せない世界観

便利な世の中になりすぎている現代、もしかしたら遠くない将来AIや機械の発展が進みすぎて戦争になるかもしれない。人間がAI・ロボットや動物に支配されるのかもしれない。またここ近年日本では自然災害が多く発生しているように感じます。もしかしたら色々なところですでに何かが起こっているのかもしれない。

『風の谷のナウシカ』がこの世に生まれた当時はまだ、そんな予兆は微塵もなかったはずなのに、すでに宮崎駿氏には今の世の中が見えていたのでしょうか。

映画や漫画、小説で似たような作品物語を見たことはありますが、本作は「今の時代に甘んじる人間たちに危機感を与える」ために一石を投じる物語たちの「一番最初の石」だったのかもしれません。どの物語よりも壮大なスケールで描かれていて、独創的な世界観やストーリー設定、ジブリが作られる前でしたが、ジブリ代表と言える作品かもしれません。

宮崎駿ワールドは、自然の大切さをテーマにした作品中心に描かれていますので、現代の日本人には考えさせられることも多いはずだと思います。

温暖化など、一般人には遠い話のようですが実はとても身近にあるものなので、この映画を見て考え方の変化のきっかけになる方も多いと思います。異国の、文明が滅びた先の話ですが、それでも”黄金の草原”を歩くナウシカの姿は、どんな世界の、どんな世代にも響くと思います。

少女と王蟲が心を通じ合わせる瞬間、ナウシカがメーヴェで飛び回ったり、終盤で描かれたオームの暴走や巨神兵が登場したシーンは、作中で最も迫力のあるシーンで有名ですね。ナウシカワールド、人間にとっては住みにくい世界かもしれませんが、一度はメーヴェに乗ってみたい気持ちになった事も確かです。(笑)

スタジオジブリ関連作品初の歌舞伎化で、35年越しの話題作品となるであろう、これぞ“新作歌舞伎”が2019年12月より上演、原作漫画のストーリーすべてを舞台化された事も記憶に新しいかと思います。

時代を超えて、世代を超えて、世界を超えて、ジャンルを超えて、広がり続ける『風の谷のナウシカ』の世界。行きつく先を私もずっと見ていきたいと思います。

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

 

『風の谷のナウシカ』視聴者のレビュー

30代・女性

今から30年以上前に公開された作品ですが、環境問題や戦争というテーマは現代にも通じるものがあります。

風の谷の村長の娘、ナウシカは、世界中で発生する環境問題による争いを戦争による暴力で解決するのではなく、環境問題そのものに焦点を当て一人戦います。人を憎むことなく、人を憎しみに溺れさせてしまう根本的な原因の方へと目を向け、暴力による戦争に対抗します。そして、人々が得体の知れぬものとして恐れる「腐海」となった土地や、そこに生息する「蟲」に対しては、恐れることなく優しく語り掛けます。蟲や自然に対しても決して敬意を忘れず、その声を聞き、話し合うことから解決を見つけようとする彼女の行動は、決して優しさだけで出来る行動ではありません。

村の民達にも信頼されている彼女は、村の民に対しても敵国に対しても、立ちはだかる人々をねじ伏せるだけでなく、正しい知識や理解、意見を聞く姿勢と強い信念を持ったうえで、あくまでも提案をして協力を得ようとします。序盤では怒りを鎮められずに苦悩していた彼女が、愛する村を守るために長として成長せざるをえない様子は、見ていると痛ましさも伴います。それでも応援してたくなってしまうのは、どんなに過酷な状況に陥っても、いつでも彼女が優しさを忘れずにいるからかもしれません。

ストーリーとしてはファンタジー作品ですが、とても泥臭い人間ドラマだと思います。公開当時、決して数年後の未来を見据えて描かれた作品でなないかもしれませんが、こういったテーマはその時代に合わせて響くものなのだなと思いました。

30代・男性

初めて見たのは小学生の頃テレビでした。”火の七日間”と呼ばれる世界を焼き尽くした戦争から千年後の世界ですが、荒廃した世界観は自分の感性を強烈に刺激しました。世界は腐海と呼ばれる毒を出す植物に覆われ、人類の住める世界が刻一刻と狭まる世界観は当時環境破壊のなれの果ての世界という印象を受けました。

この世界では虫が巨大化しているのも特徴で、特に王蟲と呼ばれるダンゴムシの形をした蟲は巨大で目がたくさんあり、この作品を代表する存在です。普段はたくさんある目が青色ですが怒ると真っ赤になり暴走するので、とても怖い印象を受けました。

ナウシカが住む風の谷は海からの風により腐海からの被害を受けずにいる貴重な場所で、多くの風車の背景はその土地の特徴をよく表しています。ある日トルメキアという軍事国家のような国の飛行機が墜落し、その積み荷である巨神兵はかつて世界を滅ぼした存在でその見た目は臓器のようで気持ち悪く、異形の存在としてとても上手く描かれていました。ペジテで発掘されたものであり滅ぼされたペジテの人々が王蟲の幼虫を餌にトルメキアを襲わせるシーンは、大量の王蟲が移動する描写で圧巻でした。

仕方なく未完成の巨神兵を使い応戦するトルメキアですが、そのレーザー光線のような攻撃は大迫力で、吹っ飛ぶ王蟲の様子は戦争の恐ろしさを表しているようにも見えます。最後はナウシカのおかげで解決しますが、この映画はこれから未来、大気汚染が進みすぎて人類が似たような世界になりえるのではないかと考えさせられる作品でもあったと思います。

