千と千尋の神隠しの動画配信を無料でフル視聴!レンタル以外の方法紹介

映画・千と千尋の神隠し

2001年7月公開の、日本アニメ界の巨匠「宮崎駿」率いるスタジオジブリによる映画『千と千尋の神隠し』。

宮崎駿の世界観が濃縮された『千と千尋の神隠し』は、子供にとっては「鮮やかな色合いの画面とにぎやかな登場人物、そして冒険のドキドキとハッピーエンド」が楽しく、大人には「その向こうに見え隠れする”哀愁の念”が物悲しくも魅力的」に映ります。

長く変わらず愛される、国民的名作。

そこで、幅広い世代に支持されるジブリ映画『千と千尋の神隠し』無料で視聴する方法を調べてみたところ、TSUTAYA DISCAS(ディスカス)だけしかないことが判明しました!

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

映画『千と千尋の神隠し』の動画配信を無料で視聴する方法

まずは、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を配信している動画配信サービスはどれだけあるかを探してみました。

 

‥‥が。

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を”動画として見逃し配信している”サービスはないようです。

~ジブリ映画『千と千尋の神隠し』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix ×(海外のみ配信あり) なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)


ジブリ映画『千と千尋の神隠し』は動画配信で視聴するのは難しく、TSUTAYA DISCAS「DVD/BD」をレンタルして視聴するしかいまのところ方法はないようです。

‥‥というと「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実はTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システムなので、お出かけついでにポイッとポストに返せるのです。

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を無料でレンタルできます♪

以下の記事で《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》について詳しく説明しています♪ぜひご一読ください!

 

TSUTAYA DISCAS / TVTSUTAYA DISCAS/TVにスマホで簡単に登録する方法!注意点やおすすめ理由も

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

映画『千と千尋の神隠し』の他にもジブリ話題作が無料でレンタル可!

《TSUTAYA DISCAS/TV》では無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

ジブリ映画の話題作をいっぱい楽しむことが出来ます!

 

ジブリの今までの歴代アニメ映画も、ほぼすべてが旧作なので無料でレンタルできます!

TSUTAYAジブリ一覧

どれもタイトル見るだけですぐに絵が思い浮かぶほど有名な作品ばかり。ジブリ映画が無料で借りれるなんて、めっちゃお得です!

映画『千と千尋の神隠し』を店舗でDVDレンタルするのとどっちがお得?

今みたいに動画配信という形で視聴できなかった昔は、DVD/BDをレンタル店借りに行ってまたレンタル店返しに行くしか方法がありませんでした。

ただ、店舗レンタルはどうしても

  • そもそも借りに行くのがめんどくさい
  • 行ってもすでに誰かに借りられてしまっていて無駄足
  • 期限までに返しに行かないといけないので気分的にストレス
というデメリットがあります(;´・ω・)

《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)》という形でなら、家にいながらクリックだけで家のポストにDVD等が届き、返却は最寄りの郵便ポストにポイ☆だけでOK!

おまけに30日間は無料でいろんなサービスがお試しできます♪とってもオススメのサービスです♪

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

映画『千と千尋の神隠し』動画内容の詳細

映画『千と千尋の神隠し』のあらすじ

ひ弱で不機嫌な少女、千尋(ちひろ)は現代に生きる普通の女の子。

両親とともに車で引っ越し先の家へと向かう途中で「不思議の町」に迷い込み、店のカウンターにあった料理を勝手に食べた両親は、豚に姿を変えられてしまう。

ひとりぼっちになってしまった千尋は、名を奪われ「千」と呼ばれるようになり、その町を支配する魔女・湯婆婆の下で働き始める。

千尋は湯屋「油屋」の下働きとして働きながら、様々な出来事に遭遇しつつも、謎の少年ハクや先輩のリン、釜爺らの助けを借りて、厳しい難局に立ち向かっていく。はたして千尋は元の世界に帰れるのか……?

2001年夏に公開され、大ヒットを記録した宮崎駿監督による冒険ファンタジー。異世界に迷い込んだ10歳の少女・千尋が、様々な出会いと試練の中で成長し“生きる力”を取り戻していく姿を描く。

映画『千と千尋の神隠し』の声優キャスト・主題歌・スタッフ

映画『千と千尋の神隠し』声優キャスト

千尋:柊瑠美
ハク:入野自由
湯婆婆/銭婆:夏木マリ
お父さん:内藤剛志
お母さん:沢口靖子
青蛙:我修院達也
坊:神木隆之介
リン:玉井夕海
番台蛙:大泉洋
父役:上條恒彦
釜爺:菅原文太
おしら様:安田顕
カオナシ:中村彰男

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』主題歌

主題歌 「いつも何度でも」
作詞:覚和歌子
作曲・歌:木村弓

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』スタッフ

原作・脚本:宮崎駿
製作総指揮:徳間康快
美術監督:武重洋二
デジタル作画監督:片塰満則
音楽:久石譲
演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団
プロデューサー:鈴木敏夫
指揮・ピアノ演奏:久石譲
制作:スタジオジブリ

映画『千と千尋の神隠し』ネタバレ感想

どこにでもいるような、なんだかいつも不機嫌で、親の庇護がないとなにもできないような10歳の少女・千尋(ちひろ)は、親の都合で引っ越しすることになり、移動の車の中で不満たらたら。

けれど迷い込んだ森のなかで、いつしか「不思議の町」に両親と一緒に捕らわれてしまいます。

豚にされてしまった両親を助けるため、初めはなにひとつ出来なかったひ弱な千尋が、魔女・湯婆婆湯屋「油屋」で下働きをしながら、謎の少年ハク先輩のリン釜爺らの助けを借りて、少しずつ少しずつ成長していきます。

初めて見たとき、千尋の目の前で両親がどんどんと豚になっていくシーンがかなり「うわぁ」となったのを覚えています(;´・ω・)

あの、目の前でワラワラと不思議な(妖しい)存在が次々に湧いて出てくる冒頭シーンは、まさに「あちら側の世界」に入りこんでしまったんだなと否応なく理解できて、演出がすごいなと何度観ても思います。あとハクがかっこいい。

この『千と千尋の神隠し』は、ほんとうに、観る人によって受け取るメッセージなどが全然違う作品だと思います(総じてジブリ作品は、最後の判断は受け手に任せる感じが多いですが)。

私が『千と千尋の神隠し』で一番好きな部分は、「静と動」「明と暗」という正反対の要素が同時に存在する世界観と、「懐」「哀」がふいに訪れる映像の美です。

鮮やかな色遣いの、たくさんの神々が入り乱れ、下働きの者たちの喧騒が飛び交う「湯屋」の窓から見下ろした世界では、どこまでも続く静かで浅い海と、誰を乗せてどこへ向かうのかもわからない汽車が孤独に走り去っていく。

冒険を終え、魔女・湯婆婆による試験?もパスして、湯屋の仲間たちに大歓声で見送られたあとに待っていたのは、ごくごく普通のテンションの(豚になっていた記憶のない)両親とただ静かに元の世界に続く草原や風。

この落差が私のなかで強烈に残っています。

そしてなにより一番大好きだったのが、銭婆のところに向かう途中の汽車の中から見た、どこか懐かしく寂しい気持ちにさせられる色合いの浅い海の夕焼けと、その駅にたたずむ女の子の影のシーン。

おそらく待ち人(親でしょうか?)が来なかったのか、寂しそうに来る汽車を固唾をのんで見上げてる、あのシーンがたまらなく大好きです。謎の懐かしさで胸がぐわっとなります。