40代・男性

1984年公開で、宮崎駿さんの原作漫画で本人が監督をして作成された映画です。この頃はまだ「スタジオジブリ」が制作では無いです。音楽は久石譲さんです。原作の「風の谷のナウシカ」は、かなり長い物語になっていて映画とはまた違う雰囲気の話ですが、有名なのはこの映画の方ではないかと思います。

この映画の特徴として、文明がかなり廃れてしまい、人々が住んでいる地域でかなり生活様式が違う事、「腐海」と呼ばれる自然の毒を避けて生きていかなければならないこと、その腐海には巨大な蟲達がいて人間にとって脅威であることです。そんな世界の中でナウシカは「風の谷」という街で人々に慕われる姫として生きています。彼女が作中でも、またこの作品を観ている視聴者にも慕われる理由として、姫として飾らないで人々と常に同じ目線でいること、何か有事が起きたとき必ず自ら真っ先に前線に行ってなんとかしようとします。姫なのにそんな行動をするのでみんなヤキモキしながらついていく様が慕われる理由の一つです。常に自分でなく風の谷に住むみんなのためを思って行動する様は観ているこちらも目が離せません。

また、腐海の神秘さ、世界の美しさ、これらをビジュアルと音楽で美しく描写され、今もなお魅了されます。すでに30年以上経ちますが、今も大人気の映画です。

30代・女性

DVDも持っているのに、金曜ロードショーなどでやっていると毎回必ず観てしまう、その位大好きな映画です。子供の頃に初めて観た時は王蟲が気持ち悪いし巨神兵が怖くて堪らないしで、トラウマになるレベルで苦手な映画でしたが、大人になってから改めて観ると、その壮大なストーリーとナウシカを始めとした登場人物達の魅力にがっぽりとハマってしまい、何度観ても感動します。心優しく聡明で美人なナウシカに憧れ、空飛ぶ乗り物メーヴェに憧れ、おじさまの色気と包容力に溢れたユパ様に憧れ、最終的にはキツネリスを飼いたくなります。

コメディ要素は少なく、どちらかというと重苦しいテーマと雰囲気で話が進んでいくのですが、だからこそ見終わった後はスッと心が軽くなり、なんだか誰かに優しくしてあげたくなる、そんな宮崎駿監督の才能がギュッと詰まった素晴らしい映画です。一人で観るのはもちろん恋人と観ても良し、友達と観ても良し、家族と観ても良し。ただし小さなお子様がいる場合はちょっぴり注意してください、王蟲と巨神兵のシーンは迫力満点ですよ。

アニメだけれどアニメじゃない、フィクションなんだけれどフィクションじゃない、昔話かもしれないし未来の話かもしれない、きっといつ観ても感動するし考えさせられる日本の名作だと思いました。

40代・女性

言わずと知れた宮崎駿監督の名作、結構昔の作品でしょうがこれだけのクオリティを保てているなんてやはり天才なのだなと思えます。

何度も見てきた作品ですが、昔はいまいちよく分からない部分もありました。ただ単に自身がまだ幼いからかとも思えましたが、その後図書館で数冊に渡って漫画化された作品を見て納得です。長い物語の一部をようやくしているのですから、上手く伝わってこないところがあっても当然です。その雰囲気に心惹かれたのであればぜひ原作も見るべき、壮大な物語をたっぷりと楽しみましょう。

ジブリというと曲も好き、ピアノ曲集を持っていて挿入歌とかもたまに弾いています。特に好きなのが「らんらんらららんらんらん」という子供の声の歌声、この年齢でも子供たちのブーイングを受けながら何度も歌ってしまっているのです。声優を務めていた島本須美さんも大好き、「めぞん一刻」の音無響子さん役も演じた優しいけれども力強さを感じる声はナウシカのイメージそのままです。

というわけで、結局いまいち意味は分からないのに何度も観て喜んでいるわけです。そんな魅力あふれる物語、これからも何度も再放送していただきたいです。ナウシカの住む谷にも行ってみたいです。

30代・男性

女性が国を守るためにあそこまで体を張って戦い続ける姿には、まだ子どもながらに熱いものを感じたのを今でも覚えていますが、ストーリー的には他のジブリ作品に比べると少し複雑で難しい印象が強いかなというのが感じられました。映像も今時の作風とは違っていて2次元感が色濃く出ているので、あまり立体感がないために迫力があるべきシーンでも臨場感みたいなものが出ていない為、作品内容としてはスケールが壮大で良いのにちょっともったいないなあと残念に思うところはありました。

作中で雲が広がる大空で飛行機があっさりと攻撃されていく様はあまりにも衝撃的で、戦争というものを当時知らなかったのでちょっと怖いシーンだなあと思うこともありました。主人公がまだ若い女性というのもジブリ作品ではけっこう多いと思うのですがまるで初々しい女性が社会に出ていくような自立していくような姿にも映ってくるのが、監督の時代に対する思いやこだわりなのかなと感じてしまうところがありました。小さな飛行機や装備しているマスクなど小道具的なものが当時はあまり見かけなかったためかどこか近未来感があってワクワクする造りになっているのには遊び心みたいなものが感じられました。

 


\今すぐこの動画を無料で視聴!/

《TSUTAYA DISCAS / TV》
で無料視聴する

30日間無料お試しOK!

まとめ

今回はジブリアニメ『風の谷のナウシカ』を無料で視聴する方法を紹介しました♪

今回の1ヶ月間無料お試しを使えば、DVDをレンタルするより断然お得(無料)に視聴できます♪

TSUTAYA DISCAS / TV』の1ヶ月お試しシステムはかなりお得だと思います!よければ1ヶ月間お試ししてみてくださいね(^^)