なにもできなかった弱い女の子が、周りに助けられながら自分の力で成長していくのを見るのもすごくうれしくなります。

久石譲の音楽の世界がたまらなく壮大で、余計にあやかしの世界にのめり込みます。

『千と千尋の神隠し』がジブリ作品のなかでもとくに人気が高く、日本歴代興行収入第1位というのもうなづけます。

どうぞぜひこの機会に《TSUTAYA DISCAS / TV》無料お試しを使って、『千と千尋の神隠し』の不思議な世界に迷い込んでみてくださいね♪

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

映画『千と千尋の神隠し』視聴者のレビュー

さすがジブリ、”結末は受け手次第””受け取り方も千差万別”、ほんとうにいろんな感想が集まりました。

20代・男性

千と千尋の神隠し、この映画は僕が見てきたアニメーション映画の中ではダントツで1番面白かった作品です。

この映画の面白い所は様々ありますが、なんと言っても僕がおすすめするところは映像の綺麗さ、そして世界観の作り込みです。この映画は2001年と今から約20年前に上映された作品です。当時はピクサーのトイストーリーやモンスターズインクなどの海外の3Dアニメーションがちやほやされていた時代でした。そんな中、日本が誇るアニメーション制作会社ジブリの宮崎駿監督が、日本の2Dアニメーションの底力を見せるべく制作されたのが千と千尋の神隠しです。実際に映像はものすごく綺麗なもので、当時映画館でこの作品を観たときは衝撃を受けました。

次に世界観の作り込みの素晴らしさ、これはネタバレを避けるためにあえて詳細は記しませんが、神様たちが集まる温泉宿、海の上を走る電車、名前の中から数文字を奪われて改名させられるなど、面白いアイデアも盛り沢山です。その面白いアイデアと映像の綺麗さ、その2つが交わり千と千尋の神隠しの奇妙な世界観が表されていました。

最後に余談ではありますが、千と千尋の神隠しという映画は日本での興行収入ランキングは20年経った今でも未だに1位です。これもまた千と千尋の神隠しの面白さを物語っていると思います。

20代・女性

私が初めて千と千尋の神隠しを観たのは小学生です。それから10年以上経ち、何かと観る機会があるのですが観るたびに新しい発見がある面白い映画だと思います。

初めて観た時は、小学生だったので不思議な世界に迷い込んでしまい両親は姿を変えられ主人公の千尋だけが世界に1人迷い込んでしまう、心優しい世界の住人にも出会うのですが当時は「こんな不思議な世界に来てしまい、こわい」という印象が強く残った作品でした。ですが、大人になってから観ると主人公・千尋のたった1人でも元の世界の事・両親の事を忘れず元の世界に戻る事を諦めないとたくましさや強さ、不思議な世界の住人達と心交わしていきながらこっちの世界の人達を助けようとする優しさに触れて勇気や元気がもらえる作品だと感じます。

大人になると、なんだか生きているのが辛い苦しいなと感じる機会が増えるような気がします。そんな時に千と千尋の神隠しを観るのがおすすめかなと個人的には思います。ただ優しい世界に触れるのではなく、前を向こうとする姿勢に感化されるのではないでしょうか。

主人公は子供でたくさんの人に助けてもらい無事に元の世界に帰れるのですが、きっと今を生きる私たちも何も変わらず同じで助けられながら前に進んでいるのだと感じられると思います。

20代・女性

私は、一児の母をしております。こちらの作品は、DVDに焼いて、子供にもすすめて見せるくらいとても大好きな作品で、何度もリピートして見ています。見ていると、この作品の中に自分がのめり込むくらい凄く見応えのある内容となっています。自分が子供に戻ったような気になり、ずっと座ってのめり込むように見ています。また、女の子の頑張る姿が、思わず心の中で、頑張れ、と言いたくなるような気持ちになります。また、あるところでは、恋っていいなと自分の若いときの事を思い出すような一面もあり、色んな感情が湧いてきます。不思議なキャラクターがいっぱいでてきます。

私の子供は、まだ小さいときは、怖いと泣いてしまう場面もありましたが、もう3歳になり、今では、可愛い、面白い、もう一回見たい、と言ってくるようになりました。怖いキャラクターだけではなく、可愛らしいキャラクターもいっぱい出てきます。ちなみに、私は可愛いキャラクターを見つけるのが密かな楽しみでもあります。キャラクターみんな見ていると愛着が湧いてきます。この作品を見たら、面白い、もう一度見たいと必ず思うと思います。他のジブリとは世界観が一味違うとてもユーモアある作品です。

40代・男性

映像が美しい、その世界観が独特で印象的。率直に思い浮かべたら、このような言葉がでて来ました。また、内容について、ひとことではなかなか言えないところですが、敢えて言うとすると、人間の成長とはなにか、になると思います。

千尋は小学校2年生という設定ですから、こんな行動はなかなかできない年齢ではないかとも思いました。一方、千尋の両親の行動とその受けた報いは、大人たちへの批判と戒めとして正面から受け止める必要があるメッセージだとすれば思います。

人はなんのために生きるのか、湯屋の従業員たちは人間ではないけれど、このようなテーマを観るものに投げ掛けながら、只ひたすら目の前の仕事に追われていく。だが、カオナシが財宝を見せるというきっかけによって、簡単に心が折れて秩序は乱れてしまった。湯屋の従業員たちは働きながら早く終業の時刻を待つ心で過ごしている。長期的視点では、この苦しい労働から解放されたいと願っている。本心は、カオナシによって露呈してしまった。生きる意味などない。ただ死んでいないだけなのだ。今この瞬間目の前のことをこなすことが人生だ。このような結論はもちろん個人個人のそれぞれに異なるものだから、作品中では導かれない。

20代・女性

私が一番大好きなジブリ作品です。初めて見たのはもう20年くらい前になりますが、今でも何回でも見たくなる作品です。まだ見たことない方に一番注目してほしいのは、この物語の世界観です。この世界観こそが、物語の大きな印象付けにもなっていると思います。裏話としてモデルになっている都内の施設があるのですが、まさにその施設の雰囲気があると思いましたし、むしろそれを遥かに超えたダイナミックさを感じました。これはぜひ特に大人の方に注目してもらいたいポイントです。

そして私が大好きなメインキャラクターのハクにも注目してもらいたいです。一見、見た目は無愛想で性格も怖いキャラクターのようにも見えるのですが、主人公の千尋の心の支えとなってくれる重要なキャラクターでもあります。その姿はまさに心優しいイケメンです。女性の方々は特に注目してもらいたいです。

そして私は、物語を通して大きな成長をしてく主人公の千尋の姿がとても印象に残っています。最初は年頃の女の子、という印象だったのですが、自分の知らない環境に飛び込んでいき、周りの手も借りながら様々な試練を乗り越えていくことで人間として強く逞しく成長していく…そんな姿がとても素敵です。

30代・男性

全体的なストーリーとしては神秘的な話な反面、絵的な部分でちょいちょい怖い感じやグロテスクなものがあったので初めて観た時は驚いてしまったのと、一緒に観ていたうちの子供は所々恐がってしまっていたので小さい子どもにはちょっと難しいのかなと思えました。

冒頭に登場する千尋の両親は内藤剛志さんと沢口靖子さんという俳優の重鎮コンビで独特の雰囲気に安定感が感じられましたがすぐ豚に変えられてしまうというシーンはあまりにも衝撃的な急展開でさすがにぞっとしました。人んちのものに勝手にてを出してはいけないんだなと改めて思い知らされましたが千尋があの辺りのシーンだけはとてもかわいそうに思えました。

ただそこからの千尋は自分であらゆることを切り開いていってどんな時もめげずに立ち向かっていく姿が子供なのにすごいなと感じられるところがありました。周りにも温かい仲間に助けられながらも湯婆婆にちゃんと向き合って折れない芯のある行動がまっすぐでとてもかっこよかったです。最終的に現実世界に戻れるというハッピーエンドでしたがまるで変な夢を見ているような幻想的な世界観もあって個人的には面白い構成になっていたので楽しめた作品の一つに感じられました。

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS/TV》

《TSUTAYA DISCAS/TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

まとめ

今回はジブリ映画『千と千尋の神隠し』無料お得に視聴する方法について、ご紹介しました。

TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV無料お試しを使えば、紹介した作品以外にも、たくさんのジブリ映画が無料で視聴出来てめちゃくちゃお得です♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!